バイアグラの効果を最大限に発揮する正しい飲み方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薬

バイアグラの効果と正しい飲み方

まず医薬品としての効果はペニスの勃起を支える事です。ペニスサイズを増進させたり、男性を興奮させるような効果ではありません。興奮剤ではなく健康的な勃起を支援する健全なお薬です。成人男性であれば基本的に皆、平等に利用可能となりました。心臓等に疾患を抱えていない限り、医師の指導のもと安全に服用が可能です。

正しい飲み方を守って使わなければお薬の効果は半減します。食前に飲む事が強く推奨されています。バイアグラの主成分は食事に極めて弱いためです。食後に飲みますと胃の中の食物が主成分の働きを阻害します。具体的にはペニスを支える作用の働きを妨害し、多くの事例で食後に飲んだところ、ペニスが立ち上がらなくなります。

せっかくバイアグラを飲むのであれば正しい飲み方で正しいポテンシャルを発揮したいところです。食事の前、そしてセックスを始める時間帯から逆算して60分から90分前頃が適しています。バイアグラは即効性が良いタイプの製品です。前倒しで服用するとせっかくの効果が、セックスを始める随分と前に出てしまいます。ED治療薬

 

バイアグラの効果は健全な勃起を支援する事ですが、血液が健やかに陰茎へと流れ込むコンディションを作り出すため、間接的にではありますが、ペニスの太さや長さが大きくなったような実感を得られることが多いです。これは加齢やストレスの悪影響でペニスのボリューム感がダウンしていたためです。バイアグラの効果で若かりし頃のみなぎる勃起力とペニスのボリューム感が蘇るため、男性として自信を喪失してた方も、服用によって豊かで充実したセックスライフに復帰出来ます。

夫婦生活が最近ご無沙汰気味になっていた、そんなカップルにもオススメです。旦那のEDはセックスレスのリスクに直結します。夫婦生活を取り戻し、夫婦仲を改善したいと思っている方や子どもを作りたいと真剣に考え始めているカップルにも良いアイテムとなります。ED治療薬

 

バイアグラの副作用と危険性を知る

勃起不全に役立つ商品として知られているのがバイアグラです。日本でも入手できる商品として注目を浴びているもので現在病院だけでなく個人輸入でも手に入れることができます。病院でもらうときはドクターのアドバイスを受けて利用できるため守っていれば特に問題がないです。
個人輸入をするときにも副作用と危険性を理解しておかないといけないため勉強しましょう。基本的に用法用量を守っていれば副作用を気にする必要はないと言えます。一般的な副作用として知られているのが顔のほてりや頭痛です。バイアグラを服用すると急激に血行が良くなるため血圧が低下してしまいます。めまいは血圧が低下して起こる症状なので理解しておくと良いです。

血流血行促進効果は前身に現れる症状で顔以外の場所にも起こります。粘膜が充血して鼻詰まりが起こる、または鼻血が出てしまうと症状が起こるので注意です。消化器官が充血するので胃痛や消化不良が出てしまう人もいます。心臓の負担も多くなるので同期や胸痛といった症状が出る可能性も高いです。基本的に一時的な現象なので特に気にする必要はないと言えるでしょう。
ちなみにバイアグラを飲んだときに頭痛が起こる確率は臨床実験の結果約10%でした。対処方法として薬局に売っている頭痛薬を服用数と良いです。ただし鎮痛剤を使うときは空腹時は避けておくと無難と言えます。胃粘膜が荒れてしまう可能性があるのでなるべく頭痛薬は服用しないようにすると良いです。バイアグラは空腹時に服用するものなので鎮痛剤とは相性があまり良くない商品となっています。
他の薬と併用すると副作用が発生するので注意です。塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は相性が悪いので絶対併用しないようにしましょう。既に服用している方はかかりつけのドクターに相談するのが理想的です。アドバイスをもらえるのでトラブルなくバイアグラを服用できます。上記の内容を知って正しく使うと良いです。ED治療薬

