産後濡れない感じないなどの不感症の悩みはラブグラで解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カップル

女医

不感症の治療方法とは

セックスをしても全然感じないとか、挿入しても全く気持ちよくないという症状をもつ人も多いです。原因はいろいろありますが、初めての性体験が痛みがひどくてトラウマになったり、プレッシャーを感じすぎることが原因になることもあるので、性行為の経験を積み慣れることで不感症が解消されることもあります。
性行為の経験を積んでも不感症が治らないという場合は。不感症の治療薬を使用する方法もあります。不感症の治療薬にはそれぞれ効果や特徴が違うので、よく特徴を確認することが大事です。女性用のバイアグラと呼ばれる医薬品ならば、女性器周囲の血流を良くして膣内に潤いを与えてくれます。セックスの時になかなかいけないという人は試してみてください。女性用バイアグラは、服用すれば感じやすくなるというものではなく、性的刺激がなければ効果がでないので注意が必要です。閉経後の女性にも効果的とされているので、年齢を気にせず服用できる点も人気があります。ラブグラ

不感症改善の病院での治療薬

女医

性行為はパートナーとの仲を深めるのは欠かすことができませんが、性に悩みを抱える人は多く、性行為が苦痛になっている、プレッシャーになっている人も少なくありません。
男性もEDなどで性の悩みを抱える人は多いですが、性の悩みは男性だけではなく、女性も多くの人が悩んでいます。
特に不感症は女性に多い悩みで、性行為をしても気持ち良いと感じない、負担となっているという人もあります。
こうした症状は精神的なものが原因している場合はリラックスすることも大事ですし、体質が原因している場合は医療機関に相談することも考えてみましょう。
病院での治療薬では、性交痛を和らげるための膣の潤滑ゼリーなどが用意されています。
このような薬を使うことで、挿入がよりスムーズとなり、痛みを和らげてくれます。性欲を向上させるような薬ではなく、あくまで膣の潤いを増やすための薬です。
こうした薬は婦人科などで処方してもらうことができますので、不感症で悩みのある人はまずは相談から始めてみましょう。ラブグラ

不感症の1つである膣不感症になったときの対処法

悩み

不感症といえば男性に多いものだと感じがちですが、女性でも悩んでいる人が少なくなく、その症状は様々です。不感症の1つである膣不感症は、膣部分にペニスを挿入しても気持ちいいと感じないという症状です。しかし膣不感症というのは、完全な不感症とは異なり、膣以外のクリトリスなどの部分は性感帯があるため感じるということが多いです。そのため膣不感症になった時の対処法として、膣部分だけを刺激するのではなく、その他の部分を刺激することによって性感帯を刺激することです。その他の方法としては、性行為を行うときの体位を工夫するということがあります。膣不感症であれば、膣部分は性感帯が存在するのに感じられなくても、その奥に女性が感じやすいポイントがあります。そこを刺激するように心がければ、不感症に悩んでいる女性でも感じることができます。もちろん精神的なものが原因の場合もありますから、その時はカウンセリングを行うことも有効です。

不感症は性行為のタイミングを考えて対処しましょう

ベッド

性行為をしてもオーガニズムを感じることができなかったり、腟内が濡れないなどの不感症に悩む人は現代では少なからずいますし、どうにかして不感症を克服したいと考える人は大勢います。ひとえに不感症と言ってもその原因は様々なことが考えられるわけですが、多くの人は精神的な問題から不感症となってしまっていることが考えられます。精神的な問題の場合性行為のタイミングを考えるなど少し対処を施すだけで症状が劇的に改善することもあるので、無理をせずタイミングをはかることが非常に大切と考えられます。

具体的な性行為のタイミングですが、まずは生活習慣を整えることが大切です。生活習慣が乱れているとホルモンバランスが崩れて不感症になりやすくなりますし、性行為に集中できないリスクが高まります。また成功に前にパートナーとコミュニケーションを取り、感情を高めることも大切となります。スキンシップなどで相手と触れ合うことで緊張が緩和され、自然と性行為ができるようになります。

エクスタシーを感じない不感症の原因

ストレス

性行為の時にエクスタシーをまったく感じないという不感症の女性も多いです。エクスタシーを感じない原因としては、オーガズム障害が考えられます。オーガズム障害とは性的刺激でイケない症状ですが、オナニーではイケるけど性行為ではイケないとか、相手や状況によってはイケないなどいろんなタイプが考えられます。
オーガズム障害は病気はなく一つの症状なので。原因をはっきりさせ改善方法を見つけることが大事です。オナニーや相手によってはエクスタシーを感じるという人は、身体の機能やホルモンバランス的に問題がないことがほとんどで、精神的な面が深く関わってくるので、特別な治療をしなくても時間が解決してくれることが多いです。
今迄はエクスタシーを感じていたのに、ある日を境に急に感じなくなったという場合は、原因として出産や生理不順、病気や怪我などでホルモンバランスが乱れたり、神経が麻痺してしまうこともあります。ホルモンバランスが乱れると、血行が悪くなるので、エクスタシーを感じにくくなるというわけです。

ラブグラの効果・作用

ラブグラの効果・効き目時間

効果は4~6時間ほど持続します。

ラブグラ副作用

副作用は、頭痛、のどの渇き、鼻づまり、めまい等いずれも軽度な症状です。

ラブグラの成分

ラブグラの有効成分シルデナフィルで男性用バイアグラと同じ成分となります。女性においてもクリトリス(陰核)など女性器への血行を促進します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。