圧倒的に安い!レビトラジェネリック医薬品の効果と安全性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ジェネリックED治療薬

レビトラジェネリック医薬品とは

レビトラはバイアグラについで日本で2番めに認可されたED治療薬です。これまで悩みの種だった食事の影響を受けにくいため、こちらを選ぶ人も少なくありません。ただ値段は1錠1500円程度と比較的高価なことも事実です。それだけにジェネリック医薬品を希望する声が多いのも当然と言えます。
しかしながら日本国内においてレビトラのジェネリック医薬品は認められていません。これはレビトラに関する特許が未だ失効していないからです。完全に条件を満たすには2020年以降になることも考えられ、ジェネリック医薬品の発売にはまだ時間がかかります。これはアメリカなど世界中の国においても同様です。ED治療薬

 

 

ネットで販売されてるジェネリックの安全性

医者ではインターネットで販売を謳っているレビトラのジェネリック医薬品とは、どのようなものなのでしょうか。実はインドのみは特許制度の違いや発展途上国ということもあり一部例外が黙認されています。それを利用したレビトラをはじめとするジェネリック医薬品を称する製品は後を絶ちません。幾分ネガティブな物言いをしてるのは、必ずしも安全性が証明されているものではないからです。そもそもこうしたアイテムは製法を変えることで特許を回避している側面があります。つまり普通の薬剤と同じ効果や副作用の有無に関して、強い不安感があると言わざるをえません。実際にED治療を専門とするクリニックでは度々注意喚起がなされています。
本来レビトラは処方箋がなければ購入すること自体ができません。それだけ人体への影響が懸念されるからですが、個人で購入してしまうと一切が自己責任となります。ジェネリック医薬品を買い求める際には事前に医師と相談することが大切です。男性機能の改善には血流改善や神経伝達の他にも、様々な身体的要素が絡んできます。余程の確信とエビデンスの裏付けがない限り医師の判断に任せるべきです。レビトラのジェネリック医薬品の特徴と背景をよく把握しながら、賢明な対応を行っていきましょう。ED治療薬

 

レビトラの先発医薬品とジェネリック医薬品と価格を比較

価格日本人にとって代表的なED治療薬にはバイアグラがあると言えますが、即効性ではレビトラのほうが上です。レビトラは飲み始めてから15~20分ほどで効果が現れる点が特徴のED治療薬で、性行為の直前に飲みたい人向けの治療薬と言えます。レビトラの入手方法には主に2種類あって、病院で処方を受ける方法と、通販で購入する方法です。レビトラは厚生労働省の認可を受けているED治療薬ですので、病院で処方を受けて購入できます。病院で購入したときには、1錠につき平均として1500~2000円ほどの費用がかかります。また、錠剤の価格だけではなく、診察料や病院に行くための交通費なども必要になりますので、1か月に4錠飲むと考えると1万円ほどの出費を予定しておくべきでしょう。通販で購入するときには、病院まで行く必要が無くなりますので、交通費などがかかる心配はありません。通販を利用したときでも病院の処方とそれほど販売価格に違いがありませんので、1錠あたり1500~2000円近い費用は必要です。

レビトラジェネリックの価格は10分の1

喜び一方、海外ではジェネリックも製造されていて、効き目や工法、含まれている有効成分などは先発医薬品と同じものです。ジェネリック医薬品と価格を比較すると、種類によっては10分の1ほどの費用で済みます。レビトラジェネリックは1つの種類のみが作られているわけではなく、海外には多数の種類のものがあるために、経費を安く済ませることを優先したい人におすすめです。一般的なジェネリックの種類であれば、先発医薬品とジェネリック医薬品と価格の差は3分の1~5分の1程度のものが多くなります。数あるジェネリックの中で最も安いのがバリフで、10分の1ほどの値段で販売されているために、1か月分の内容量のものであっても1000円ほどの費用しかかかりません。効果には個人差があるので、安さだけを求めるのではなく、自分自身にとって効き目があるのかを判断することも大切です。いくら安く入手できたとしても、自分の体質に合っていなければ意味が無くなります。ただし、いくら程度の費用がかかるのかしっかりと把握することは重要で、安く販売してあるジェネリックを選ぶことで経済的な負担を減らせるのであれば、先発医薬品を購入するときと比較してED治療薬が飲みやすくなるメリットがあります。費用が高くかかってしまうことでED治療薬を飲むことを控えていた人の場合には、ジェネリックを購入するという選択肢を選んでみるのも良いと言えます。

レビトラジェネリック種類ランキング

バリフ

人気No.1即効型レビトラジェネリックバリフ

バリフの効果・効能

◎効き始めまでの時間約15~30分
◎持続効果時間は服用約1時間後から、5~8時間程度
◎アルコールや食事の影響影響を受けにくい,、可能であれば空腹状態であることがお勧めです。
◎1錠あたりの最安値90円~
バリフは空腹時なら服用後15分程度から効果があらわれ、5時間程度の持続時間があります。性的興奮の際に勃起状態の改善が期待できます。バリフ20は有効成分塩酸バルデナフィル水和物が20mg配合されている為(日本国内で許容されている含有量は1錠あたり5mg、10mg、20mgの3種類)、個人差により有効成分量は多めになっていることがあります。

