レビトラを使用し早漏予防!5分で分かる早漏の対策と防止法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早漏の対処法はまずは原因を知ることが大事

悩み

男性の性へのコンプレックスとして早漏があります。このコンプレックスは、中々周囲の人には言えないとても深い悩みとなります。いくら親しい友人や家族でも早漏に関しての悩みを打ち明けることは難しいです。早漏を対処する前に一番大事なことはそれがなぜ起きてしまうのかということを知ることです。原因が分からなければ、どのように対処していけば良いのか分からないからです。つまり、対処法の前に原因を突き止める方を優先させることが大事です。そして、その原因というのは個々の男性ごとに変わってきます。

大きく分けると原因は、心の問題と体の問題の2つに分けられます。

自分自身がどちらに原因があるかをしっかりと知ることが重要となります。心の問題には必要以上に興奮をしてしまうことでなってしまったり、ストレスによって副交感神経と交感神経のバランスが乱れることで早漏が起こることがあります。一方体の問題の方ですが、こちらは亀頭が外的刺激になれていないことで過敏に反応したり、加齢によって精液の量をコントロールする射精管閉塞筋が低下することで早漏が起こることがあります。ED治療薬

早漏の的確な予防法とは

服用方法

日本人男性のほとんどが、統計的にみると早漏だと言われていますが、一方で女性にどちらがいいのかきいてみると、なかなか達してくれない男性よりもいいという答えも返ってきて、男性にとっては難しく感じるところです。
早漏の定義は、挿入する前、あるいは挿入してから1分以内に射精に達してしまうとあり、女性がそんなに早くと思ってしまうほどの時間で終わってしまうと考えていいでしょう。ED治療薬

 

射精してしまうのは自分ではどうしようもできないと考えられがちですが、実はそうではありません。トレーニングを積めば、早漏は予防することができます。その予防法はいくつかありますが、もっとも簡単な予防法は刺激に慣れさせることです。

刺激に慣れていないために刺激が強すぎるとあっという間に達してしまうわけで、刺激を加えるほどに耐えられるようになります。刺激を与え、達しそうになったら刺激を与えるのをやめて亀頭をつまみ、射精感を抑えるというトレーニングは、早漏の予防法として非常に簡単に取り組めます。ED治療薬

レビトラの効果的な使い方

レビトラにはそれまでになかった性質があり、まさに画期的なED治療薬です。即効性と持続性に特化していますが、実は3種類のED治療薬の中で最も勃起力が強く、早漏にも効果があるという体験談も多いです。

では、レビトラをさらに効果的に使用するにはそのようなことに注意すればよいのか詳しく解説します。

食事との注意事項

最も注意することはやはり食事でしょう。レビトラは700kcal未満の食事であれば十分な効果を発揮できます。しかし、最大限の効果を得るにはやはり空腹時などの胃の中が空っぽの状態で飲むことが望ましいのです。それでは、バイアグラの欠点が解決していないのでは?と思う人もいるでしょう。そこで、お勧めの方法を紹介します。

レビトラは体に素早く吸収されるので、飲んでから30分ほどで胃の中からほとんどの有効成分が吸収されます。その上、最大で10時間の効果が持続します。ですから、食事の30分から1時間前に前もって服用しておくのです。有効成分が吸収された後では、胃の中にどんなに脂っこい高カロリーの食事が流れ込んできても効果に影響は全くありません。食事のその後も長い効果が続きますから、食事をしてホテルに行っても十分な効果を得られるでしょう。バイアグラは最長で5時間ほどの時間しかありませんから、このテクニックを使うには、やや時間が足りませんでした。

勃起不全EDの原因を改善する

ドクター

レビトラは勃起の手助けをするに過ぎず、EDを根本から改善する効果はありません。ですから、レビトラの効果をより高めるためにはEDの根本原因を改善することが重要です。

EDには大きく3つのタイプがあり、若い世代に一番多いのは精神的な原因によるものです。大きなストレスをかかえていたり、疲れが溜まっていたりするときに無理に性行為をしようとして、うまく勃起できなかった経験はありませんか?男性は非常に繊細な生き物ですから、勃起はその時の精神状態が大きく左右するのです。このような失敗が一度や二度あったからといってEDというわけではありません。しかし、失敗が重なるごとに男性は自尊心が傷つきやがて性行為自体にトラウマや強迫観念を覚えてしまうことがあります。このような状態では性欲は減退し、過度の緊張やストレスによってうまく勃起できなくなってしまうのです。精神的要因によってEDになっている人は、レビトラの効果が出にくくなってしまいます。このような場合にはパートナーとよく話し合って、安心した状態で性行為に臨めるように工夫することが大切です。また、ED専門外来などではレビトラと同時に精神安定剤を処方することもあります。どうしても緊張が取れない人は試してみるとよいでしょう。ED治療薬

