バイアグラを購入するには病院の処方かネット通販?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バイアグラ

バイアグラを購入には病院かネット通販

バイアグラを日本国内で購入する場合は、ドラッグストアとか薬局で購入することはできません。日本ではどこで購入可能かというと泌尿器科とか循環器科や内科などいろいろな診療科が扱っているのでそちらで購入することになります。バイアグラは保険適用外なので、多くの人は処方が簡単なメンズクリニックから購入する方が多くなっています。バイアグラはもともと狭心症の薬として開発されていたため心臓病の人が飲むことで死に至ることもありとても危険な場合があります。そのほか副作用も強いので医師に診断をしてもらうのが最も安心です。病院やクリニックで処方してもらうことで医師にも診断をしてもらえますし、偽物を購入するようなリスクも絶対にありません。ED治療薬

 

バイアグラは個人輸入代行でも購入可

通販バイアグラはネットからでも購入することが可能となっています。ネットといってもAmazonとか楽天といったような大手ECサイトではなく個人輸入をする方法になります。もちろん個人輸入といっても現地にいって入手をしたり、海外のサイトで日本まで発送してもらうといった方法でもないです。今は普通に日本語運営をしていてバイアグラなどの医薬品を販売しているサイトがあるのでそこを利用することになります。簡単にいえば、個人輸入の代行サービスをしているサイトです。そのため、自分で販売店に英語で対応をしたりといったことは一切なく簡単に購入ができてしまいます。しかしサイトの場合は、偽物が販売されていることもあります。体に害のないものを偽物として販売してある場合はまだいいのですが、有毒な薬を偽物で販売されていることもあるので注意が必要になります。安いし簡単に購入できるからといってサイトから購入をすると大変な目にあうことがあるので、安心して購入したい人はクリニックとか病院から購入する方法がいいです。

病院とかクリニックに行くのは手間ですが間違いなく購入できますし医師にも診断してもらえるので安心感があります。ED治療薬

 

バイアグラ 100mgの購入方法に関すること

バイアグラバイアグラ 100mgは街中にあるドラッグストアでは購入することはできません。主に泌尿器科や循環器科、あるいは内科といったクリニックに行けば処方してもらうことが可能です。加えて、AGAなどの男性特有の症状を治療することに特化した、メンズクリニックでも扱っている場合があります。ただし、いずれの施設に行って手に入れるにしても、保険適用外のため、高額になるケースも少なくありません。
おまけにクリニックで購入するためには、きちんと診察を受けなければいけないのです。手間がかかる上に、中にはバイアグラの必要はないからと処方してもらえないこともゼロではないです。そのためもっと手軽に、そして確実な購入方法としては、インターネット通販サイトを利用することです。これなら特に診察を受ける必要もなく買うことができます。
おまけにバイアグラを使用していることを、他人に知られたくない人もいるでしょう。そのような時でも自宅にいながら注文ができるので、クリニックに出入りしている姿を見られるといった心配がないです。

ネット通販なら家族に知れずに購入可能

秘密しかも利用するインターネット通販サイトによっては、バイアグラとはわからないように梱包していることもあります。もしそうなら仮に家族が受け取ったとしても、バレにくいです。
さらに通販サイトを使うメリットは、クリニックで処方してもらうより安くなることが多い点が挙げられます。人件費や店舗の維持費がかからないからなど理由はさまざまです。とにかくいろんなところで扱っているので、比較しておけば最安値で購入することも、それほど難しくはないです。
しかし、インターネット通販サイトを利用する際に注意しておきたいことがあるので、頭に入れておきましょう。まずは、信頼できるインターネット通販サイトで購入するということが大切です。もちろん絶対ではありませんが、比較的大手の通販サイトで買っておけば安心です。なぜなら誰もが知っているようなところで偽物が出回っているのであれば、すぐに話題になっているからです。
それから、購入する前に問い合わせをしておくのも良い方法です。真っ当な商売をしているインターネット通販サイトなら、可能な限り素早く対応してくれます。長い時間放置してしまうと、信頼できないと他のところに逃げられてしまうのです。それ以外にも返信された文章の文脈にも注意を払っておきたいものです。不自然な日本語が使われている場合は、海外の悪質業者が経営していることがあり、偽物が送られてくるかもしれません。

バイアグラの個人輸入の仕方について

バイアグラの個人輸入の仕方については、信頼できる個人輸入代行サイトかどうかを見極める必要があるでしょう。悪質なサイトであるかどうかを見極めることなく、ただ安いからといって購入してしまうと、非常に危険な可能性もあります。安心できる知名度の高い大手の通販サイト以外で商品を購入した場合には、偽物を買わされることも考えられます。正規品のバイアグラを確実に購入する方法は、ネット通販ではなく病院で処方してもらうことです。しかしなかなか病院に行けない場合や、病院で処方してもらうのが恥ずかしい場合には、信頼できる個人輸入代行業者から購入することをお勧めします。

