バイアグラジェネリックを安く通販の仕方や効き目を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カベルタ

バイアグラジェネリックの購入方法

バイアグラのジェネリック医薬品とは

バイアグラの後発医薬品(後発品)のことを、バイアグラのジェネリック医薬品と呼びます。厳密に言えば「厚生労働省が認定した有効成分の『シルデナフィル』が入ったED改善薬のうち、ファイザー(株)のバイアグラでないもの」がその定義となります。2005年くらいまでは、ジェネリック医薬品を指して「ゾロ品」「ゾロ」などと言うこともありましたから、いまだに「バイアグラのゾロ」という表現を使う方も少なくありません。

どうなればジェネリック医薬品を売り出せる

識別バイアグラについて言えば、メインの成分の「シルデナフィル」のED改善薬としての【用途特許】と【物質特許】が切れると、ジェネリック医薬品が売り出せるようになります。ファイザー(株)のバイアグラの用途特許も物質特許ももう切れていますから、今はどこのメーカーもバイアグラのジェネリック医薬品を作ることが許されています。そして、厚生労働省から各種手続きの上で、複数のテストによって「薬剤の安定性」や「生物学的同等性」が認められれば、実際に売り出せるようになります。

個人輸入代行で安く購入

バイアグラはED治療薬として利用されており、現在では世界各国に利用している人がいます。日本で入手する為には病院に行って処方してもらうか、海外医薬品の個人輸入を利用して入手する方法があります。しかしバイアグラを病院で処方してもらう場合、健康保険を利用する事が出来ない為、どうしても薬価が高くなりがちです。その為、できるだけ医療費を節約したい人に注目されているのが海外医薬品の個人輸入、ジェネリック医薬品の存在です。個人輸入をすれば病院に行かなくても済むので処方せん代等が不要となるため医療費の節約につながります。ジェネリック医薬品自体は薬の研究開発費等が先発医薬品に比べるとかなり少なくて済むため、薬価も安めに設定されているからです。ED治療薬

 

 

バイアグラのジェネリックは多数存在

バイアグラ現在バイアグラのジェネリック医薬品は数多く存在しており、実際に入手する事は可能です。以前はバイアグラの特許が切れていなかった為、その特許に関係なしで製造できる国で作られたジェネリック医薬品を海外医薬品の個人輸入で入手するなどして手に入れていましたが、現在は既にバイアグラの特許は切れている状態です。その為、国内の製薬会社でも既にバイアグラのジェネリック医薬品は開発されており、病院でも処方している所も有ります。もちろん個人輸入でも入手は可能ですが、処方してもらう方が自分の体質や体格に合った量を正しく服用できるため、安全に服用する為にも医師に処方してもらうようにすることが推奨されています。

ただジェネリック医薬品自体は先発医薬品と同じ効果効能が期待できる薬ですが、100%同じ薬とは限りません。バイアグラのジェネリック医薬品も確かに多数存在していますが、同じなのはED治療の目的で服用する事と、有効成分としてシルデナフィルが配合されている点、さらに併用禁忌薬が存在する点などです。ただバイアグラはコップ1杯の水若しくはぬるま湯で飲む薬ですが、ジェネリック医薬品として出回っている物の中には水などで飲まなくても唾液だけでも簡単に溶けるタイプ等も研究開発されています。ED治療薬

 

バイアグラのジェネリックとは?

バイアグラのジェネリックとは、バイアグラの後発医薬品のことです。バイアグラはファイザー製薬の医薬品ですが、これの特許が切れたことによって後発医薬品の販売が他社でも出来るようになり、他社から後発医薬品が発売されるようになったものをジェネリックのバイアグラというように言っているわけです。ジェネリックを利用することのメリットは価格が安くなっていることで、大元の半額以下になっている事もあります。その為継続的に利用するような時には、この価格が安いという事のメリットは大きなものとなるでしょう。

ジェネリックの効能・安全性

服用方法ジェネリックで最も気になる事は、効能と安全性という事になるのでしょうが、これについては有効成分については、大元の医薬品と同じであることが義務付けられているので、大元の薬と同じという事が前提になっています。変えても良いのは形などの薬の効能とは関係のないところという事なので、効能や安全性についてはほぼ同じと考えてもいいかもしれません。