 

シアリス、レビトラとの違い

バイアグラとシアリスの違い、レビトラと違いはいくつかあり、有効成分の違いがあります。例えばバイアグラは有効成分に関して、シルデナフィルクエン酸塩においてシルデナフィルとして50mg含まれています。レビトラは有効成分に関してバルデナフィル塩酸塩水和物においてバルデナフィルとして20mg含有していて、シアリスは有効成分に関してタダラフィル20mg含有していてこれらは世界でも有名なED治療薬です。

成分バルデナフィルとシルデナフィルは良く似ていて、タダラフィルはブロック状の構造をしており分解されにくい特徴があるので長時間効果を得ることができます。共通して言えることはこれら3つとも性的な刺激による勃起をサポートする効果がありますが、服用すると自動的に勃起するという薬ではありません。これら3つとも血管拡張作用があり、個人差はありますが顔のほてりなどの副作用を感じる人が多くいるでしょう。アルコールを飲むと頭痛や動悸などを感じる人は、ED治療薬を服用すると同じような副作用として頭痛や動悸などが現れることが多くあります。頭痛薬と併用することができるので症状を緩和することが可能です。

バイアグラ、レビトラ、シアリス作用時間の違い

ED(勃起不全)治療薬それぞれ作用時間には違いがあり、バイアグラやレビトラは4~5時間ぐらい効果がありますが、シアリスは30~36時間あります。効果や副作用には個人差があり、人によってはバイアグラ良く効いたり、レビトラやシアリスの方が良く効くという人もいるでしょう。副作用として顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸などの症状がありますが個人差があるので、飲み比べて判断することが可能です。これらの3剤を飲み比べてみたり、薬をピルカッターなどの切って自分で量を調整することもできます。顔のほてりがありますがこの副作用がないと効いてる気がしないという人もいるので人それぞれです。レビトラは粒が小さいので飲みやすいということで選んでいる人もいて、バイアグラやシアリスなどは大きいので分割しやすいのでよく利用している人もいます。人によって薬を選ぶ基準はさまざまなので飲み比べてみると良いでしょう。

バイアグラの作用時間の長さと飲むタイミング

バイアグラは世界で最初に開発されたED治療薬で、世界一の処方実績を誇ります。食事の影響を受けやすいというデメリットはありますが、それでも根強いファンが多くED治療薬の代表格とも言える存在です。バイアグラの作用時間の長さは約4~5時間程度とされていて、体調や体質によって異なることはありますが、概ねこの時間内であれば効果は持続します。飲んでから効き目が現れるまでの時間は30分程度で、遅くても1時間も経過すれば効果が現れます。つまり、性行為を行う1時間前に服用するのが最も効果的であるというわけです。

バイアグラには25mgと50mgの2種類がある

日本で認証されているバイアグラには25mgと50mgの2種類がありますが作用時間の長さに関してはどちらも同じで、どちらのタイプでも4~5時間程度は効果が続きます。ただし、この作用時間の長さについては個人差以外にも食事の影響を受けるので注意が必要です。摂取した食べ物が胃の中に残っている状態でバイアグラを服用した場合、薬の成分が身体に充分に吸収されず、効果が現れるまでの時間が遅くなったり効き目が弱くなる可能性があるのです。そのため、バイアグラを服用する際には、食後ではなく空腹時に服用することを推奨します。もしも食事をした後に飲むのであれば、食後2時間程度経過してから服用するようにしましょう。食事から2時間も経てば胃の中が空になるので、空腹時と同様に効率よく薬の成分が吸収されるというわけです。

元々はバイアグラは食事の前に飲むのが効果的とされていましたが、すぐにホテルに行く場合や自宅での性行為で使用することもあるでしょう。そのようなケースでもパートナーとの関係を踏まえて臨機応変に対応できるように、実際に何度か試してみて効果が実感できるまでの時間を計り、副作用や勃起の硬さが維持できる時間も把握しておくことが大切です。そのため、どのタイミングでバイアグラを服用するかが、効果や作用時間の長さを考えると非常に重要であると言えます。

