バイアグラは中折れに効果あるED治療薬か?原因と改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
活力

中折れの対策と予防にはバイアグラがオススメ

ジェネリックED治療薬

中折れとは性行為の途中に、陰茎が硬さを失う現象です。EDの症状の一つであり、勃起力は健在ながらも、性行為の安定力が中折れによって大きく損なわれるため、健やかな性生活にとって大変なリスクとなります。陰茎を女性に愛撫されている間は陰茎が完全に勃起しているが、いざ女性器の入り口に当てて挿入を試みると中折れが起きてしまう、そんな辛い現象に悩まされる男性陣も多いようです。

中折れの改善と予防にはバイアグラが適しています。ED治療薬として最も知名度があり、即効性の面でも定評があります。バイアグラには男性の勃起力を高める機能があり、加えて勃起力の維持を行う支援力がありますので、事前に服用しておけば、性交の最中に中折れが起きません。

勃起力を簡単に高める事ができ、逞しい陰茎が素早く手に入るため、性交の満足感を引き上げたい男性陣にオススメです。陰茎が硬さをキープし続け、挿入もスムーズになりますので、男性側は勿論、女性の方も安心感と満足感が増します。ED治療薬

バイアグラの歴史

ED治療

バイアグラは、世界で初めて発売されたED治療薬です。1997年にアメリカで販売開始され、今や世界中で根強い人気を誇る薬です。その後、シアリスやレビトラなどのED治療薬も開発されましたが、今なおED治療薬と言えばバイアグラ!というように、抜群の知名度があります。

ED治療薬はどれも陰茎の血管を広げ、陰茎への血流を増加させることで勃起を促します。バイアグラの作用も同様ですが、特に即効性があり、効果持続時間が短いのが特徴です。ED治療薬はどれも副作用が出やすいものですから、効果持続時間が短いことで副作用が現れたとしても消えやすいという利点があります。

ここでは、バイアグラの特性と、正しい使い方について詳しく解説します。ED治療薬

 

ED治療薬バイアグラとは

バイアグラ

バイアグラはシルデナフィルという有効成分を含んだED治療薬です。シルデナフィルは当初、狭心症の治療薬として開発・研究が進められていました。しかし、研究段階で狭心症には効果はほとんどなく、むしろEDに効果的であることが分かり、世界初のED治療薬として開発が進められました。

バイアグラはPDE-5という酵素の一種の働きを阻害します。男性は性的興奮を感じると、陰茎の血管にcGMPとういう物質が盛んに産生されるようになりますが、このcGMPは血管の筋肉を緩めて広がる効果を持ちます。広げられた血管には普段よりも多くの血液が流れ込み、陰茎は硬く熱く膨張します。わたしたちはこの現象を勃起と呼びます。PDE-5はcGMPを分解する働きがあり、EDの人はこのPDE-5が活発に作用してしまうため、cGMP量が不足して十分な勃起が生じないと考えられています。バイアグラはこの点に着目し、PDE-5の働きを妨げることで、cGMPを増やし、結果として勃起を促す作用を持つのです。

バイアグラは勃起のメカニズムの中にうまく入り込んだ薬であり、精力剤や媚薬のような活力や精力を促す効果は一切ありません。多くの男性は、バイアグラを飲むと性欲が湧きあがり、性行為をしたくなると勘違いしているようですが、バイアグラは性的興奮が生じて初めて効果を発揮するものであり、勃起の補助をする薬にすぎないのです。

バイアグラの特徴

世の中にはいくつかのED治療薬がありますが、バイアグラはその中でも抜群の知名度を誇ります。もちろん、世界初のED治療薬ということでインパクトが強かったことも影響しているかも知れませんが、バイアグラには優れた性質がたくさんあります。ここではバイアグラの特徴について詳しく解説します。

効果が現れるまでの時間

バイアグラは、直線状の化学構造をしており、人体に非常に吸収されやすい特徴があります。そのため、即効性に優れ、服用してから30分から1時間ほどで効果が現れます。予定外の性行為の機会に恵まれても、性行為1時間前に服用すれば効果を発揮できますので、突然の機会にも安心です。ただし、本当に突発的な性行為の場合には飲んでから30分は効果が出ませんので、会話や愛撫などで時間を稼ぐ必要がありますから注意が必要です。

効果持続時間

バイアグラは即効性に優れていますが、効果持続時間は短い薬です。個人差もありますが、服用してから4~5時間で効果は切れると言われています。ですから、一回の性行為の最中に効果がなくなることはまずありませんが、バイアグラは24時間以上の間隔を空けて服用する必要があります。つまり、一日に複数回の性行為をするひとは、その中の一回しかバイアグラの力を借りることはできないのです。バイアグラはとっておきの性行為に備えて大切にしまっておきましょう。