 

 

中高年に多いのは、生活習慣病や前立腺肥大が原因となって生じるEDです。生活習慣病とは、糖尿病や高血圧、高脂血症などで動脈硬化を引き起こします。動脈硬化になった血管は硬く弾力性を失います。勃起は陰茎の血管が広がって、陰茎の血流が豊富になることで生じる現象です。ですから、その血管自体が障害されている状態ではレビトラがどんなに頑張って作用しようとしても、最大限の効果を発揮することはできません。また、前立腺は非常に陰茎に近い器官です。前立腺肥大は多くの中高年に見られるありふれた病気ですが、肥大した前立腺が勃起に必要な神経や血管を圧迫してEDになることもあります。

また、高血圧の治療薬など、一部の薬では副作用としてEDになることがあります。

薬が原因でEDになっている人は、その薬を別のものに変更するしか改善方法はありません。自分の飲んでいる薬にEDの副作用がある人は、医師や薬剤師に相談するとよいでしょう。

お酒とアルコールはいいのか?

風邪薬をはじめとした多くの薬は、アルコールとの飲み合わせを禁止されています。しかし、レビトラは少量のアルコールであれば効果や安全性に影響はなく、むしろアルコールとの飲み合わせを推奨されることもあります。

アルコールには気持ちを落ち着かせる効果があり、特に精神的な原因でEDになっている人には程よいリラックス効果があり、ED改善に役立つと言われています。適度な量のアルコールには個人差がありますが、ビール1杯、ワイン1杯などほろ酔い程度がよいでしょう。

過度な飲酒は禁物です。多量のアルコールは神経の働きを鈍らせますので、勃起に必要な神経伝達が弱まり、EDが悪化する可能性があります。また、レビトラによって全身血行がよくなった状態で大量のアルコールを飲んでしまうと、一気にアルコールが全身にまわってしまい、急性アルコール中毒のような状態になってしまうことがあるので大変危険なのです。

ED治療薬レビトラの副作用

頭痛

レビトラは即効性と持続性に優れている分、副作用も出やすい薬です。飲んだ人の9割近くの人が何かしらの副作用を感じているといわれています。しかし、それらの副作用は上手に対処することで、気にならなくなるものです。

男性は性的興奮状態になると、体の中にNOという物質盛んに産生されるようになります。このNOは陰茎の血管に働きかけ、cGMPという酵素を増やします。このcGMPは血管の平滑筋を弛緩させる効果があり、その結果として血管が広がります。広がった陰茎の血管には平常時よりも多量の血液が流れこみ、硬く熱く膨張します。このような一連の流れで生じる陰茎の膨張を勃起と呼びます。つまり、勃起は性的興奮によって血管が広げられることによって引き起こされる生理現象なのです。

レビトラは、この時に重要なcGMPを分解するための酵素PDE-5の働きを阻害します。EDの人はcGMPが少ないと言われていますから、PDE-5を妨害することでcGMPを全体的に増加させようと期待したものなのです。

このようなレビトラの血管拡張作用は陰茎だけでなく、全身の血管に及びます。その結果、体のいたるところで様々な副作用が生じるのです。

最も多い副作用は頭痛や顔のほてり、紅潮などです。

ほてりや紅潮は性行為の際に特に気になることはないでしょう。しかし、頭痛はひどい人では気になって性行為に集中できないこともあるようです。そのような場合には市販の頭痛薬を飲んで対処することができます。また、粘膜の充血が生じることで、鼻詰まりや目の痛み、胃もたれなどが生じることがあります。これらの副作用はすべてレビトラの効果がなくなると共に軽減していくものですから、特に心配はありません。

しかし、狭心症治療薬である硝酸剤などの一部の薬にはレビトラの血管拡張効果を必要以上に増大させてしまうものがあり、これらの薬を飲んでいる人がレビトラを飲んでしまうと急激な血圧低下を引き起こして大変危険です。特に心臓の薬を飲んでいる人は、レビトラと飲み合わせてもいいものなのかを必ず確認しましょう。

 

レビトラは使い方次第

レビトラには優れた効果がありますが、使い方次第では効果が薄れてしまうことがあります。正しい服用方法で最大限の効果を発揮させましょう。また、飲んでいけない人もいますから、必ず自分がその禁忌事項に該当しないかを確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。