レビトラ飲んで中折れを予防しペニスの萎え・硬くならないを解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中折れを改善する食生活

食事

中折れで悩んでいるという場合、まずは食生活を見直してみることがポイントです。勃起は陰茎海綿体の動脈に大量の血液が流れ込み、ペニスに血液が満たされることで起こる現象です。そのため血流が悪いと中折れなどが起こりやすくなると言われています。中折れを防止するためには、普段の食事で血流を良くすることを心がけましょう。まずはDHAという栄養素を摂取するのがおすすめです。DHAは青魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸ですが、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという効果があります。また中性脂肪の増加を抑える作用もあるため、勃起をサポートしてくれるでしょう。EPAも青魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸ですが、動脈の柔軟性を保つといった働きが勃起に役立ちます。中折れを改善したいなら水溶性食物繊維も積極的に摂取するのがおすすめです。水溶性食物繊は昆布やワカメ、こんにゃくなどに多く含まれており、コレステロールの吸収を抑制するという働きがあります。ED治療薬

中折れも勃起不全の一つに該当します

頭痛

勃起不全はペニスがまったく立たない、または立ちが悪いという状況を指しています。年を重ねることで若干柔らかくなると感じることはありますが、性行為に大きな支障が出なければEDとは言わないことが多いです。EDの定義は曖昧であり、結局のところは男女が満足できるかどうかが鍵となります。中折れは勃起不全には該当しないという意見もありますが、中折れも正真正銘の勃起不全です。性行為に支障が出るのは間違いないので、早めの対策が必要です。

風邪や腹痛などは放置しても改善するのが普通ですが、勃起不全は原因を取り除かない以上は解消しません。放置しておくほど重症化することが多く、これは年齢とともに血流が悪化するためです。血流障害に負けないためには身体を常に元気にしておく必要があり、特に生活習慣病には注意してください。中折れが増えてきたら生活習慣病の中でも血管疾患を招いている可能性が高いです。脂質異常症や高血糖、高血圧などの症状には特に注意が必要です。ED治療薬

中折れしない為のトレーニング方法

中折れを防止するためには骨盤底筋群を鍛える必要があります。男性器の勃起を維持するために、ペニスの根元を締め付けて血液の流出を防ぐ必要があります。その役割をになっているのが骨盤底筋群で、この筋肉が弱っていると勃起を維持することができなくなってしまいます。この筋肉を鍛えるにはスクワットをする事が有効です。両足を少し広げてつま先をハの字に広げて立ちます。お尻を後ろに突き出しながら膝を90度ぐらいまで曲げていきます。イスに腰掛けるようにお尻を後ろに突き出していく事がポイントです。そこからゆっくり元の位置までゆっくり戻ります。このトレーニングを1セット10回を2セットから3セットぐらいやります。膝や腰が痛い方は無理しないように気をつけてください。また呼吸が止まりやすいので、膝を曲げる時に息を吸って、膝を伸ばす時に息を吐き出すことを常に意識して行います。内ももにききますが、内ももは骨盤底筋群とつながっているため中折れ防止トレーニングとして有能です。ED治療薬

ED治療薬レビトラの価格

比較

レビトラは世界で2番目に発売されたED治療薬です。最初のED治療薬のバイアグラよりも即効性、持続性に優れ、大きな支持を得てきました。では、いざレビトラを試そうと思ったら、あなたはどのようにしてレビトラを入手しますか?日本国内ではレビトラの入手方法は2つです。必要となる費用の異なる2つの方法ですが、それぞれのメリット、デメリットも加えながら、詳しく解説します。

レビトラはどんな治療薬?

レビトラ

日本では現在3種類のED治療薬が販売されていますが、2004年に2番目に発売された薬です。最初のED治療薬バイアグラよりも即効性に優れ、効果持続時間が長いことからバイアグラの進化バージョンと考えられています。が、いまなおバイアグラの知名度の方が高いと言えるでしょう。また、その後2007年に発売されたシアリスは、バイアグラやレビトラとは全く異なる性質で、遅効性であり、効果は最長で36時間続くものであり、バイアグラやレビトラとはコンセプトの異なる薬と認識されています。

レビトラの有効成分はバルデナフィルという物質で、直線状の化学構造です。この構造は体内に吸収されやすく、分解されやすい性質になり、レビトラのセールスポイントになっています。レビトラのパッケージには、燃え上がる炎のイラストが描かれており、燃え上がるような即効性があることを示しているのです。

レビトラは、薄い黄色の丸い錠剤で、5㎎、10㎎、20㎎のタイプがあります。主にED治療に用いられるのは、10㎎と20㎎のタイプです。この用量は有効成分バルデナフィルの含有量を占めしており、用量が多いほど効果が強く、持続時間も長いものです。

レビトラはどうやって入手するの?その価格は?

