不感症を改善しラブグラで未体験のセックスライフを手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男女

不感症は身体的精神的要因が複合的な原因は様々

不感症の原因は精神的なものと身体的なものがありますが、両方が関わって影響を及ぼしているケースも多いです。
最初の性交から感じない場合は幼児期の性的ないたずら体験や父や他の男性の寵愛、男性願望、セックスの失敗の不安や性交に対する恐怖や罪悪感などが原因に挙げられます。
最初はオーガズムを経験していたのに後になった場合、夫への不信感や女性の不倫、妊娠の恐怖や精神的ストレス、病気やピルの服用などが考えられます。

不感症の精神的な原因で多いのはセックスに対する不安や緊張、恥ずかしさで、自身に対する罪悪感が芽生えるとセックスに対して嫌悪感を抱くようになります。
セックスの際に緊張すると嫌われたらどうしようという不安感が起こり、それによって不感症になることがあります。ラブグラ

 

 

パートナーとの信頼関係は大事

悩み女性にとってセックスは自身のすべてを見せることなので恥ずかしい気持ちが強く、大好きな相手だからこそ緊張して当然です。
体にコンプレックスがある女性はセックスの時に緊張してしまい、羞恥心や男性に嫌われたくない感情が緊張や不安を余計に強くします。

男性の愛撫不足や行為を行う状況が不感症の原因になることもあり、セックスに不慣れな男性だと女性は性的な刺激に対して快感を得にくいです。
パートナーとの信頼関係は大事で、前戯が少なかったりムードづくりが下手な男性の場合、高揚感や気持ちよさを感じることができない女性は不感症だと悩むケースがあります。

ラブグラ

 

 

身体的な不感症の原因は、冷え症や生理不順、出産などの体質や変化によるものです。
ストレスからくる体調不良などでなるケースも少なくなく、病気やケガの後遺症や治療に伴う薬の副作用が原因になることもあります。
女性の大敵である冷え性が不感症に関係するのは、体が冷えているか暖まっているかで女性の性感帯の感度は大きく変わるからです。
薬の副作用や出産後に起こる不感症は複雑で、心と体の両方に原因が隠れていることが多いです。
出産後になる場合は産後うつや疲れ、女性器の回復が遅れていたり気持ちに余裕がないなど、様々な事象が原因になっていることがあります。

不感症の症状とその悪影響

悩みセックスは人が生きていく上で、ごく普通の行為です。人もまた動物的な一面があり、生物であれば生殖行為に関心がある方がむしろ健全でしょう。更に人は野生動物とは違い、セックスを純粋なコミュニケーションとして楽しみます。愛情を深く感じている夫やボーイフレンドとセックスをしたいと思う事は不健全ではなく、健全な女子なら普通の心理なのですが、厳格な家庭で育った女性の場合、悪い意味で理性が本能を制御してしまいます。

親の躾が厳しく、思春期の頃に性的なコンテンツを極端に保護者が子供のもとから隔離すると、成人後も心や体が正常に発達しない事があります。男性だけではなく女性もまたそういった背景で不感症に陥るため要注意です。既に成人を迎えた女性の場合、不感症のリスクが実際に生じています。ラブグラ

 

不感症の症状とは

悩み不感症の症状ですが、膣が濡れづらくなる事です。セックスをしたいという気持ちが強くある反面、過去の経験や極端に厳格な家庭環境が引き金となり、パートナーとベッドの上でツーショットになっても、心と体の準備が整いません。男性が優しく紳士的に愛撫を重ねても、膣が濡れないのが不快感の厄介な症状です。

女性の膣は性的刺激を受ける事で、普通であれば潤滑油のような体液を無意識的に出します。膣が濡れていないと、ペニスがなかなか挿入出来ません。女性と男性の双方が性器に痛みを感じます。男性からすれば愛撫を重ねても、膣が濡れないため、自分自身に対して愛を感じていないのではと錯覚しかねません。実際に女性の不感症が原因でカップルが喧嘩してしまったり、夫婦が険悪な関係になる事例は少なくないです。

