性交痛はラブグラで解決!セックス時の痛みの原因と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩み

男女の営みを妨げる性交痛が起きる原因とは?

性交とは男性の勃起したペニスを女性器に挿入する事です。その後、男性が腰を動かしてピストンを始めます。いわゆる正常位の場合、女性は特にする事がありません。男性に体を預けて性交の満足感に浸るようにしましょう。自宅やラブホテルで行われる事例がほとんどです。プライベートな行為であり、たとえ家族でも見られたくない事なので多くのカップルは邪魔が入らないシチュエーションを選びます。

性交をする前に愛撫をします。愛撫をしなければ男性はペニスが完全に勃起しないためです。女性の方も性的な刺激を受け、気持ちが高ぶらないと準備が整いません。膣が十分に濡れていないと、性交痛が起きるため、男性が優しくその周辺をペッティングする必要があります。ただ男性の中には自分のペニスが勃起したと同時に、とにかくピストンを始めたくて我慢が出来なくなる方が少なくありません。

強引なセックスは性交痛の原因

女性の心と体がまだ準備できていないにも関わらず、自分の欲求を最優先してペニスを半ば強引に膣に押し込みます。すると潤滑油となる体液がまだ分泌されていないため、性交痛が発生し、女性側は膣に激しい不快感と痛みを覚えます。完全に膣が濡れてないと男性が強引に押し込む事は出来ませんが、少しでも潤いがあると、興奮した男性は力任せに挿入を行い、ピストンをスタートさせてしまいます。濡れていないのにピストンが強引になされる事が性交痛の一番の原因です。ラブグラ

 

他の原因として指摘されるのは、男性のペニスサイズの問題です。日本人は比較的ペニスサイズが小さく、最大まで勃起しても女性が受け入れられない程、大きく太くなる事はありません。

ただ個人差があるのも事実です。ペニスサイズが欧米の男性並の方々がいらっしゃいます。膣のサイズも個人差が見られ、女子側の膣が平均よりも小さく男性側のペニスが規格外の大きさと太さの場合、たとえ体液が愛撫によって十分に行き渡っていたとしても、物理的に厳しいため性交痛が起きます。

性的感度を向上させるラブグラで性交痛を改善

ラブグララブグラはジェネリック医薬品で、主成分はバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルで女性用バイアグラと呼ばれております。セックスにおける不感症・性交痛・絶頂不全などの症状に悩んでいる多くの女性が愛用しています。ラブグラの特徴は女性の神経は血流が上昇するほど感度が上がり、血流が上昇すると、男性以上に感度が上がるので、感度を上げセックスライフを堪能できる最高の治療薬です。ラブグラ

性交痛の症状の原因を知る

悩み行為の最中に痛みを感じる性交痛の症状にはさまざまな原因があるといわれています。
一般的にあげられるのが、行為をしているその体位に無理がある場合、または心理的な問題でその痛みが引き起こされていることや、膣のうるおい不足があげられます。
このような痛みの症状の原因以外に、その痛みが病気が原因で引き起こされている可能性がある場合もあるので十分な理解が必要となってきます。
子宮内膜症は内側にしか存在していないはずの子宮内膜に類似した組織が、子宮の場所以外できてしまう病気として知られています。
もちろん子宮内膜症の場合でも月経周期にあわせてともに増殖と剥離をくり返します。
しかしこの場合問題なのは出口がないということです。
増殖と剥離を繰り返してもこの出口がないのでお腹の中に溜まる一方で、その結果症状として炎症やつらい痛み、癒着が引き起こされてしまいます。
もっとも多い症状の痛みは月経が訪れるたびに強くなるひどい月経痛となります。
しかし同時によくみられるのが、月経の量自体が増加し期間が長引いてしまう性交痛でもあるのです。
まずは基本的な痛みの症状を引き起こされるとするケースを見直し、まず体位など見直すことからチェックしてください。

性交痛が改善しない方は婦人科お受診を

クリニックそれで痛みが改善されるようなら良いですが、そうでない場合は病院で診察し、検査することをおすすめします。
できるだけ早めに婦人科に行くことが最適です。
婦人科ではさまざまな診察と検査を十分に行ってくれます。
問診や内診はもちろんのこと超音波検査で骨盤内の病変の有無をしっかりとチェックすることが可能です。
またもし膣内に炎症の可能性があるとされる場合には、おりものの中を十分に確認する検査もできます。
性病の検査や、細菌を調べてくれる検査もあり、あらゆることをしっかりと調べることができ、体の不調のサインを見つけることが叶います。
一人で悩みを抱え込むことはとても辛いことです。
気になっている性交痛の症状の原因をまずは探ることが役立ちます。

