即効性が特徴のレビトラの副作用の頭痛がおきる原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
錠剤

ED治療薬レビトラとは何かを知る

レビトラとはED治療薬です。しかしこのレビトラの素晴らしいところは現在国内においてあらゆるED治療薬が販売されているなかでも、その即効性の働きが高くすぐれている点にあります。
有名なバイアグラよりもその持続性が長いうれしいメリットがあるレビトラは満足いく効果を得たい方に最適です。その素晴らしい働きを十分に引き出すためには正しい飲み方を知っておくことが大切です。
ただレビトラを服用すれば良いわけではなく、自身が望んでいる満足いく高い効果を実感するためにはその飲み方に気をつけてください。
空腹時に服用した場合にレビトラは20分ほどで効果が現れてくれます。ですから直前に飲むのではこのような働きは得られません。人それぞれ個人差はあるとして効果を確実に引き出したい場合、性行為を行う約1時間前に服用することが必要です。もしレビトラを服用してから性行為を行うまでの時間が十分にない場合は、素晴らしい働きを引き出すことができない可能性が高まります。次に食事の影響もある程度知っておくとよいです。ED治療薬

 

レビトラのメリット

レビトラはバイアグラと比較しても、食事の影響を受けにくい嬉しいメリットがありますが過信しすぎてはいけません。これは全くすべてにおいて影響しないという意味ではないからです。希望する満足いく働きを得たい方は、ぜひできるだけ食事メニューはあっさりとしたものを選ぶと良いです。
また満腹になるまで食事をするよりも、腹八分目までくらいに抑えると尚よいです。必要があります。しかし基本は空腹時が最大であると頭に入れておきます。空腹時なら20分くらいでその効果得られる即効性の高い薬レビトラの効果は約5時間から10時間程度続きます。ここで疑問になるのが連続で服用の有無になります。
連続服用は避けてるのが賢明です。

レビトラの効果持続

理想的なのは24時間の間隔をあけることで、これが推奨されているのも事実です。飲み物に関しては、お酒でも服用することが可能のED治療薬ですが、ついつい大量に飲んでしまってはその果も半減してしまう恐れがあることも把握しておくべきです。ぜひその量に注意しリラックスできる程度に飲むことを心がけます。グレープフルーツジュースと一緒に服用をするのはやめてください。薬が体内で吸収されるのも高めてしまう危険性があるのが理由です。レビトラとはなにか、そしてどうすればその働きを十分に得られるのかを知ることが素晴らしい体験へと導いてくれます。

レビトラの飲み方・副作用について

レビトラはバイアグラよりも即効性があり副作用も少ないことから人気のED治療薬となっていますが、一般的なその他の薬と同様に体質や使用方法によっては副作用がでてしまうこともあります。そのためレビトラを服用する前には副作用と危険性についてきちんと理解し、体に思い当たる症状が出た場合には使用を中止しかかりつけの医師に相談することが大切です。レビトラやレビトラジェネリックを個人輸入で購入した場合には副作用がでても保証がされないため、初めての方は自分の体質と薬があっているか確かめるためにも一度専門家にかかりましょう。

レビトラの副作用としてもっとも有名なものは顔のほてりや頭痛です。この薬を利用した人のほとんどが経験したことがあると言われるほどで目が充血したり鼻がつまる人もいます。これらの症状は薬の成分である血管拡張作用が引き起こすもので中には薬の効果が現れたきた合図がわりにしている方も多いですが、気になる方は頭痛薬など市販の痛み止めを併用すると良いでしょう。ED治療薬

 

レビトラのを服用する事で起こりうる副作用について

頭痛レビトラと言えば、国内で許可されているED治療薬の中でも最も効果が強いと言われています。
そういった事から、今まで他のED治療薬を使っていた人から乗り換える人も少なくありません。
ところで効果が強くなると心配になるのが副作用です。ED治療薬=副作用が強いイメージがありますが、実はレビトラは他の薬に比べても比較的副作用は少ないと考えられています。
レビトラを服用する事で起こりうる副作用について、具体的には頭痛やほてり、めまい、目の充血、動悸、血圧の変動、などが挙げられます。
これらの症状は他のED治療薬にもよく見られる症状で、薬の血管拡張作用によって起こるものなので、薬の効果が現れた兆候でもあります。

