タダシップ、タドラ、タダリフトの効果の違いとネット通販の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タダシップ

インドで作られているタダシップとは

タダシップ

ED治療薬として、長い時間効き目があることが人気なのがシアリスです。そのシアリスのジェネリックとしてインドで作られているのが、タダシップという薬です。

シアリスと同じく有効成分にタダラフィルを使っていますので、同じ成分でありながら安く手に入れることができるED治療薬ということになります。どのくらいの期間飲むことになるかわからないことや、飲むのをやめてしまうと元に戻ってしまうのではという不安もあることから、ED治療薬は比較的長きにわたって飲むことになる可能性が高いと言えます。

そうなるとどうしても薬代が気になってしまうものですので、全く同じ成分を使っているジェネリックのタダシップを購入したいと考える人がいても不思議ではありません。シアリスでは1錠あたり10ミリグラムが1700円、20ミリグラムが2000円するところが、タダシップになると400円~450円という安さになりますので、日本からも個人輸入で手に入れる人が多いのも納得です。ED治療薬

タドラ効果・飲み方について

服用方法

タドラという薬は、シアリスのジェネリック医薬品になっています。タドラを飲めば、シアリスと同様の効果を得る事が出来ます。これはED治療薬になっていて、インポテンツや中折れや勃起不全の解消に効果があります。ED治療の薬はシアリスの他にもバイアグラやレビトラが有名です。シアリスはバイアグラやレビトラよりも持続時間が長いです。即効性はありませんが2日間ほど効果が持続します。なので金曜日の夜に服用するという人が多い薬です。シアリスは値段が高く経済的に大変ですが、タドラならかなり安く購入する事が出来るのです。タドラを是非飲んでみたいという人もいるかもしれません。日本でこの薬を手に入れるには、医師の診察を受けて薬を処方して貰う事が必要になります。しかし海外から個人輸入するとこの様な医師の診察は必要ありません。1ヶ月分の購入ならば、厚生労働省から認められているからです。個人輸入は難しいと考えている人もいるでしょうが、他の通販サイトと同様に簡単に買う事が出来ます。ED治療薬

ジェネリック医薬品のタダリフト

タダリフト

タダリフトは、世界にその名を知られたED治療薬であるバイアグラを製造する医薬品メーカーが販売する、シアリスというED治療薬のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、特許が切れた新薬の成分をそっくりそのまま真似て作られた、値段の安いお薬のことです。

ED治療を受けるにあたっては、できるだけ薬代が安い方が助かると考えるなら、シアリスではなくジェネリック医薬品のタダリフトを選ぶのがいいでしょう。主成分はシアリスと同じタダラフィルですので、効果効能は全く同じになると考えられますから、安い薬で効果があがればお得です。

タダリフトがED治療薬として人気があるのは、効果の持続時間の長さにあります。なんと30~36時間と言いますので、一度飲めば1日以上効果が続くということになります。かといってずっと勃起しているというわけではなく、性的に興奮したり、刺激を与えられた場合、反応できる時間の長さを指しています。

この持続時間が長いタダリフトは、いつでも準備OKの状態でいられることが可能になると言えるでしょう。ED治療薬

インド製ジェネリックの普及は特許の違いだった!

ジェネリック医薬品

このように、インド製のジェネリックが多いのは、インドの特許制度が他国とは異なるという理由があります。インドで作られたジェネリックは違法なものでも、いわゆるバッタ物でもなく、正当に製造された薬なのです。

インドのジェネリック医薬品は安全なのか?

インド製ジェネリックは合法的に作られた後進薬だということはご説明の通りです。

では、その安全性はどうなのでしょうか?日本での薬の販売認可はとても厳しいことで有名ですが、インドではどうなのか見てみましょう。

インドの技術はとても高い

インドの製薬会社の技術はとても高く、世界中に事業展開しています。また、販売認可も厳しくチェックされており、安全であると言えるでしょう。

さらに、薬価も非常に低く抑えられているため、国境なき医師団や発展途上国で多く用いられ、国際医療にも大きな貢献を果たしています。

インドのジェネリック医薬品はどこで手に入るのか

悩み

他国ではまだ特許の切れていない新薬を合法的にジェネリックとして低価格で販売できるインド。そして、その技術や安全性も確かなものとなれば、みなさんも欲しくなると思います。

では、わたしたちはインドのジェネリックをどこで手に入れることが可能なのでしょうか。

インドのジェネリックは個人輸入代行で買うしかない

購入

日本で販売されていないジェネリックを手に入れるには、インターネットを通じた個人輸入に頼るしかありません。薬の個人輸入自体は違法なことではなく、利用したことがある人もいるのではないでしょうか。

危険なのは輸入ルート

インドジェネリックの安全性は非常に高いものですが、問題なのはその輸入ルートにあります。製薬会社で作られた正規のジェネリックなら、安全性は保障されていますが、現在、多くの偽ジェネリックが世界中に広まっています。個人輸入を通してこのような偽ジェネリックを買ってしまう可能性もあるので、慎重に検討が必要だといえます。

インドのジェネリック医薬品は低価格で安全性が高く、国際社会に大きな貢献を果たしています。しかし、そのルートによっては危険な偽ジェネリックを入手してしまう可能性もあり、健康を害する可能性もあります。入手、使用に関しては慎重に検討を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。