バイアグラを服用した男性4名の失敗談に学ぶ!ED治療薬の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バイアグラ100mg

ED治療薬の先駆けであるバイアグラは、服用方法によっては効果が得られません。

 

いくらネット通販の優良業者から安価で仕入れたとしても、お薬代は決して格安ではないですよね。

 

勃起不全に悩む男性としては、どうせバイアグラを飲むなら効果を最大限に引き出したいはず。

 

今回は、バイアグラを服用した男性4名の口コミ・失敗談をご紹介します。

 

正しい服用方法を心がけ、ED治療の成功者となるよう、数々の事例にお目通しください。

 

バイアグラを飲酒後に服用で「強烈なめまいと頭痛」《37歳・男性》

悩み
まずは、バイアグラの思わぬ副作用を体験した30代後半の男性による失敗談です。

 

口コミや実体験をチェックすることで、男性のバイアグラに対する考えも変わるでしょう。

 

「飲酒時の薬の服用」については、医学的にも解明されていない部分があります。

 

だからといって、お酒を飲んでもバイアグラの副作用は出ないと断言も出来ないことを知って下さい。

 

《バイアグラの失敗談①》

ED症状に悩み、治療を受けたクリニックで処方されたバイアグラ。仕事柄、飲み会の誘いや接待が多く、お酒を口にしない日がありません。そのことを診察時に申告し忘れていたことが災いとなりました。

飲酒後、バイアグラを服用して1時間ほど経過した時のこと。「あれ…何だか視界のピントがやけにぼやけるな」とめまいの自覚症状が発生…。その5分後くらいに、追い討ちをかけるように頭痛まで出始めました。

結局、飲み会に最後まで出席することは出来ず、その場から退席する始末。帰りの電車では、お酒を飲んだせいか、バイアグラのせいかはわかりませんが、吐き気まで催しました。転職して禁酒可能な環境に移るまで、二度とED治療薬には手を出したくないですね。

 

ネット通販でバイアグラを購入するも、「効果が得られない」《50歳・男性》

頭痛
バイアグラを含むED治療薬の正規品は、クリニックや病院を中心に取引されています。

 

その為、ネット通販で販売されているお薬の中には、偽物も多いのです。

 

そうとは知らず、安価で入手可能な点につられてバイアグラを購入すると、正しい効果を得られない場合があります。

 

次にご紹介するのは、ネット通販の悪徳な個人輸入業者に引っかかってしまった50代男性の失敗談です。

 

《バイアグラの失敗談②》

最愛の妻との性生活を充実させるべく、この歳で初めてバイアグラを購入しました。ED治療薬ならどれでも効果が変わらないだろうと思い、手軽に買えるネット通販で入手してみたものの……効果がまるでない。

僕の飲み方が良くなかったのかと思い、食前・食間・食後の3パターンでの服用を試してみましたが、やはり効き目は感じられずじまい。たしか、50mgの用量1錠で1,000円くらいだったかと。

「もしかして安値で購入したことが、そもそもの間違いだったのかな?」と、慌ててネットの記事を読み漁ってみました。すると、ネット通販でも優良業者を選ばないと、偽物を買う羽目になると書かれているではありませんか…!

バイアグラについて、もう少し勉強してから購入すれば良かった。無駄なお金を使ってしまいましたが、後悔先に立たず…悔しいばかり。

 

バイアグラを含むED治療薬の購入方法には細心の注意を!

 

バイアグラに限らず、レビトラやシアリスなどのED治療薬は、偽物が急増しています。

 

成人男性のED発症率の高まりとともに、治療薬を欲する人口が増えていることと関係しているのでしょう。

 

正規品を購入する場合は、クリニックや病院で診察代とあわせてお薬代を払う必要があります。

 

その為、上記の50代男性のように、リーズナブルで手間なく購入することの出来るネット通販を利用する人は多いのです。

 

《ED治療薬・正規品の価格比較一覧》

ED治療薬 価格(1錠あたり)
バイアグラ 25mg:1,000円

50mg:1,500円

レビトラ 10mg:1,500円

20mg:2.000円

シアリス 10mg:1,700円

20mg:2,000円

 

ED治療薬を購入するには、このような金額をクリニックや病院に対して、定期的に支払っていくわけです。

 

私個人の意見としても、決して安くはない金額だと思います。

 

だからといって、輸入元も調べずにネット通販でバイアグラを入手することはオススメ出来ません。

 

ネット通販で取引されるED治療薬は、過半数が偽物。

 

安価ではないお薬だからこそ、正しい効果を得られ続ける商品や業者を選択しなくては意味がありません。

 

クリニックや病院で定価購入するか、ネット通販の中でも優良業者から入手するかのどちらかの買い方をしましょう。

 

バイアグラのジェネリックで「下痢がひどく性行為どころではない」《42歳・男性》

悩み
ED治療薬の中で最も先立って開発・流通されたバイアグラは、ジェネリック医薬品も無数にあります。

 

一方で、正規品以外のバイアグラを使うと、副作用として下痢や吐き気を伴うという口コミが寄せられていることを知っていますか?