■バリフ服用方法
バリフの投与量は一日一錠( 服用後は24時間以上あける )まで、行為の約1時間前に一粒を水またはぬるま湯で服用します。

■バリフは副作用は
バリフの副作用として、顔のほてり、頭痛、動悸、めまい、鼻づまり、消化不良などが報告されています。

■バリフの有効成分
バリフは有効成分として、レビトラと同じくバルデナフィルを含有しています。バルデナフィルは水溶性で即効性に優れ、食事の影響を受けにくいです。

レビトラジェネリックで得られる効果とは

女性を性的に満足させるのは、男にとっては当たり前の事だと考えている男性は多いです。確かに若い頃は体力も十分過ぎる程あるので、女性を満足させるのは容易だったりします。ですが人間は確実に老いて行く生き物であるため、加齢と共に体力にも衰えが生じるので厄介です。その結果、女性と愛し合っている最中にEDの症状が出てしまって途中で男性器が機能しなくなる事があります。お陰で相手の女性を性的に満足させられずに、男としての自信を喪失してしまうケースは珍しくないです。

レビトラの効果時間は?

EDの症状が厄介なのは、精神的な問題でも後押ししてしまう事だったりします。なので1度でも発症するとまた起きるのではと不安になり、その不安がEDの引き金となるので注意が必要です。そういった形でEDの症状に悩んでいる人は、レビトラの服用をおすすめします。
レビトラはEDの改善効果のある治療薬として、国内で2番目に認証を受けた医薬品です。他のED治療薬と比較して効果の出方、効き目が早めなので、いざという時に頼りになります。更にED治療薬の中には、食事の影響をモロに受けてしまう物も少なくありません。ですがレビトラは食事からの悪影響も抑えられており、標準的な食事であれば問題ないです。そのため食事でロマンチックな雰囲気を作った上で、女性と愛し合う際にも利用出来ます。
そんなレビトラですが、国内では市販が許可されていません。手に入れるには病院を訪れた上で、医師の診察を受けて処方して貰う必要があります。この方法だと手間が掛かって面倒な上に、診察料も掛かるので購入する費用はそれなりに高いです。お陰でもっと安く購入したいと、EDジェネリック医薬品を海外サイトから個人輸入する人も珍しくありません。

レビトラジェネリックの偽物に注意

偽物海外には、元のED治療薬とほぼ同等の成分で製造されたEDジェネリック医薬品が数多く販売中です。しかも国内の病院でレビトラを処方して貰う場合と、EDジェネリック価格比較を行うとかなりジェネリック医薬品の方が安いです。海外サイトからの個人輸入であれば、わざわざ病院に行く手間も省ける上に自宅にまで薬を届けて貰えるので便利だったりします。
この様に書くと、EDジェネリックを購入する方が賢いという風に思えますがそう単純ではないです。海外サイトの中には、EDジェネリックの粗悪品や偽物を売り付ける所もあります。安く購入出来たと喜んでいても、まともにEDの改善効果が得られない可能性もあるので注意すべきです。EDジェネリックを購入する際は、EDジェネリック価格比較に騙されずに信頼出来る海外サイトを選び出し慎重に購入先を選ぶ必要があります。

レビトラジェネリックのネット通販の仕方

通販男性のED治療に使用されている治療薬「レビトラ」は、通常病院で処方をしてもらう必要があります。ただ病院で処方されるED治療薬は保険診療が適応外となってしまうので、購入をする場合は全て全額負担となります。全額負担となると経済的にも継続して飲み続けることができないという方もでてきてしまうため、最近では個人輸入代行を行っている専門業者を通して、通販で海外から安価なED治療薬を購入する方が増えてきています。
そこでレビトラを個人輸入代行の通販の仕方で対処する方法を紹介します。まずレビトラという薬は、ドイツに本社を置く「バイエル薬品」という製薬会社が製造販売しています。そのためバイエル薬品から販売されている以外の製品会社のED薬品の場合、「レビトラ」の違法薬品の可能性が高くなりますので通販購入を行う際には注意をする必要があります。
最近ではレビトラと銘打って、有効成分が配合されていない医薬品や、不純物が含まれている違法薬品なども多く出回ってしまっている特徴があることから、購入時には正規品を販売している個人輸入代行業者を選ぶことが重要になります。

ネット通販では口コミ評判をチェック

スマホそこで重要になってくるのが、実際にその通販サイトを利用している方の口コミ情報です。近年になってインターネット上で薬を購入する方も多く、日本では保険診療外となる薬も海外輸入品であれば格段に安く手に入れることが出来るため、通販サイトで海外から薬を個人輸入代行を頼む方が増えてきています。
しかしせっかく安く購入しても正規品とは違った物が自宅に届いてしまうトラブルも少なくないので、実際に通販を利用している方の通販サイトの口コミをチェックしておくことが大切になります。大手の通販サイトでは利用者の商品レビューや個人輸入代行業者の口コミなども掲載されていることが多く、自分と同じ医薬品を通販で手に入れた方の口コミもチェックすることが出来るので、正規品を購入できるのか、配送はスムーズなのかをきちんと把握することができます。
大手の通販サイトになればなるほど、正規品を販売している事を消費者にアピールするためにも、口コミ評価を大切にしている特徴があります。そのため実際に薬を購入する場合も届いた後に口コミをきちんと行うことで、送料が無料になるサービスを提供している通販サイトも少なくないので、お得に薬を定期購入することが出来るメリットがあります。
そのため口コミ評価の高い業者を探すことが重要になります。

