レビトラの速攻性の効果、副作用と通販の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
レビトラ

レビトラの効果について

レビトラはバルデナフィルを含む勃起不全治療薬として多くの人に支持されています。満足度や人気や効果の高さがうかがえる良い口コミも多数存在します。レビトラの効果についてですが、満足な性行為を実現させるために勃起を促進させて維持させ中折れにも効果あるというものです。バルデナフィルには、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋を緩めて海綿体への血液の流入量を増加させる作用があり、それが勃起の促進と維持につながるというメカニズムです。

レビトラを服用すると10~20分くらいで効果があらわれ始め、4~5時間程度持続します。

性行為の1時間前くらいに服用するのが効果的です。服用のタイミングが重要になるということをきちんと理解しておく必要があります。レビトラは1日1回1錠の服用となり、次の服用までは24時間空けなければなりません。用法用量をしっかりと守って正しく服用することが大切です。万が一体に何らかの異変を感じた場合は服用を中止して速やかに病院を受診して医師に相談しましょう。ED治療薬

レビトラとバイアグラには有効成分の違い

レビトラレビトラはバイアグラと同じくEDの治療薬ですが、バイアグラとは有効成分の違いがあります。
バイアグラの有効成分がシルデナフィルであるのに対して、レビトラの有効成分はバルデナフィルです。この2つの薬はどちらも勃起不全を助ける効果が期待出来ますが、有効成分の違いによって異なる点は、レビトラに含まれているバルデナフィルの方が水に溶けやすい性質を持っているため、最高血中濃度に達する時間が早いという点になります。バイアグラも比較的短時間で効果があらわれる薬ですが、レビトラの方がそれよりも早い時間での効果の発現が期待出来ます。
また、有効成分の違いによって併用してはいけない薬の種類が違っています。そのため、今までバイアグラを使っていた人がレビトラに変えるといったケースでは、自分が今飲んでいる薬と併用しても大丈夫なのかをよく確認する必要があるでしょう。それぞれの薬の有効成分の違いによる特長を知って、自分に合ったED治療薬を選ぶのがおすすめです。ED治療薬

 

レビトラの副作用は

頭痛EDの治療薬として効果が期待できるレビトラですが、服用する場合にはいくつかの副作用が出る可能性があるので注意が必要です。副作用はレビトラだけでなく他のED治療薬を服用した際にも起こる可能性が高い症状なので使用する際には薬剤師や医師からしっかりと効用や副作用について確認しておくとよいでしょう。
レビトラの主な副作用は、頭痛やほてり、鼻づまりといった症状が多く報告されています。これらの副作用は特に深刻に考える必要はなく、ほとんどの場合で一時的なものになります。ただ症状が長く続く場合などは服用を停止したり、医師に相談するなどの必要があります。
その他にもめまいや血圧の変動、動機などが起こる可能性もあるので、何か異常を感じた場合にはすぐに服用を一時停止して様子を見るなどの対処をしたほうが安全です。
また短時間での連続の服用や他の薬との併用は副作用をひどくしてしまう可能性もあるのでやらないようにしましょう。

ED治療薬のレビトラは通販で購入可能

通販レビトラはクリニックで処方してもらえるED治療薬です。日本ではED治療や薬としていくつかの薬が処方されていますが、この薬は比較的即効性があるのが特徴で、すぐに性生活で満足感を得たいという方に人気があります。レビトラはED専門の男性用クリニックや一般内科などで処方してもらうことが出来ますが、個人輸入の通販という形でも購入することが可能です。

日本ではレビトラは処方薬でドラッグストアなどでは購入することが出来ませんが、個人輸入代行業者を利用して通販で購入すれば、自宅に居ながらインターネットで簡単に薬を購入することが可能です。しかし、個人輸入では、医師の診断や診察などがありませんし、何かあった時には自己責任になるのも特徴です。日本で医師に薬を処方してもらう際には持病や既往歴などを申告する必要がありますが、そうしたプロセスが割愛されるのが通販の特徴ですので、メリットとデメリットを把握して上で利用するのが大切です。ED治療薬

 

レビトラは持病があっても服用可能か?