性交痛の症例から知る原因

性交痛は、性交する際に生じる痛みのことです。挿入する際に膣入り口が痛むケースと、奥の痛みの2種類に分けることができますが、症例の中でも特に多いのが成功を始める前や最中に膣が乾燥するために痛むというケースです。
そもそも、女性の膣が濡れるのは性的な興奮が高まることで毛細血管が拡張するためです。分泌が不十分なまま挿入すると乾燥による痛みを生じてしまいます。ストレスや緊張と言った精神的な側面はもちろん、出産や更年期と言ったホルモンバランスの変化によっても分泌量は減ります。動脈硬化などで血管が硬くなると血管壁が開かず、濡れにくいという身体的な原因によるものもあります。

性交痛は性病の可能性もある

ベッド1度性交痛を感じてしまうと、次も痛みが出てしまうのではないかといった不安がストレスとなり、余計に濡れにくくなるケースも少なくありません。そうすると精神的なストレスからうるおい不足になり、さらに痛みを感じてしまうという悪循環に入ってしまう人が多いです。パートナーとの対話が非常に大切になるケースです。
性交痛は年齢を重ねるほどに増えると思われていますが、実は年齢は関係ありません。女性なら誰しも性交痛になる可能性はあります。奥の方が痛いという場合では、子宮内膜症や子宮筋腫といった骨盤内の腫瘍が疑われます。クラミジア感染症やカンジダ膣炎といった炎症が起きている可能性も考えられるので、いつもと異なる痛みが続くようであれば婦人科を受診しましょう。
性交痛は恥ずかしいと思い込み、一人で我慢してしまう女性が少なくありません。一時的なものであれば我慢すればそのうち痛みはなくなりますが、腫瘍などの病気や精神的なものであれば痛みが自然と軽減することはありません。潤滑剤の使用によって改善するケースも多いので、婦人科などを受診してみることが大切です。婦人科系の病気の場合は、早期発見することで早期治療につながります。性交痛だと軽く考えずに、自分の体を大切にしましょう。

気になる性交痛の改善方法

性交痛の多くの原因は挿入時における膣内のうるおい不足と言われていまして、ここの部分を改善させる必要があります。
そのためには女性器が濡れるメカニズムを理解する必要がありまして、一般的には性的な興奮が高まり下半身に血液が流れ込んだことによって毛細血管が拡張して血管壁を押し開いて、そこから潤滑液が流れるといった仕組みです。
個人差によって潤滑液が分泌される量や時間が変わります。

また人によっては性的興奮が高まったとしても濡れないことがあるのですが、それらにも原因があり、原因を解決することで性交痛の改善させることができます。

性交痛の原因はストレスも

悩みその性交痛の改善方法になりますが、主な原因としてあるのがストレスや緊張、前戯が足りていなかったり、ホルモンバランスの影響が考えられいまして、これらを解決してあげると良いでしょう。

ホルモンバランスの影響はとても大きく、ストレスを受けるとバランスは崩れてしまいがちになり、うるおい不足になります。
それに出産や更年期といった時期になりますと通常のホルモンバランスとは異なりますし、精神的にも不安定にもなり、筋肉もこわばったり、細胞が衰えることで粘膜や皮膚も薄くなります。

その他の原因で考えられるのは動脈硬化が進んでいると血管壁が固くなり、濡れるのが難しくなることもありますし、精神的な不安やトラブルにより難しいケースもあるでしょう。

潤滑ゼリーで性交痛を改善

これらそのものの原因を解決するのが性交痛の改善方法として正しいですが、どうしても難しい場合は潤滑ゼリーを使用するのが良いかもしれません。
ホルモン補充療法や漢方療法といった方法で改善させることもできますが、うるおい不足を解消する方法として早いのが潤滑ゼリーです。

婦人科特有の病気が原因である場合は、それらの治療をするのが正しいですから病院で受診する必要があります。

何よりも一人で悩んでいると精神的な不安が大きくなり、さらにマイナス方向に進みますのでパートナーと相談して解決していくと良いでしょう。

性交痛の治療薬について

服用方法女性がセックスをするときに痛みを感じてしまうことがあります。このことを性交痛といいます。
性交痛に悩む女性にとってセックスは喜びを感じるものではなく、つらい行為でしかなくなります。
そのため求められても、拒んでしまうことによりパートナーとの関係が悪化してしまうといった例もすくなくありません。セックスは男女が愛情表現を現す上でとても大切なものですが、そこに痛みを伴ってしまうことで行為自体に抵抗を感じてしまうことになります。
性交痛になる原因にはいろいろあります。まずはエストロゲンというホルモンの分泌が減っている可能性があるということです。
このホルモンの分泌が減っていることで膣が委縮してしまったり、膣粘膜が薄くなることで性交時に痛みを感じる原因になります。