バイアグラとほかの薬との組み合わせ

バイアグラは血流を改善して勃起を促進しするなどの効果がありますが、ほかの薬との組み合わせによっては重篤な副作用を発生してしまう場合があります。
併用すると最悪の場合死に至ることがあるので、注意が必要です。

併用禁忌薬は主な種類は3種類あります

■1つ目は塩酸アミオダロン製剤です。
アミオダロン塩酸塩錠100mg、アンカロン錠100などがあります。
■2つ目は硝酸剤です。
アイスラール錠20mg、ニトルビン錠5、アイトロール錠10mg/20mgなどがあります。
硝酸剤は飲み薬だけでなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーの種類があります。
特に硝酸薬を飲んでいる方はバイアグラを併用して服用すると、血圧が下がって死に至ることがあるので絶対にバイアグラを服用しないようにしましょう。
■3つ目は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
アデムパス錠1mg/5㎎/25㎎があります。
バイアグラ単体の服用ではなく他の薬と併用する場合は、必ず来院の時に薬又は薬品名が分かる物を持ってくるようにしましょう。
服用している薬の種類によっては、処方出来ない場合があります。ほかの薬との組み合わせ以外にも持病や既往歴によっては、処方出来ません。持病がある場合も必ず医師に伝えることが大事です。

バイアグラは1日1回性行為の1時間前に水で服用

正しい服用方法で服用することで、効果が表れてきます。効果が表れないなと思った時は、正しい服用方法で服用しているのか確認する必要があります。インターネットでバイアグラを個人輸入することも出来ますが、偽造品が出回ってたりするなど危険性が高いです。偽造品を服用して健康被害が出ている報告もあります。バイアグラは個人で輸入して購入するのではなく、医師に処方してもらうようにしましょう。
病院なら錠剤、ODフィルムは1錠及び1枚から処方してもらえて、分からないことも気軽に質問することが出来ます。

バイアグラに含有している成分について

バイアグラに含有されている成分については主成分はシルデナフィルクエン酸塩で、シルデナフィルクエン酸塩の働きでペニスが正常に勃起するようになり、性交を行うことが可能になります。シルデナフィルクエン酸塩は肺動脈性肺高血圧症の薬の有効成分でもあり、PDE5という酵素の放出を阻害することにより、勃起不全が改善して正常にペニスが勃起するようになります。なお、シルデナフィルクエン酸塩の働きは勃起を助けるだけで、勃起を誘発する働きはありません。
バイアグラにはいろいろなジェネリック薬がありますが、ジェネリック薬の成分についてもシルデナフィルクエン酸塩であり、先発薬と同様の勃起不全の改善効果が得られます。シルデナフィルという名称の薬もバイアグラのジェネリック医薬品であり、服用するとペニスの勃起が持続するようになります。なお、先発薬とジェネリック薬は錠剤の形や色が違ってきて、価格も違ってきます。効果は全く同じですが、薬の値段はジェネリック薬の方が安いです。

バイアグラの有効成分シルデナフィルクエン酸塩

ED治療薬のバイアグラは有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩の働きを最大限に発揮させるために、正しい方法で服用することが大事になってきます。バイアグラの主成分のシルデナフィルクエン酸塩は食物に含まれている油分との相性が悪いため、脂っこい料理を食べてから服用すると、十分な効果を発揮することができません。
バイアグラを服用するのは胃の中が空っぽの空腹時が最もよく、食後6時間から7時間後に服用すると最大限の効果が期待できます。バイアグラを服用してから約40分が経過すると主成分のシルデナフィルクエン酸塩が吸収されてきて、服用してから約60分後に効果がピークに達します。その後は効果が徐々に薄れてきて、服用後3時間から4時間が経過すると効果はピーク時の約半分に減少します。よって、バイアグラの効果を最大限に発揮するためには、性交の約1時間前の空腹時に服用することが必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。