バイアグラの持続時間と服用は食前、食後どちらが正しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薬

バイアグラの効果ある飲み方について

性行為の時に男性器が勃起しない、一時的に勃起するけれども途中で元の状態に戻るなど、EDには幾つかの症状があります。中折れも男性機能の障害などと言われていますが、ナイトライフを楽しみたい男性やカップル、そして子供が欲しいと願うカップルなどに最適なのがED治療薬です。
ED治療薬には幾つかの種類がありますが、世界中の男性の救世主とも言われているのがバイアグラです。名前だけは聞いたことがある男性は多いかと思われますが、この医薬品を服用すると、血流が高くなり勃起状態を維持することが出来るようになります。これはバイアグラの主成分が血管を拡張させる作用を持つためで、陰茎海綿体と呼ぶ部分に血液を大量に送り込む、これを留めておく作用を続ける効果を期待出来るようになります。

空腹時に飲んで効果を実感

勃起不全の状態になる原因は体内酵素が勃起を抑制するためで、バイアグラには酵素を阻害する作用があるなどからも性行為が可能な状態に導いてくれます。但し、薬を服用してすぐに勃起状態になるわけではなく、空腹時に服用した時には30分前後、食事をした時などは1時間前後で作用を期待出来るようになります。また、作用が起こるのは時間的なものではなく、あくまでも性的な興奮を脳が受けた時に起こるものです。そのため、空腹時に服用して30分前後経過すると自然と勃起するのではなく、このタイミングの時に性的な興奮が与えられることで効果を期待出来るようになるわけです。ED治療薬

ちなみに、医薬品には食前や食後、食虫など服用するタイミングが種類に応じて異なります。病院で処方を受けた時には薬局で薬剤師から服用においての指導を受けることになり、それを守ることが薬効を期待出来るようになります。バイアグラの場合は食前に服用するのが効果ある飲み方と言われています。これは、食前に服用した場合、有効成分が吸収されやすくなるためで、食後に服用した時には空腹時と比べると、有効成分の吸収率が悪くなるため、効果を発揮する服用タイミングは食前です。

脂っこい食事はバイアグラの吸収を阻害する

但し、食後でなければ服用が出来ないケースもあるかと思われますが、この場合は食事を終えてから2時間以上の時間を空けるのが効果を期待出来るコツです。それと、食事は油っこいものは避ける、食べる量は腹八分目や七分目など軽めに抑えておくなどで、食後でもバイアグラの効果を期待出来るようになります。ちなみに、アルコールは極力控えることが効果を期待出来るコツと言われています。

バイアグラの効果と持続時間について

世界で最も有名なED治療薬が、ファイザー社が発売するバイアグラです。日本のED外来でも処方されており、EDで悩む多くの人が治療のために活用しています。シルデナフィルという有効成分が配合されていることが特徴であり、勃起抑制酵素の働きを阻害する効果があるのです。さらに陰茎周辺の血管を拡張させる神経に働きかけて、血流の陰茎への流入を活性化します。その効果と持続時間については、服用後1時間程度で効果が発現し、効果はその後3時間~4時間程度持続すると考えてください。ED治療薬

 

発売元のファイザー社では、バイアグラの服用後30分程度で自覚症状を感じ始めて、服用から1時間程度でその効果が最大となると発表してしています。その後も効果は持続しますが、徐々に減退して服用後3時間~4時間程度で最大時の半分程度にまで低下することになるのです。効果と持続時間から逆算すると、性行為の1時間前が最適な服用のタイミングになります。

シルデナフィルは服用後30分程度で吸収

有効成分のシルデナフィルは服用後に、胃や腸の粘膜を経由して血液に吸収されることでEDの治療効果を発揮します。そのため空腹時に摂取することが推奨されているのです。特に油分の多い食事を摂取した直後には、胃の内部や腸壁に食べ物が付着して油膜が生じることになります。油膜はシルデナフィルの成分を取り込んでその後便として排出されてしまうため、食後にバイアグラを服用しても十分な効果が期待できなくなってしまうのです。

