レビトラの容量用法守り早漏防止!短小包茎でもセックスに自信を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
活力

EDと早漏体質の両方に役立つレビトラ

レビトラには勃起不全を改善する効果と早漏体質を緩和する効果が両方同時に含まれています。基本的にはED治療薬ですので、得られる効果は前者がメインです。しかし軽度の早漏の症状であれば、セックスを行う前にレビトラを服用する事で、射精を中途半端なタイミングでしてしまう癖を無くせます。

早漏の嫌なところは、せっかくこれからセックスが盛り上がるぞ、というタイミングで無意識的に精液が出る事でしょう。

コンドームを利用していないと女性の膣内で射精する事も多くなり、体質が原因で避妊が失敗しやすくなります。早漏は本人の自覚で改善し難く、レビトラのような医薬品を使って賢くケアしなければなりません。毎回射精のタイミングが早過ぎると女性にも幻滅されます。ED治療薬

 

ピストンを始めてから数分で果てる男性は早漏体質であり、女性が性的満足感を得るためには最低でも10分は膣内に大きく勃起したペニスがなければいけません。レビトラは両方のコンプレックスを効果的に改善出来る医薬品で、成人男性に自信を持たせてくれます。

早漏防止グッズで悩みを解消

早漏は下半身のトレーニングなどで改善していく方法もありますが、すぐに効果を実感したいのなら早漏防止グッズを利用していくのも一つの選択です。
簡単に誰でも利用できるのが、早漏を予防してくれるコンドームを利用していくこと方法です。一般的なコンドームよりも少し集めに作られているので、ペニスへの刺激が少なくなり早漏を予防することができます。
またペニスにクリームなどを塗って刺激を抑制することができる早漏防止グッズもあります。スプレータイプなどもありシャワーで洗い流すこともできるので、使いやすいのがメリットです。
薬を利用する方法もありますが、効果は期待できるけれど日本で承認されていないものもあるので使用するときには、副作用などに注意していきましょう。
早漏防止グッズにはいろいろな種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあり効果には個人差があります。実際に使ってみて自分に合ったものを利用していくとよいのではないでしょうか。ED治療薬

 

レビトラと副作用

頭痛

レビトラは2003年に世界で2番目に発売されたED治療薬です。最初に発売されたバイアグラよりも優れた即効性と長い持続時間を持ち、バイアグラの改良版として人気を博しました。その後、これらの2つの薬とはコンセプトの異なる遅効性のシアリスが販売され、今や世界シェアの42%を占めるにいたっています。しかし、レビトラにはその強い勃起効果から、根強い人気があり、世界中に愛用者がいるのです。

しかし、効果が強いだけ副作用も他の2種より出やすい傾向があります。ここではレビトラの副作用を詳しく解説し、安全な服用方法をお伝えします。ED治療薬

レビトラの歴史

医者

レビトラはバイアグラの改良版との見方があり、発売開始と同時に大きな話題を集めました。ドイツでバイエル社によって2003年に販売が開始され、日本では2004年に認可が下されました。

レビトラは有効成分バルデナフィルを含み、淡黄色の円形錠剤です。5㎎、10㎎、20㎎のタイプが販売されており、それぞれの用量はバルデナフィルの含有量を示しています。ED治療で主に使われるのは10㎎と20㎎のタイプです。10㎎では効果が弱く、20㎎では効果が強すぎる場合には10㎎と5㎎を同時に飲むこともありますが、5㎎が単体で使用されることはほとんどありません。

レビトラの有効成分バルデナフィルはバイアグラの有効成分を改良したもので、直線状の化学構造を有しています。

その結果、レビトラは体に吸収されやすく、分解されやすい性質を持つのです。

レビトラの即効性

個人差もありますが、レビトラは飲んでから20分から1時間ほどで効果を発揮します。ですから、性行為の30分から1時間前に飲むとよいとされています。飲んでから最高血中濃度に達するのは45分ほどです。レビトラは突然の性行為の機会にも素早く対応してくれるのです。レビトラのパッケージには、燃え上がる炎のイラストが描かれています。これは、レビトラの強い即効性を現したもので、根強い人気の理由になっています。

 

レビトラの持続性

レビトラの効果持続時間は、用量によって異なります。10㎎のタイプでは5~8時間、20㎎のタイプでは10時間の効果が持続するといわれています。従来のバイアグラは高用量でも5時間ほどの効果しかなく、レビトラは飲み方によっては一日2回の性行為で威力を発揮できる持続性を持つのです。

しかし、レビトラは再び服用するには24時間以上の間隔が必要です。ですから、一日に複数回の性行為の機会がある人は、しっかりとスケジュール管理をしなければなりません。

