バイアグラでED症状と中折れ解消して、あの頃の勃起力を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
頭痛

男の敵中折れとは

医者

中折れとは「セックス中にペニスが萎えてしまい、セックスが継続できなくなること」です。

勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで起こりますが、勃起を支えるパワーが弱くなると勃起が持続できなくなってしまうわけです。

中折れの原因は色々とあります。

「勃起しないのは年のせい」だけではありません。中折れは、あらゆる男性にとって、いつ起こるともわからない症状す。心因性の勃起不全とよばれる症状の多くは仕事や職場での人間関係が関係しているケースも少なくありません。

睡眠不足、喫煙、不規則な生活など、生活習慣の乱れは中折れの原因となります。特に、睡眠不足・疲れ・喫煙は中折れになるリスクの高い要因です。

中折れの主な原因

・生活習慣の乱れ
・心因性のストレス
・体力がない
・お酒、アルコールの多量摂取
・マスターベーション(オナニー)のしすぎ

中折れにも効果あり勃起薬の中でも人気の高いED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリス、カマグラゴールドなどがございます。これらの治療薬はインターネット通販や個人輸入代行で購入可能です。ED治療薬

中折れに効果あるバイアグラとは

バイアグラ

バイアグラは、1997年にアメリカで発売された世界初のED治療薬です。青い四角形の錠剤なので、「ブルーダイアモンド」と呼ばれ、世界中に多くの愛用者がいます。日本でも、バイアグラは翌年の認可を待たずして大評判となり、個人輸入や現地での買い付けなどでアメリカから苦労して入手する人が続出しました。

バイアグラは非常に優れたED改善効果を持ちますが、中には満足いく効果を得られない人もいるようです。その原因を、バイアグラの正しい知識を得ながら探ってみましょう。ED治療薬

中折れに効き目のあるバイアグラ成分とは

成分

バイアグラとは有効成分としてシルデナフィルを含むED治療薬です。日本では25㎎と50㎎のタイプが販売されており、この用量はシルデナフィルの含有量を示しています。

本来、バイアグラは狭心症の治療薬として研究、開発が進められていた薬です。しかし、大規模な臨床試験によって狭心症にはあまり効果がないことがわかりました。一方で、臨床試験に参加した被験者たちから、バイアグラを飲むと力強く長持ちする勃起が得られるという意見が多数上がり、勃起改善効果が注目されることとなりました。これが、バイアグラのED治療薬としての歴史の幕開けとなったのです。ED治療薬

バイアグラの効果

これまでのED改善薬は、精力剤や媚薬などの性欲が湧きあがるような効果を持つものしかありませんでしたが、バイアグラは勃起が起こる仕組みを科学的に上手に利用した薬です。

男性は性的興奮を感じると、脳の中に刺激が発生します。この刺激によってNOという物質の産生が促進され、増加したNOは一種の血管に働きかけ、cGMPという酵素を産生させます。cGMPは血管の筋肉を弛緩して血管を広げる働きを持ちます。陰茎の血管もNOの刺激を受ける種類の血管であり、性的な興奮が生じると血管が広がるのです。広がった陰茎の血管にはいつもより多量の血液が流れ込み、陰茎は血液が充満して大きく膨張することになりますが、この時の現象をわたしたちは勃起と呼んでいます。

バイアグラは、このような勃起の仕組みをうまく利用した薬です。cGMPは陰茎の血管を広げるために非常に重要な役割を果たしますが、体の中にはcGMPを分解しようとするPDE-5という酵素が存在します。EDの人はcGMPよりもPDE-5の方が多いため、十分に血管が広げられず、勃起に障害が起きると考えられています。バイアグラは、このPDE-5の働きを阻害する作用を持ちます。つまり、結果的にcGMPの量を増やし、血管拡張を促す作用があるのです。

バイアグラが効かない人とは

医者

バイアグラは従来の精力剤や媚薬と異なり、勃起の仕組みにうまく介入して科学的に勃起を補助する働きがあります。しかし、バイアグラを服用した人の中には、十分な効果を得られないという人もいるのです。

なぜ、他の人の同じ量のバイアグラを飲んでも同じような効果を得ることができないのでしょうか。バイアグラとEDの特性を考えながら検証してみましょう。

用量が足りない

日本では、25㎎と50㎎のバイアグラが販売されています。当然用量が多い方が高い効果を得ることができます。しかし、バイアグラは副作用が出やすく、強い薬ですから医療機関で処方される時には最小用量から処方を受けるでしょう。