持病近年国内でも注目を集めているレビトラは、ED治療薬として販売されています。この薬はオレンジ色の丸形であり、水に非常に解けやすい性質を持っています。即ち、水に溶けやすいという性質が即効性に繋がっており、短時間で作用を期待できる特徴があるために、近年注目が集まっているのです。レビトラに含まれている塩酸バルデナフィル水和物は、海綿体への血流の増加や勃起持続化学物質を分解してしまうPDEを阻害する働きもあり、インポテンツED治療薬として高い効果が期待されているのです。
このように人気が高くなっているレビトラは、持病によっては服用できないケースもあるため注意が必要です。心臓や心血管に病気があったり、重い肝機能障害を持っている場合も服用ができません。その他には先天的な不整脈、重度の高血圧あるいは低血圧の場合もリスクが高くなります。これらの持病がある人が服用すると、それらの病気を悪化させてしまう可能性があるのです。薬の飲み合わせによってもリスクはある為に、持病がある場合にはきちんと病院で診察を受けて処方して貰う方が安心です。

脳梗塞・脳出血ある方はレビトラの服用には注意

頭痛レビトラはED症状に悩んでいる人に希望を与えてくれる改善薬ですが、強い作用が期待できる分いくつか副作用の危険性もあります。脳梗塞や脳出血などが副作用として起こることはなく、レビトラに含まれている有効成分はED症状にピンポイントに作用するなどの特有の働きを行います。但し、脳梗塞・脳出血ある方が使用するには注意が必要です。重篤な症状に繋がる可能性もあるので、使用する前に把握しておいたり医師と相談することが重要になります。基本的にレビトラなどのED治療薬は安全な部類に入る医薬品で、健康的な人が使用する場合は副作用としてほてりなどを感じるぐらい酷い副作用症状はないでしょう。血管を拡張することで血行促進効果によって血流を陰茎に届けやすくし、勃起抑制酵素を阻害することができるのでED改善に繋げることが可能です。心臓に負担がかかることが想像できますが、重篤な症状を引き起こすほど心臓への負荷はありません。ED治療薬

 

高血圧の方でもレビトラは服用できる

バイアグラの次に内服のED治療薬として製品化されたのがレビトラであり、即効性が得られるのが大きな特徴です。現在国内で認可されてる3種類のED治療薬の中で最も効果が現れるのが早い薬となっていて、服用から15分ほどで効果発現を感じる人が多いようです。副作用がない点も着目されており、身体の他の場所にはほとんど影響を及ぼしませんので安心して服用することができます。
ED治療薬を取り入れる上で気になるのが、高血圧の方でも服用できるのかという点です。ED治療薬を飲むと血圧が上がると思っている人が多いのですが、実はどちらかというと血圧を下げる方向に働きますので血圧が高い人でも問題はありません。特にレビトラは一般的な降圧剤で併用禁忌になっているものがありませんので、ほとんどのケースで問題ないといえます。
すぐに効いて副作用もほとんどなく、降圧剤との飲み合わせも問題ないレビトラは、次の日に影響を及ぼさないのもメリットです。

他のED治療薬より優れたレビトラの特長

男性レビトラはED治療薬として人気の高い医薬品ですが、その特長の一つに高い即効性があります。通常ED治療薬は服用してから効果が現れてくるまで30分から1時間ほどの時間がかかるため、タイミングを計算して服用する必要があります。
しかしレビトラの場合は服用後15分程度で効果が現れてきます。空腹時や体質によっては10分ほどで効果が出る場合もあり、他のED治療薬に比べると驚異的な早さで効果を実感することができます。
これはレビトラの有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすいという性質を持っているため、服用後すぐに体内へ吸収されるためですが、突然女性といい雰囲気になった時などでもすぐに対応できるED治療薬として多くの男性の支持を集めています。
即効性に優れているだけでなく、効果の持続時間に関しても他の治療薬に引けをとらないため、すぐに効いて長持ちするというEDに悩む男性にはうれしい特長を持った治療薬だといえるでしょう。

レビトラは女性にも効果的あるか

女性レビトラって、女性にも効果的なものですが男性用のレビトラは使うべきなのでしょうか。結論から述べると、男性用のレビトラを女性は使うべきではありません。確かに、女性がレビトラを利用しても一定の効果を期待できる可能性があります。これは、女性が持っている性器の海綿体の構造が実は男性器のそれとほとんど同じだからです。レビトラは、血液の状態を変化させて陰茎海綿体という部分に勃起ができるように血液を流入させることを目的としています。そのため、服用した後は性的な刺激や興奮があればきちんとEDの症状を改善することが可能です。一方で、女性も同じ性器の海綿体に刺激を与えれば勃起に近い症状を引き起こすことができるため、薬の効果を期待できる可能性はあります。しかし、レビトラには少なからず副作用が存在するため、その副作用が女性に対してどのように出てしまうのかが予測できません。酷い後遺症になってしまう可能性もありますし、女性用の治療薬以外は使わない方が賢明です。ED治療薬

