カマグラ100mg POLOの主成分シルデナフィルは勃起を促す効果・効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カマグラ100mg POLO

舐めたり噛んだりして服用出来るカマグラ100mg POLO

カマグラ100mg POLO

カマグラ100mg POLOはバイアグラの後発医薬品の一つです。バイアグラはEDの症状を抑えてくれる作用を期待出来る医薬品です。国内のクリニックで処方を受けることが出来ますが、カマグラ100mg POLOは個人輸入代行店を通じて入手が出来るED治療薬です。国内で処方が行われるバイアグラは25mgや50mgが主体ですが、カマグラ100mg POLOは処方薬の2倍から4倍の量を持ちます。ED治療薬

 

カマグラPOLOの有効性成分であるシルデナフィルは、この勃起を萎え指すPDE5の働きを阻害し、血管拡張をさせ十分な血液の確保に効果があるため勃起を促す作用として働きます。

日本人は外国人と比較して体が小さいなどからも、100mgでは量が多過ぎるため、カマグラ100mg POLOを利用する場合にはピルカッターを使って半分もしくは4分の1の量にして服用するのがお勧めです。尚、バイアグラは水と一緒に服用するタイプの医薬品ですが、カマグラ100mg POLOは舐めたり噛んだりして服用出来るトローチ型の錠剤です。そのため、水がなくても服用が出来る、どこでも気軽に服用出来るなどのメリットを持つED治療薬です。

カマグラPOLOは味もストロベリー、パインの2種類あり、即効性もあるので、大変人気です。

カマグラPOLOはインターネットで個人輸入代行で通販可能です。ED治療薬

バイアグラの作用・副作用

頭痛

バイアグラは服用した人の90%は何らかの副作用を感じていると言われています。ここでは、バイアグラがどのようにEDを改善し、どのような副作用があるのかを詳しく見てみましょう。ED治療薬

バイアグラの作用

バイアグラはPDE-5阻害薬の一種です。PDE-5とは人体の酵素の一種であり、勃起現象に大きく関わっています。

男性は性的に魅力あるものが目に入ったり、感じたりすると大脳で興奮が生じます。この性的興奮がシグナルとなって、体の中ではNOという物質が盛んに生成されるようになります。このNOという物質は、NO作動性血管に作用し、さらにcGMPという酵素が盛んに生成されるようになります。cGMPは血管の平滑筋を弛緩し、血管を拡張させる作用がありますが、陰茎の血管もこの一連の流れを受けるNO作動性血管です。

陰茎には通常の組織にはない、海綿体という構造があります。海綿体はその名の通り、スポンジのような構造で、隙間がたくさんある組織です。平常時にはこの隙間はスカスカのままで陰茎は縮まっていますが、血管が拡張され血流が増加すると、スカスカの隙間に血液が一気に流れ込んで大きく膨張します。このような状態の陰茎を私たちは勃起と呼ぶのです。つまり、勃起とは、性的興奮が生じ、陰茎の血管が拡張されることで生じる生理現象なのです。

バイアグラの勃起のメカニズム

勃起するために重要な役割を担うcGMPですが、私たちの体にはcGMPを分解するための酵素も存在します。これが、PDE-5と呼ばれるものです。cGMPは血管を拡張する効果がありますが、いつまでも血管が拡張したままではいけません。元に戻るためにはPDE-5が必要なのです。EDの人はcGMPに比べてPDE-5が多いため、勃起に必要な血管拡張が正常に行えないといわれています。この点に注目して作られたのがバイアグラです。バイアグラは、PDE-5の働きを阻害することで、cGMPの分解を防ぎ、結果として長く血管拡張作用を得ようという薬なのです。

バイアグラは勃起のメカニズムを上手に利用した薬であり、当然、性的興奮が生じて初めて効果を発揮します。バイアグラを飲むと精力が湧きあがり、強い力が漲ると考えている人もいるでしょうが、バイアグラには精力剤や催淫剤のような効果は一切ありません。