ただ、外国などの医薬品で信用できないメーカーが製作している場合などはリスクがある事もあります。効果のある成分を同じにしているといっても、それは表面上だけという事も考えられますから、最終的にはその会社が信用できるのかどうかという事も考える事も必要でしょう。

ですから、医師が既にジェネリックを使用していて信用できるというような話をしているのであればまず問題はないと考えていいかもしれません。最終的な判断をするのは自分という事になりますが、ジェネリックとそうでない医薬品との価格差はかなりあるので、継続使用を考える時には特にこの考えは慎重にする必要があります。最近はジェネリックを選択できる病院もかなり増えてきているので、医師に聞いてみるというのも良いでしょう。

価格が安いジェネリック

価格の高い安いというのは、利用する人に取ってはとても重要な事です。場合によっては高ければ利用しないというケースもあるでしょう。その選択は自分でする必要がありますが、少なくともジェネリックという選択肢がある事を知らなければ、その選択をすることが出来ることも知らないままに、オリジナルの高い薬を使ってしまっているという事も無いわけではありません。ジェネリックを扱っている病院ではジェネリックにするかどうかを聞いてくれるところが多いのですが、特に聞かれないというケースもあるので、ジェネリックを扱っていないかどうかを聞くようにする若しくは扱っているところで診察を受けるようにすることを考えてもいいでしょう。

人気バイアグラジェネリックのカマグラゴールド

カマグラゴールドカマグラゴールドは、ED治療(勃起不全)の為に製薬されたバイアグラのジェネリック医薬品です。インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)という製薬会社が製造及び販売

■主成分:シルデナフィルクエン酸塩(Sildenafil)

■効果・効能
ペニスへの血流を促進・維持して中折れを抑制します。持続効果は3~5時間続きます。正規品バイアグラと同様に、有効成分としてクエン酸シルデナフィルを配合しているため、ほぼ同等の効果を得ることができます。

■飲み方・服用方法
カマグラは性行為の30分~1時間前に服用がお勧めです。多めの水で服用しましょう。カマグラゴールドは空腹時に服用した方がよく効きます。

■副作用
ED治療薬のカマグラゴールドの場合、顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸などが知られています。

■特徴
カマグラは低血圧・高血圧の方や心臓病の方の服用は禁じられています。バイアグラのシルデナフィルの配合量が50mgなのに対し、カマグラゴールドは100mgですのえ、カマグラゴールドの方が効果は大きいです。カマグラゴールドの特筆すべき点はその価格です。先発品と同等の効果を得ることができ、安価な値段で購入できるという、費用対効果の高さが特徴です。

■購入方法
カマグラゴールド、カベルタなどのジェネリック医薬品は、一般のドラッグストア、薬局では取扱っておらず、個人輸入代行の通販サイトでのみ購入可能です。

バイアグラジェネリックの持続時間と服用時の注意点

医者勃起不全に悩まされているけれど、その事が家族にバレるのが嫌だと悩んでいる男性は、日本だけでなく世界中にいます。その悩みをこっそりと解決したいのであれば、バイアグラのような効果が大きいED治療薬を服用して、どれだけ効果が出るのか試してみてください。

しかしバイアグラを購入したいと考えても、定期的に服用する必要がある事を考えると、予算が足りるか不安になってしまう場合もあります。そんな予算的な問題を解決してくれるのが、バイアグラと同じシルデナフィルという主成分を持つバイアグラジェネリックです。

ジェネリックの効き目、持続時間

通常のバイアグラと比べても、ジェネリック医薬品だからこそ値段が安いところが利点で、配合されている成分自体は同じだという点も注目されています。成分は同じものが多いからこそ、効果と持続時間もバイアグラと同じで、服用してから効果が出るまでの時間も変わらないものが多いです。

服用から40分から50分ほど経過すると、股間への血流がスムーズになってきて、自然と勃起できるようになったと実感できます。シルデナフィルの血中濃度が最大になるのが、服用してから1時間後というのもバイアグラとジェネリック医薬品で同じです。

血中濃度が半減するのは服用してから3時間ほどなので、性行為を楽しむ1時間から2時間ほど前に服用しておけば、十分に高い効果を実感する事ができます。シルデナフィルの血中濃度が下がったとしても、すぐに効果が実感できなくなるわけではなく、効果の持続時間は5時間から6時間ほどです。

