レビトラとの併用禁忌薬は?間違った服用方法に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
医者

レビトラが処方薬に設定されている併用禁忌薬

レビトラが医師の処方薬に設定されている理由は併用禁忌薬が存在するためです。硝酸剤や抗ウイルス薬、内服タイプの抗真菌薬などは併用できません。現在服用中の薬がある方は、医師に伝えておくのが好ましいでしょう。医療機関で処方されている薬だけでなく、民間薬についても伝えておくと安心できます。ほかの薬との組み合わせは自分では判断できないこともあり、重大なトラブルを招かないまでも相性が悪いものも存在します。

個人輸入でレビトラを取り寄せる場合は、自身が服用して問題ないか知っておく必要があるのです。医療機関でED治療を一度も受けたことがない方だと、自己判断でほかの薬との組み合わせを知ることはできません。飲んではいけない人が注文してしまう可能性があるので、個人輸入を利用される方はレビトラの服用経験がある方だけにしましょう。販売サイトに質問をしても回答は得られないので、ここは注意する必要があります。ED治療薬

 

 

ED治療薬レビトラの効果と併用禁忌薬

ED治療薬の中で日本でも人気が高いのがレビトラです。レビトラはドイツの製薬会社から発売されたED治療薬で、日本で許可されたのは2004年になります。EDとは勃起不全のことで、日本では若い世代でも勃起不全に悩む患者が増えています。レビトラの成分は、陰茎の海綿体の緊張をゆるめて血液の流れをスムーズにします。
陰茎の血液の流れがスムーズになることで十分な勃起へと導いていきます。
勃起不全には心の問題が原因となる心因性の勃起不全とケガや生活習慣病などが原因となる器質性の勃起不全があります。

レビトラは心因性と器質性の両方に有効

頭痛陰茎の勃起を抑えるPDE5という酵素を阻害するため、PED5阻害薬とも呼ばれます。
現在まで日本や外国で様々な臨床試験が行われてきましたが、7割以上で有効と判断されています。日本で2番目に販売されたED治療薬であり、様々なメリットがあります。
薬を服用してから効果が出てくるまでの時間が短く、長く服用した場合でも安定した効果が期待できます。
ED治療薬には効果と併用禁忌薬がありますが、レビトラも同様です。
心臓病を患っている人や性行為を医師に危険だと判断されている人は使用を避けます。
コントロールが上手くできない高血圧の人も使えないことがあります。

心不全や狭心症の治硝酸薬との併用は禁止

心臓病併用した場合、急に血圧が下がることがあります。硝酸薬には服用するタイプに加えてスプレータイプや貼るタイプなどがありますが、どれも併用しないようにします。
抗真菌薬や一部の抗ウイルス薬も禁止されているので、医師の指導を守って治療薬を使うことが大事です。
使用方法は約1時間前に服用します。使用回数は1日1回で、服用する間隔は24時間あけるようにします。
薬を服用してから1時間前後が最も効果が高くなります。勃起が4時間以上継続する場合は、医師に相談した方が安心です。人によっては薬を服用してから物の色が異常に見えたり視野がかすむことがあるので注意が必要です。
まれにめまいを起こす人もいます。
EDの治療薬を処方してもらうには医師の診察が必要になります。保険の適用はないので事前に薬代について把握しておいた方が安心です。副作用で比較的多いのは頭痛ですが、この症状は血管を拡張する作用によるものであり数時間もすれば治るケースが多いです。
重い副作用はめったにないものの、持続勃起症を発症する人もいます。

ED治療薬には副作用がある

医者ED治療薬には副作用がありますが、それ以上にリスクが大きいのが飲み合わせです。重大トラブルが発生してしまう方は、正しくない飲み方をしていることが多いです。併用してはいけない薬と一緒に飲んでしまうと、血圧や心臓に影響を及ぼす可能性があります。健康診断数値が問題ない方は処方を受けられる可能性が高いですが、ほかの薬との組み合わせのほかに持病が関係してくることもあるので、個人輸入を利用する前に医療機関で診断を受けておくのが好ましいです。

