ED治療薬レビトラでペニス増大は可能か?勃起力を高め理想のペニスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レビトラでペニス増大するか?

医薬品としてのペニス増大薬とは、バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬と呼ばれたり勃起薬、ペニス増大薬と呼ばれますが、正式名称は「PDE5阻害薬」と称します。いずれも勃起不全EDの治療が目的の医薬品です。

ペニス増大を目指す人の定説となっているのが、ペニス増大サプリを飲みながらのチントレです。

チントレとはペニス増大トレーニングをすることで、
専用の道具を使ったり、手でトレーニングしたりします。

ペニス増大の目的としまずは自分のペニスのサイズを知る

日本人のペニスの平均サイズは、平常時で8cm、勃起時で12.5cmと言われています。ED治療薬

ペニス増大する方法として

・ペニス増大サプリを使う。

・チンコを自分で大きくする方法に「チントレ(ちんこトレーニング)」というものがあります。
・ペニス増大治療を受ける包茎を治すクリニックでは、ペニス増大治療をうけることができます。

これは包茎を治す治療ではなく、ペニスを大きくする治療です。そのため確実にペニス増大する効果があります。

・吸引ポンプ

性器サイズの試験管のような瓶に陰茎を挿入し、先端についたポンプで中の空気を抜き出し真空状態にする事で吸引するという方法です。使用直後はペニス増大に効果的に思われますが、実は真空にする事で陰茎に血液がたまりやすくなるだけなので、一時的な効果しかないと言われています。

ペニス増大を考える上で、特に知っておきたいのが危険性。実際に大きくできたとしても、それ以上の危険があれば取り組むことはできません。ED治療薬

 

レビトラ服用時の注意点

秘密

レビトラはある条件の人が飲むと、非常に重症な副作用を生じることが分かっています。そのような条件に当てはまる人は無理にレビトラを飲むのはやめましょう。ED治療薬

併用禁忌薬

レビトラは、ニトログリセリンなどの硝酸剤などと一緒に飲んでしまうと、重大な健康被害が生じてしまいます。ニトログリセリンは狭心症に使用される薬ですが、この薬はレビトラの血管拡張作用を異常に増強させてしまうことがあり、急激な血圧低下を引き起こしてしまうのです。その結果、心停止に至る場合もあり、非常に注意が必要なものです。硝酸剤以外にも、一部の抗不整脈薬や血圧の薬なども併用が禁止されています。

常用薬がある人は、必ずレビトラとの飲み合わせが可能なものなのかを確認しましょう。

飲み物や食べ物

お酒

レビトラは少量のアルコールであれば一緒に飲んでも効果や安全性に問題はないとされています。一般的な薬はアルココールとの飲み合わせを控えるようにいわれますが、レビトラではむしろ推奨されることもあるくらいです。

アルコールには、心を落ち着かせる作用があり、EDの原因が精神的な緊張によるものである人にはED改善に効果があるのです。しかし、過度なアルコールは控えましょう。パートナーとの楽しいお酒の席では、ついついお酒が進んでしまうものですが、レビトラは全身の血行をよくする効果がありますので、アルコールが一気に回ってしまい、急性アルコール中毒のような状態になってしまうこともあります。

また、レビトラ服用の際に避けて方がよい飲み物は、グレープフルーツジュースです。グレープフルーツジュースの中には、レビトラの体内での分解を阻害する物質が含まれています。このため、体内のレビトラ濃度が異常に高くなってしまい、極度な血圧低下や勃起持続症などの副作用が生じることがあります。

基礎疾患

レビトラは、低血圧や治療しても改善しない高血圧、肝障害や腎障害がある人は服用することができません。また、これらの病気がなくても、過去数か月以内に心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、脳卒中を発症した人も飲むことを禁じられています。

特に心臓に疾患のある人は、性行為自体が健康を害することもありますので、必ず主治医に相談するようにしましょう。

性感染症

レビトラを飲んだ男性は、いつもより力強い勃起を得られるので、ついつい性行為に夢中になりすぎてしまう傾向があります。その結果、十分な性感染症対策を行わないことも多いようです。しかし、当然ながらレビトラに性感染症を防ぐ効果は一切ありません。最近では、若い女性を中心として梅毒が大流行しておりますし、HIVやクラミジア、淋病などは性行為を通じて感染するものです。ですから、レビトラを飲んだからといって無敵になったと勘違いせずに、きちんとコンドームを着用するなどの対策を行いましょう。

 

レビトラのジェネリック

バリフ

近年、インターネットで薬を個人輸入する人が増えています。自宅にいながらにして、医療機関を受診することなく薬を入手できるので、非常に便利な方法であるといえます。レビトラも例外ではなく、海外から個人輸入することが可能です。

医療機関を受診して医師から処方を受けた場合、レビトラの相場は10㎎のもので1800円、20㎎のもので2000円です。これにさらに診察料がかかります。診察料はED治療の場合、保険適応がされませんから実費となり、医療機関によっては10000円以上かかるところもあります。

一方、個人輸入では、医師の診察を必要としない上に、薬自体も20㎎のものが1500円以下で売買されています。とてもお得に購入できるのです。

また、最近ではレビトラのジェネリックも販売されています。レビトラはまだ特許が切れていない薬ですから、日本国内でジェネリックは販売されていません。しかし、インドは薬の成分に対する特許制度がないため、新薬でもすぐにジェネリックが作られます。今現在世界中で出回っているレビトラのジェネリックはインド製です。インド製ジェネリックは合法的に作られたもので、安全性も効果も保障されたものですから安心しましょう。これらのジェネリックは正規のレビトラの半額以下で購入できます。

レビトラとうまく付き合おう

レビトラは副作用が強い薬です。しかし、優れた効果を持つ薬ですからその副作用とうまく付き合って、快適な性生活を営みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。