不感症の症状を抱えたまま、恋愛や結婚生活を送る事は大変です。自然治癒する事も多いですが、原因が過去の親の躾や辛い恋愛体験など、メンタル面のトラウマに起因している場合はなかなか自力で克服は難しいと言われています。解決が難しい場合は専門家に相談し、カウンセリングを受けてみるのも良い方法です。

不感症にはどんな症例があるのか

男女セックスで感じないという女性は意外と少なくありません。こういった方をいわゆる不感症と呼びますが、セックスが気持ちよくないと一口にいっても感じ方は様々です。

例えば、何回かセックスをしたけど感じたことがない、触られても感じなくなってしまった、膣の中で感じることができない、ある時から感じにくくなったなどがあげられます。こうして見ると一度も気持ちいいと思ったことがないという女性もいれば、今まで気持ちよかったのに感じることができなくなったという女性、また、部位によって気持ちいいと感じない女性など人によって症例は変るようです。

若い女性や経験が少ない女性に多いのが、今まで一度の感じたことがない、挿れられても気持ちよくないという症状です。
これは性感帯が発達していないことが大きな理由として考えられます。性感帯を発達させるには性に対する興味や知識を持ち、経験を積むことです。ただ、相手にもよるので独りよがりなセックスをする男性だと性感帯の発達は難しいでしょう。その場合はマスターベーションで高めることもできます。

不感症になる理由とは

今まで気持ちよかったのに感じることができなくなった女性は加齢やマスターベーションのし過ぎの可能性があります。
ホルモンバランスが崩れると性感帯が鈍くなることがあります。若い女性でもホルモンバランスの影響はありますが、40代以降は更年期障害が見られてくるので感じられなくなったというケースも少なくはありません。また、性感帯を発達させようとマスターベーションにハマりすぎてしまうと刺激に慣れてセックスで感じられなくなることもあります。

このように女性が不感症になる理由は経験、メンタル、女性ホルモンなど様々な要因に起因するのです。不感症の原因が分かれば対策はできますが、すぐにどうにかしたなら女性用媚薬とされる滋養強壮剤を使用するのもいいでしょう。女性用媚薬は正しく選べば、性的興奮を高めて感じやすくするためのものなので危険性はありません。

不感症と改善方法について

改善不感症で悩んでおり、その改善方法を知りたいという人もいるでしょう。この症状は心や体の不調によって発生すると言われています。性行為の最中に緊張してしまう場合やストレスがある場合、不規則な生活などが原因になると言われていますが、原因が分かれば改善することはできます。性行為で快感が得られないのは病気ではなく、感情や神経のバランスが深くかかわっているとされています。感情や神経のバランスを整える方法はいろいろありますが、自宅でできる改善方法もあります。まずはストレスの解消や冷え性の解消、生活習慣の改善などが重要です。不感症を改善したいという場合、心の不安や緊張を無くすことが大切です。性行為に対する不安や緊張は人によって異なりますが、そのような原因によって血行が悪くなることで快感を得にくくなると言われています。性行為の際に緊張してしまうという場合、正直にパートナーに話してみるのがおすすめです。打ち明けることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、しっかり話し合うことで緊張を解せるようになるでしょう。

ストレスも不感症の原因

男女キスやハグの時間を増やすのも良いですし、雰囲気を変えることでリラックスできるようになるかもしれません。過去に性的なトラウマがあって不感症になってしまった場合、病院を受診するのがおすすめです。このような悩みを放置しておくと修復が難しくなってしまうこともあります。早めに病院を受診することにより、症状を改善しやすくなるのです。病院は入りにくいという人もいるかもしれませんが、最近では女性でも受診しやすい雰囲気になってきています。性行為に関係ない悩みが不感症を引き起こすこともあります。特に普段からストレスを抱えている人は注意しましょう。ストレスがあると自律神経が乱れやすくなりますし、体が冷えやすくなるということです。体が冷えると性的感度が鈍くなってしまうため、上手くストレスを解消する方法を見つけておくことが大切です。自律神経を整えたいという場合、半身浴や日光を浴びる、深呼吸をする、適度な運動をするなどといった方法があります。ストレスや冷え性には漢方も効果的です。

