男性機能障害「EDインポテンツ」の年代別、悩みをシアリスでの改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シアリス

男性機能障害「インポテンツ」の年代別、悩みと改善策

精力剤

年齢を重ねる毎に、男性機能が低下する症状の一つ勃起障害「インポテンツ」に悩む男性は多いでしょう。インポテンツは加齢が主な原因として知られていますが、年代別にその特徴を知っておくと勃起障害「インポテンツ」改善に役立ちます。社会的にも家庭内においても年齢を重ねていくに従い、責任や心配事も増えていきます。男性にとって加齢は生活習慣病のリスクも高まる原因になることは良く知られていることですが、勃起障害「インポテンツ」に関しても同じことがいえるのです。一般的に40歳前後から中折れなどの症状が現れるといわれています。仕事上のストレスや家族の心配事などが重なって症状を引き起こすことが多くなるのです。また、50代になると殆どの男性が中折れの症状を経験するとされています。この年代は、勃起障害を誘因する糖尿病や高血圧、高脂血圧のリスクが高まり、男性ホルモンの分泌も減少すします。更に60代を迎えると勃起できたとしても、堅さが不十分だったり持続しないことが特徴になってきます。精巣萎縮など海綿体への血液流入不足などが原因して起きる症状です。年代別の症状を理解し、早期からの対策を講じることが大切です。

インポテンツとオナニーの関係性は?

疑問

インポテンツと自慰(オナニー)は関係していると言われています。それでは、インポにならないためには自慰をしたほうが良いのでしょうか、それとも逆でしょうか。医学的に正確な答えはわかりませんが、精子は3日で満タンになると言われていますので3日に1回くらいはしてもいいと思われます。体の機能は使わないと衰えていきます。もちろんパートナーと性行為をすることができるならそれが一番ですが、なにもしないよりは自慰でもしたほうがいいはずです。あまりやりすぎてもよくありませんし、刺激的すぎる自慰をしていると本番で起たなくなるという体験談もありますので、ほどほどにしておきましょう。女性の膣内はやわらかいので、強くにぎったり、こすったりしていると女性の膣内では満足できなくなるようです。オナホールなどの大人のグッズも使いながら、本番行為に支障がない程度の自慰をすることがおすすめです。なお、射精をしなければ精子は減りませんので、射精をしないなら毎日何回やっても問題ないと思われます。

シアリスはインポテンツを改善するED治療薬

シアリス

インポテンツの治療薬といえば日本ではバイアグラが有名なのですが、その他におすすめの治療薬としてはシアリスがあげられます。日本ではED治療薬としてバイアグラ・レビトラ・シアリスが認可を受けており、中でも新しいものがシアリスとなります。世界100カ国以上で1000万人以上のED患者の治療に使われており、2013年の時点では世界シェア42%を獲得し、世界で最も幅広く使用されているED治療薬となったのです。

シアリスはバイアグラなどとは基本的なコンセプトが異なるED治療薬であり、服用後すぐに効果が現れることがバイアグラの特徴であることに対して、シアリスは服用後3時間程度を経過してから効果が現れる遅効性のED治療薬となっています。ただしその効果は最大で36時間程度持続するため、長時間の勃起力の向上が期待できるのです。効果の発現は緩やかですが、その後は効果がじっくりと持続しますので、ライフスタイルに合わせた使い方が可能になります。

健康な人はシアリスをスマートに利用してより充実した人生を手に入れる

改善

シアリスは、EDに悩む男性たちの味方として、現在もっとも広く使用されているED治療薬です。バイアグラやレビトラに比べると新しい薬ですが、その持続力が優れていることから日本のみならず世界的にもあっという間に普及しました。食事等による影響を受けにくいことも大きなメリットに挙げられています。男性にとって性生活は、フィジカルな健康面に加え、精神的な健康にも大きく影響を与えます。EDに悩む人は、そもそも自分がEDであることを正面から受け入れがたかったり、受け入れたとしても治療薬を利用することには高いハードルを感じる人もいます。しかし、健康な人は、より充実した人生を送るために、積極的にシアリスを日常生活に取り入れています。花粉症や頭痛で悩む人が医薬品に頼るのと同じように、EDを自身の体の不調と受け入れ、シアリスを使うことで、日常での悩み、自己嫌悪はなくなり、またフィジカルにも精神的にも健康な生活を送ることができるのです。

シアリスの効果を発揮する服用法を確認しよう

薬

シアリスは最大で36時間と長期に効果を持続し、食事や飲酒の影響を受けにくいなどED治療薬の中でも優れた特徴を持っています。
そして、同じ飲むのであれば効果を発揮する服用法を知っておきましょう。
長期に持続することが魅力の薬ですが、シアリスの有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくいという特徴があり、即効性では劣る部分があります。
それゆえ、性行為の直前の服用ではまだ効果を十分に発揮できない可能性がありますので、早めの時間に飲んでおくことがおすすめです。
それから、飲食があまりない薬として知られていますが脂肪分の多い食事を摂り過ぎると効果が半減してしまう可能性もないとは言えません。
良い結果を得るためにも食事を摂りたいときもあっさり目で控えめにしておきたいですし、確実に効果を発揮させるならやはり空腹時に飲むことがおすすめです。
お酒の影響も少ない薬ですが、あまりに飲み過ぎると神経伝達が悪くなり性的な刺激を受けにくくなる場合もあります。お酒を飲む際もほどほどに抑えておきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。