レビトラの持続効果と効き始めるお勧めの正しい飲み方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薬

レビトラの服用方法や効果時間

昨今、EDに悩んでいる方に注目されている治療薬がレビトラです。このレビトラは、2004年に厚生労働省の承認を受けて販売が開始されました。ここからは、初めて服用する方が安心できるように効果と正しい飲み方について詳しく説明します。
まず、レビトラはバルデナフィルという有効成分が含まれているED治療薬です。この有効成分によって、勃起状態を維持できない方、勃起不全に困っている方の悩みを解消することができます。そして、レビトラの効果の持続時間は、服用する容量によって異なるのが特徴です。基本的に病院では10mgと20mgのレビトラが処方されているのですが、10mgの持続時間は約5、6時間、20mgの持続時間は約8時間です。服用する方の体質や体調によって持続時間は左右されますが、平均して上記の時間で効果を実感できます。
正しい飲み方については、性行為のおよそ30分前に空腹時に服用する事が望ましいとされています。というのも、空腹時の服用は、薬の成分が早く吸収されて効果を早めるとともに持続力を保つことができるからです。ED治療薬

 

レビトラは飲んでから20分で効果発揮

レビトラは国内で2番目に認可されたED治療薬です。最初に認可されたバイアグラは世界中で人気になりましたが、食事の影響を受けやすいという点がありました。そこで、食事の影響を受けにくい薬として開発されたという経緯があります。標準的な男性のエネルギーである700キロカロリー以内であれば、問題はないとされています。ただ、食事のうちの脂肪の割合が30%以内に抑える必要があるので、甘い物や脂っこいものを食べるときは注意が必要です。
レビトラは、吸収されやすい薬なので飲んでから20分ほどで効果を感じることができます。効果は5~10時間ほど継続するので、飲んでから性行為までの時間をそれほど気にしなくていいというメリットがあります。効果と正しい服用方法を知っていると、安全に薬を飲むことができます。ED治療薬

 

レビトラ飲むタイミング

薬飲むタイミングとしては、性行為の30分ほど前が推奨されています。ただ、その前に食べたものなどで消化が遅れることもあるので、余裕をもって1時間ほど前に飲むといいでしょう。食事の影響を受けにくい薬ですが、まったく受けないわけではありません。
服用する際には水で飲むのが一般的です。ただ、ジュースやお茶などで飲んでもそれほど変化はありません。アルコールは、適量であれば緊張をほぐしリラックスさせる効果がありますが、飲みすぎには気を付けましょう。しかし、グレープフルーツジュースやグレープフルーツが入ったお酒は避けるようにします。中に含まれている成分によって、体内への吸収率が高まってしまうためです。予期せぬ副作用を防ぐためにも一緒に飲まないようにしましょう。

レビトラは10mgと20mgがある

レビトラレビトラには容量によって10mgと20mgに分けることができます。より多く含まれている方が効果があるのではないかと思われがちですが、効果よりも持続時間に対して容量は影響を与えます。持続時間がそれほど必要でなければ10mgで問題ありません。たくさん飲めばそれだけ効果が強くなるのではないかと、倍量飲んでしまうと副作用が出てしまうので避けるようにしましょう。
レビトラは勃起をさせにくくする因子を阻害することで効果を発揮する薬です。飲んだらすぐに勃起するわけではなく、勃起のためには性的な刺激が必要です。ですから、効果のある5~10時間の間ずっと勃起しているわけでないので安心して服用できます。服用に関しては、持病などによって飲めない場合や注意点があるので事前に医師と相談するようにしましょう。