バイアグラの副作用

頭痛

このように、バイアグラの作用の本体は血管を拡張させることにありました。NO作動性血管は陰茎だけでなく、全身に存在します。ですから、バイアグラを服用すると全身の血管が拡張され、それに伴う副作用が体のいたるところに現れます。

代表的な副作用としては、頭部の血流がよくなることで頭痛やめまい、ほてりなどを感じることがあります。ほてりは、バイアグラを使用しない性行為でも生じるものですから特に問題はないでしょう。しかし、頭痛はひどい人の場合には、性行為に集中できないことがあります。そのような時には市販の頭痛薬を服用すれば、だいぶ改善することができます。

また、NO作動性血管は多くの粘膜構造にも存在します。粘膜の血管が拡張すると、充血し様々な症状を引き越します。特に多いのが、鼻づまりや目の痛み、胃もたれなどです。

しかし、これらの副作用は全て、バイアグラの効果がなくなると共に軽減していくものですから大きな心配は必要ないでしょう。

非常に稀なケースですが、バイアグラを服用すると狭心症様の症状が現れる人がいます。バイアグラは全身の血管を広げて血行を良くする一方で、心臓へ送られるはずの血流が少なくなります。心臓が血液不足になると心臓の筋肉が酸欠状態となり、狭心症のような胸痛を感じることがあるのです。バイアグラを服用して胸痛を感じる人は必ず医師に相談しましょう。

バイアグラのジェネリック

カベルタ100mgバイアグラは重大な副作用にさえ注意して正しい使い方をすれば比較的安全な薬であるといえます。2014年にはジェネリックが解禁され、おなじシルデナフィルを含む薬の選択の幅は大きく広がりました。

ここでは、バイアグラのジェネリックの特徴を詳しく解説します。

そもそもジェネリックとは?

製薬会社がある新薬を開発すると、その有効成分や製造方法、用途などに対して20年ほどの特許が認められます。新薬を開発するには莫大な費用と膨大な時間、人件費が必要ですから、発売後すぐに他の会社から同様の薬を販売されては、せっかく新薬を開発しても製薬会社は利益を横取りされたことになってしまいます。このような事態を防ぐために、新薬には様々な特許が認められるのです。

それらの特許は概ね20年で切れ、20年を経過した後は他の製薬会社も同じ有効成分の薬を独自に改良して販売することができます。このようにして販売される薬をジェネリックと呼び、新薬を先進薬と呼ぶのに対してジェネリックは後進薬と呼ばれます。

ジェネリックはすでに効果や安全性が確立した薬を自社用に改良すればよいので、開発費用が大幅に削減できます。ジェネリックが先進薬よりも安価なのはこのためです。しかし、ジェネリックには同じ有効成分を同じ量含むことが決められていますので、先進薬と同様の効果が期待できます。つまり、同じ効果で同じ安全性を安く手にすることができ、お財布に優しい薬なのです。

インド製ジェネリック

ジェネリックはインド製のものが非常に多く出回っています。中には特許が切れる前の薬のジェネリックも販売されていますが、これは違法に作られた薬なのでしょうか。

実は、インドには特許の中でも薬の有効成分に対する成分特許が長年認められておらず、製造方法さえ異なれば、先進薬と同じ有効成分の薬を製造販売することができるのです。インドの製薬技術は非常に高く、世界中から評価されていますので、ジェネリックも安心して服用することができます。

日本では個人輸入を通してインド製ジェネリックを購入することができます。しかし、最近、バイアグラをはじめとしたED治療薬の偽ジェネリックが出回っており、健康被害を受ける可能性もあることが社会問題となっています。偽物は主に日本人をターゲットに作られており、非常に精巧ですから素人が偽物か本物かを判別することは不可能です。

個人輸入でバイアグラやそのジェネリックを購入するときは、極端に安いところは避け、怪しげな日本語サイトを運営している業者は避けた方が無難でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。