食事との関係

バイアグラは食事に影響されやすい薬です。服用時に胃の中に食べ物が残っている状態では、大幅に吸収が妨げられることがわかっています。特に油分が胃や腸の粘膜に付着していると、吸収されずに便と一緒に排泄されてしまいます。バイアグラの服用は空腹時や食後二時間以上経過したときと推奨されていますが、焼き肉やイタリア料理などの脂っこい食事は消化後も胃や腸の粘膜に油の膜ができていることがあり、食後二時間後でも吸収が阻害されることがあります。バイアグラを服用する予定があるときは、半日前から脂っこい食事は控えた方がよいでしょう。

バイアグラの副作用

医者

バイアグラは人体に吸収されやすく、即効性がありますが、副作用も強い薬です。バイアグラを服用した九割の人が多かれ少なかれ何らかの副作用を感じているといわれています。ほとんどの副作用は、軽度でバイアグラ自体の効果が切れるとともに徐々に消えていくものですから、大きな心配は必要ありません。しかし、狭心症や不整脈の薬を飲んでいる人がバイアグラを服用すると重大な副作用が生じることがありますので注意が必要です。

軽度な副作用

勃起不全

バイアグラは陰茎だけでなく、全身の血管を拡張させる薬です。ですから、全身の血行がよくなることで様々な副作用が生じるのです。

最も多い副作用は頭痛や顔のほてりなどで、これは頭への血流が増加することによって生じます。中には、頭痛がひどくて性行為に集中できない人もいますが、ロキソニンなどの市販の鎮痛薬で改善しますので試してみるとよいでしょう。また、強い頭痛が生じると、脳出血などを心配する人もいますが、バイアグラは血管を拡張することで血圧を下げますからバイアグラ服用による脳出血のリスクは高くありません。血管が広がって、その周りにある神経が刺激されることで頭痛が生じるものですから、心配しすぎることはありません。

また、バイアグラは全身の各所にある粘膜の血管も拡張させます。これによって、粘膜の充血が生じ、鼻詰まりや胃腸障害、眼痛や視覚異常が生じることがあります。特に鼻詰まりは長く続くことがありますので、注意しましょう。

重症な副作用

発生頻度は高くありませんが、まれにバイアグラの服用によって狭心症に似た症状が起きることがあります。これは、本来、心臓を栄養する冠動脈に流れるはずだった血液がバイアグラの作用による全身の血行改善によって奪われ、心臓への酸素や栄養が足りずに心臓の筋肉にダメージを与えるためです。バイアグラを飲んで胸痛や息苦しさを感じる人は服用を中止し、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

また、因果関係はわかっていませんが、バイアグラによって突発性難聴が引き起こされることがあるとの報告もあります。突発性難聴とは、突然聴力が落ち、めまいや耳鳴りを伴う病気です。早期に適切な治療を行わなければ、聴力が回復せず難聴になってしまうことがあります。きわめてまれな副作用ですが、万が一、バイアグラ服用後に耳の異変を感じたらすぐに耳鼻科専門医を受診して下さい。

併用禁忌薬による副作用

バイアグラはすべての男性が服用できるわけではありません。特に狭心症や不整脈の薬を飲んでいる人が服用すると、バイアグラの血管拡張作用が必要以上に強力になり、急激な低血圧が生じることがあります。その結果、意識消失や心停止に至り、最悪の場合は死亡することもあります。

ですから、バイアグラを服用する人は、必ず自分の常用薬が併用禁忌薬になっていないかを確認しましょう。

バイアグラの用量と作用・副作用の関係

心臓病

バイアグラには有効成分であるシルデナフィルの含有量によって、25㎎、50㎎のタイプが市販されています。海外では100㎎が一般的ですが、日本では市販されておらず、海外で購入するか個人輸入で取り寄せるしかありません。今ではED治療薬の個人輸入は非常にポピュラーな購入方法になっていますから、日本人男性でも100㎎を常用している人は多いでしょう。

バイアグラの用量は有効成分の含有量を示していますから、当然用量が多い方が勃起効果や持続時間は長くなります。しかし、いきなり高用量から始めるのは危険なので注意しましょう。バイアグラは体質によって十分な効果を発揮できる用量に個人差がありますから、初めは最小用量から様子を見て徐々に増量していく方が安全です。いきなり体質に合わない高用量を服用してしまうと、持続勃起症や副作用が長く続いてしまうことがあります。

また、100㎎以上の服用は推奨できません。個人輸入などで入手した100㎎のバイアグラを服用しても十分な効果が得られない場合には、シアリスやレビトラなどの他のED治療薬に変更するか、EDの原因となっている病気の治療などを行う必要があるでしょう。

まとめ

このようにバイアグラは即効性があり、効果持続時間が短いために副作用に悩まされる時間も短い傾向にあります。用量が多いほど効果持続時間は長くなることが期待できますが、思わぬ副作用を招く恐れもありますので注意しましょう。

また、効果が現れるまでの時間や持続時間、食事との関係によって飲むタイミングが重要となる薬ですから、しっかりとタイムスケジュールを立て、最大限の効果を発揮して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。