偽物被害が多いバイアグラの粗悪品を正規品、本物を見極める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バイアグラ

バイアグラ本物の見分け方、偽物バイアグラとは

ED治療薬として高い評価を受けているバイアグラは、アメリカの製薬会社ファイザー社によって開発されました。1998年にアメリカ合衆国内で販売が開始されましたが、日本ではまだ認可されなかったため、手に入れるためには個人輸入を行うほかありませんでした。
1999年になると日本国内においてもやって処方箋医薬品として認可され、クリニック等での処方が可能となりました。しかし現在もドラッグストア等で気軽に購入できる製品ではありませんので、個人輸入や代行サイトなどを通して手に入れている方も多くいます。
個人輸入や通販サイトでバイアグラを入手する場合、もっとも注意したいのが「偽物バイアグラ」の存在です。製造メーカーであるファイザーがインターネット通販サイトで取り扱われている製品について調査をしたところ、なんと役半数が偽物であったと公表しています。非常に需要の高いED治療薬ですから、悪質な業者によって偽物が製造・販売されているのです。ED治療薬

 

偽物バイアグラにも種類がある

偽物バイアグラとは製造メーカーであるファイザーとは全く関係ない業者が製造している製品であり、見た目等では判断がつきにくいものも多くあります。一言に偽物バイアグラといってもその内容は様々であり、全く有効成分を含んでいない粗悪品や、成分バランスに問題がある製品などが存在しています。有効成分を全く配合していない偽物の場合、飲んでも全く効果が得られないだけでなく、実態が不明な成分が入っている可能性があります。実際にそうした偽物を服用したことによって、大きな健康被害を受けて後遺症をおったケースもあるといわれています。

全く効果ない偽物バイアグラも

医者本来配合されているべき成分が入っているタイプの偽物バイアグラは、服用によってある程度効果が得られる場合もありますが、危険であることには変わりありません。配合されている成分量が基準を大きく逸脱していれば、健康被害を招く可能性があるのです。
偽物にだまされないためには、まず一般的な価格と比較してあまりにも安価な製品を避けることが大切です。医薬品の製造にはそれなりのコストがかかりますから、度を超した低価格で販売されることはないといえます。そしてもう一つ重要なのが、信頼性の高いルートから入手するという点です。実体がわからない通販サイトや、取り扱われている製品ラインナップに不審な点があるサイトなどは避けましょう。製造国や成分表示・パッケージデザインなどもしっかりとチェックして、正規品を購入しましょう。ED治療薬

 

本物、正規品バイアグラの形状と成分について

錠剤の刻印を確認する

バイアグラバイアグラはED治療薬の中でも一番歴史が長い医薬品です。元々、前立腺肥大症の治療薬で開発が進められていた、シルデナフィルクエン酸塩が有効成分で、治験の中で十分な効果が期待出来なかったため、処方薬を回収しようとしたところ、回収率が悪く、色々と調べる中で勃起力を高める作用があることが分かり、以降シルデナフィルクエン酸塩を使ったED治療薬の開発が行われたなどの経緯を持っています。
最近は、個人輸入代行を使って海外から医薬品を輸入、それを購入可能な通販薬局が多くなっています。値段が安いので、安心出来る通販薬局を使えば、国内のクリニックで処方して貰うよりもリーズナブルな値段でED治療薬を入手出来る便利な時代でもあるわけです。バイアグラの形状と成分を覚えておくことも、通販薬局を使う時のポイントになります。錠剤の形状はひし形で、色は水色、有効成分はシルデナフィルクエン酸塩と覚えておきましょう。

正規品バイアグラは25mg錠と50mg錠

バイアグラクリニックで処方を受ける時には、本物バイアグラは25mg錠と50mg錠のいずれかになりますが、通販薬局で取り扱っているものは海外からの輸入薬で、容量は100mg錠が一般的です。日本で入手するものよりも量が多くなっていますが、これは外国人の身体が日本人よりも大きい、100mgの容量が効果を期待出来ると言われているからです。日本人は身体が小さいため、25mgや50mgの量で十分作用を期待することが出来るなどの、身体のサイズによる違いがあります。
100mgの量では多いため、服用する際にはピルカッターを使って半分、もしくは4分の1などのサイズに割って服用を行い、残りはラップなどに包んで次回の服用時に使うようにすると良いでしょう。尚、25mgや50mgの違いは、有効成分でもあるシルデナフィルクエン酸塩の量で、有効成分量が多いことで、身体に吸収される成分量も多くなります。成分量が多くなると医薬品の副作用も多く出ることになるので、不安な場合には最初は25mg錠を使用するなどが良いでしょう。

ジェネリックと偽物は違う

バイアグラにはジェネリック医薬品も登場していますが、ジェネリック医薬品の成分は先発医薬品の本物バイアグラと同一です。後から発売が行われている関係からも値段が安いメリットを持ちますが、インドの製薬メーカーが製造しているジェネリック医薬品には、錠剤タイプだけでなく幾つかの種類があります。例えば、水に溶かして服用するタイプや口に含んで溶かしながら服用するもの、フルーツ味など好みのものを選べるバイアグラのジェネリック医薬品もあり、有効成分自体は同じですが、形状などが異なるのが特徴です。