また空腹時に服用した場合であっても、前回の食事の内容によっては効果や持続時間に影響を及ぼす可能性があります。例えば焼肉や中華料理やフランス料理などの油分の多い食事を摂取すると、その後長時間胃の内部や腸壁に油膜が残ってしまうのです。食事を摂取してから2時間~3時間が経過しても、油膜は残ったままでシルナデフィルの吸収を阻害する原因になります。油分の多い食事を摂取した場合には少なくとも6時間~7時間程度、時間が経過するのを待つことが必要になるのです。

バイアグラの服用は1時間前が最適なタイミング

まとめてみるとバイアグラの服用は性行為の1時間前が最適なタイミングであり、その効果は3時間~4時間程度持続することになります。さらに食後の服用が望ましく、特に油分の多い食事はシルデナフィルの成分の吸収を阻害する原因となりますので、バイアグラを服用する予定がある日は油分の少ないさっぱりとした食事を心がけてください。十分なED治療の効果を実感するためには、シルデナフィルが作用する仕組みをしっかりと理解して、正しい方法で服用することが重要になります。

バイアグラの飲み方と効果を再確認、シルデナフィルとは

世界で初めて世に出た勃起不全治療薬であるバイアグラは、世界的にも効果が認められており今だに人気と信頼性が高いED治療薬です。勃起不全にはバイアグラと言われる位に高い効果があるのですが、服用しても効果が弱かったり実感できないという声もあります。医薬品はどんな種類も飲み方1つ間違うだけで効果は半減し、時に危険を伴う品です。効果がないからやめるのではなく、正しい知識と服薬方法を守る事から始める事が大切です。
基本的に服薬タイミングや処方された用量を守るといった当然の事が重要です。基本的に処方された際は3つの事を必ず指導されます。空腹時に服用する事・医師に処方された用量を守る・50mg以上服薬しない事の3つです。他効果発現時間の説明や行為前に服薬する事等も伝えられるのですが、大切なのは上記3つです。

バイアグラの飲み方は一日24時間で一回まで

空腹時に飲む事ですが、胃の内容物によって効果成分の吸収が遅れる事を防ぐためです。油などにより胃や腸に膜ができてしまい、効果成分が吸収され難くなり勃起を促す力が弱まります。バイアグラを製造販売しているファイザー社の研究によると、有効成分であるシルデナフィルの血中濃度の数値は、食後に飲んだ患者の数値と比べて高く出ています。血中濃度が高いという事は成分が体内に行き届いているという事になります。ちなみにシルデナフィルとは勃起を妨げる酵素活性を阻害する働きがある有効成分です。

体格、年齢で容量用法を守る

2つ目が医師に処方された用量を守る事でシナデルフィルの量を診察により体格や年齢、生活習慣や病歴から医師が判断して処方します。効果が弱いからと用量を自己判断で増量する事は副作用のリスクを増大する事に繋がるので大変危険です。日本で処方されるバイアグラの容量は最大で50mgです。添付文書にも25mgで最大1度に2錠、50mgで最大1度に1錠と明記されています。海外ではバイアグラ 100mgという商品も販売が認められていますが、日本人の特徴から認められているのは1日50mgまでです。100mgは日本人には多すぎて一気に血管拡張作用が増大して急激な血圧低下を引き起こすリスクがあります。1日の最大量をしっかり守る事が重要で、服用後は24時間以上の間隔を開ける必要があります。この間隔ですが、25mgでも50mgでも用量に関係なく次の1錠を服用する間隔を指します。1日最高の50mgは服用していないからと服用しては危険で、極度の血圧低下を引き起こす可能性があります。
バイアグラは性行為1時間前に上記の服薬方法を守り、ぬるま湯で服用すると効果を100%引き出す事ができます。

バイアグラはアルコールと食事に注意して服用

バイアグラが最も効果を発揮してくれるのは空腹時で、これは薬剤が速やかに吸収されるためです。軽食程度ならそれほど影響は受けませんが、満腹になるほど食べてから服用しても効果が半減してしまいます。民間薬のほとんどは食後に服用するものが多いですが、ED治療薬の基本は空腹時または食前となります。食前は空腹状態にあることが多いので服用するタイミングとして適していますが、服用後すぐに食事を摂るのは避けてください。バイアグラの吸収を阻害してしまう可能性があり、特に脂肪分の多い食事は注意が必要です。