 

レビトラの正しい服用法について

薬レビトラは空腹時に服用した場合は20分ぐらいで効果が現れます。即効性のあるED治療薬ですが、効果には個人差があります。ですので、性行為の1時間前ぐらいに服用するのがいいでしょう。正しい服用法を実践しないと効果を最大限に発揮できないので気をつけないといけません。

レビトラはお酒でも服用できますが、飲酒量は適度に抑えることが大切です。適度の飲酒量ならリラックスできるだけではなくレビトラの効果を促すことができます。ですが、大量に飲んでしまうと効果が弱くなってしまう可能性があるので気を付けましょう。

ジュースで服用しても問題ありませんが、グレープフルーツジュースで服用してはいけません。なぜかといと、グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸という成分は、レビトラの吸収率を高めてしまうからです。レビトラの吸収率が高まってしまうとことは、副作用が強く出る場合があるため危険です。飲み方だけではなく、飲み物にも気をつけて服用しましょう。ED治療薬

 

レビトラの服用と食事の影響について

食事現在日本国内ではさまざまなED治療薬が販売されており、その中でもレビトラは即効性が高いことが特徴となっています。ED治療薬は基本的には空腹時に服用すると効果を発揮しやすいといわれているように、食事をして服用すると薬の効果が十分に発揮できないことがあるので気をつけなくてはなりません。レビトラには二、三十分ほどで効果が現れるというという即効性が大きな特徴となっており、その点に惹かれる人も多いです。しかしこれは空腹時に服用した場合に限るということを頭に置いておくべきです。食事の影響を受けにくいとはいっても、全く影響がないというわけではないので満足できる効果を得るためには、空腹時に服用するべきです。どうしても食事をしなければならないという状況の時には、なるべくあっさりとしたメニューを選ぶようにしておき腹八分目程度に抑えるべきです。服用と食事の影響はかなり大きくなっているので気をつけておきましょう。

レビトラのジェネリック医薬品における安全性

ジェネリックED治療薬レビトラはバイアグラについで日本で2番めに認可されたED治療薬です。これまで悩みの種だった食事の影響を受けにくいため、こちらを選ぶ人も少なくありません。ただ値段は1錠1500円程度と比較的高価なことも事実です。それだけにジェネリック医薬品を希望する声が多いのも当然と言えます。
しかしながら日本国内においてレビトラのジェネリック医薬品は認められていません。これはレビトラに関する特許が未だ失効していないからです。完全に条件を満たすには2020年以降になることも考えられ、ジェネリック医薬品の発売にはまだ時間がかかります。これはアメリカなど世界中の国においても同様です。
ではインターネットで販売を謳っているレビトラのジェネリック医薬品とは、どのようなものなのでしょうか。実はインドのみは特許制度の違いや発展途上国ということもあり一部例外が黙認されています。それを利用したレビトラをはじめとするジェネリック医薬品を称する製品は後を絶ちません。幾分ネガティブな物言いをしてるのは、必ずしも安全性が証明されているものではないからです。そもそもこうしたアイテムは製法を変えることで特許を回避している側面があります。つまり普通の薬剤と同じ効果や副作用の有無に関して、強い不安感があると言わざるをえません。実際にED治療を専門とするクリニックでは度々注意喚起がなされています。
本来レビトラは処方箋がなければ購入すること自体ができません。それだけ人体への影響が懸念されるからですが、個人で購入してしまうと一切が自己責任となります。ジェネリック医薬品を買い求める際には事前に医師と相談することが大切です。男性機能の改善には血流改善や神経伝達の他にも、様々な身体的要素が絡んできます。余程の確信とエビデンスの裏付けがない限り医師の判断に任せるべきです。レビトラのジェネリック医薬品の特徴と背景をよく把握しながら、賢明な対応を行っていきましょう。