正規品バイアグラ 100mgの効果的な服用方法等

薬世界一有名なED治療薬といっても過言ではない「バイアグラ」。世界中で使用されており、日本国内でも人気の勃起不全改善薬として多くの人に愛飲されています。国内で販売されている正規品バイアグラの用量は「25mg・50mg」のみとなっていますが、海外では「100mg」のタイプもあります。これは日本人の体質に合わせ、あまり高用量のものは肉的負担が大きいことへの配慮によるものです。

バイアグラは海外サイトから個人輸入を行うことで国内からでも入手は可能です。わざわざ国内で買えるバイアグラを海外から輸入する意味があるのかと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、個人輸入には「薬代を安価に抑えることができる」という大きなメリットがあります。そのため最近では利用者も多くなっています。個人輸入の利用は自分が使用する目的で行うのであれば違法性はないため、過度に心配する必要はありません。

正規品バイアグラのお勧め服用方法

個人輸入を行う場合にはあえて「バイアグラ 100mg」と高用量タイプのものを購入することをおすすめします。これをピルカッターなどを用いて半分や1/4にして使用することで、より安く薬代を抑えることが可能なためです。ただし割った後の錠剤は徐々に劣化していくため、数週間以内には使用する必要があります。そのためバイアグラを頻繁に利用する方に適した使用方法といえます。

バイアグラの効果的な服用方法として、空腹時に使用することが大切です。食事の影響を受けやすい薬ですので、食事直後の服用では効果が著しく低下する可能性があります。その影響はとくに脂質の含んだ食事の場合に顕著であるため、油っぽい食事の後は数時間以上のあいだをとってからバイアグラの服用をすることをおすすめします。薬の服用後は1時間以内には体内に吸収されるため、それ以後であれば食事は自由にとってかまいません。

効果を発揮するにはぬるま湯がお勧め

服用は水やぬるま湯で行います。それ以外のジュースやお茶は、多少なりとも薬の効果に影響を与えるため、効果を最大限に発揮させたい場合には避けたほうが良いでしょう。またアルコールにも気を付ける必要があります。バイアグラは血管を拡張する作用がありますが、こうした状態でアルコールを摂取した場合、身体に急激に吸収されることがあるため酔いが回りやすく、時に急性アルコール中毒になることもあり注意が必要となっています。ただし少量のアルコールであれば性的興奮を高めるというメリットもありますので、適量の摂取であれば飲んでも問題ありません。

本物バイアグラの併用禁忌薬とは

医者性行為に十分な勃起を得られず悩む男性は多いですが、かつては、治療でもこうした症状の改善は難しいとされていました。
現在では良い治療方法が登場し、多くの男性がその悩みを解消できるようになっています。しかも外科的な処置は必要なく薬を飲むだけで即効で悩みを解消できることもあり、現在ではED治療薬の利用はかなり一般的となっています。
ED治療薬は現在では色々な種類が登場し、それぞれの好みや体質に合わせて選べるようになりました。
そして、その中でも一番知名度が高いのが最初に登場したバイアグラです。
本物のバイアグラは大手製薬会社のファイザー社から製品化された薬で菱形で青色の錠剤であることが特徴的です。その有効成分はシルディナフィルで、もともとは狭心症の治療薬として開発されていました。狭心症に関しては大きな成果を得られずにいましたが、治験中に勃起不全を改善する効果が発見されED治療薬として活用されるようになりました。

本物バイアグラは併用禁忌薬も多い

バイアグラの登場は画期的でしたが、安全に使うためには正しい使い方を心掛けることが大切です。
本物バイアグラの特徴を知っておきたいですが、この薬を飲むことで性欲が高まる、性的な興奮が強まるというわけではなく、血流を改善することで勃起を促進させるものです。飲んだからといって急に勃起が起こるわけではなく性的な刺激や興奮があった場合に作用します。
バイアグラは併用禁忌薬も多いという特徴がありますので、すでに何等かの医薬品を飲んでいる人は注意が必要です。
処方してもらう前には医師に現在の健康状態は正直に伝え、飲んでいる薬との相性が良いかどうかも確認しておきましょう。
手元に薬がある場合は、実際にその薬を持っていくのも良いですし、薬品名を記入するなどしても判断してもらうことができます。
特に狭心症や心筋梗塞の治療に使われている硝酸剤は他のED治療薬でも禁忌となっていますので併用は避けましょう。
硝酸剤は飲み薬だけではなく、貼り薬や塗り薬、スプレー、舌下剤など様々な種類がありますのでよく確かめておくことがおすすめです。
この他でも不整脈の薬の一部や肺高血圧症の薬の一部も併用することができません。併用禁忌薬と合わせることによる危険性も知っておきたいですが、併用することで過度に血圧を下げる可能性があるからとされています。
併用禁忌薬だけではなく、注意して飲むことで併用が可能となる併用注意薬と呼ばれる薬もありますので、こちらも確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。