スーパーカマグラの早漏防止の効果とバイアグラとの違いや飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スーパーカマグラ

スーパーカマグラは勃起不全と早漏防止の両方に効果的な治療薬

スーパーカマグラ

スーパーカマグラとは、ED治療と早漏治療のダブルの効果が期待できる薬です。スーパーカマグラは「勃起を促す効果」と「早漏防止の効果」があるので、
ED症状と早漏症状を同時に患っている人が服用することをおすすめします。

スーパーカマグラで早漏の悩みを解消

活力

ダポキセチンによる早漏治療効果とシルデナフィルによるED治療の効果を持つ薬で、バイアグラと同じクエン酸シルデナフィルが配合されています。

シルデナフィルには「血管を拡張する作用」と「勃起の制御をする酵素のPDE-5の働きを阻害する作用」があります。

シルデナフィルは食事、食べ物の影響を受けて効果が弱まる事があり、又、ダポキセチンはお酒、アルコールの影響を受けると効果が出過ぎる事がございます。

そのため、空腹時かつお酒を飲まない方が、よりしっかりと効果を発揮できます。

ペニス周りの血流が良くなって勃起力を高めてくれる作用があるので、セックスの1時間くらい前に服用すると勃起力が大幅にアップします。
通常よりも射精に至るまでの時間を遅らせることが可能で、臨床実験でも射精までの時間が3倍以上長くなったという報告があるほどです。

服用時間と服用量が大事

スーパーカマグラはセックスの1時間から3時間ほど前に服用すると効果的で、1日最大1錠までです。
満腹時に服用すると効果が減少するので空腹時に服用するようにし、食後に服用する場合は少なくとも2時間程度は空けるようにします。
効果を期待し過ぎて多めに服用すると顔のほてりや頭痛、動悸やめまい、消化不良などの副作用が出ることがあるので、初めは少量から試すことです。
スーパーカマグラは早漏を防ぐことが可能なので1回のセックスの時間が長くなり、射精してからのペニスの回復も早くなるので連続したセックスができるようになります。

スーパーカマグラの副作用は頭痛やめまい、顔面の火照り、胃もたれ、発熱といった副作用が挙げられます。

スーパーカマグラはネット通販・個人輸入で入手可能です。

バイアグラはイギリスでは薬局で購入可能

薬局

バイアグラは世界初のED治療薬です。アメリカでの発売開始と同時に世界中で話題となり、今や最もポピュラーな薬の一つとなりました。日本では1998年に販売が開始されましたが、瞬く間に大ヒット商品となり、EDに悩む多くの男性たちに勇気と活力を与えてきた夢の薬です。

しかし、バイアグラには副作用もあり、日本で購入するには医師の処方箋が必要です。最近ではインターネット通販で海外から個人輸入をすることもできますが、薬局やドラッグストアーで風邪薬などのように自己判断によって購入することはできません。

一方、イギリスでは2017年に医師の処方箋なしでも薬局でバイアグラが購入できるようになりました。処方箋なしでもバイアグラを購入できるのは初の試みであり、世界中から注目を集めています。

ここでは、バイアグラの正しい知識を解説し、その安全な購入方法をご紹介します。

ED治療薬 バイアグラとはどんな薬?

疑問

バイアグラは狭心症の治療薬として開発された薬です。大規模な治験が行われましたが、大勢の狭心症患者が実験的に服用した結果、狭心症には効果がないどころか低血圧などの副作用を生じる可能性があることがわかりました。その一方で、実験に参加した男性からは、この薬を飲むとEDが改善するとの意見が多数寄せられ、ED治療薬として注目されたのがバイアグラの歴史の始まりです。

バイアグラは有効成分としてシルデナフィルという物質を含んでいます。シルデナフィルは直線状の化学構造をしており、人体に吸収されやすく、即効性があることが特徴です。日本で販売されている用量は25㎎と50㎎があり、それぞれがシルデナフィルの含有量を示しています。海外では100㎎のものが一般的ですが、日本では認可されておらず、購入するには個人輸入で取り寄せるか、海外まで買い付けに行くしか方法はありません。