レビトラの副作用はバイアグラに比べて少ない

バイアグラ頭痛や動悸などが起こると不安に感じますが、これらは一時的な症状なので特に心配する必要はありません。
もし副作用が起こった時の対処法ですが、例えば頭痛が出た時は体が辛ければあまり無理をせず、市販の頭痛薬を服用する事で対応できます。
そして多くの人に起こりやすい顔のほてりですが、バルデナフィルという成分が血管を広げる事で血流が良くなり、顔が赤くなってしまうのです。
飲酒をすると赤くなるのと同じ感じなので、特に治療をしなくても自然に解消されます。
ちなみにレビトラに使われている塩酸バルデナフィル水和物は、服用してか効果が出るまで時間が短いので、副作用も少ないという特性があります。
実際、服用した方の中でも副作用が出たのは数%と言われています。
このように特に重篤な副作用も報告されていないので、安全に使えるED治療薬としても人気が高いのですが、使用方法に気をつける必要があります。

レビトラの連続使用は不可!併用禁忌薬にも注意

医者性欲をさらに高めたいと連続使用する事は絶対に禁物で、服用後は最低でも24時間は空けなければいけません。
また別の疾患で他の薬を服用している際も注意が必要です。
例えば高血圧患者の場合は治療として降圧剤を使用している人もいますが、併用する事で立ち眩みなどの症状が出る事もあります。中には併用禁忌薬に該当する場合もあるため、服用前には必ず主治医に相談しなければいけません。
そして心筋梗塞や狭心症の既往がある場合、治療にニトログリセリンが使用されているケースがあります。
ニトログリセリンはレビトラの併用禁忌薬であるため使う事は出来ず、また過去に服用していたとしても、念のため医師に相談した方が安心です。
どちらにしても心筋梗塞や狭心症の既往がある場合は、性行為自体を禁止されている事もあるので、自己判断で勝手に購入したり服用するのは避けるべきです。

持病のある方はレビトラの服用に注意

頭痛その他の副作用としては下痢などの消化不良や筋肉痛、光に過敏になるなどが臨床試験で報告されています。レビトラの作用は4~6時間となっていますので時間がたっても症状が収まらない場合には早めに医師にかかるようにして下さい。色がいつもと違って見えるなどの視覚障害は1~0.1%未満、めまいが起こる確率は1~10%未満とけして高いとは言えませんが、服用中の運転は事故の危険性が上がってしまうため極力避けるべきです。

レビトラの副作用は強くなく健康な方なら特別に注意が必要と言われる薬ではありませんが、持病がある方の場合には使用上の注意があります。硝酸剤を治療薬と使用している場合には急激な血液低下を引き起こしてしまう恐れがあるので大変危険です。スプレーや塗り薬などどのタイプの硝酸剤との併用は禁止されていますので覚えておきましょう。脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの既往症がある方や重い肝障害・腎障害がある場合は服用に関して安全性が保障されていないため服用が禁止されています。容量・用法を守って使用して下さい。

レビトラジェネリックの効果と副作用は

ジェネリックED治療薬服用の影響が弱いと言われているレビトラジェネリックですが、他のED治療薬と同じく効果と副作用が両立しています。ED治療薬に限らず、薬の効果と副作用は表裏一体です。レビトラジェネリックの場合はスムーズな即効性こそがレビトラジェネリックの最大の効果であり、副作用はその即効性がもたらす血管拡張の影響の強さであります。
まず効果についてですがバイアグラに続いて2番目に国内で認められたED治療薬であるレビトラジェネリックはバイアグラを服用した時よりも食事による影響が薄く、そのうえ効果がバイアグラよりも早いと言われています。
時間にして約1時間で発揮される効果のメカニズムを助けている要因は「PDE5」という酵素の阻害と「cGMP」という物質の活性化です。「PDE5」とはEDを持続させる物質を分解してしまう酵素で、反対に「cGMP」は血管を拡張する働きを持っている物質となります。これらの正反対な性質を持つ2つの物質のおかげでペニスの状態は安定しますが、ストレスなど様々な原因によってED状態になるのは「PDE5」の量が多すぎて「cGMP」が弱くなっているせいでペニスが収縮しているのです。そのためレビトラジェネリックは「PDE5」の作用を抑制する事で「cGMP」の作用を向上させる効果を狙っています。

