レビトラの特徴は作用時間の長さと即効性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レビトラは作用時間の長さと即効性が特徴

バイアグラに続くED治療薬として登場したレビトラは、作用時間の長さと即効性が特徴です。バイアグラの場合、1回の持続時間は約5時間から6時間ですが、レビトラは10mgの錠剤でもバイアグラと同じ5、6時間持続し、20mgの錠剤では約8時間から9時間となっています。
このため日曜日や祝祭日など、丸1日ゆっくりできる日に効果を持続させたいケースでも、1錠で十分に足りる計算です。翌朝から仕事や用事がある場合は、夜に飲む際には10mg、昼間なら20mgなど使い分けることができます。
あまり持続時間が長すぎると、連休中などまとまった休暇が取れる時に限定されてしまいますから、8時間から9時間という作用時間の長さは、日常生活の中で利用するには最適です。
作用時間の長さだけでなく、即効性もレビトラの特徴の一つとなっています。ED治療薬

 

 

バイアグラは服用後効果が現れるまで40分

バイアグラは服用後効果が現れるまで40分から50分は必要とされ、食後の服用であれば効果が現れるまで更に長い時間を必要とします。一方レビトラは服用後早ければ10分程度、遅くても20分から30分程で効果が現れますから、直前に気づいたり急に必要になった時でも安心です。例えば急に恋人が訪問した時でも、前戯の時間を考慮すれば行為前の服用で十分間に合います。
他のED治療薬は逆算して計画的に服用する必要がありましたが、レビトラは時間を逆算して飲む時間を割り出す必要が無く、健康に注意さえすれば常備薬と同じような感覚で服用できるため、より自然な行為に限りなく近づいた薬剤と言えます。
効果としてはバイアグラと同様服用時の一時的なもので、恒久的な治療にはなりませんから、あくまでも性生活の質を高めるための処方となり、EDに関しては別途根本的な原因を突き止め、治療により改善することも大切です。
ジェネリック品はまだ販売されていませんが、特許が切れる2020年にはジェネリック品が登場し安く入手できる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。