ED治療薬であるレビトラとシアリスの違い

シアリスレビトラとシアリスはいずれもEDに対する治療薬として用いられる医薬品ですが、それぞれに特徴があります。レビトラとシアリスの違いとして挙げられるのは、有効成分があります。レビトラの有効成分が塩酸バルデナフィル水和物であるのに対して、シアリスはタダラフィルです。レビトラの有効成分である塩酸バルデナフィル水和物は、水に溶けやすいという性質があるため、即効性を期待することが出来ます。一方のレビトラは効果の即効性はありませんが長時間の作用が期待することが出来ます。ほてりなどの副作用が出にくいという特徴があります。いずれも食事の影響は受けにくいタイプの治療薬ですが、効果を十分に得たいという場合には、空腹時もしくは食後2時間後の服用をおすすめします。食後するに服用したいという場合には、脂っこい食事は避け、あっさりとしたメニューを選ぶようにしましょう。日常的に医薬品を服用しているという場合には、併用することで作用に影響がある場合があるため、医師に確認してからの服用がおすすめです。

レビトラ使用のメリット、デメリットとは

「レビトラ」という医薬品をご存知でしょうか。レビトラは、ED治療薬です。現在日本国内で認可されているED治療薬は3種類しかありません。そのうちレビトラは、日本国内で2番目となる2004年に国から正式な認可を受けたED治療薬になります。そんなレビトラを服用する際には、使用のメリット、デメリットの両者を正しく理解しておくことが重要です。その1番のメリットは、世界初のED治療薬として今なお抜群の知名度を誇る「バイアグラ」の最大の欠点である食事の影響を非常に受けやすい性質をもたいないところにあります。そのため、服用時バイアグラほど食事との食べ合わせを気にする必要がありません。一方で、デメリットとして、その副作用には注意が必要です。一般的には頭痛やほてり、鼻づまりの軽い症状が起きることが多く、副作用が重症化した事例は多くありません。ただし、レビトラもあくまで医薬品です。医師の指示に従い、正しく服用しましょう。

レビトラの作用の持続時間はどれくらい?

ビジネスマンレビトラは、その他のED治療薬よりも比較的に作用の持続時間が長いと言われていまして、一般的に5時間から10時間続きます。
作用の持続時間は主成分であるバルデナフィルの配合量によって左右されますので、レビトラが10mgか20mgか、しっかりと確認して使用すると良いでしょう。

レビトラの量が多くなるほど作用の持続時間と作用自体の強度が上がります。
10mgだと5時間から6時間、20mgだと8時間から10時間を目安にすると良いですし、自分の使用する用途によって使い分けてください。

また20mgの方が持続時間が長いので良いと思われがちですけど、薬の作用が強くなるということは副作用も強く出やすいという意味になりますから自身の体質も考えて使わなければなりません。

特に初めてレビトラを使用する場合は副作用の心配がありますので10mgから使用する方が良いですし、空腹時か満腹時に使用するかどうかでも作用の持続時間や効力に差が出ますので、できるだけ空腹時に使用してください。

レビトラの効き目が現れるまでの即効性について

レビトラは数あるED治療薬の中でも効き目が現れるまでの即効性に優れた薬として有名で、飲んですぐ効くと人気の高い製品です。即効性に優れたレビトラは飲んでから最短で15分ほどで効果を得ることができ、これは他のED治療薬と比較しても断然早いです。
なぜこんなに早く効果が現れるかというと、レビトラに使用されている有効成分バルデナフィルが、バイアグラやそのジェネリックなどの多くのED治療薬に使用されているシルデナフィルに比べて水溶性が高く、胃の中に入るとすぐに溶けて浸透、吸収されるためです。
効き目が現れるまでの即効性だけでなく、その効果の持続時間に関しても他のED治療薬と比べて見劣りしないのも特徴です。
即効性に優れたレビトラは実際に行為を行うまでの時間を計算して事前に服用しておく必要のある他のED治療薬と違い、急にベッドインのチャンスが巡ってきた場合にもすぐに対応することができるため、多くの男性の支持を集めています。ED治療薬

 

レビトラを服用する際の食事の影響について

一般的にED治療薬は空腹時に服用することでその効果を最大限に発揮すると言われており、食事の影響で効果が十分に発揮できないというケースもあります。レビトラはED治療薬の中でも食事の影響を受けにくい薬と言われており、標準的な食事の影響を受けないと説明書にも記載されていますが、効果を最大限に発揮するためにもその使用方法をしっかりと把握しておくことが必要です。
説明書に記載のある標準的な食事の基準はエネルギーが700kcalほどで、脂肪の割合が30%以下のものだと言われています。この範囲内の軽めの食事であればレビトラの効果にはあまり影響を与えませんが、脂っこいものを食べたり大量に食事をとったりした場合はレビトラの吸収が阻害され、即効性や持続性が十分に発揮できないこともあります。
食事をしていない空腹時が最も効果を発揮するレビトラですが、どうしても行為の前に食事をする必要がある場合は、食事の影響を受けないと言われている範囲のカロリーや脂質を考えて、軽めの食事にするのがよいでしょう。

