タダリスSXは安い価格で36時間の持続効果あるED治療薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タダリスSXの特徴や効果を解説!

タダリス

タダリスは、シアリスのインド製ジェネリック医薬品で10mgと20mgと2種類あります。製造販売はバイアグラのインド製ジェネリックであるカマグラの製造販売も行うアジャンタ・ファーマ社です。

タダリスSXの有効成分はタダラフィルで、優れた機能や効果により多くの方に支持されています。その特徴は、長時間作用する点です。最長時間なんと36時間との事で、持続性に長けています。また目の充血や頭痛などの副作用が少ないため、安心して摂取する事が出来るでしょう。ED治療薬

 

服用時間は、空腹時の摂取が即効性を受けやすいでしょう。バイアグラ同様、すぐに吸収させたほうが効果を感じられるはずです。食事の影響は受けませんが、タイミングは夕食の約3時間前が理想ですね。長時間の作用が期待出来ますので、夜に吸収させた場合は翌朝にも効果が発揮されます。

そしてタダリスSXの効果ですが、正的刺激を受けた時に元気にする補助です。性欲増進や興奮するための製品ではありませんので、予め把握しておきましょう。性行為前の服用であれば、体調によって効果の発揮が異なりますが約4時間前には服用しておくと安心です。

タダリスSXの効果

シアリス同様に10mgで24時間~30時間、20mgで30時間~36時間もの長い時間、作用します。

タダリスSX使用方法・服用方法

タダリスSXは、飲食時に服用されても問題ありませんが空腹時に服用し、その後お食事は薬の成分が体内に吸収されてからにしたほうが、効果があります。ED治療薬

インド製のジェネリック医薬品それって安全なの?

医者

ジェネリック医薬品とは、ある薬の特許が切れた後に、同じ成分で同じ効き目という謳い文句で販売される薬のことです。前者は先発医薬品、後者は後発医薬品と呼ばれ、価格が安いことが特徴です。最近では、インド製のジェネリック医薬品が多く出回っています。しかし、海外製品の薬に不安を持つ方も多いのではないでしょうか。ここでは、なぜインド製のジェネリック医薬品が多く出回っているのか、その安全性も含めて解説します。

ジェネリック医薬品はどのようにしてできるの?

成分

ある薬を開発するためには、10年以上の歳月と数百億円の費用がかかります。製薬会社によって開発された新薬には、それぞれ特許が与えられます。特許期間は25年まで延長できます。つまり、この25年の間は他の製薬会社は同じ薬を作ることは禁止されるのです。特許が切れると、他の製薬会社は同じ成分の薬を製造、販売することができます。ジェネリックは先発薬と同じ有効成分を同量含み、同じ用法・用量、同じ効果でなければならないと定められています。一方、形状や色、添加物は各々の会社で異なってもよいこととされており、先発薬と完全に同じわけではありません。

ジェネリックが安い理由

ジェネリックの開発は平均して3年の時間がかかりますが、新薬開発に比べると時間も費用も圧倒的に少なくなります。ですから、ジェネリックは新薬と比べて価格が抑えられるのです。

ジェネリックは安全なのか

新薬とジェネリックの違いは、形状や色、添加物のみです。有効成分も量も全く同じです。また、ジェネリックが新たに開発され、市場に出回るまでには、安全性や有効性に関して何度も繰り返し厳しいテストに合格しなければなりません。ですから、ジェネリックの安全性は保障されていると言えるのです。

なぜインド製ジェネリックが広く普及してるの?

男性

現在、多くのインド製ジェネリックが出回っていますが、そうしてインドで作られているのでしょうか?それには、インドは特許に関する法律が他の国と大きく異なるからです。

薬にはいくつかの特許が認められている

薬の特許と単純に言っても、それは大きく4つに分けられています。その薬に 含まれている成分に対する「物質特許」、その物質の新しい効果に対する「用途特許」、製造方法に対する「製法特許」、製剤方法に対する「製剤特許」です。

インドでは「物質特許」が認められない

インドでは、2005年までこれらの特許の中で、「物質特許」を認める法律がないのです。ですから、新しく開発された新しい薬の有効成分は誰でも使うことができてしまうのです。

世界の製薬会社vsインド製ジェネリック

こうして、インドでは長らく、ジェネリックが作られ放題の状態となっていました。このような状態の中でインド製ジェネリックはインド国内だけではなく多くの国の製薬会社とのバトルを起こし、大規模な裁判に発展したケースもありました。

この事態に対し、ついに2005年、インドにも「物質特許」を認める法律が制定されました。が、今なお、この特許に対する認識は甘く、画期的大発明以外の新薬には特許を認めないという方針があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。