レビトラを飲むなら意識したい効果ある飲み方

レビトラを服用するなら、飲み方には注意が必要です。間違った方法で服用すると満足できないので、効果ある飲み方をしましょう。レビトラは20分ほどで効き始めるので即効性があるとされ、素早く効果を感じたい男性には最適です。しかし20分ほどで実感できるのは、空腹時に服用した場合のみです。
空腹時は胃の中が空っぽなので短時間で実感できますが、吸収が遅くなる満腹時にはもう少し時間がかかります。
確実に効果ある飲み方をしたいなら、時間には余裕を持って服用しましょう。
具体的には性行為の1時間ほど前に服用すると、高い確率で効き始めます。

レビトラは空腹時がおすすめ

食事レビトラは比較的食事の影響は受けにくいですが、効果ある飲み方をしたいなら食べるメニューにも気をつけましょう。味の濃いメニューよりもあっさりした食事の方が影響を受けにくく、また満腹になると吸収されるまでの時間も長くなるので、量も少なめにしておくのがおすすめです。効果ある飲み方では、もちろん服用時に使う飲み物も重要になります。一般的には水や白湯が良く、これらの飲み物と一緒に服用すれば安心して効果を感じられるようになります。一般的にED治療薬は空腹時に使用すると効果を発揮しやすいと言われています。反対に食事をしてから服用してしまうと薬の効果が十分に発揮できない可能性があるので、服用方法には十分な注意が必要となります。レビトラはそれほど食事に大きく影響されない薬であるとは言われていますが、十分に効果を発揮するためにも、使用方法はしっかりと把握し、理解しておきましょう。
説明書には標準的な食事の影響を受けないと記載がなされていますが、この場合の標準的な食事の基準はエネルギー700キロカロリー程度、かつ脂肪の割合が30パーセント以下というものになります。これ以下の食事であれば吸収に影響がないということになります。できる限りあっさりとした軽めのメニューを選ぶと安心です。

服用時アルコールの影響は少ない

また医薬品を服用するときには、日本酒やワインなどのアルコールは避けるのが一般的です。しかしレビトラの場合は、アルコールと一緒に服用しても問題ありません。少量ならアルコールは体をリラックスさせる効果があるので、効き目を若干強くしてくれます。ですが認められているのは、あくまでも少量のアルコールです。
泥酔するほどアルコールを摂取すると、服用しても効き目はありません。
日本酒やワインなどと一緒に服用するときには、適量にとどめておくのが効果ある飲み方です。

レビトラ飲むときはグレープフルーツには注意

フルーツ基本的にジュースなどと一緒に服用しても良いですが、気をつけなければいけないのはグレープフルーツです。
グレープフルーツには医薬品の吸収率を高めると同時に、副作用のリスクも高める成分が含まれています。
体へのリスクが高まってしまうので、グレープフルーツジュースと一緒に服用するのは避けましょう。
効果を高めるためには、連続して服用したり定められた以上の量を一度に服用しようと考えがちです。
しかしレビトラは1回飲めば5時間から10時間程度持続するので、連続服用する意味はありません。
また1度服用したら24時間の間隔を開けるのが決まりなので、続けて飲むのもやめましょう。
服用する量を増やしても効果には変わりないので、必ず決められた用量・用法を守ってください。

レビトラはバイアグラより食事の影響を受けにくい

食事ただしレビトラには、バイアグラとは異なり、食事の影響を受けにくいという特徴もあります。したがって、もしも性行為の前に食事を摂りたい場合は、食前の一時間ほど前に服用するといいです。
食後にレビトラを服用する際には、幾つか注意点があります。まず、食事の内容については消化に良いあっさりしたもの、そして腹7分目ほどで抑える事が重要です。というのも、脂肪があまりにも食事に入っていると、薬の効果が十分に発揮されなくなってしまうからです。したがって、焼肉やファーストフードなどカロリーの高いものは控えた方が良いです。
それと、レビトラは基本的に水、ぬるま湯と一緒に服用することをお勧めします。適量ならばアルコールと一緒に服用しても健康に問題はありませんが、過剰にアルコールと摂取すると効果がちゃんと発揮されません。

