レビトラに含まれる有効成分バルデナフィルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
成分

レビトラは日本ではED治療薬として2番目に認可

レビトラはドイツで開発された薬で、日本ではED治療薬として2番目に認可されています。発売当初は10mgしかありませんでしたが、その効果の高さから現在では20mgも扱われるようになりました。
成分についてですが、ED治療への有効成分として塩酸バルデナフィル水和物が配合されています。塩酸バルデナフィル水和物は、PDE-5という成分を阻害する働きを持ちます。PDE-5は酵素のひとつで、血管内に増えすぎてしまうと勃起がなえてしまうという特徴があります。レビトラはPDE-5を阻害することで、勃起状態を維持し、なえさせないようにする薬です。
この阻害する働きは他のED治療薬も持っていますが、レビトラの最大の特徴ともいえるのが、水溶性であるという点です。そのため、ノン絵から効果が出るまでの時間が短く、飲む目安としては性行為の1時間ほど前が目安になりますが、服用から20分ほどで効果を感じる人が多い薬なので愛用者が多いです。持続時間は、個人差がりますが3~4時間は継続したままです。ED治療薬

 

食事の影響を受けにくいレビトラ

食事さらに、食事の影響を受けにくいのでいつも通りの生活をしながら服用し、効果が得られるというメリットがあります。ただ、満腹状態では効果が発揮できなくなってしまうので、飲食をする場合はあっさりしたものを腹八分目程度に抑える必要があります。高い効果が必要な時は、空腹時や食事をしてから2時間ほどあけるようにします。
ED治療薬ということで、飲めばすぐに勃起する薬だと思っている人が多いのですが、レビトラは勃起を補助する薬です。飲むだけで勃起させるような効果はなく、性的刺激がなければ勃起は起りません。血管を拡張する成分なので、顔のほてりなどの症状が出ることもあります。そのため、高血圧や不整脈の患者さんは服用することはできません。レビトラの成分について知ることで、効果やどのような人が服用できるのかということも分かります。勃起をサポートしてくれる薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。