不感症の治療薬について

不感症とは、性行為を行っても性的な興奮を覚えない症状のことを言います。
精神的な問題と神経的な問題、あるいはその両方が問題で引き起こされることが多いとされています。
性的な興奮を得られないというのは、本人だけではなくパートナーにとっても大きなストレスになってしまいます。それを改善するためにも、不感症の原因を改善することが大切です。

不感症の原因として特に多いのが精神的な問題

体型に対してコンプレックスがあったり、性行を行うことで嫌われてしまったらどうしようなどの不安や緊張があるとやはり体は硬くなり、血行も悪くなってしまい性的興奮も得にくくなってしまいます。
そのため、改善するためにはどのようなことを不安に思っているのかなどをパートナーと二人で考えて、緊張をほぐしたりするなどの対策が必要です。

女性用バイアグララブグラで不感症改善

ラブグラまた、治療薬を使うこともオススメします。
病気の場合には、その病気にあった薬などを使って治療をきちんと行うことで改善できる可能性がありますが、精神的なものの場合には女性用の興奮剤を使うことも効果的です。
女性用バイアグラとも呼ばれる不感症や性的興奮障害などに効果のある薬はいくつあります。
ラブグラは女性の性的な欲求や興奮を高める作用があります。性行為の1時間前に服用することで、膣内の血行を良くしたり、潤いを与えて性的快感の量を増やす効果が期待できます。
フィメールグラは、感度アップや不感症の改善、絶頂不全に良いとされています。膣内などを潤す効果などがあり、持続時間は5時間程度となっています。媚薬効果はないため、性的刺激を受けない限りは効果が現れることはない薬です。

このような治療薬を使うことによって、女性の性的な悩みは改善していくことができます。
効果を高めるためには、食生活を見直して血行を良くすることを心がけたり、規則正しい生活でホルモンバランスを整える、軽くでも良いため運動を心がけることなども大切です。ラブグラ

 

不感症と改善するための生活習慣

食事不感症とは、性的な刺激に対して何の興奮も覚えないことを言います。
性的な不感症の原因は精神的な問題と神経生理学的に分けることができますが、両者は密接に関係して起こるケースもあるため注意が必要です。
性的に不感症になっていると自分だけではなく、パートナーにとっても精神的なストレスを与えてしまったり、悪化させてしまうこともあるためきちんと改善することが大切となります。

原因は様々なものがありますが、女性の場合特に大きいのが精神的な問題です。
性行を行って相手に嫌われてしまったらどうしよう、体型がコンプレックスで恥ずかしいなどの不安や緊張などが要因となってしまうことがあり、この緊張などが体を硬直させて血行を悪くしてしまい、快楽を得にくくします。
まずは改善をするためには、緊張をほぐしたり、何に対して不安を感じているかなどを考えて状況にあった対策をする子が改善につながります。

食習慣も不感症の原因

他にも原因として、生活習慣が乱れているということも考えられます。
正しくいえば、生活習慣の乱れがホルモンバランスの乱れにつながっているということも考えられます。ホルモンバランスが乱れていると月経周期の乱れや無月経、ひどい生理痛になったり、情緒不安定、ニキビや吹き出物など様々なトラブルにつながります。
自律神経にも影響があり、生命を維持するための体の機能が乱れにつながり、性的な刺激にも興奮を覚えなくなります。
このような生活習慣で特に注意したいのが食生活です。
糖質や炭水化物を摂りすぎると肥満や血管機能、神経伝達機能に影響が出てきてしまったり、冷え性になりやすくなります。
また、たんぱく質を積極的に摂取し、過度な食事制限をやめることで女性に不足しがちな鉄分を補ったり、セロトニンを補えるようになります。
その他にも、血行を良くする習慣として軽い運動を行います。すると血行が良くなるだけではなく神経伝達物質が活発に分泌しやすくなって不感症の改善につながるとされています。

