ジェネリック医薬品とはメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ジェネリック医薬品を利用する

ジェネリックED治療薬多くの医薬品にはジェネリック医薬品と呼ばれるものがあります。ジェネリックとは「後発」という意味があり、オリジナルの製品と同じ成分を持っていますが、違う会社によって作られている薬のことを指します。ジェネリック医薬品のメリットは、やはり価格が安いということです。というのも、新薬を開発するためには、多額の費用と時間をかけて研究、開発をする必要があり、その膨大な開発費用を回収するために販売価格の中にプラスされているからです。どうしてもオリジナルの製品は薬価が高くなる傾向がありますが、ジェネリック医薬品はその開発費用がかかりませんので、製造コストなど必要なコストだけで販売できるという大きなメリットがあるのです。価格が非常に安いため、特に長期間にわたって服用し続ける必要のある薬などを利用する場合、経済的な負担を抑えて安心して使い続けられるという利点が生まれます。

ジェネリック医薬品にはデメリットもある

一方でジェネリック医薬品にはデメリットもあります。それは、オリジナルの製品とは微妙ながら違う点が出てくるかもしれないということです。もちろん、成分は全く同じものを使っているのですが、製造プロセスや錠剤にまとめるための添加剤などに違う物質を使っていることがあります。効果という面ではほとんど変わらないと言えますが、こうした微妙な点によって多少の差が出てくることもあります。さらに、オリジナルの製品は大手の製薬メーカーによって作られているため、品質管理がしっかりとしていますが、ジェネリック医薬品の中にはあまりこうした品質基準がしっかりとしていないメーカーによって作られていることがあります。安全性の面で心配が残るところもありますので注意が必要です。また、ED治療薬のジェネリック医薬品の場合は、日本においては厚生労働省の認可を受けていませんので、個人の自己責任で使用する必要があります。万が一この薬を使ったために副作用が生じても被害者救済などの制度が適用されないというのもデメリットと言えるでしょう。ED治療薬

 

ED治療薬のジェネリック医薬品の価格

ジェネリックED治療薬ジェネリック医薬品の最大のメリットは、オリジナルの製品に比べて価格が安くなるということです。具体的には、オリジナルの製品の半分から4分の1くらいになることが多くなっています。たとえばバイアグラで言うと、シルデナフィル100mg含有のオリジナルは、1錠あたりの価格が1,700円くらいとなっています。しかもこれは個人輸入代行業者から購入した場合で、専門クリニックで購入するともっと高くなることもあります。というのも、ED治療は基本的に自由診療となっていて保険が適用されないため、クリニックが価格を自由に設定できるからです。一方のジェネリック医薬品の場合は、人気があり少し高めのものでも1錠あたり800円程度、安いものだと700円台になります。実に半分以下の価格で購入できますので、経済的なメリットは非常に大きくなります。

しかも、ジェネリック医薬品はより主要成分の配合量が多いものを販売する傾向が強くなっています。その方が消費者からの反応がいいですし、コスト的にもメリットが大きくなるからです。そこで、同じ1錠でも成分の配合量が多いものを購入して、それをピルカッターなどを使ってカットして飲むことによって、より安く服用できるようになります。ただでさえジェネリック医薬品は安いのに、さらにお得に服用できることになりますので、オリジナル製品とのコスパの差はとても大きくなるのです。

ジェネリック医薬品が多くの人に選ばれる理由とは?

クリニックこのように、ジェネリック医薬品は何よりも価格が安いというのがメリットとなっています。ED治療薬は全体的に1錠あたりの価格が高いので、できるだけ安く購入できるのであればその方が良いに決まっています。しかも、バイアグラなどのED治療薬は勃起不全そのものを根本的に解決するわけではなく、一時的に症状を改善するだけです。治療薬はずっと飲み続ける必要があり、使う頻度にもよりますが毎月かなりの額の薬代がかかってしまうこともあります。ずっと長く使い続けるためには、コストの安いジェネリック医薬品を使用することには大きなメリットがあるのです。これが多くの人がジェネリックを選ぶ理由となっています。また、日本国内ではED治療薬のジェネリックは厚生労働省の認可を受けていませんので、個人輸入という形で買わなくてはいけません。これには多少面倒なこともありますが、クリニックに通って処方箋をもらう必要がありませんので、総合的に見ればより簡単に治療薬を手に入れられることになります。インターネット上で購入できますので手間もかかりませんし、だれかに知られることもなく手軽にED治療ができるというのもうれしいところでしょう。これもジェネリック医薬品が多くの人に支持される理由となっているのです。ED治療薬

 

ジェネリック医薬品を使う際の注意点

中年このように、たくさんのメリットがあるジェネリック医薬品ですが、購入と使用の際には注意が必要です。まず、ED治療薬にはたくさんの偽造薬が出回っているため、信頼できるところで買わないと偽物をつかまされてしまうことがあるという点です。効果が全くないくらいならまだいいですが、中には逆に体に害となるような成分が含まれている偽造薬が売られていることもあります。必ず実績があり信頼できる個人輸入代行業者から購入するようにしましょう。値段がいくら安くなっていたとしても、怪しい業者からは絶対に買わないようにしてください。

もう一つの注意点は、こうしたジェネリック医薬品の使用は自己責任で服用するものですので、使用の際には体調の変化などに気を配るということです。特に新しい薬を試すときには、かなり慎重に飲み始めるようにして、副作用が出ていないかどうかをチェックしましょう。もし何らかの異常を感じたら、すぐに服用を止めるようにしましょう。ED治療薬の場合は重い副作用が出る可能性もありますので、パートナーに治療薬を使っていることを知らせておくのが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。