ED治療薬の役割は速やかに勃起力を高めることなので、吸収性を高める工夫をして服用しましょう。保険適用外、全額自己負担の薬ですから、効果を弱める飲み方をしては損です。効果を最大限に高めるためには、十分に性欲がある状態で服用すること、空腹時を選んで飲むこと、などが大切です。食後は眠気が襲ってくることが多いため、性行為をするタイミングとしては適していません。食前にバイアグラを服用する状況では、勃起力を確認してから食事を摂るようにしましょう。薬剤の成分が血管から吸収されたあとは、食事を摂っても影響はありません。

確実に効果を出すバイアグラの飲み方と方法

ED治療薬はすべてアルコールと食事の影響を受けると考えておいてください。シアリスは食事の影響を受けにくいのがメリットですが、影響がゼロというわけではありません。多少の影響は受けるので、やはり空腹時に服用するのが好ましいです。アルコールの場合は食事とは逆に薬剤の作用を高めてしまう役割があります。つまり副作用も大きくなる可能性があるため、飲みすぎには注意する必要があります。適量なら問題はありませんが、人によって適量は異なってくるので注意です。ほろ酔い程度に留めておけば問題なく、大切なのは性行為に影響しない程度にすることです。飲みすぎは性欲を弱くする作用があり、性行為前に眠ってしまうことになりかねません。

バイアグラはアルコールと食事の影響を受けますが、空腹時・飲酒なしで服用しても効果が十分に感じられないことがあります。そんなときは性欲が十分にない可能性があり、この場合はED治療薬では対処できません。あくまでも勃起力をサポートする薬なので、性欲がなければ立ちません。飲めば性欲が湧き上がってくると考えている方もいますが、性欲とは無関係なので注意です。性欲が十分にある状態で服用してこそ勃起力も発揮できるわけです。

バイアグラ 100mgを服用する際に考えられる副作用

バイアグラ 100mgを摂取するにあたり、副作用・注意事項を確認して理解したうえで利用をすることです。全く何もおきないわけではなく、利用者の90%はだいたい何かしらの不調や、違和感を感じることがありますが、それにはレベルもあります。

ほのかにほとんどの人が感じるのが、服用からしばらくして感じる顔などのほてりがあって、アルコールを飲んだわけでもないのに、熱を持ったようなほてりが生じることが多いです。普段は白目部分がキレイな状態の人でも、次第に目が赤くなって充血をすることもありますし、頭が痛くなったり、軽いめまいが起こることもよくあるパターンです。

医薬品の成分が水に溶けて体の中へと伝わるので、血液の流れをセーブさせるから起こることであり、酵素抑制作用は全身にまで効果を発揮します。本来であれば酵素抑制作用は男性器のみでよいですが、あらゆる成分は全身を血液によって駆け巡りますので、いったん服用をしたら多少の不調は避けられません。

軽い体調の悪さを感じることはほかにもパターンがあって、花粉症の季節でもないのに鼻炎のようになったり、背中の骨にいつもにはない痛みが走ったり、全く普段は問題のない腰がやけに痛いと思えるようになることももあります。胃腸関係にもマイナスになることがあり、成分によって消化不良を起こすので、下痢をしたりすることもあるため、お腹のコンディションを乱すこともしばしばです。

目に関わる異変を感じることもあり、青っぽい視界を感じるような、視界異常を起こすケースもあります。瞳や目に関わることは侮れないことであり、最悪は過剰摂取で失明ということもない話ではありません。いずれにしても過度の摂取は悪い影響を世ボスことになりますが、これはほかの医薬品であっても同じことが言えます。

バイアグラ 100mgを使うにあたり必ず守らなければいけないのは、良い効果をもっと出したい気持ちで過剰摂取をしないことです。医薬品の成分はマイルドなものではありませんので、心臓がもとから弱いと自覚をしている人などは、特に容量は守らなければなりません。

何よりも注意をしたいのは過剰服用をすることであり、求めている人には画期的な医薬品である反面で、度を越えてしまえば副作用に悩むだけです。EDに悩む男性にしてみれば深刻な問題ではありますが、早急に改善をしたい思い出たくさん飲んでも、体調を乱してしまうだけですので、1日当たりの量は必ず守ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。