レビトラの価格はどの程度なのか

価格バイアグラに次いで、売り上げが多いと言われているレビトラの価格はどのくらいが目安なのでしょうか。レビトラには5mgと10mg、さらに容量の多い20mgがあります。レビトラの価格は、どこで仕入れるかにもよりますが概ね10mgで1500円、20mgで2000円です。10mgよりも20mgで購入した方がお得感があるように思えますが、10mgで効果があるのであれば20mgを購入する必要はあまりありません。

保険適用外ですが、病院で処方してもらった場合の目安の料金は20mgが1錠で約2000円から2200円ほど、4錠1箱で購入すると8000円から8800円ほどになります。しかし、通販サイトを使って購入した場合、4錠1箱で約6000円、28錠7箱で35000円ほどのものも見かけます。まとめて購入するほど安くなる傾向があります。28錠まとめ買いだと1錠当たりの価格は1200円ほどで済むことになります。配送料がかかる場合がありますが、それでも病院で購入するよりは安くなっています。

レビトラは輸入代行で通販するとお得

sele

勃起不全を改善できる薬として知られているのがレビトラです。これは日本では2番めに認可されたもので安全性が確立されているのが特徴となっています。普通レビトラを購入するときにはクリニックに行く必要があるのですが、その場合血行な費用がかかるといえるでしょう。
なるべく安価にレビトラを購入したいときにはネット通販や個人輸入代行サービスを使うのがおすすめです。インターネット上には海外ので売られている薬を個人輸入してくれるサービスがあります。通常金額よりもかなり安価に購入できるため多くの人が使っているのが特徴です。輸入代行サービスでは複数のレビトラをまとめて購入すると割引をしてくれるといったメリットもあります。
病院で買う場合一錠あたり3000円くらい、個人輸入では半額くらいの金額で手に入れる事が可能です。ジェネリック医薬品なら更にお得な10分の1なので検討してみましょう。またお店によりレビトラの販売価格は違っています。ED治療薬

 

レビトラの効果を得るための服用の注意点

医者レビトラは、即効性が比較的高いED治療薬で、正しい飲み方を理解しておくと満足できる効果を得ることができます。服用の注意点はレビトラには、空腹時に服用すると個人差はありますが20分ほどで効果が実感できる特徴がありますので、性行為の1時間前に服用することが大切です。また、服用前はあっさりとした食事で腹八分目程度に抑える必要があります。効果を最大限に発揮したい時は空腹時の服用が推奨されています。持続時間にも個人差はありますが、5時間から10時間程度続きますので、連続して服用することは避けて24時間の間隔をあけることが副作用のリスクを高めないためにも大切なことです。さらに、服用時には飲み物は、ほどほどのお酒であれば薬の効果を促進することが可能ですが、大量の飲酒は薬の効果が半減してしまう恐れがありますので注意が必要です。グレープフルーツジュースは、薬の吸収率を高めてしまし、副作用のリスクが上がりますので一緒に飲むことは避けましょう。

レビトラの気になるお酒との併用

カクテルレビトラは大きなトラブルも報告されていない安全性の高さも人気の1つになっていて、利用する方は増えています。安全で効果を実感しやすいメリットがある一方、お酒との併用をしていいものか気になっている方も多いです。薬の場合はお酒を飲んだ状態で服用するのは禁止で、危険性さえも伴ってきますので注意が必要です。しかし、レビトラを必要とするシーンではお酒を飲んでいることも多いので、一切お酒がだめだと雰囲気を壊してしまうことも考えられます。レビトラは多少のお酒との併用なら問題はありません。目安としては意識がはっきりと残っている程度のたしなむお酒程度なら問題はありません。むしろ血行が良くなっているので効果も引き出してくれます。ただ、酔ってふらふらしたり、言葉がうまく話せないような状態のときは効果が薄れてしまいます。また、お酒に弱い方の場合は逆に効果が強く出すぎて、アルコールが一気に体に回ってしまう危険性もあるので注意が必要です。

