レビトラを服用し即効早漏改善!原因を究明し根本治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早漏になってしまう原因

心臓病

早漏の原因としては心の問題による精神性のものや身体の問題による肉体性のものがあり、さらに過敏性とストレス性、包茎性と衰弱性に分かれます。
具体的には過敏性のものは経験不足であることと包茎であると起こりやすいとされ、ストレス性のものはセックスに慣れていないというコンプレックスからとされています。包茎性は亀頭が皮に覆われていることで刺激に極端に弱くなっている為で亀頭を少し刺激してしまえば簡単に射精に至ります。衰弱性は加齢に伴い射精管閉鎖筋という筋肉の筋力が弱まってしまい射精してしまいます。

またオナニーの仕方も早漏の原因になります。

これは家族にバレないように早く済ませようという所があり、また竿を刺激して亀頭を刺激しないやり方(皮オナニー)のものも原因に挙げられ、これを改善しないまま習慣を続けると皮が伸びて包茎が進行する要因になってしまうので、亀頭への刺激を行う方法(亀頭オナニー)が良いとされています。ED治療薬

早漏の改善法について

疑問

性交の際に女性がオーガズムに達する前に射精してしまうことを早漏と言い、パートナーとの関係性において不調が生じたり、自身のコンプレックスになることもあります。

早漏の原因としては心が原因である場合と身体が原因であることがあげられます。

心の場合には多いのが若い世代の方たちで成功が慣れていないために、性的刺激に対して必要以上に興奮してしまいコントロールできなくなることがあるのです。

また身体が原因の場合には、脊髄反射が反応しすぎる、または早いことにあります。こうしたことを治す改善法としてはPC筋という終えにストお尻周辺にある筋肉を鍛えるトレーニングが有効です。5秒かけて肛門をゆっくりと締め、そのままキープ、その後また5秒かけて肛門を緩めていくという筋トレを数回繰り返す方法です。これを毎日行っていくうちにPC筋が鍛えられ、写生をコントロールでき量になります。その他薬やサプリメントなどを利用することもできます。ED治療薬

早漏防止するレビトラの使い方

レビトラ10mg

レビトラは世界で二番目に発売されたED治療薬です。2004年にドイツで最初に販売され、日本では2004年に認可された新薬です。1999年に販売された世界初のED治療薬バイアグラと比べて、即効性と持続性に優れ、食事に影響されにくい性質を持ちます。ですから、レビトラはバイアグラの改良版といわれてきました。日本ではバイアグラほど知名度は高くありませんが、世界中で根強い愛好家が大勢いるのです。

レビトラは改良された性質ゆえに、バイアグラよりも使いやすいといわれています。ここでは、レビトラの基本的な使い方から、より効果的に服用できるコツを解説します。ED治療薬

レビトラの基本情報

GOOD

レビトラは、有効成分としてバルデナフィルを含むED治療薬です。薬自体はPDE-5阻害薬に分類されており、PDE-5という重要な酵素の働きを邪魔する作用があります。バイアグラやシアリスといった他のED治療薬も、有効成分はそれぞれ異なりますが、どれもPDE-5阻害薬であり、根本的な働きは同じです。それぞれの性質の差は有効成分の違いにあり、レビトラは直線状の化学構造なので、体に吸収されやすく、分解にやや時間がかかる特徴があるのです。

レビトラの形状は淡黄色の円形錠剤です。水分と一緒に服用します。かみ砕いて飲んでも効果や安全性に差はありませんが、苦い味がするので水分と一緒に飲むことをおすすめします。

用量は5㎎、10㎎、20㎎のタイプがありますが、この用量の差はバルデナフィルの含有量を現しています。主にED治療に使用されるのは10㎎、20㎎のタイプであり、価格は医療機関や通販サイトによって異なります。

通販サイトでは海外製のジェネリックも販売されており、非常に安く入手することも可能です。

レビトラの特徴と使用方法

薬

レビトラは、化学構造を変化させたことで優れた即効性と持続性が実現しました。この性質はレビトラの使用方法とも大きく関係してきます。

効果が現れるまでの時間

個人差もありますが、レビトラは服用してから30分程度で効果が現れます。早い人だと15分で効果があるといわれており、突発的な性行為のチャンスに恵まれた時に最適な薬です。飲んでから最も高い血中濃度になるには45分ほどかかりますから、性行為の30分くらい前に服用するのがよいでしょう。

レビトラ効果持続時間

好調

レビトラの効果持続時間は用量によって異なります。10㎎のタイプでは5~8時間、20㎎のものでは8~10時間の効果が発揮されます。従来のED治療薬バイアグラはどの用量でも5時間ほどの効果しか続きませんでした。そのため、バイアグラは現実的に一日一回の性行為でしか効果を得ることができなかったのです。その点、レビトラは最大で10時間の効果がありますから、タイミングさえ合わせられれば、一日に複数回の性行為の臨むこともできるのです。

しかし、薬の効果は徐々に薄れていきますから、大事な性行為のときには行為の30分前に飲むことをお勧めします。

食事との関係

食事

レビトラは食事の影響を比較的受けにくいED治療薬です。一方、バイアグラは食事の影響を非常に受けやすい薬です。胃の中に食べ物が残っている状態で飲んでしまうと、体への吸収が大幅に減少してしまうのです。ですから、バイアグラは空腹時や食後2時間以上経ったときに服用すると定められています。特に脂肪分がバイアグラの吸収を阻害しやすく、牛乳などの脂肪分の多い飲み物で服用しても吸収に影響がありました。この食事との関係は、多くのバイアグラ愛用者の悩みの種となっていたのです。

一般的なデートの流れは、パートナーと食事に行き、お酒を交わして楽しい時間を過ごした後にクライマックスとしてホテルに行くというものでしょう。しかし、バイアグラは性行為1時間前に空腹の状態で飲まなければならず、このような一般的なデートの流れは困難でした。

レビトラは食事の影響が少なく、直前の食事が700kcal未満かつ脂肪分が30%未満であれば効果に大きな影響は出ないと発表されています。性行為前の食事を可能にしてくれたのです。しかし、脂肪分は30%未満に抑える必要があり、外食の場合にはこれをオーバーすることが多いです。ですから、なるべく脂っこいものを避けてあっさりしたメニューを選ぶのが無難です。

レビトラにはこのような性質があります。

使い方としては、性行為30分前に飲み、最大で10時間以内であれば何度でも性行為にトライすることができます。

また、食事の影響を受けにくいですから、あっさりしたカロリー控えめのメニューであれば性行為前の食事をすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。