インポテンツはED治療薬バイアグラと食事から見直して解消を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
食事

インポテンツは食事から見直して解消を

食事

最近はインポテンツは食事に原因があって発症することがわかってきました。食事はパワーを得ることが最大の目的ですが、身体づくりをする意味合いもあります。食事内容が細胞の成長に関わってきますし、下半身の元気にも影響するわけです。インポテンツを解消するためには、サラサラをサポートしてくれるメニューを意識することが大切です。

血流を促進してくれる食べ物全般は、インポテンツの予防・解消にもよいと考えてよいでしょう。

例えば黒酢は気軽に飲めるのが特徴で、毎日15~30mlを飲むだけで血流をサポートします。陰茎海綿体をフル膨張させることがインポテンツ解消のコツで、そのためには陰茎海綿体に流れ込む血液をスムーズにする必要があります。血液がドロドロになっていると流れが悪くなるので、瞬間的な勃起力を得ることが難しいですし、半立ち・中折れの可能性が高くなるわけです。ネギ系の食べ物全般もサラサラを促進するので、インポテンツ対策として活用してください。ED治療薬

運動はインポテンツの予防に最適

活力

インポテンツには様々な原因がありますが、運動不足が生活習慣病を引き起こしている可能性もあります。
生活習慣病として良く知られるのが糖尿病で、状況によって1型と2型に区別されます。1型はインスリンそのものを分泌できない状態となっているのに対し、2型は生活習慣によりインスリンの分泌量が減ったり、効果が出にくい状態です。
血糖値を下げるには、運動が効果的です。

食事を摂取すると、食事に含まれる糖質は分解され血液中に達し、細胞に取り込むためインスリンが分泌されます。通常一旦上昇した血糖値はインスリンの働きにより下降しますが、糖尿病になるとインスリンの分泌や働きが悪くなり上手く吸収できないため、血糖値はなかなか下がりません。血糖値が高い状態が続くと血管に悪影響を及ぼすほか、様々な病気を発症することに繋がります。血流も悪化しますから、インポテンツの原因にもなります。
食後の運動は、摂取した糖質をエネルギーに変えるため、血糖値を下げると同時にインポテンツの予防にも効果的です。ED治療薬

インポテンツはストレスでもなる

血流

インポテンツになったとき、どこか病気になっているのではないかと心配するかもしれませんが、体には特に問題がないこともあります。ではなぜインポテンツになるのかと言うとストレスのせいです。仕事や過去のトラウマ、子作りのプレッシャーなどいろいろな事がストレスとなり、性的興奮を得ることが難しくなってしまうために男性器を勃起できなくなります。厄介なのはそのことでさらにストレスがかかって、インポテンツが悪化することもあることです。様子見をしていると、その悪循環に陥る事があるので注意しなければいけません。

このタイプを詳しく見ていくと、原因によっては本人にも原因がわかっている現実心因とそうではない深層心因があります。現実心因であれば、問題となっていることを解決すればよいわけですが、深層心因の場合には専門の医療機関でカウンセリングを受けていかなければ解決する事が難しいです。専門の医療機関での治療となれば、時間をかけて調べていくことになるので相応の覚悟が必要です。ED治療薬

バイアグラを保険適用で処方してもらうためには

薬局

バイアグラといえば男性の勃起をサポートするED治療薬として有名であり、その効果を試してみたい人や、処方を希望する人などが多いのではないでしょうか。バイアグラを保険適用で病院で処方するには、EDの治療が必要な一定の病気であることを認めてもらうことが必要になります。バイアグラを健康保険の適用で処方してもらえるのは、EDの原因が生活習慣病である場合です。

例えば高血圧や糖尿病などが原因でEDとなっている場合には、保険の適用による治療が受けられますので、医師が必要であると認めればバイアグラを保険適用で処方してもらうことができます。さらに男性の更年期障害も、健康保険の適用対象となります。アンドロゲン補充療法(ART)と呼ばれる治療方法では健康保険が適用されますので、男性更年期障害で悩んでいる人は医師に相談をしてみてください。その他にはEDの原因が性器への外傷や性機能障害である場合にも、保険適用となりバイアグラの処方が受けられる可能性があります。

バイアグラは何科で処方してもらえるのか

カルテ

ED治療薬であるバイアグラは日本だけではなく、世界中で使用されています。正しい方法で使用することで、コンプレックスや悩みを解消することが出来るというメリットがあります。
バイアグラは医療機関を受診することで手に入れることが出来ますが、何科で処方してもらうことが出来るのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
実は、バイアグラは扱っている医療機関であれば何科でも処方してもらうことが出来ます。ただし、EDになるのは原因があります。その原因にあった診療科を選ぶと良いでしょう。
具体的には、男性器そのものの疾患がある場合には泌尿器科、精神的なストレスや精神安定剤などの医薬品の影響が考えられる場合には精神科、糖尿病や高血圧症の合併症としてEDが発症した場合には内科を選ぶようにしましょう。もし、かかりつけの医療機関があるという場合には、バイアグラを扱っているかどうかを確認してみると治療費を抑えることが出来る場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。