不感症の治療法には様々な方法があります

不感症は心と体のいずれかもしくは両方が影響していて、身体的な症状として濡れなかったり気分が高まらないなどがあります。
セックスの最中の緊張や日常的なストレスがあるとなりやすく、不規則な生活や冷え性、出産や更年期なども不感症の原因の1つです。
病気や体の不調よりも感情や神経のバランスが深く関係していることが多いので、感情や神経のバランスをまず整えることが重要です。

不感症の治療法ケーゲル体操

不感症の治療法には自分でできる改善方法もあり、ストレス解消や体を温める方法など生活習慣を見直すことで改善につながります。
精神的な理由で不感症になっている場合、自力で改善する治療法がおすすめです。
無理をしないで自身のペースで性行為に挑むことが大切なので、パートナーに正直に状況を伝え、一緒に解決に向けて努力するのも1つの有効な手段です。
尿漏れや膣のゆるみのセルフケアに効果的なケーゲル体操も不感症の有効な治療法で、尿漏れの解決だけでなく感度アップにも効果があったという声が沢山寄せられています。

自宅で不感症の治療

自宅で専用機器を用いた不感症の治療法もあり、外陰部の血流と温度を上昇させることで性的欲求と刺激に対する感度をアップさせることが可能です。
この専用機器は米国の医師と医療機器メーカが開発したものなので膣の潤い不足や性交痛にも効果的で、多くの女性の性生活の質を向上させた実績があります。
パーソナルケア機器として、クリニックで購入することができます。

パールフィラー治療法とは

不感症を肉体的な面から改善する施術に、婦人科形成による治療法があります。
クリトリスを覆っている皮膚を切除する包茎術は、皮膚を切除することで外部からの刺激を伝わりやすくできるので感度アップを図ることが可能です。
腟を引き締めることで広い部分で刺激を受けられるようにする腟縮小術も不感症治療法に有効とされていて、感度が上がる可能性があります。
緩くなった膣の壁に注入してふくらませるパールフィラーという治療法もあり、膣の中を狭くして感度がアップするよう目指します。

女性用興奮剤で不感症を改善する

AGA治療薬男女の営みは気持ちや体の面でもとても重要なことです。そこにはお互いの気持ちや興奮が必要になりますが、不感症になることでその性交自体に大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。
不感症とは性的な感情が抑制されたり、阻止されることで起こります。特に女性は性的な感情に成熟することで相手を思い、性的な興奮を得ることが出来るものですが、そこに大切なのは愛であり、それが感じられることで強い性的な欲望を感じるものです。そして最終的にオーガズムと呼ばれる絶頂感を感じるようになりますが、そうなるためにはクリトリスで受ける生理的なもの、膣で受ける精神的なものが必要です。その生理的なものと精神的なものがうまくかみ合わないことで不感症に至るということがあげられます。男性の性器を受け入れる場合には膣が濡れることが必要になりますが、濡れることができにくくなり、受け入れられない、または受け入れにくい、痛みを感じるなどということが起きやすくなってしまうのです。

様々な不感症の原因

不感症の原因は、大きなものとして恐怖心や不信感、相手に対する感情の低下など精神的なストレスがあります。男性側としては女性が喜ぶ姿を見て更なる興奮を得られることがありますが、不感症になっている女性との性交は気持ちの面でも重いものがあります。そして何よりも女性側としても愛する人との性交が苦痛になってしまうことにつながるので、双方にとって良くないことにつながります。
不感症を改善することで、性交の喜び、愛の確かめ合い、そして相手を思う気持ちを高めることはカップルにとってとても大切なことです。そこで、良い方法としてラブグラなどの女性用興奮剤の使用があげられます。女性用の媚薬やバイアグラには女性器周囲の血流を良くし、膣内に潤いを与えて男性を受け入れやすい状態にし、性器などに刺激をあたえることでオーガズムを感じやすくする効果があります。女性が興奮を高めることで男性の興奮も高まり、良いセックスに結びつくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。