効果が現れる用量には個人差があり、その日の体調によっても変化するものです。十分な効果が得られないときには、用量が足りていない可能性があります。少量ずつ増量して効果の変化をみるとよいでしょう。

食後の服用

バイアグラは食事の影響を非常に受けやすい薬です。胃の中に食べ物が入っている状態で服用すると、吸収が阻害され、効果が大幅に減弱してしまうのです。ですから、バイアグラは空腹時の服用が勧められています。

しかし通常のデートコースなら、性行為前に食事もせずに空腹状態であることは現実的ではありません。服用前にやむを得ず食事をする場合は、さっぱりしたメニューを選び、腹七分目を目安に軽く済ませましょう。

また、バイアグラは特に脂っこい食事内容によって大幅に吸収が阻害されることがわかっています。油分の多い食事を摂ると、胃や腸の壁に油の薄い膜が出来上がります。バイアグラはこの壁を通過することができないために、体内に吸収されず便として排出されてしまうのです。脂っこい食べ物は、消化後も胃や腸に油の膜を残します。長い時では、6時間ほど膜が残っていることもあり、もちろんその間は吸収が阻害されたままの状態です。空腹時というと、食後二時間程度と思われがちですが、バイアグラの場合は飲む予定がある半日前には脂っこい食事は控えた方がよいでしょう。

ED勃起不全の原因

クリニック

バイアグラは陰茎の血管を拡張して物理的に勃起を促す効果を持つ薬です。ですから、当然従来の精力剤や媚薬のような性感を高めるような効果は期待できません。

EDには様々な原因があり、その原因によってはバイアグラの効果が十分に得られないことがあります。

心因性による勃起不全

大きなストレスや疲れが溜まっているときには、勃起障害が起こりやすいものです。そのような時に無理に性行為に挑もうとして失敗したことは、誰でも一度はあるのではないでしょうか。ですが、これを全てEDというわけではありません。男性は非常にデリケートな生き物ですから、精神的に安定していない状態にあるときには十分な勃起が生じないのは当然のことなのです。

しかし、EDの人はこのような失敗の頻度が高いため、長期間を通して満足な性生活が送れなくなってしまいます。離婚原因の上位にセックスレスがランクインされていますが、EDは自分の悩みだけでなく、パートナーとの関係も脅かす病気でもあります。このような焦りから、更にEDが悪化してしまうこともあり、心因性EDは特に若い男性に多いと言われています。

失敗を繰り消すことで、性行為への強迫観念が芽生えてしまうと、性行為自体が拒否したくなる対象となり、どんなに性的なものを見ても触っても、一切の性欲が生じなくなることがあります。バイアグラは性的興奮が生じて初めて効果が現れるものですから、当然性欲がない状態では勃起は起こりません。

心因性EDは、カウンセリングや投薬治療も大切ですが、パートナーの協力が不可欠となります。よく話し合って、落ち着いて性行為を行えるような環境を目指しましょう。

器質的

勃起は陰茎の血管が拡張することで生じる生理現象です。ですから、その血管や作用する神経に何らかの障害がある場合にはEDになることがあります。

代表的なものは、高血圧や高脂血症などの生活習慣病による動脈硬化です。動脈硬化を起こした血管は、ガチガチに硬くなり、弾力を失います。もちろん、陰茎の血管も例外ではなく、動脈硬化を起こすと弾力性を失い、性的刺激によってNOからcGMPが産生されたとしても血管自体に伸縮性がない状態ですから、十分に拡張することはできません。また、糖尿病は全身の神経を障害する病気であり、勃起に必要な神経も傷つけます。このようなこと起きる結果、EDとなってしまうのです。

器質的EDでは、原因となる病気が重症な場合にはいくらバイアグラが頑張って血管を広げようとしても、血管自体に障害があるために十分な効果を得ることができなくなります。

バイアグラをはじめとしたED治療薬は、それ自体は勃起の補助を行うに過ぎず、EDの根本を解決する作用はありません。器質的EDの人は、バイアグラを服用するだけでなく、原因となる病気の治療をきちんと行いましょう。

薬剤性

数多くの薬の中には、副作用としてEDが出現するものがあります。このような薬を飲んでいる人は、いくらバイアグラで勃起させようとしても効果は得られにくいでしょう。EDに悩んでいる人で常用薬がある人は、自分が飲んでいる薬の中にEDの副作用が出るものがないかを確認してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。