ジェネリックのアルコール・食事との相性

食事通常のバイアグラと同じく、バイアグラジェネリックもアルコールとの相性は悪いので、多量の飲酒をした際に服用するのは厳禁だと考えてください。シルデナフィルが持っている血管拡張作用によって、アルコールが全身に一気に回ってしまい、急性アルコール中毒や血管疾患を引き起こしてしまう場合もあります。

アルコール度数の低いお酒を一杯から二杯ほど飲むだけであれば、問題は無いと言われる事もありますが注意は必要です。バイアグラジェネリックを服用するのであれば、なるべくアルコールは飲まないようにしておかなければ、性行為を気分良く楽しめなくなる可能性もあります。

どうしてもお酒を飲みたいのであれば、シルデナフィルを摂取してから5時間から6時間ほど経過してからにしておくと、身体への負担を抑える事が可能です。定期的に購入しやすいジェネリック医薬品だからこそ、普段から服用方法に注意しておく必要があると考えてください。

バイアグラジェネリックを選ぶ時のポイント

成分バイアグラジェネリックはバイアグラと内容成分に違いはなく、クエン酸シルデナフィルを主成分としています。つまり先発薬と同様の作用が期待できるわけですが、少なからず相性の問題が生じてきます。内容成分が同じなら効果にも違いがないはずですが、実際にバイアグラと飲み比べてみると違いを感じる方が少なくありません。バイアグラジェネリック同士の比較にも言えることで、薬によって効き目が違うと感じることがあります。薬にはプラシーボ作用があるため、自身が効くと思って飲んでいれば効き目が強くなる性質があります。しかし長期継続的に服用していけば、プラシーボ作用よりも相性のほうが勝ってくるわけです。最初は効いていると感じていても、相性が悪ければ最終的に効き目が弱いと実感するでしょう。

ジェネリックは口コミや評判で比較

バイアグラジェネリックを選ぶときのポイントは、実際に服用して比較するしかありません。口コミ情報を参考にするのもよいですが、コメント投稿者と自身の体質は違うわけです。相手の体質を知ることはできませんから、高評価されていても自分に合うとは限りません。そのため選ぶときのポイントとして一定期間は服用し、効果を比べてみることが大切になります。初期の段階では自身の先入観によって薬効に違いが出てきますが、ひと月も服用すれば相性が見えてくるはずです。効果がまったく同じだと感じられたなら、値段が安いほどいいに決まっています。相性がよくて安いものを見つけたら、信頼できる個人輸入からまとめ買いをしましょう。まとめて購入するほど単価が安くなり、個人輸入によっては半値以下になることもあります。

容量が多ければ効き目も大きい

あとはなるべく用量の大きなものを選ぶのがポイントで、例えば100mg錠なら50mg2回分として活用できるわけです。日本ではクエン酸シルデナフィルの1回分の用量は50mgが上限になっているため、100mgをそのまま服用するのは避けてください。海外では100mg錠が一般的ですが、これは日本人より体型が大きいことが関係しています。海外から100mgのバイアグラジェネリックを取り寄せた場合は、2分割して2回分として服用できます。バイアグラジェネリックの多くは1錠300円未満で販売されているので、半錠にして服用すればもっと安くなるわけです。選ぶときのポイントをまとめると、相性のよいものをいかに安く入手するかが大切となります。最初に効かないという先入観を持っていると効き目が弱くなるので、バイアグラと同じ薬だと認識して飲むのが効果的です。

バイアグラジェネリックの成分の特徴と購入する際の注意点

錠剤若い頃は体力に自信があり、当たり前の様に女性を満足させられていた男性でも年齢と共に徐々に衰えはやって来ます。体力が衰えてしまうと、パートナーの女性との性交の最中に男性器が機能しなくなるといった事態に陥るので注意が必要です。フィニッシュまで行かずに途中で男性器が萎えてしまうと、女性を性的に満足させられなかったりします。お陰で男性としての自信を失ってしまう人も、少なくありません。
こういったEDの症状は、体力的な要因だけで生じる訳ではない事も厄介です。一回でもEDの症状が出てしまうと、女性と愛し合っている最中にまたしても機能しなくなるのではと不安が生じます。その結果、EDの症状を招いてしまうという悪循環を生み出す恐れがあるので注意すべきです。EDの症状はそんな風に癖になってしまうので、出来るだけ早い対処が必要だったりします。