また、2014年には特許が切れたため、今では多くの会社からバイアグラのジェネリックが販売されています。ジェネリックの解禁によって、フレーバーや形状など様々なタイプのものを選ぶことができ、安く入手することが可能になりました。

バイアグラの購入方法

スマホ

日本でバイアグラを購入するには、病院で医師から処方箋を交付してもらうか、インターネットを通じて海外から個人輸入するという2つの方法があります。それぞれの生活パターンや好みで購入方法を選択することができます。

病院での処方箋

日本で正規にバイアグラを購入するには、病院を受診して医師から処方箋を受けるしかありません。一部の風邪薬や胃腸薬などは薬局やドラッグストアーで自己判断で購入することができます。しかし、バイアグラは薬局やドラッグストアーで購入することはできません。病院は泌尿器科や内科で処方されることが多いですが、医師であれば誰でも処方できるものですから、このような診療科に栄光がある人は診療科を問わず、信頼できるかかりつけ医がいれば相談してみるのもよいでしょう。最近では、ED専門外来のあるメンズクリニックや美容外科も増え、選択の幅は広がりました。特にED専門外来は、夜遅くまで開院しているところもあるので、仕事帰りにも通いやすいように配慮されています。

病院受診をすると、まずは簡単な問診が行われます。勃起に障害が生じる頻度やタイミング、程度などによってED治療を適応するかどうかを判断するためです。泌尿器科や内科では、EDの原因が前立腺肥大や糖尿病であると考えられる場合には、それらに対する治療も同時に行うことがあります。

処方箋による購入の最大のメリットは、その安全性です。バイアグラは副作用が出やすい薬ですし、飲むことを禁じられている人もいます。そのような人が間違えてバイアグラを飲んでしまうと、非常に重大な副作用を生じることがあり、大変危険なのです。医師が処方する場合には、きちんと服薬歴を確認し、副作用に関する相談もできるので安全性は保障されているといえます。

しかし、処方箋は診療時間内に受診しなければならず、忙しい人には高いハードルとなることがあります。また、医師や看護師にEDであることを知られることになるので、抵抗を感じる人も多いでしょう。また、ED治療には健康保険が適応されませんから、初診料は処方料、バイアグラ代まで全てが実費となります。かかる費用は医療機関によってまちまちですが、大抵は全部合わせて10000円程度はかかるでしょう。

インターネットでの個人輸入代行

今や、日本国内の自宅に居ながらにして、世界中から様々なものをインターネットで取り寄せることが可能になりました。薬物に関しても、麻薬や毒物以外のものは個人輸入で取り寄せることが可能です。もちろん、バイアグラもです。しかし、一点だけ注意することは、バイアグラを含めた薬の個人輸入は、個人使用目的の場合のみ合法です。自分以外の人が使う目的で個人輸入するのは禁じられていますから注意しましょう。中には、パートナーのEDに悩んで、バイアグラを取り寄せようとする女性がいますが、これは違法行為にあたります。

個人輸入での購入には当然ながら、病院への受診も医師の処方箋は必要ありません。ですから、必要な費用はバイアグラの代金と送料だけです。また、薬代自体も病院で処方されるより安く、海外製の安価なジェネリックを購入することもできます。特にインド製のジェネリックは、ゼリータイプやフィルムタイプ、チューイングタイプなど様々な形状やフレーバーのものがあり、色々な種類のものを楽しんで使用することができるでしょう。

また、病院受診が必要ありませんから、医師や看護師の前でEDであることを赤裸々に公にする必要はありません。もちろん個人輸入業者はプライバシーを尊重しますから、中身がバイアグラだとわかるような梱包で発送はせず、匿名性を確保したまま入手することができます。

しかし、個人輸入での購入は、完全に自己責任となります。もちろん、すでにバイアグラを何度も使ったことがある人ならよいのですが、初めて服用する人は注意が必要です。バイアグラは狭心症や不整脈の治療薬を常用している人が服用すると、急激な低血圧を引き起こし、心停止に至ることもあります。このような人が、何も知らずにバイアグラを服用するのはとても危険なのです。安全な使用のためには、バイアグラに対する正しい知識を持つ必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。