輸入代行なら365日24時間購入可能です

スマホ正規品のバイアグラは個人輸入代行通販サイトから購入できるため、忙しくて時間がとれない人や、病院での処方が恥ずかしい人には非常に便利です。しかし偽物の商品を扱っている悪質な代行サイトも存在しているのも事実です。もしも偽物を服用してしまうと、健康被害が及ぶ可能性もあるので、信頼できないサイトからは絶対に購入しないようにしましょう。
製品を扱っている大手の個人輸入代行サイトの場合には、バイアグラ1あたり1500円前後の価格設定をしています。もしも1000円を切るような安い価格で販売しているのであれば、非正規ルートから偽物を仕入れている可能性もあるでしょう。初めて購入する時には、一般のネット通販と同じような感覚で、安い商品に手を出してしまう傾向が強く、ある程度バイアグラの通販に慣れている人でも、いつもと違うところを利用して偽物を買わされてしまうことも考えられます。

信頼できる輸入代行サイトがお勧め

信頼できる個人輸入サイトの見極め方としては、運営が非常にしっかりしているので、問い合わせを行って、その対応を見てみましょう。例えばメールフォームなどから問い合わせを行い、返信の対応を見てみましょう。信頼できるのであれば、当日中、もしくは1から2時間程度で返信が来ることもあります。このような場所であれば問題なく正規品の商品を手に入れることができるでしょう。在庫切れもほとんどなく、大量仕入れをできる資金が十分にあることがわかります。
悪質なサイトの場合には、翻訳ソフトで訳されたような不自然な日本語で返信が来ることが多く、振込先の口座も中国人になっているケースが多く見られます。ダイレクトメールで提供しているようなサイトや会社概要のないサイトもあるので、十分に注意して利用するようにしましょう。

バイアグラの偽物の見分け方について

偽物バイアグラはED治療薬として人気が高いですが、その人気の高さゆえに偽物が多く出回っています。偽物は有効成分のシルデナフィルが入っていない粗悪なものから、成分は入っていても少量でり体に害があるものも少なくありません。
本物のバイアグラは菱形で、薄い青色をしているのが特徴です。薬には製造しているファイザー社のスペルであるpfizerと、裏面にVGR50という英数字が並んでいます。本物と比較すると、薬の色が濃かったり薄かったりという見た目で判断できる粗悪品もありますが、最近は偽物も巧妙化してきてみただけではわからないものも登場しています。
そこで、バイアグラの偽物の見分け方を知っておきましょう。すぐに判断できるのは、真ん中に切込みが入っているなど、本物にはない特徴です。本物には切れ込みはありませんが、薬の量を調節する際に半分に切るという人は多いです。偽物は半分にしやすいことで服用しやすくさせたために、偽物だとすぐわかるようになってしまいました。

本物のバイアグラは割ると白い錠剤

バイアグラまた、本物のバイアグラは、白い錠剤にブルーのコーティングがされています。ですから、薬を半分に切ると中は白く表面だけ青いという状態になります。もし切ったときに、中まで青いようであればそれは偽物だという証拠です。薬は硬いので着るのが難しいですが、ピルカッターを使えばきれいに切ることができます。
そして、偽物のバイアグラは水に溶けにくいという特徴があります。本物は吸収を考えて作られていますが、偽物は水の入ったコップの中に入れても溶けることなくその状態を維持しています。本物も水に入れたらすぐに溶けるというわけではありませんが、10分以上そのままであれば偽物の可能性が非常に高まります。見た目で分かりにくいバイアグラの偽物は、切ったり水の中に入れることで判別がつきます。本物が手元にあれば比較することができますが、そうでない場合はよく確認してから飲むようにしましょう。

バイアグラに潜む個人輸入の危険性について

日本国内で流通するバイアグラの正規品は、25㎎と50㎎の2種類だけです。日本を除く海外では100㎎まで認可が下りている国があります。正規品は、アメリカで勃起不全の治療に効果があるため開発され、医薬品として世界各国で販売されています。

国内では、非常に人気がでており薬価基準未収載医薬品扱いで処方されているのが実態です。そのため正規品ではない個人輸入業者を通じて商品が出回るケースが増えています。「自分も試してみたい」と興味本位になり正規品以外のバイアグラを手に入れようとする人がいます。個人輸入の危険性があることを理解しておくべきです。個人輸入業者から入手して併用禁忌や使用上の注意点、なかでも使用量については注意が必要です。用法用量を守らなかったり、併用禁忌薬である硝酸剤を使用していたことで重篤な副作用を引き起こした例が後をたちません。

