バイアグラを正しく飲んで中折れを克服し予防する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
活力

中折れはED治療薬で予防する

活力

現在は中折れの対策に効果的なED治療薬(バイアグラ等)をネット通販、個人輸入で購入可能です。

中折れは、精神的なストレスや高齢などによる血流の低下が原因となって、勃起力が落ちることで引き起こされています。
「最初は元気に勃起していて挿入までできるけれど、勃起が維持できず最後までセックスが続けられない」という症状の中折れも、ED勃起不全と言われております。

まず中折れの原因と言われる「男性ホルモンの減少」についてです。

男性ホルモン(テストステロン)は一酸化窒素生成に大きく関わってきます。

一酸化窒素がたくさん分泌されないと、セックスの途中で中折れの状態になってしまうのです。

男性ホルモンは30代をピークに少しずつ減少していくと言われます。ED治療薬

バイアグラの購入方法

クリニック

日本国内でバイアグラを購入するには、病院で処方を受ける方法と、通販で海外から個人輸入をする方法があります。最近では、インターネットで手軽に購入できることから、個人輸入で購入する人も増えています。病院と通販、どちらにも利点と欠点があります。それぞれの特徴を見てみましょう。ED治療薬

ネットでの個人輸入代行

通販

薬の個人輸入というと、違法なのではと思う人もいるでしょう。しかし、麻薬や毒薬を除いて薬を個人使用目的に個人輸入することは合法であり、誰にでも認められた権利なのです。特にEDは受診にためらいがある人もいるため、個人輸入はしっかりとプライベートが守られているので利用しやすいという意見も多いです。

また、薬自体の価格も病院での処方より安価です。通販サイトでは、海外製のジェネリックも販売されており、正規のバイアグラを病院処方で購入する場合の十分の一程度で購入することができます。海外製ジェネリックには日本にはないフィルムタイプやチューイングタイプなど様々な種類があり、多彩なラインナップを楽しめるのも魅力の一つです。

しかし、個人輸入での購入は医師の処方箋が必要ない分、完全なる自己責任での購入となります。バイアグラは副作用が出やすい薬であり、飲んではいけないとされている人もいます。このような人が誤ってバイアグラを飲んでしまうと、意識消失や心停止を起こすことがあるので細心の注意が必要となります。

病院での処方

日本国内で正規にバイアグラを入手するには病院受診をして医師から処方を受けるしかありません。一部の風邪薬やアレルギー薬などは医師の処方がなくても薬局やドラッグストアーで購入することが可能ですが、バイアグラは自己判断で購入することはできないのです。

診療科は主に泌尿器科ですが、最近ではED専門外来のあるクリニックや美容外科も多くなり、選択の幅は広がりました。これらの診療科に抵抗のある人は、かかりつけの内科でも全く問題ありません。バイアグラの処方に特別な資格は必要なく、医師であれば誰でも処方することができます。

診察は問診だけを行うことがほとんどです。EDの診察というと、陰茎をくまなく観察されると思っている人もいるでしょうが、EDの診察ではEDの頻度や程度などの問診を行うだけのことが多いでしょう。

病院での処方は、安全性が高いという利点があります。医師が一人一人の状態をしっかり把握して処方しますから、バイアグラを飲んではいけない人が間違えて飲んでしまったということは起こりえません。また、副作用に悩まされた時にはいつでも相談しやすいでしょう。一方で、ED治療は健康保険が適応されませんから、診察料から処方料、薬代まで全て実費となります。最近では、診察料は無料のED専門外来もあるようですが、すべての費用を合わせると10000円前後かかるのが相場です。

偽物に注意!

バイアグラには二通りの購入方法があります。どちらにも利点と欠点がありますが、自分に合った方法で入手するのがよいでしょう。

しかし、個人輸入で入手する場合には、偽物のバイアグラを買ってしまわないように気を付けましょう。近年、日本人をターゲットとして多くの偽バイアグラが作られ、日本に個人輸入のルートで入り込んできています。偽薬は有効成分が少なかったり、全く入っていないこともあります。個人輸入で購入したバイアグラの効果が弱いときには、偽バイアグラの可能性も念頭に入れましょう。

偽バイアグラの恐ろしい問題点は、有効成分が少ないことではなく、体に有害な別の成分が含まれている可能性があるということです。有効成分が少ない分には、服用しても十分な効果が得られないだけですが、有害成分入りの偽バイアグラを服用してしまうと何らかの健康被害が生じる危険があるのです。

このように、個人輸入では偽バイアグラを購入してしまわないように注意が必要です。対策としては、日本語がきちんとしている、極端に安すぎない、販売実績や口コミが充実しているような通販サイトを選ぶとよいでしょう。

高用量バイアグラ

日本では50㎎までのバイアグラしか販売されていませんが、海外では100㎎のものが一般的です。個人輸入でも多くの100㎎のタイプが購入できます。

バイアグラは最小用量から服用して、様子を見ながら徐々に増量するのが基本です。中には、十分な効果が得られないからといって、急に100㎎の高用量を選ぶ人もいますが、増量の基本は守るようにしましょう。

また、100㎎のタイプを服用しても十分な効果が得られない場合には、体質的にバイアグラと合わないことや、糖尿病や高血圧などEDを引き起こす病気が深刻なことが考えられます。ついつい100㎎の次は200㎎といった増量をしてみたくなものですが、100㎎以上の用量を一度に服用するのは危険ですから控えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。