バイアグラジェネリックの入手方法

EDを改善する方法として一般的なのが、バイアグラを用いる事です。バイアグラは国内でもED改善効果のある薬として認められており、性交の前に服用するだけで改善効果を得る事が出来ます。服用するだけで改善出来るという手軽さも魅力的であり、多くの男性がED治療薬の定番として使用中です。
ただしバイアグラは国内では市販が許可されていないので、手に入れるには病院に行き処方して貰う必要があります。医師の診察を受けて処方して貰うとなると手間が掛かって面倒な上に、診察料も掛かるので購入価格が高いです。そのため最近では、海外のサイトに行き個人輸入という方法でバイアグラジェネリックを購入する人が増えています。

海外サイトのジェネリック粗悪品には注意

ジェネリック医薬品バイアグラジェネリックはバイアグラを元にした後発医薬品であり、同じ様にEDの改善効果を得る事が可能です。というのもバイアグラジェネリックの成分の特徴としては、主成分はバイアグラと同じで他の成分が少しだけ違うといった物だったりします。なので得られる効果はほとんど一緒でありつつも、後発医薬品なので研究費や開発費が掛かっていません。お陰で本物のバイアグラよりも、かなり安い価格で購入可能です。
もっともバイアグラジェネリックは基本的に国内で販売されていないので、海外サイトから個人輸入する必要があります。そのため通常の方法だと外国語で書かれたサイトからの購入となるので手続きを誤ったり、悪質サイトから偽物や粗悪品を購入してしまう恐れがあるので注意が必要です。
バイアグラジェネリックを個人輸入する際は、日本語対応の個人輸入代行サイトを活用する事をおすすめします。同時に成分の特徴を確認して、主成分がバイアグラと同じで安全かどうかといった部分も調べつつ購入すべきです。

バイアグラジェネリック1錠の価格は100円~300円

価格バイアグラジェネリックはバイアグラの1~3割くらいの価格で購入できるため、治療費を少しでも抑えたい方におすすめです。1当りの価格はジェネリックの種類、個人輸入代行サイト、購入方法などによって変わってきます。実際に複数のバイアグラジェネリックを飲み比べて、効果が高くて安いものを選ぶのが得策でしょう。ジェネリックは価格が高ければよいわけではなく、最終的に相性で選ぶことが大切です。有効成分はいずれもクエン酸シルディナフィルですが、製造工程の違いが作用に影響を及ぼしてきます。本来は同様の成分なら効果にも違いがないはずですが、100%同じというわけではありません。そのため複数のバイアグラジェネリックを飲み比べて、自分に合ったものを絞っていくのが好ましいわけです。

ジェネリックなら正規品バイアグラの3分の1

ジェネリックED治療薬1当りの価格を抑えるコツは、最安値のバイアグラジェネリックを選ぶこと、用量の大きいタイプを半錠にして飲むことです。一般的にバイアグラの用量は1回50mgになることが多く、医療機関では25mg錠を処方することは少ないと言えます。個人輸入では100mg錠が販売されているので、ピルカッターで2分割して飲むのがおすすめです。個人輸入では用量に違いがあっても、価格にはそれほど大きな差はありません。1~2割程度しか違いがないことを考えれば、用量の大きなタイプを購入するのが得策です。割って服用をしても薬剤が変化するなどの問題はないので、体調に合わせて用量を変えていくのもいいです。普段は50mgを服用している方でも、調子がいいと感じた日は25mgにしてもいいでしょう。ただし勃起力が弱いときでも、50mgを超えて服用するのは避けてください。日本で処方されるバイアグラの最大用量は50mgとなっており、海外で販売される100mg錠はありません。

まとめ買いでさらに安く購入可能

バイアグラジェネリック1当りの価格の相場は、概ね100円~300円くらいです。先発薬だと最安値クラスでも1000円くらいするので、ジェネリックなら高くても3分の1未満に抑えることができます。ただし安さにだけこだわるのではなく、効果も体感してコスパで選ぶのが一番正しい方法と言えます。ジェネリックは極端に高いものはないので、多少高くても300円もあれば購入できるはずです。まとめ買いをすればもっと安くなるので、お気に入りの薬を見つけたら次回から複数箱の購入をおすすめします。箱数に比例して割引が適用になるので、最安値になる箱数で注文しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。