レビトラジェネリックを輸入代行する時購入制限に注意

レビトラは服用後に効果があらわれるまでの時間が短いという特徴を持つED治療薬ですが、日本国内で手に入れようと思った時には病院を受診して医師に処方箋を書いてもらわなくてはいけない種類の薬です。ドラッグストアなどで自由に購入できる種類の薬ではないために、必ず病院に行かなくてはいけません。もうひとつの方法としては海外製のレビトラを個人輸入で購入するという方法があります。海外の医薬品を購入することは自分が服用する分量に限っては規制されていないので、誰でも個人輸入という方法をとれば合法的にレビトラが手に入ります。

ジェネリックは2~3カ月分程度が購入制限

錠剤この時に問題になってくるのが言葉の問題や日本円での支払いができないことです。英語に自信があったり海外の商品を購入した経験が豊富にある人であれば、問題なく自分自身で個人輸入が行えますが、それでも海外の製品を購入するということはリスクがつきまといます。このような時に利用すると便利なのが個人輸入代行業者です。大きな通販サイトもあり、たくさんの人が利用しているために口コミなどを見てどのような業者かを判断することもできます。個人輸入代行業者を使用して医薬品の購入をする時には日本語の表記で説明がしてあるので始めて利用する人でもきちんと説明書きを読んでから購入することができます。また価格的にも病院よりも安価に手に入ることが多いというメリットもあります。この時に注意をしておかなくてはいけないことが個人輸入代行の購入制限です。個人輸入で薬を買う時には自分自身が使う分量だけに限るという制限があるために、薬によって購入できる分量に制限がもうけられています。だいたいは2~3カ月分ほどが購入制限になっていることが多いようで、これ以上の注文をした場合には注文自体をキャンセルされてしまうことがあります。

個人輸入代行では大量に注文しない

そうなると注文をした医薬品の全てが届かないという事態になってしまうため、もう一度注文し直さなくてはならず、服用開始時期が遅くなってしまうでしょう。このような失敗をしないようにするためには、注文個数を制限内にとどめておくことで、一気に大量に注文しないようにすることです。稀に家族の名前などを使って大量注文をする人もいるようですが、代行業者に怪しいと感づかれてしまうと注文がキャンセルされてしまうことがあります。レビトラを注文する時も同じことが注意点になるので、個人輸入代行の購入制限には十分に気をつけるようにしましょう。

レビトラジェネリックのメリットデメリット

男性レビトラは人気の高いED治療薬として知られているため、世界中で多くの人が服用しています。人気のある理由は効果や安全性の高さなどからですが、安い薬ではないので服用することを諦めてしまう人も少なくありません。そのような人たちに人気のある薬がレビトラジェネリックで、価格に安さが大きな特徴になっています。価格が安く同じような効果が期待できるレビトラジェネリックですが、メリットデメリットがあるので服用する時には注意が必要です。レビトラジェネリックの大きなメリットは、純正の薬よりも価格が安く購入しやすいことです。レビトラと同じ成分が含まれているため、ED治療薬としての効果を期待することができます。同じ成分が配合され効果が期待できる薬なのに価格が安くできるり理由は、レビトラと比較すると多額の開発費用が必要ないことです。

レビトラジェネリックは販売価格が安い

価格新薬を開発するためには、長期間の研究が必要になります。研究には多額な費用も必要になるため、安い価格で販売することができません。レビトラの純正品には開発費用も含まれているため、販売価格が高くなってしまいます。レビトラジェネリックのメリットは、純正品のような長期間の研究が必要ないことです。レビトラと比較すると開発費用が必要ないため、販売価格を安く設定することが可能です。レビトラと同じ成分を配合しているため、ED治療薬としての効果を期待することもできます。薬は長期間服用することが多くなるので、価格の安さは経済的な負担を減らすことが大きなメリットです。同じような効果で価格が安いメリットがありますが、服用する時にはデメリットもあるので注意しなければいけません。同じ成分を配合していますが、製造工程の違いなどから効果に違いが出てくる可能性があります。

レビトラジェネリックは品質面や安全面に注意

安心レビトラは大手の製薬会社が製造しているため安心して服用することが期待できますが、品質面や安全面で劣る場合が少なくありません。ジェネリック医薬品として認可を受けていないため、医療機関で処方してもらうことができないのもデメリットの一つです。レビトラは治療を受けている医療機関から購入することができますが、薬を取扱う通販サイトや個人輸入などで入手するしか方法はありません。医薬品として正式に認可を受けてはいないため、安全面の低さや入手する際に手間が大きなデメリットです。レビトラジェネリックにはこのようなメリットデメリットがあるので、注意して利用することが大切になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。