バイアグラ100mg輸入代行する際は注意

医者特にバイアグラを使用する際に注意すべき点は、バイアグラの有効成分「シルデナフィル」についてです。この成分は国内では25㎎と50㎎の正規品だけに含まれているものしか厚労省は認可をおろしていません。個人輸入の危険性として正規品以外の100㎎の成分は国内で認可されていないうえに成分保証されておらず、医者の処方をうけられない商品であることです。

「シルデナフィル」は、勃起不全以外にも肺動脈性高血圧症にも効くお薬であることがしられています。服用できる量にも制限があり1日の服用量は厳しく制限された商品です。なぜかといえば、服用量を間違えると心肺停止といった怖い症状を引き起こすこともあるからです。非常に劇薬であり用法を間違えることを防ぐために、医者の処方箋を必要にすることが定められています。並行輸入で個人輸入して服用して安全な商品ではありえません。簡単に手に入るからと、どんな商品であるかを確認せずに使用することは命の危険をも招くケースがあることをよく知っておく必要があります。

正しく医師の処方を受けて正規品を使用

バイアグラは、効き目があるからこそ危険性もあります。正しく医師の処方を受けて正規品を使用することが一番重要な使用方法です。間違っても、同じ製薬会社が発売している商品だからといった安易な個人輸入の危険性に陥らないでください。用法や使用量を厳格に守って正規品だけを使用することが健康のためにも、副作用を引き起こさないためにも必要です。効き目があるという事実こそ、反面危険性があることを意味しているのです。

バイアグラジェネリックのタイプ

日本で最初にバイアグラのジェネリック医薬品が登場したのは平成26年5月の事であり、「東和薬品」という日本の大手ジェネリック製造企業が販売を始めました。ちなみに「コーヒー味」と「レモン味」の2タイプがあり、いずれもOD錠でした。(OD錠:唾液だけで即座に溶解し、薬特有の苦みもないため水なしで摂取可能)

そして、「陽進堂」と「武田薬品」からも登場。平成29年3月までに、バイアグラのジェネリック医薬品は全部で10企業から出回ることとなりました。

ジェネリック医薬品の選び方

今、陽進堂、テバ製薬、富士化学工業、キッセイ薬品、東和薬品などから出ているバイアグラのジェネリック医薬品が主流となっており、実はそれ以外のメーカーからのものはほとんど見かけなくなっています。中にはもう製造が行われていないものもあるかもしれません。では、これらのうちでは、どのジェネリック医薬品を使うのがベストなのでしょうか。

期待できる効果で決める

厚生労働省は「一定以上の効き目が期待できる」と、各種テストにより根拠が示されているものしか発売を認可しません。ですから、あまり気に掛ける必要はないと言えます。

見た目で決める

バイアグラのジェネリック医薬品である以上、どのメーカーのものでも成分構成はほぼ同一ですし、先述の通り期待できる効果もほぼ同一です。

しかし、陽進堂、富士化学工業、キッセイ薬品のものは、元のバイアグラに見た目(青いです)も似ていますので、こだわる人はこの三社のものを使いましょう。

性質で決める

恐らく、シルデナフィルOD錠50ミリグラムVI「トーワ」(東和薬品)が最もユニークであり、先述したOD錠ですから飲みやすいです。ちなみに、味は「コーヒー」と「レモン」の2タイプとなっています。

また、線が付けてあるための半分に割りやすいですから、比較的使い勝手が良いかもしれません。

メーカーで決める

日本産&日本のメーカーのジェネリック医薬品を望むのであれば、テバ薬品(イスラエルが本社です)は除外されます。その上で、有名メーカーのものを使いたいというのであれば「キッセイ薬品」か「東和薬品」のものを購入することになるでしょう。

そのため、『シルデナフィル錠50ミリグラムVI・25ミリグラムVI「キッセイ」』と、『シルデナフィルOD錠50ミリグラムVI「トーワ」コーヒー・レモン』の2種を、本院を含めた7院全てでお出ししています。

もちろん、再三申し上げておりますが、これら以外のジェネリック医薬品にもほぼ差はありません。

ですが、闇雲に選択肢を多くしても皆様を戸惑わせる事にしかなりませんので、他のジェネリック医薬品を扱うつもりは現状ありません。

※ただし「チュアブル錠」や「フィルム製剤」など、薬としての形が違うバイアグラジェネリックが登場した際には、それらも取り扱うかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。