プロペシアのAGA治療薬としての効果と副作用とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プロペシア

プロペシアとは、その作用について

プロペシアとは、経口タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。もともとは前立腺肥大や前立腺ガンへの治療薬として使われていたものに毛髪の成長促進効果があるとわかりAGA治療薬として販売されるようになりました。

プロペシアは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制する効果をもちます。AGAの主な要因となっているのは、「成長期、退行期、休止期」という髪が生まれ変わるサイクル中の成長期が、DHTによって阻害されることが原因となっています。正常であれば3年以上ある毛髪の成長期が、DHTの影響で半年ほどまで短くなってしまうのです。プロペシアを服用することでDHTを抑制、正常な毛髪サイクルを取り戻すことができます。

プロペシアの服用する時間に指定はないため、自由なタイミングでの使用が可能です。その効果を実感するまでには、約6カ月かかるため、忍耐強く飲み続けることが大切な薬となっています。

プロペシアの利用方法や購入方法

プロペシア男性の多くは年齢と共に薄毛になってしまうことが目立ちます。ストレスなどが起因している人も多いものですが、殆どの方がAGAに分類される脱毛症と判断されることが多い傾向にあります。治療するには専門医に任せることが必要で、一般的にはプロペシアという薬を服用することにより、次第に髪の毛を増やすことができます。利用に関しては1日1回の服用だけなので負担を感じることがありません。購入方法ではAGA治療を行っている病院にて処方されていますが、現在ではこの方法以外でもネット通販を利用するとジェネリック医薬品を購入できます。プロペシアとは海外で製造販売された実に効果的な発毛剤として世界約60か国で利用されています。国内では薄いピンク色で円形の薬として知られており、効果については髪の毛の成長を阻害するものを邪魔する効果を持っていて、実際にプロペシアを利用されている方の90%程度の方が発毛効果を実感しています。身体に負担なく髪の毛を生やすことができ、尚且つ3年程度の継続利用で髪の毛が定着する場合も多いので、AGAに悩まされている人にとって効果的な薬です。

プロペシアの初期脱毛とは

AGA治療で服用するプロペシアには初期脱毛と呼ばれる症状が発生することがあります。薄毛の治療をしているのに抜け毛が増えてしまったら心配になってしまうという人もいるでしょう。しかし、このような症状は悪いものではありませんし、良いことだと言われています。プロペシアの初期脱毛とは薬が効き始めた証拠と考えることもできます。初期脱毛で抜け落ちる髪の毛はヘアサイクルの乱れてしまった髪の毛のみであり、次に新しい健康な髪の毛が生えてくるための準備期間とされています。AGAが発症して薄毛が起こっている場合、その部分はヘアサイクルが乱れている状態です。ヘアサイクルが乱れると成長期が大幅に短縮されてしまいます。髪の毛は細く小さくなってしまいますし、きちんと成長することができなくなってしまうのです。プロペシアを服用すると有効成分が毛母細胞にきちんと働きかけてくれますし、毛母細胞が活性化することで休止期に入っていた毛が通常よりも早く成長期になります。そのためもともと生えていた古い髪の毛が新しい毛に押し出されることで抜けるという仕組みです。

プロペシアで根本的な解決に向けた効果

クリニックプロペシアには髪が抜けてしまう事を予防しながら頭髪を強くさせられるという効果があり、継続的に使用する事によって頭部に毛量が増えたと感じる患者が大変多いです。
実際に、研究機関にて行われた臨床試験でもプロペシアを服用した方が発毛したという結果が得られているので、治療が困難な薄毛という問題に対し服用し続ける事により、薄毛や抜け毛が改善させられる効果的な治療法の一つです。
そもそも、男性が薄毛に陥ってしまうのは本来であれば成長期と退行期、休止期というヘアサイクルが安定的に繰り返されなければならないのにも関わらず、成長期と休止期が極端に長く物理的に髪の毛が生まれなくなってしまっているためです。
そうした問題を引き起こしている要因はDHTという物質であり、男性ホルモン感受性毛包と毛乳頭細胞が結びつく事により増殖抑制因子が誘導され、毛母細胞が正しく分裂しなくなる事です。
そこで、プロペシアを服用すればDHTが生み出されなくなるので、根本的な解決ができる効果が得られます。

プロペシアの価格はいくらなのか

価格プロペシアは薬ですが、薬に関する価格設定は開発したメーカーが決めて良いことになっています。そして、プロペシアが用いられるAGA治療は保険適応がない自由診療なので開発したメーカーの言い値で販売されています。

もちろん開発メーカもビジネスとして運営をしているので利益が出る価格設定にすることは当然です。なので、開発までにかかった臨床試験などの費用をすべて回収して尚且つ利益が出る価格設定にしています。

プロペシアが発売されてすぐは1万円を超える高値が付いていましたが、これは決して安くない価格ではあるものの医学的見解に基づいたものなので安く提供されなくても不思議ではありません。

その後は価格の見直しがされて徐々に低下傾向にあるが、それでも自由診療なのでそれぞれのクリニックによって異なります。安いところは4,200円程度のクリニックもあるし、中には9,000円と発売当初と変わらない値段で販売しているクリニックもあります。

気になるプロペシアの副作用

副作用プロペシアを利用するに当たって気になるのが副作用です。
これから長く利用するためにも、プロペシアにどんな副作用があるか知っておく必要があります。

プロペシアの最大の副作用となるのが肝機能障害です。
肝機能障害と聞くと怖い、使いたくないと考えるかもしれませんが副作用として発生する確率は数%しかありません。

肝機能障害は、初めのうちは何も感じずに、徐々に疲れやすくなり突然症状が発生するようなところが怖いです。
誰にでも起こる症状ではありませんが、自分の体質に合わないと感じたら、すぐに医師に相談した方が良いですし、長く服用していく薬だからこそ自分に合うものを探さなければなりません。