どのような薬にも相性があるため、最初は医療機関で処方を受けるのがベストです。その人にマッチした薬を処方してくれるので、安心して服用することができます。レビトラは優れた即効性があるので、性行為のタイミングに合わせやすいメリットがあります。ただしすべての方がレビトラの処方を受けるわけではなく、他の薬を勧められることもあるので、その場合は医師に従ってください。EDの症状によって適した薬は変わってきます。

薬局・病院で通販可能かレビトラを深く知る

通販その高い即効性と持続性でバイアグラを上回る働きがあるとして人気の高いED治療薬レビトラは、次のようなタイプがあります。それが正規品とジェネリックタイプです。薬局や病院では正規品を購入することが可能ですが、通販で可能なのはジェネリックタイプといえます。
ジェネリック商品でもレビトラと同じ効果が期待でき、格安で手に入れることができるのが特徴です。
レビトラは薬局・病院で通販可能かどうか気になっていた方は参考にできます。
2004年に日本で認可を受けたバイアグラの後に誕生したED治療薬レビトラの知名度はバイアグラほどではありません。しかしこの商品の最大の魅力はなんといってもその人気で知名度の高いバイアグラの欠点を補ったED治療薬という点にあります。

勃起力を高める効果のバルデナフィルが特徴

成分近年ではその素晴らしく満足いく働きを得たい男性の多くが通販サイトで購入しているのも事実です。
即効性をもたらしてくれる理由は成分であるバルデナフィルの水に溶けやすい性質にあります。
ですから服用したらその効果が現れてくれるまでの時間が約20分から個人差も考慮し1時間ほどの間とたいへん短いのがポイントです。別名として即効性のあるED治療薬と言われるのも頷けます。嬉しいのは食事の影響も受けにくいとされていることにもあります。ここで押さえておきたいのが、その即効性を最大限に引き出す重要な点についてです。できるだけ空腹時がおすすめです。

食事の影響を受けにくいED治療薬です

食事食事をすること自体問題はありません。しかし空腹時がさらにパワーアップし、満足度が高いと言えます。
仮に食事をする場合も腹八分目で控えておくのがよいです。ピッタリなメニューは、油物タイプよりもあっさりタイプです。性的興奮作用の働きや性欲増強作用などの催淫効果はありませんので、誤解しないでください。このED治療薬は性的な刺激を受ける事により勃起が起こり易くします。アルコールなどのお酒の飲みすぎも注意してください。大量のお酒を服用すると満足いく働きを期待できない可能性がありますので十分にその点を理解する必要があります。
正しい飲み方を念頭に置き、薬局・病院で通販可能かが大丈夫なレビトラをぜひ一度試してみてください。
試す価値がある素晴らしい働きが、これまで望んでいた満足いく体験へといざなってくれること間違いなしです。

レビトラの個人輸入代行とは

スマホED治療薬と聞いて一番最初に思いつくのはバイアグラという人も多いのではないでしょうか。バイアグラよりも即効性があり、持続性が高いといわれているのがレビトラです。何故ならレビトラは、水に溶けやすいという特徴があるからです。持続力は10時間程です。なので性行為の途中で効果がなくなってしまうという心配もありません。レビトラは空腹時に飲むと数十分で効果が出ます。即効性があるのも魅力の一つです。食べ物を食べてしまうと、食べた物の影響が出てしまう事もあります。なのでなるべく空腹時に飲むことがお勧めです。何か食べる時は、軽めの食事にしておきましょう。レビトラはこの様に即効性があり効果が高いですが、副作用の心配もあります。重症化の心配は殆どありませんが、頭痛や鼻詰まりなどの症状が起きることがあります。なので繰り返し使用する事は避けなければなりません。気を付けなければならないのいは、グレープフルーツと一緒に服用しないという事です。グレープフルーツジュースも避けましょう。グレープフルーツにはフラノクマリン酸が入っています。これは薬の吸収を高めてしまいます。副作用が強く出てしまうことがあるので注意が必要です。

