シアリスを服用し早漏改善しセックスに失敗しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
医者

シアリスはEDを治す医薬品、同時に早漏を抑制する特徴も

シアリス

シアリスはEDを治す医薬品です。正常な男性機能の働きを妨げる要因を、主成分の働きによって抑制します。強制的に勃起させる医薬品だと時々シアリスは勘違いされますが、あくまでED治療薬の役目は勃起を妨げる要因の除去です。そのため服用によって突然精力が増進したり、興奮した心身に変貌したり、いわゆるスケベな性格になるものではありません。あくまで男性の正常な男性機能を支える物であり、性行為をしたいと思っている時に使う事で初めて勃起力の向上が望めます。

シアリスはEDを長時間にわたり改善する効果的な製品です。メインはEDの予防と中折れなどの改善ですが、同時に早漏を抑制する副産物的なメリットもあり、軽度の早漏体質の方であればシアリスを事前に飲む事で、コンプレックスが大幅に改善します。

早漏は心理的な要因で起きる事も多いです。一方で性機能の低下が早漏体質を呼び起こす事も多く、シアリスを飲む事で性行為の途中に無意識的に射精してしまうトラブルが回避でき、安心してパートナーと性生活を過ごせるようになります。ED治療薬

シアリスの主成分タダラフィルとは

成分

タダラフィルとは、PDE-5阻害薬に分類される薬の成分です。タダラフィルを有効成分とする薬で最も有名なのは、ED治療薬のシアリスでしょう。

タダラフィルはその他にも前立腺肥大量や肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されています。

ここでは、タダラフィルの効果や性質から、使用上の注意点を詳しく解説します。ED治療薬

PDE-5阻害薬としてのタダラフィル

タダラフィルはPDE-5阻害薬に分類されます。バイアグラやレビトラといった従来のED治療薬もPDE-5阻害薬でしたが、作用のメカニズムは同じでもタダラフィルはそれらとは性質が大きくことなります。

PDE-5阻害薬の作用

PDE-5とは人の体の中にある酵素の一種です。PDE-5阻害薬は、その酵素の働きを妨げる効果があります。では、PDE-5の働きを妨げることで、人の体ではどのようなことが起こるのでしょうか。

人の体の血管には、NO作動性血管という血管があります。NOとは何らかの刺激が加わると脳からの指令を受けて人体で作られる物質です。このNOはその名の通り、NO作動性血管に働きかけを行います。すると、その血管ではcGMPという酵素の一種が盛んに作られるようになります。このcGMPは血管の平滑筋を弛緩させる働きを持ち、これによって血管は広げられるのです。しかし、人体は非常に効率よく理論的に作られているものです。cGMPが増えて血管が広がっても、いつまでもそのままではいられませんよね。ですから、必ず血管の開きに対して、閉じようとする力が生まれます。その働きをするのがPDE-5なのです。PDE-5はcGMPを分解する働きを持ちます。ですから、cGMPの量が減ることで、血管を広げようとする力が弱まり、次第に血管が閉じていくのです。

タダラフィルは、このPDE-5の働きを抑制するものです。ですから、cGMPの分解が妨げられ、血管が閉じようとする力よりも開こうとする力が勝つのです。

タダラフィルの働きは血管を拡張することです。この一連の血管拡張作用を利用したのがシアリスをはじめとした治療薬なのです。

従来のPDE-5阻害薬との違い

従来のED治療薬、バイアグラやレビトラもPDE-5阻害薬の一種です。しかし、タダラフィルは作用時間や食事の影響がこれらのものとは大きく異なります。

タダラフィルの化学構造は、小さなブロックを積み重ねたようなものです。ですから、体に吸収されにくく、分解されにくいという遅効性の性質を持ちます。一方、従来のED治療薬は、直線状の化学構造をしており、体に吸収されやすく、分解されやすいとう遅効性の性質を持っていました。タダラフィルは新しいPDE-5阻害薬ですが、このように化学構造に変化を持たせたことで、これまでのPDE-5阻害薬とは大きくことなる性質を持つのです。ED治療薬

タダラフィルを有効成分とする薬3種

タダラフィルには色々な病気の治療薬として使われています。ここでは、どのような病気にどのように使われているのかを詳しく解説します。

人気ED治療薬シアリス

シアリスは最新のED治療薬です。日本国内ではバイアグラ、レビトラに続いて2007年に販売が開始されました。

シアリスにはこれまでのED治療薬と異なって遅効性という性質があります。遅効性であることによって、シアリスは飲むタイミングに囚われず、食事の影響も少ないことから、その利便性を高く評価されてきました。それは日本国内にとどまらず、世界中で人気を博し、今や世界シェアの42%を占めています。

シアリスは5mg、10㎎、20㎎のものが販売されており、ED治療で主に使用されるのは10㎎と20㎎のものです。この用量はタダラフィルの含有量を示しており、用量が多い方がタダラフィルを多く含んで効果が高いものになります。

ザルティア

ザルティアは、前立腺肥大症による排尿障害を治療するための薬です。タダラフィルの血管拡張作用によって、前立腺や膀胱の血管を広げ、血流を増やします。また、筋肉をゆるめ、排尿障害の改善を期待するものです。用量は5㎎で使用することが多いです。

シアリスは処方されるための診察料や処方量、その薬代まで全てが保険診療外です。当然実費となるわけで、その経済的な負担は大きいものです。一方、ザルティアは前立腺肥大症というれっきとした病気ですので、保険診療が適応されます。シアリスもザルティアも有効成分は共通のタダラフィルです。ですから、一部の悪知恵の働く人たちの中には、前立腺肥大症として診断され、処方されたザルティアを4錠飲んで、シアリスのようにED治療に使う人もいました。これは大きな社会問題となり、ザルティアの処方が厳しく審査されるようになったのです。

アドシルカ

アドシルカは、肺動脈性肺高血圧症に使われる薬です。この病気は肺動脈が細くなることで、心臓から肺へ送られる血液量が減少します。その結果、体の中に酸素が足りなくなり、様々な症状を引き起こす怖い病気です。タダラフィルの効果によって、肺動脈を拡張させ、肺への血流を増やそうとするのがアドシルカです。アドシルカは、1日一回、40㎎を服用します。アドシルカの副作用の中には、「4時間以上持続する勃起」が挙げられており、シアリスと同じ有効成分タダラフィルを含むことが原因です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。