カマグラ発泡錠とバイアグラの効果と特徴とは?ネット通販の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カマグラ発泡錠

カマグラ発泡錠の特徴とは

カマグラ発泡錠

カマグラ発泡錠は、他のカマグラと同じように血流を良くして勃起を促進するED治療薬です。インドの製薬会社アジャンタファーマが製造販売しバイアグラのジェネリック医薬品です。

カマグラ発泡錠の特徴として水に錠剤を溶かし飲むことが挙げられ、身体にシルデナフィルの吸収を早め即効性を高めます。よって通常なカマグラより効果が出るのが早くなりそれが人気となってますが、副作用が出るタイミングも早くなります。薬を溶かして飲むので水に溶けやすい性質で水に入れたら発泡し素早く崩れ、味もオレンジ味とフルーティで飲みやすい(ただし比較的副作用が起こりにくい)点も特徴で、飲み物の代わりのように使えるので普通に水やジュースを飲んでいるようにふるまうことで相手にバレない様に出来ます。

1つのパッケージにシルデナフィルを100mg含んだ錠剤が7錠入っていて、サイズも他のカマグラと違い100mgであるため、外国人より小柄でありがちな日本人の場合1日の服用は50mg以下が適切な量であるため、半分に切って使用になるので一錠で二回分となるのもポイントとしてあげられコストパフォーマンスが高くなっています。

カマグラ発泡錠は比較的副作用が起こりにくいED薬ですが、頭痛、鼻づまり、倦怠感、吐き気、下痢などの症状が起こる恐れがあります。ED治療薬

カマグラ発泡錠は下記の方に服用をおすすめ

・錠剤を飲むことが苦手
・治療薬効果の即効性が必要
・価格を安く購入したい

バイアグラは安全か?

バイアグラ

バイアグラは世界初のED治療薬です。本来は狭心症のくすりとして開発されましたが、研究段階で狭心症にはあまり効果がないものの、力強い勃起が生じる効果が確認され、1997年にアメリカで販売された歴史があります。

アメリカで販売が開始されると同時に、バイアグラは日本でも非常にメジャーな薬となり、まだ国内未認可の段階では個人輸入で入手する人が続出し、バイアグラ購入ツアーが組まれるなど、社会現象となりました。

しかし、バイアグラは医薬品の一つなので当然副作用もあり、正しい使い方をしないと健康に害を及ぼす可能性もあります。ここでは、バイアグラの安全な使い方と入手方法を詳しく解説します。ED治療薬

バイアグラの作用と副作用

頭痛

日本でまだバイアグラの認可が下りていなかった頃ですが、個人輸入でバイアグラを購入した男性が、バイアグラを服用して死亡するという事故が起きたことがありました。日本では、アメリカで販売開始された翌年に認可が下りましたが、これは異常なスピード認可と言えます。日本では海外で販売されている薬でも安全性や効果について詳しい研究が重ねられて初めて認可が下されるのです。

しかし、バイアグラはすでに個人輸入や買い付けで入手している人が非常に多く、そのような人たちが正しい知識を持たずに服用してしまい、健康被害を受けたケースがたくさんあったのです。ですから、このような被害を防ぐためにバイアグラは異例のスピードで認可され、医師の処方の元に販売が許可されたのでした。

では、バイアグラはきちんと注意して服用すれば安全な薬と言えるのでしょうか?ED治療薬

バイアグラの作用

バイアグラは陰茎の血管を拡張させることで勃起を促します。

男性は、性的魅力のあるものを見たり、触ったり、感じたりすると大脳で性的な興奮が生じます。すると、体内ではNOという物質が盛んに分泌されるようになり、陰茎の血管に働きかけます。陰茎の血管はNO作動性血管であり、NOの刺激を受けることによって血管内にcGMPという酵素の一種が多く抄出されます。このcGMPは血管の平滑筋を弛緩し、血管を拡張させる働きがあります。一方、陰茎には海綿体という構造があり、普段はスポンジのように隙間だらけで、柔らかくふにゃふにゃな状態です。しかし、血管が拡張して一気に血流が増すと、水分を吸い込んだスポンジのように隙間に血液が入り込み、大きく膨張します。この現象が勃起と呼ばれるものであり、陰茎は性的な刺激を受けることで血管が広がり体積が膨張することで勃起するのです。

バイアグラは、この勃起メカニズムをうまく利用した薬です。バイアグラにはシルデナフィルという有効成分が含まれ、cGMPの分解を抑制する作用があります。EDの人はcGMPの量が健康な人よりも少ないことが知られており、バイアグラはcGMPの量を増やすことで勃起に十分な血管拡張作用を得ようとしたものです。

ですから、バイアグラは性的興奮が生じている時にしか作用せず、服用しただけで性欲や活力が湧きあがるような効果は持ち合わせていないのです。

バイアグラの副作用

バイアグラの本質は、陰茎の血管を拡張させることでしたね。体中には陰茎と同じNO作動性血管がたくさんあり、バイアグラの血管拡張作用は陰茎だけでなく全身のNO作動性血管に及びます。そのため、全身のいたるところの血管が拡張し、血流が一気に上昇しますから、様々な副作用が生じます。バイアグラを服用した人の実に9割の人が何らかの副作用を感じていると言われています。

バイアグラにはどのような副作用があるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

頭痛、ほてり、めまい

顔や頭の中の血管が拡張することで、頭痛やほてり、めまいなどの副作用を生じることが多いです。特に頭痛は多くの人が感じる症状です。ひどい頭痛で性行為に集中できない人もいるようですが、そのような場合にはロキソニンやバファリンなどの市販の鎮痛薬で対処することができます。また、副作用自体は、長く続くものではなく、バイアグラの効果が切れるころには自然と治まるものですから大きな心配は必要ありません。

鼻づまり、眼痛、胃もたれ

NO作動性血管は、様々な粘膜にも分布しています。粘膜の血管は血流が豊富になると充血して晴れた状態となり、様々な症状が引き起こされます。代表的な副作用は鼻づまりや眼痛、胃もたれなどです。これらの副作用は、頭痛やめまいよりも長く続きやすく、バイアグラの効果がなくなっても引き続き悩まされることがあります。

副作用がひどい場合には、体質に対して用量が多すぎることや体質自体がバイアグラに合わないことが考えられますので、減量や他のED治療薬への変更を考えましょう。

胸の痛み

バイアグラは全身の血流をよくしますが、本来心臓に送られるべき血液量が減り、心臓への酸素や栄養が足りない状態になると、狭心症のような胸の痛みを感じることがあります。通常であれば、症状は一過性のものですが、長引く場合は非常に危険ですから必ず循環器専門医を受診して下さい。

このように、バイアグラには様々な副作用がありますが、ほとんどのものは一過性であり、特に心配はありません。稀に、狭心症に似た症状が起きることがありますが、そのような場合はすぐに専門医を受診すればよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。