日本国内でレビトラを入手するには2つの方法があります。その方法によって入手にかかる費用は異なります。また、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分が一番いい方法を選びましょう。

インターネット通販で購入

スマホ

インターネットが発展した現在では、自宅にいても世界中から様々な商品が簡単に手に入れることができます。条約で禁じられているもの以外、手に入らないものはないでしょう。それは薬も同様であり、禁止された薬物以外はインターネットで簡単に入手することができます。もちろんレビトラも個人輸入で購入が可能なのです。

個人輸入では、レビトラは20㎎のものが1錠1300円前後で取引されていることが多いようです。また、業者によってはまとめ買い割引や送料無料キャンペーンがあり、お得に購入できるところもあります。

しかし、通販での購入は、完全なる自己責任となります。レビトラは即効性があり強い効果を持つため、3種類のED治療薬の中で最も副作用が現れやすいといわれています。さらに、レビトラを飲んではいけないと決められている人たちもおり、その人たちが誤って飲んでしまうと、重大な健康被害を受けることもあります。ですから、自分が安全にレビトラを飲めるのかどうかを必ず確認しなければなりません。

最近では、外国製のジェネリックが通販で購入できるようになり、これらの薬は種類も豊富で価格も正規のレビトラの半額以下の値段で購入することができます。

医師の処方

クリニック

日本国内で正規ルートのレビトラを購入しようとすると、必ず医師の処方が必要になります。そのためには、医療機関を受診する必要があります。ED治療は主に泌尿器科で行いますが、もちろん内科でも外科でもどこでも処方が可能です。医師であれば誰でも処方できますから、泌尿器科に抵抗のある人はかかりつけの馴染みのある医師に相談してもよいでしょう。

EDの診察は問診が主体となります。もちろん、EDの原因が他の身体的な病気の場合には、その病気の治療も同時に行うこともあるでしょう。しかし、陰茎をチェックして注意深く観察されるということはまずありませんので安心しましょう。EDの診断には、国際勃起スコアという点数表が用いられることが多く、これはいくつかの質問に答えて、それを点数化することでEDの可能性や重症度を判定するものです。

最近では、ED外来という、EDに特化した診療科を設けている医療機関もあり、こちらではEDに精通した専門のスタッフが対応することになります。また、周りの受診者もEDで悩んでいることが明白ですので心強いかも知れませんね。

医師からの処方によって入手する場合は、当然ながら、薬代の他に診察料がかかります。EDの治療には健康保険が使えませんので、これらの費用はすべて実費です。医療機関でのレビトラの相場は10㎎で1500円、20㎎で2000円ほどです。診察料は医療機関によって異なり、3000円から10000円程度のところが多いようです。ED専門外来の中には診察料は無料で負担は薬代だけのところもあります。費用が気になる人は、受診前に医療機関に確認してみるとよいでしょう。

薬代の他に診察料もかかりますから、医師からの処方でレビトラを手に入れるのは大きな負担になります。しかし、医師から処方を受けるときには必ず飲んでいる薬や全身状態をチェックされ、安全に飲めることが確認されますから安全性は非常に高いといえるでしょう。

通販と処方のメリットデメリットとは

医者

通販、処方。どちらを選ぶ場合でもメリットとデメリットがあります。もちろん、何度もレビトラを服用していて、使い慣れているという人は通販でよいでしょう。しかし、最初に飲もうとするときは、必ず安全の確認をしてからにしましょう。

お得さも安全性も選びたいという人には、最初に飲むときは医療機関で処方してもらい、安全に飲めることが分かって大きな副作用も現れなければ次からは通販を利用するという二刀流がおすすめです。それぞれのメリットを利用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。