性交痛は子宮内膜症の可能性も

診察また、子宮内膜症や膣内の炎症や腫瘍があるという場合にも痛みを感じてしまうケースがあります。
痛みがあったとしても、人にはいえず自分だけで抱えてしまう人が多いですが、まずは産婦人科にかかることが必要です。子宮内膜症なのか感染症にかかっていないか、さらに腫瘍があるかないかは、産婦人科で内診をうけるしか見つける方法はありませんから、まずは診察をうけることが必要があります。
そのうえで治療薬を処方してもらう必要があります。
ピルや黄体ホルモン剤などの服用によって子宮内膜症が改善できることもあります。
またホルモン剤を処方されることによって痛みが改善されることもあります。
さらには、精神的なものから痛みを感じる場合もあります。たとえば妊娠に対する恐怖や性交渉に対する恐怖や、一度痛い経験をしたことで、余計に恐怖を感じる人もいます。
体にとくに問題がないという場合は、パートナーと自分が感じていることについて話をすることで、痛みが改善できることもあります。さらには水生のローションを潤滑剤として使用してみると、痛みが軽減することも多いです。
女性に体はとてもデリケートですから性交渉に対して恐怖心を植え付けないことが大切です。

性交痛は生活習慣の改善をするのも一つの方法

性交痛は膣内の粘膜が弱り、分泌物の減少で性交時に痛みを伴うことや状況によっては出血を引き起こすこともあります。女性の悩みの一つではありますが、さまざまな原因からその症状が引き起こされるため改善をしていくことが大切です。
原因としては加齢によるもの、病気などの症状が引き起こされるものなどもありますが、生活習慣の乱れ、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れなどが原因になることもあります。病気の場合には医療機関に頼ることが大切ですが、生活習慣の乱れ、ストレスによって引き起こされるものは自身でもある程度改善するための対策ができます。

栄養バランスのとれた食生活で改善

食事生活状況をチェックして規則正しい生活や栄養バランスのとれた食生活ができているか改めて自身の行動を振り返ってみるといいでしょう。また、運動不足なども体の健康を損なう原因にもなるため適度な運動をする習慣などに関してもチェックしてみることは大切です。睡眠をきちんととれる生活状況、外食をある程度控え自炊するなどきちんとした食生活を送ることはとても重要です。仕事が忙しい場合には外食中心の生活になりがちで、栄養バランスのとれた食事をすることが難しい傾向にありますが、少しでもその状況を改善するために行動してみましょう。
また、精神面においても過度なストレスは体にとって悪影響を与えます。仕事や私生活においてのストレス、性交痛の場合には、パートナーに対してなんらかのストレスを抱いている可能性も少なくありません。原因を自身で把握して改善できる状況かどうか、ストレスを解消していくために適度な気分転換をしてみることも大切です。ストレスが長引いてしまうと精神的な病にもかかりやすくなる傾向があるため、信頼できる友人や知人に相談してみるというのも有効な手段です。
さまざまな方法で性交痛につながる原因を探っていくことや、対策をとりましょう。悩み続けるよりも自身で行動していくことが大切です。

性交痛みの治療法について

改善女性は更年期を迎える40代後半から50代にかけて、性交痛が起こる女性も多いです。夫婦間の仲やコミュニケーションの必要性からも悩んでいる女性も多くいます。原因は、女性ホルモンの減少に伴い膣の中が乾燥しておりものが少なくなるためです。更年期の症状にはさまざまな体調不良がありますが、性交痛は代表的な更年期障害の症状のひとつです。痛みを感じて不安に思う人も多く、中には子宮の病気や子宮筋腫、内膜症など病気が原因で起こることもあるので、異常を感じたら婦人科で早めに診てもらうことも大切です。治療法としては、更年期の症状を緩和させることで痛みが改善されることもあります。ストレスが多い人は性交痛を強く感じる人も多く、日ごろからストレスの発散を心がけることが大切です。

女性ホルモンを活性化させる治療法も効果的

錠剤女性の更年期を緩和できるものは、個人差もありそれぞれ人に合ったものを試してみることが大切です。最近では、婦人科で膣の中にレーザーを当てて膣を柔らかくさせて、女性ホルモンを活性化させる治療法も注目されています。保険が適用外となっているので、詳しくは婦人科に問い合わせてみると良いでしょう。更年期の症状を緩和させることで、性交痛の症状が軽くなることもあるので、漢方薬やサプリメントも効果的です。サプリメントでは高麗ニンジンが特に効果が期待できます。高麗ニンジンに含まれるサポニンは、自律神経を整える働きがあり血行促進にも効果があります。イライラや冷えの改善にもつながるので、痛みの症状が気になる人は自分に合ったサプリメントを試してみると良いでしょう。レーザー治療に興味がある人は婦人科に問い合わせてみると良いです。漢方薬で血行の促進につながるものを選ぶと症状も緩和させることができます。治療法としては、さまざまなものがあるので市販のクリームを使ってみたりするのも良いです。悩みがある人は一人で抱え込まずに専門医や夫婦間で相談することが大切です。治療法について調べてみるのもポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。