 

個々の男性の体質や体調によっては、こうした症状に悩むこととなります。

 

下記のバイアグラ失敗談を、服用にあたっての注意点として参考にしてください。

 

《バイアグラの失敗談③》

個人輸入業者からバイアグラのジェネリック医薬品を購入したところ、服用のたびに腹痛と吐き気が起こり、その後は下痢をしてしまいます。もう性行為どころではなく、本当につらいです。原因を調べてみると、どうやら配合されているダポキセチンの副作用のようですね。早漏・うつ病の治療に役立つ成分ではあるものの、下痢と吐き気を伴うとか…。

自分の体質とバイアグラのジェネリック医薬品の相性が悪いだけかもしれませんが、効果を検証することも出来ないのは残念です。4錠入り3,500円以内(送料込)で購入出来たので、非常にお得な買い物だと思ったのですが、正規品には叶わないのでしょうか…。それでも、少しでも安く効果のあるバイアグラを入手したいので、また懲りずにネット通販で探してみようと思います。

 

バイアグラのジェネリック医薬品の副作用について

 

ネット通販で主流となっているバイアグラのジェネリック医薬品には、上記の口コミ・失敗談からもわかるように、危険な副作用を持つ商品もあります。

 

バイアグラのジェネリック医薬品によく配合されている成分と副作用について、下記にまとめてみました。

 

《バイアグラ(ジェネリック医薬品)の配合成分と副作用一覧》

配合成分 効能 副作用
ダポキセチン ED・うつ病治療 下痢、吐き気
シルデナフィル ED・肺動脈性高血圧症治療 頭痛、動悸、鼻づまり、視覚異常

 

このように、先の失敗談で挙げられたダポキセチンだけでなく、シルデナフィルという成分もED治療薬に配合されていることが多いのです。

 

しかし、こうしたED治療の有効成分には薬害が生じるケースもみられており、すべての成分が健康被害を出さずに作用すると保証されているわけではありません。

 

ネット通販で購入した治療薬であろうと、その効能と副作用について十分に理解してからの服用を心がけましょう。

 

正しいED治療の知識を得るためにも、お薬の配合成分について気になることがあれば、服用前にお近くのクリニックや病院で診てもらうのがオススメ。

 

体質・体調を踏まえた上で、適切でED治療に効果的なお薬を提案してもらえるはずです。

 

40代からED症状を自覚し始める男性が多い

 

若いうちから過度にストレスの溜まりやすい環境下にでも居続けない限り、20代からEDに悩む男性は少ないですよね。

 

社会人として一端の仕事を任されるようになり、結婚生活にも慣れてきた30代後半あたりから、勃起不全の兆候が見え始めてくるはず。

 

そして、いよいよED症状が本格化し始めてくるのが40代です。

 

男性の多くは、この頃から、「あれ?いつの間にか機能しなくなったぞ…」と考えだします。

 

だからこそ、ED治療に興味を持ち、少しでも家計に負担のない範囲でお薬を入手しようと、ネット通販でバイアグラのジェネリック医薬品の入手に躍起になるのです。

 

ED治療に励むことは素晴らしいことですが、バイアグラの偽物には気をつけてください。

 

購入してからのクーリングオフは手続きが面倒であるだけでなく、時間もかかります。

 

良いお薬を手に入れたいのであれば、バイアグラの真の効果を発揮できる輸入元から仕入れましょう。

 

バイアグラの多量摂取で「激しい動悸が2時間も続いた」45歳・男性》

心臓病
バイアグラを服用する際は、用法・用量を厳守すること。

 

そう頭では理解していても、いざED治療薬の効き目が感じられないと、「もう1錠飲んでみようかな…」という気になりがちなのが、男性の性。

 

せっかくの営みの時間を台無しにしないためにも、45歳男性の失敗談に学びましょう。

 

《バイアグラの失敗談④》

 久しぶりに風俗で遊ぼうかと考え、友人と2人で行きつけの店に行った時のこと。お気に入りの女性と対面する1時間前に飲んでいたはずのバイアグラが、まったく作用しなかったのです。「おかしいな…」と思い、試しにもう1錠を服用して、プレイに臨みました。結局、接客をされていた45分間のうち、ただの1度も勃起せずサービス終了…。

会計を済ませて友人に相談すると、「そんな日もあるさ!」と。気にしても余計に勃起不全が悪化するだけ、と思い、帰宅中の電車に揺られていた、その時。信じられないほどの動悸に見舞われたのです。体中から汗が吹き出し、医者に行くと、「バイアグラの飲み過ぎが原因だろう」と言われました。もう無茶な服用方法はとらないと、かなり反省しました……。

 

EDについて真剣に悩む男性からすれば、男性器が機能しないことは大きな問題ですよね。

 

焦りから、治療薬の服用量を増やしてしまう人も、中にはいるでしょう。

 

ただし、バイアグラを含め、ED治療薬には血行を促進する作用があります。

 

用法・用量を守らずに摂取した場合、命取りになることもありますから、安直な考えで飲んではなりません。

 

勃起不全を解消するためには、心身の健康を第一に考えることが大切です。

 

こうした数々のバイアグラ服用・失敗談をもとに、正しいED治療について考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。