レビトラと食事との関係

食事

バイアグラは食事に非常に影響を受けやすい薬でした。空腹時や食後2時間以上経過してからの服用が勧められており、一般的なデートの流れでは、パートナーと食事を楽しんでその後にホテルに行くことが多いですね。しかし、バイアグラは性行為1時間前に服用するときには空腹でなければならず、一般的なデートの流れを無視したものでした。この欠点は多くのバイアグラ愛用者を悩ませることとなりました。この点に注目して改良されたレビトラは、バイアグラほど食事の影響を受けない性質を持ちます。

レビトラは直前の食事が700kcal未満のものであれば、効果に大きな影響は出ないと発表されています。ただし、食事の中の脂肪分の割合が30%未満がよいとされています。デートでの外食は脂肪分が多いものが大半です。レビトラの服用前には脂っこい食事を避けるのが無難でしょう。

しかし、やはり最大限にレビトラの効果を発揮するには、空腹時や食後2時間などの胃の中が空っぽの状態で飲むことが望ましいです。レビトラは10時間ほどの効果が続く薬ですから、食事からホテルの一般的な流れでは、食事の2時間ほど前に飲んでおくのがよいでしょう。

レビトラの作用、副作用

AGA治療

レビトラには従来のED治療薬にはない優れた性質が多くあります。では、ED改善に関する作用はバイアグラと何が違うのでしょうか。実は作用のメカニズムは3種類のED治療薬ではどれも同じなのです。

PDE-5阻害薬としてのレビトラ

日本で販売されている3種類のED治療薬はどれもPDE-5阻害薬に分類されます。PDE-5とは重要な酵素の1つで、ED治療薬はこの酵素の働きを妨害するのです。

男性は性的な興奮を感じると、大脳がその刺激を感知します。すると、体内にNOという物資が盛んに産生され、このNOはNO作動性血管と呼ばれる一種の血管に作用します。NOの刺激を受けた血管では、cGMPと呼ばれる酵素が産生されます。すると、そこの血管はcGMPの効果で筋肉が弛緩され、血管自体が広がるのです。cGMPは血管拡張作用を持つのです。

陰茎の血管もNO作動性血管です。ですから、男性は性的に興奮するといくつかの酵素の働きで陰茎の血管が広げられるのです。血管が広げられた陰茎は通常時よりも大量の血液が集中します。血液が集まった陰茎は硬く熱く膨張します。この状態を勃起と呼ぶのです。

EDの人は、勃起が生じるときに重要な働きをするcGMPの量が健康な人よりも少ないといわれています。一方、cGMPはPDE-5によって分解されます。ED治療薬は、ここに注目した薬なのです。つまり、PDE-5がcGMPを分解する働きを妨害して、cGMPの量を増やそうということなのです。

つまり、レビトラを始めとしたED治療薬は、性的興奮によって生じる一連の勃起のメカニズムをうまく利用した薬です。ですから、性的興奮が起きていない状態では勃起は生じません。ED治療薬はあくまで勃起の補助をするに過ぎないのです。ED治療薬を飲むと、淫らな気分になり性行為をしたくなると思っている人もいるでしょう。しかし、それは大きな誤解なのです。EDの原因が性欲減退の人には十分な効果が得られないこともありますので注意が必要です。

即効性のレビトラの副作用

レビトラは優れた即効性があり、3種類のED治療薬の中で勃起の力は最大といわれています。レビトラ愛用者の中には、非常に硬く勃起し効果も長く続くため、早漏にも効果があるという人もいます。

しかし、優れた効果を持つ反面、レビトラは3種類のED治療薬の中で最も副作用が出やすい薬です。レビトラを服用した人の9割の人が何らかの副作用を感じているといわれています。

主な副作用

レビトラの副作用は、全身の血管が拡張されてことによって生じるものです。よくある副作用には、頭痛や顔のほてり、紅潮、めまいなどがあります。どれも頭の血流が増加することで生じるものです。特に頭痛は気になって性行為に集中できない人もいるようです。しかし、このような副作用はレビトラの効果が薄れてくと同時に徐々に消えていくものですから、大きな心配はありません。ひどい頭痛の場合には、ロキソニンやバファリンなどの市販の鎮痛薬で対処できます。

また、レビトラは全身の粘膜の血流も増大させます。その結果、鼻の粘膜充血による鼻づまりが起こりやすくなります。目の粘膜が充血することで、眼痛や視覚の異常起こるといわれています。胃腸の粘膜充血によって、胃もたれやむかつきなどの胃腸障害が起こることもあります。

レビトラの血管拡張作用は、陰茎だけではなく全身に及ぼされますので、全身で様々な副作用が生じるのです。副作用には個人差がありますから、まずは10㎎の少量から飲み始めて様子を見た方がよいでしょう。

稀な副作用

レビトラは副作用が出やすい薬ですが、健康を害するような副作用は報告されていません。しかし、稀に激しい下痢や背部痛が出現することもあるようです。体質的にレビトラが合わない人もいますので、副作用に悩まされたら、他のED治療薬を試してみるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。