レビトラの効果の評判はネット確認

スマホ実際にネット上の口コミやレビューは好評です。
「即効性が良いうえにコストも良い」や「血液が充満して彼女も喜んでくれた」など効果を称えるコメントが目立っており、リピーターもいます。ただし先述したように優れた効果とともに副作用がある事を忘れてはいけません。その副作用は口コミでも記載されています。「鼻詰まりを感じたら効果が現れている証拠です」や「服用したら顔に火照りを感じた」など似通ったコメントがありますが、これらは全て服用による副作用です。
「PDE5」の阻害が基本的な効果ですが、同時に血管の拡張もED治療薬として発揮されるように改善のための成分が配合されています。要するに血管の拡張の働きが強すぎてペニス以外の部分にも影響を及ぼす事が副作用です。だからこそ鼻詰まりや顔の火照りなどが引き起こされますが、他にも頭痛や口の渇きに動悸、目眩が報告されています。個人によって副作用の症状に悩まされる人もいますが病院に行くほど深刻になる事はありません。場合によっては服用していくうちに体が慣れていくというケースも確認されています。

レビトラの形状と成分を知るために

錠剤国内で2番目に認可されたED治療薬がレビトラです。形状と成分を知ることでこの薬の特徴を知り、他のED薬との違いが分かります。
レビトラに含まれるバルデナフィルというのが有効成分で、勃起を阻害する因子を抑制する働きを持っています。この働きは他のED治療薬にもあるのですが、水に溶けやすい性質があるので他の薬よりも効果を感じるのが早いという特徴があります。服用のタイミングは、性行為の1時間以上前が目安とされていますが、飲んでから20分ほどで効果を感じる人が多いです。

バルデナフィル塩酸塩水和物の特徴

また、形状はオレンジ色の丸形です。製薬会社のバイエル社のスペルが刻印されています。認可された当初は10mgまでの容量しかありませんでしたが、現在では20mgも認可され使われるようになりました。薬の裏側には、容量の数字が刻印されているので、20mgの場合は20という数字があります。
容量が多い方が効果が強く出るのではないかと考える人が多いですが、容量の違いは効果の強さではなく効果の時間にあらわれます。ですから、10mgの作用時間は5時間程度なのに対して、20mgは10時間ほどの作用時間が継続します。容量が多ければいいと思われがちですが、自分の必要な時間を知ることで自分に合った容量が分かります。5mgは国内で認可されているのであるのですが、扱いのないクリニックも多いので受診する前に扱っているかを確認しましょう。

レビトラは吸水性が早く即効性がある

レビトラは水溶性なので体への吸収が早く、食事の影響を受けにくいという特徴があります。ただ、食べ過ぎてしまったり、脂っこい食事をとると吸収が悪くなってしまいうので、できるだけ空腹時に飲むようにしましょう。食事の後に飲む場合は、2時間程度あけると効果を感じやすくなります。この場合の食事内容はあっさりしたものを選び、腹八分目程度に抑えることが大切です。
性行為の前にアルコールを飲む習慣のある人は多いです。適量であればリラックス効果があるので問題ありませんが、飲みすぎはよくありません。アルコールの強さは個人差があるので、自分にあった範囲内で飲むようにしましょう。こうすることで、薬の効果を半減させることなく、アルコールと性行為のどちらとも楽しむことができます。レビトラは他のED治療薬の中でもサイズが小さく、飲みやすい形状をしています。薬を飲む慣れない人も安心して飲むことができると人気のある薬で、容量の違いなどから自分に合ったものを選べます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。