レビトラの禁忌使用が考えられるケース

レビトラは禁忌使用を考えなければならないものがあります。例えば、硝酸剤でこれを使用中の方がレビトラを服用すると、急激に血圧が低下してしまい、場合によっては死にいたるおそれがあるので決して服用しないようにしてください。
また過去にレビトラを服用してアレルギー反応を起こしたことのある方も良くありません。
心血管系障害などによって過去に医師から性行為が不適当だと診断された方も駄目です。低血圧の方や高血圧の方も駄目ですし、抗ウイルス薬(HIV治療薬)や抗真菌薬(内服)を使用中の方も使用は禁忌です。最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方も使用は出来ません。
レビトラはお薬ですから、正しい服用と処方の元でのみ使用することが出来ると考えるようにしましょう。薬は体大きな負担をかける物であり、副作用もある毒物だと考えるとその使用にあたっては厳重に注意を必要がある事がわかるはずです。そのため使用してはならない状況も数多く考えられます。

輸入代行のレビトラの偽物に注意する

偽物レビトラは人気のED治療薬なのでインターネット通販では偽物が出回っています。本来は5mgと10mg、20mgの3種類しかありませんが、偽物は100mgとなっていることが多いです。成分量が多いと効果が高そうと飛びつく人を狙っていますが、レビトラ100mgは製造されていません。またパッケージもロゴが立体的になっており点字による加工が施されています。偽物は低コストで作られているため、このような手の込んだ加工をしていない可能性が高いです。さらに悪質な場合、通販画面では本物のレビトラの画像を使い発送する商品を偽物にすることがあります。購入者は手元に届くまで騙されたことに気づけません。安さがウリの通販でもあまりにも安すぎる物は避けるようにします。レビトラはEDを改善するのに有効ですが、偽物だと成分量が極端に少なくて効果が出にくいです。不純物が混ざっていたら体に悪い影響を及ぼすこともあり、本物かどうかを慎重に見分けなければなりません。

レビトラを郵便局留め内緒で安心して購入

レビトラを購入する場合、気になるのが家族にバレないかで、個人輸入通販で購入すると自分が留守中に家族が受け取る可能性があります。
そうした心配をする人のために、業者は郵便局留めの発送にも対応しています。
国際郵便になるので自宅に到着するまで10日前後くらいの日数を要しますが、家族に内緒で購入できるメリットは大きいです。
正確なお届け日数が知りたい場合は、郵便局のサイトの個別番号検索に追跡番号を入力すると配送状況を知ることが可能です。
家族に内緒にしたい人は郵便局留めでの購入がオススメで、注文時に指定すれば手続きしてくれます。
その際、受け取りたい郵便局の郵便番号を教えれば、よりスムーズに配送してもらえます。

レビトラを通販する場合、郵便局留めで受け取ると、自分の好きな時間に取り行くことができます。
不在票などの対応をスムーズに行うことができ、住所を秘密にできるので個人情報も管理しやすいです。
家族や彼女に郵便物を見られる心配がなく、郵便局留めなら家族や彼女などに届いた荷物を開けられる心配がありません。
郵便局留めでレビトラを注文すると、家族や彼女が配達員と対応することがないので不安なく購入することができます。
通販での購入でわざわざ郵便局留めにするのは面倒と思うかもしれませんが、時間の指定がなく受け取ることができるので安心です。
郵便局留めのメリットはそれだけでなく、レビトラを通販で購入したこと自体わからないので秘密で購入したい場合に最も有効な方法と言えます。
実際に多くの人が郵便局留めを利用していて、口コミの体験談でも好評です。

レビトラを通販で購入した際に郵便局留めをしてもらうと、メリットばかりではなくデメリットもあります。
受取り期間が10日間と決められているので、指定した郵便局に到着した日から10日までに受取らなければいけません。
指定した郵便局に到着したという連絡もなく、10日間の期間を過ぎると業者に返送されてしまうので注意が必要です。
稀ですが税関で引っかかってしまうリスクもあり、郵便局留めの場合は個人輸入と認められずに引っかかってしまうことがあります。
不在票での預かり期間と違って保管期間は10日間しかなく、指定した郵便局に到着しても連絡はないので事前に追跡サービスで到着を確認しておくことが重要です。
これらのことから、郵便局留めに指定した場合は保管期間と税関には注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。