レビトラのアルコールとの関係とは

レビトラのアルコールと食事の関係を見てみると、アルコールや食事の影響を受けにくいと言えるでしょう。お酒に含まれるアルコールと併用したとしても、体に害が及びにくいため、パートナーとバーや居酒屋などに行ってから性行為をする流れになったとしても安心です。その場でパートナーに知られないようにこっそりと服用することができるのもメリットと言えるでしょう。

アルコールは適量なら問題なし

カクテルしかしアルコールを併用する際には注意点があり、それを守って服用する必要があります。まずは飲酒量は適度にとどめる必要があります。飲酒量が多い場合には効果が薄れる可能性があり、レビトラとアルコールを併用する際には飲み過ぎには十分注意しましょう。そしてお酒が弱い人も注意が必要です。お酒が弱い人がお酒を飲んでレビトラを服用した場合には、拡張作用によりアルコールが一気に体中を回り倒れてしまう可能性もあります。そのためお酒に自信がないという場合には、レビドラとアルコールの併用は避けた方がよいでしょう。
精神的な悩みやストレスにより発生する勃起障害のことを心因性EDと呼んでいますが、この場合には飲酒は効果的であるともいわれています。お酒に含まれるアルコールにはリラックス作用があり、この効果を利用することにより精神的な悩みやストレスを軽減させることが可能となります。緊張や不安から勃起不全になるケースが多く、レビトラを服用して突起を誘発できたとしても、落ち着いた状態で行為に及べなくなってしまう可能性があります。そのようなときにお酒の力を借りることで、リラックス作用が働き心身ともに完全な状態で行為が楽しむことができるでしょう。

レビトラの効果持続時間について

ED治療薬を服用する際に気になることのひとつに、どれくらいの効果持続時間があるかということがあげられます。レビトラの効果持続時間としては、一般的に5時間から10時間ほどといわれています。ほかのED治療薬と比べるとレビトラの所要時間は比較的長めである特徴がありますが、錠剤に含まれる主成分の量により、効果が持続する時間は異なります。

レビトラ10mgと20mgの作用に強度があり

レビトラ10mg一般的にレビトラには10mgの錠剤と20mgの錠剤の二つに分かれます。10mg、20mgと書かれた数字は含まれる主成分の量があらわされています。10mgと20mgの作用に強度があり、20mgの方が薬の効果が強く、持続時間も異なります。錠剤に含まれる主成分の量に比例して10mgよりも20mgの錠剤の方が3から4時間ほど作用時間は長くなるでしょう。10mgの錠剤の効果持続時間は5時間から6時間、20mgの錠剤の作用時間は8時間から10時間です。このようにみると20mgの方が効果持続時間が長くお得なのではないかと感じるかもしれませんが、作用時間が長ければよいというわけではありません。
10mgと比べると20mgの錠剤は作用時間が長いだけではなく、薬の作用も強くあらわれることとなります。そのため勃起の効果だけでなく、ほてりなどの副作用が強く表れる可能性もあり、副作用があるという点については十分に理解しておく必要があるでしょう。

レビトラを初めて服用する場合時、最初は10mgがおすすめ

20mg方が薬の効果が強くなっているので、もしも10mgで十分に効果が得られる人が20mgの錠剤を飲んでしまった場合には効果が出すぎて、顔のほてりや頭痛、鼻づまりなどの症状が出る可能性があります。初めて服用する場合や、副作用が心配だと思う人は、まずは10mgの錠剤から試してみて、効果がいまいち得られないと感じた場合には20mgを検討してみましょう。もしくは20mgの錠剤をカッターなどを使って半分にカットとして使用することで、10mgの錠剤と同じような効果を得ることができます。
レビトラは食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、空腹時と満腹時では効果持続時間も異なると言えるでしょう。胃のなかに何もない状態で服用すると薬の成分吸収されやすく効果があらわれるまでの時間も早く、持続時間も長くなります。早く効いて長く効果を持続させたい場合には空腹時に服用するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。