肝機能障害や心臓病の人は使用不可

医者日本でこの薬を手に入れたい場合は、病院に行って医師の診察を受けなければなりません。医師に処方して貰って初めて手に入れる事が出来るのです。この薬は肝機能障害や心臓病の人は使う事が出来ないので、誰もが処方して貰える薬ではありません。また保険がきかないので全額負担になってしまいます。病院には、中々時間がなくて行くことが出来ないという人もいるかもしれません。その様な人は、通販で海外から取り寄せる事も出来ます。しかし自分で海外の通販サイトから購入するのは大変です。その様な人は個人輸入代行を使うと便利です。個人輸入代行とは、海外の商品を取り寄せる場合に仲介してくれる所です。大手で有名な個人輸入代行業者を利用すれば、安全に薬を取り寄せる事が出来ます。海外からの取り寄せと聞くとハードルが高いと感じてしまう人もいるでしょう。しかし使い方はとても簡単なので初心者の人でも安心です。日本の通販サイトと使い方は同じですので、英語が分からなくても問題ありません。送料も無料の事が殆どです。ぜひ使ってみたいという人は、是非個人輸入代行業者を利用してみても良いでしょう。

レビトラの購入の個人輸入代行のメリット

非常に優れた即効性をもち、人気ED治療薬となっている「レビトラ」。バイアグラの上位互換ともいわれ、服用後は数十分で効果が現れるうえ、効き目も強いとその愛飲者も非常に多くなっています。ただし良い点ばかりではありません。持続時間が「約6時間」という短さから服用回数も増え、薬代が多く掛かるという問題点もあります。また国内においてレビトラは処方箋が必要となる医薬品にカテゴライズされているため、購入には病院・クリニックを受診の必要であり、ただでさえ高価な薬代に診察料や交通費もかかると費用の問題は常に頭を悩ます存在となっています。こうした悩みをお持ちの方にお勧めしたいのが個人輸入の利用です。

病院に行く必要がないので交通費等の付帯費用なし

男性個人輸入とは海外の通販サイト等から直接レビトラなどの治療薬を購入する方法です。個人輸入には数多くのメリットがありますが、その代表的なものが薬を安く購入することができる点です。国内で販売される薬とは違い、途中に介入する業者がないためマージンなどが掛からず、また病院に行く必要もないため交通費等の付帯費用ないため、薬代を非常に安く抑えることが可能です。また医師にデリケートな問題を相談するという精神的な負担もないことも大きなメリットといえます。

個人輸入は違法な行為ではありません。使用制限はありますが、その範囲であれば適法であるため過度の心配は不要です。自己使用の目的の範囲であれば適法ですので、誰かに販売したり、譲渡することさえ避ければ有効に利用していくことができます。

国内の輸入代行業者がお勧め

具体的な個人輸入の方法としては、自身で直接海外のサイトから購入する方法と、国内の個人輸入代行サイトを利用する方法とがありますが、後者がおすすめです。というのも自ら海外のサイトと取引する場合には、現地語でのやり取りが必要となるため非常に煩雑となることが多いためです。他方、個人輸入代行のメリットとしてそうした難しい手続きはすべて代行業者側で行ってもらえるため、一般的な大手通販サイトを利用するのと変わらない簡単な操作で個人輸入を行うことが出来ます。

ただし注意したいのが個人輸入代行業者の中には偽造品と呼ばれる、正規品と異なる成分を含んだ商品を取り扱っている業者が一部存在する点です。こうした業者は「販売実績がない」「他業者に比べ極端に価格が安い」という面を見ることで容易に避けることができますので、是非こうした点に注意して個人輸入を有効に活用していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。