不感症の原因を克服し、ピンクフィラグラで感じるセックスを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ピンクフィラグラ

不感症の原因は主に2通り考えられる

不感症の原因は主に2通りで、精神的な要因と身体的な要因に分けられます。
精神的な要因は性行為や性的な興奮に対する嫌悪感、背徳感、あるいはそれらを感じる自分への罪悪感や恥ずかしさが不感症を引き起こしている原因です。そう感じてしまう背景には性に関する教育や接し方で問題があり、その影響が精神的ストレスとなっている場合が考えられます。ちなみに精神的な要因には別な中身も含まれており、例として挙げるなら鬱病といった精神疾患による反応の不良や性的な刺激の嗜好の違いなどです。
一方で身体的な要因は冷え性やホルモンバランスの乱れなど大きな病気でないものの、体調不良を引き起こす原因が挙げられます。この場合は体調の回復に専念すれば不感症は自然に治癒されるので問題ありません。ただし持病や服用している薬の影響の可能性も考えられます。余談ですが不感症は男性にも発症する症状で、その場合は勃起障害や遅漏、あるいはホルモンバランスの不良がもたらす更年期障害が考えられる原因です。ラブグラ

不感症の原因は、性行為の仕方に問題があるかもしれません

ベッド

不感症に悩んでいる女性は意外と多くいます。行為に不快感があると、性行為自体が嫌いになり避けるようになるのです。原因は様々ありますが、性行為の仕方に問題がある場合もあります。相手が自分本位の行為をしてきたり、女性を傷つけたり無理やり嫌がることをさせたがる男性は少なくありません。そのたびに女性は傷つき、もちろん感じることは無くなるでしょう。暴力まがいのことをしてくる男性は持ってのほかです。性行為は心と身体もリラックスして行うことが一番大切なのです。大切に扱ってもらえることに、喜びを感じる女性は多いのです。本当に女性のことを思ってくれる男性との行為なら、徐々に不感症が改善していく可能性もあります。今のパートナーの性行為の仕方を、疑問に思っている人は多いでしょう。直接相手に話してみることも解決につながるかもしれません。お互いを思いながら行う大切なスキンシップの一つなので、思い切って相談してみましょう。ラブグラ

不感症と感じる場合の前戯の注意点

女性

もしかして自分は不感症なのではないかと感じる方もいるでしょう。それにはいくつかの原因が考えられます。
そういった方の前戯の注意点を改善することで、解消されることもありますので、出来ることから試してみてください。性交渉をする場合、どういった流れで行為に入っていきますか?ここで不感症を改善できるか大きく変わってきます。まずはリラックスしたムードを作ることが大切です。恥ずかしさや緊張感があるとなかなか感じることが出来ないので、ゆったりとした気持ちで、相手に身を任せてみましょう。明るいライトだと気になるときには薄暗くしても良いですし、リラックス効果を高めるためにアロマなどを利用しても良いでしょう。相手が自分本位の性交渉をする場合はその旨を思い切って伝えても良いです。
セックスは相手との愛情を確かめる行為でもあるので、我慢は禁物です。お互いにとって心地よい行為にするために、前戯の注意点に気を付けてトライしてみましょう。

性行為の時間を妨げる不感症、長く楽しむ為に

女性

性行為の時間は人によって様々ですが、絶倫で性欲が強い方は長時間も楽しむでしょう。1時間以上は当たり前な姿が目立ちます。しかし、不感症に悩む方は短時間で性的な関係が終わってしまう確率は高いです。あるいは下半身は反応するけれど、感じはしない方も存在します。どちらにせよ不感症だと肉体関係も楽しめません。

性行為の時間の長さは欲望によって大きく変わります。「したい」という意識が強ければ営む時間は増して行くのがキーポイントです。逆に不感症の人だと「したくない・どちらでも良い」になってしまいます。性的な快楽が感じない、分かりにくくなっている為、欲望が高まりません。

解決させたいなら身体の血流を良くしたり、医薬品や民間療法を試して行くべきです。軽い不感症ならセルフケアでも改善できます。高麗人参やマカなどの粉末を常用して、下半身の反応や触感の増加を狙うのも一つの手段です。不感症自体は難病・不治の病ではありません。

気になる不感症とストレスの関係性

ストレス

人に話せない悩みの一つとして多いのがセックスにおける「不感症」です。
それまでセックスで感じる事が出来ていた女性が急になることもあります。
「不感症」とはセックスの際に女性が「気持ちよい」と思うが出来ない症状のことで原因としては女性ホルモンの乱れやセックスに対する嫌悪感、相手とのスキンシップ不足などと並んでストレスの関係性が大きいといわれています。
「セックスが気持ちがよい」と感じるのには脳の状態が強い影響を与えており、脳内がストレスを受け取ると幸せホルモンと言われる「セロトニン」の分泌が少なくなります。
ですから、不感症を改善するためにはこのセロトニンの分泌を促す必要があるのです。
不感症とは関係のないことととらえがちですが、日常生活の中で、バランスの良い食事や適度な運動、良質な睡眠などを心がけて規則正しい生活をすること、好きな趣味などを見つけてストレスを適度に発散する機会を持つことで不感症も改善していくことでしょう。

ピンクフィラグラの効果・飲み方・副作用

ピンクフィラグラ

ピンクフィラグラは、女性用バイアグラです。「性交時に感じることができない」、「感度が高まらず濡れにくい」、「オーガズムを得ることができない」などの女性の性の悩みに効果的です

アルコールや食事の影響は受けにくいですが、飲み方は食後は約2時間経過してから服用がお勧めです。

ピンクフィラグラ成分:シルデナフィルクエン酸塩100mg
ピンクフィラグラ副作用:頭痛、めまい、鼻づまり、火照り、動悸
服用方法・飲み方
ピンクフィラグラは個人差があるものの、服用してから45分程度で効果が出て、4~5時間程度の持続効果が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。