またプロペシアは男性ホルモンを抑える薬なので、その影響を受ける可能性があります。
例えば、体つきが女性に近づいたり、性欲減退したりすることもありますが、全員に起こる訳ではありません。
その他には過敏症になってアレルギーが出やすくなったり、身体がだるく感じられたりすることもあります。

プロペシアの成分について

成分プロペシアの成分は、フィナステリドと呼ばれます。人間の体内には、男性ホルモンの仲間である物質をDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる成分に換える働きを持つ酵素が存在するのですが、フィナステリドにはこのDHTの生成を抑止する効果がみられることがわかっています。そのため、毛髪の成長を本来の状態に戻すことが可能です。
AGAの原因となる部分を根本的に解決してくれるため、髪の悩みに困っている人にとって助けになっています。臨床実験においても高い確率で効果が見られることが分かっており、安全性に関しても確立していることが大きなメリットです。
注意点に関してですが、薬の効果などについては個人差があることを把握しておけば良いでしょう。もともとはフィナステリドは前立腺肥大の治療薬で利用された実績をもっており、成分を研究するときに育毛にも良い作用を与えることが分かるようになってから世界中で知名度が広まってきています。

プロペシアの使用方法について

薬プロペシアは飲むだけで簡単にAGAの治療ができる薬です。この薬の効果をきちんと実感したいという場合、正しい使用方法を守るようにしましょう。間違った方法で使用すると効果が出にくくなってしまうこともありますし、副作用のリスクも高まってしまうので注意が必要です。AGA治療薬であるプロペシアは世界で広く使用されています。この薬は薬局やドラッグストアなどでは販売されていないため、入手するためにはドクターによる処方箋が必要となります。1日1回の服用が原則となっていますが、継続して服用するということも大きなポイントです。早い人なら3ヶ月程度で効果が出ることもありますが、最低でも6ヶ月程度は継続して服用するのがおすすめです。しかし、体質は人によって違っていますし、中にはこの薬が体に合わないこともあるかもしれません。服用して体に異変が起こった場合は服用を中止し、ドクターに相談しましょう。プロペシアは食事の影響を受けにくいことも特徴です。

プロペシアと育毛剤との比較で違い

育毛剤プロペシアは男性型脱毛症の治療薬で、脱毛酵素の5αリダクターゼを阻害することで薄毛の進行を抑制します。原因そのものに作用するのが特徴で、血行促進が目的である育毛剤との比較ではまったく異なる効果が得られます。育毛剤の多くは頭皮の血行促進、または栄養供給を目的としており、男性ホルモンや5αリダクターゼには作用しません。不規則な生活による薄毛には効果的ですが、男性特有のAGAを改善するためには十分ではないのです。

プロペシアはノコギリヤシから抽出された成分を使用しており、男性ホルモンの髪への影響を最小限に抑えることが可能です。AGAは進行性の薄毛のため、放置しておくとあっという間に薄くなってきます。現在においてもAGAを完治させる方法は見つかっていませんが、早期対策で予防することはできます。薄毛に気づいたタイミングで対策をすれば、フサフサを維持することが可能です。プロペシアはすでにある程度進行しているAGAにも効果的で、ミノキシジルと併用するのが一般的です。

プロペシアと他のAGA治療薬との比較

ジェネリック医薬品プロペシアは、他のAGA治療薬との比較でその効果の高さがわかります。元々、AGAに対する専門的な治療薬はそれほど多くはありません。2018年現在で確認されているAGA専用の治療薬は3つしか存在せず、そのうちのどれを利用して症状を改善していくのかは患者の頭皮の状態によって決まります。特に、比較として大切なのが頭皮に対して直接的に利用するミノキシジルとの比較です。プロペシアは市販で入手できる育毛剤や発毛剤と異なって、文字通り錠剤の薬となっています。口の中に入れて体内に吸収するタイプのものであるため、患者によっては薬の成分が合わないことも十分に考えられます。しかし、実際に服用するとAGAの原因物質であるDHTの生成を抑えてくれますので、長期的に服用し続けると非常に高い確率で症状を緩和できます。ミノキシジルの場合は、血管の活性化作用があるだけでホルモンバランスを劇的に改善するわけではありません。ですから、プロペシアは非常に高い効果を持っていることがわかります。

プロペシアのジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品近年AGA治療薬として注目されるようになったプロペシアとは、有効成分「フィナステリド」が配合されたAGA治療薬を指します。AGAに対して行う根本的な治療の目的は、抜け毛を減らして発毛力を高める事にあります。プロペシアに含まれている「フィナステリド」は、抜け毛を抑える効果が期待できるのです。
プロペシアは医薬部外品では無く、国に認可された薬として処方されるために効果も既に実証されています。AGA治療で服用する場合には風邪薬などの頓服とは違って、定期的に服用し続ける事が大切になるために、少しでも低価格の薬を利用したいと考える人は少なく無いのです。
その点からもプロペシアのジェネリック医薬品は高い注目を集めています。ジェネリック医薬品とはオリジナルの薬を開発したメーカーの特許が切れたために、後続メーカーが同じ成分で作った薬のことを指します。特許が切れたことによって、別のメーカーが後追いで同じ成分で薬を作り、販売できるようになるのです。即ちプロペシアのジェネリック医薬品も成分は基本的に同じ為に、同じ効果を期待できながら安い価格で手に入れられる魅力があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。