ED治療薬のジェネリックって安全なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ジェネリック医薬品

ED治療薬のジェネリックの種類とは?

ジェネリックED治療薬

ED治療薬はどれもしっかりとした効果を持つもので、大きな副作用もなく安全に使うことができるというメリットを持っています。そのため、EDの症状に悩んでいるのであれば、適切な医師の診察を受けた後にED治療薬を利用するのはとても効果的です。しかし、日本国内で認可されている3つのED治療薬はどれも安くはありませんし、基本的にED治療は自由診療となっていますので保険が適用されません。クリニックが自由に価格を決めることができますし、完全に全額自己負担となってしまいますので、どうしても経済的な負担が多くなります。ED治療薬は一度使ったら、後はずっと効果が続くというものではなく、定期的に使用し続けるタイプのものですので、頻繁に購入し使用するとなると、それなりの経済的な負担がかかることになります。こうしたことから、少しでもED治療薬を安く使える道を探るというのはとても大事です。ED治療薬

 

 

その点でメリットとなるのが、ジェネリック製品を利用するということです。ジェネリックは後発薬という意味で、オリジナルの製品と同じ成分を含んでいるものの、他の会社で作っているため安くなっています。これは、品質を下げているためにコストが下がっているのではなく、研究開発のためにかかるコストがほぼかからないために、安く製造、販売できるのです。一つの新薬を作るためには莫大な資金が必要で、場合によっては数百憶というコストがかかります。そのため、オリジナル製品はその研究開発費を回収するために製品の販売価格に上乗せしています。一方でジェネリック製品は、そのコストがかからず、製造費だけで済みますので安く販売できるのです。

ジェネリック製品はED治療薬にも

カベルタこうしたメリットを生かしたジェネリック製品はED治療薬にもたくさんあり、日本国内で認可されている三つの治療薬、バイアグラ、レビトラ、シアリスのどれにも存在しています。それぞれの治療薬でバリエーションがあり、価格も若干異なります。ブランドの信頼性や販売からの期間などに違いがありますので、それぞれの特徴を把握して自分なりに安心できるものを選ぶようにしましょう。以前はバイアグラのジェネリックばかりでしたが、今ではどの種類でも、つまりレビトラ、シアリスでも見つけることができます。

ほとんどのジェネリック製品は、インドなどの東南アジアで製造されています。というのも、通常市販薬は特許によって保護されていますので、同じ成分の薬は一定の期間他の会社が販売できないことになっているからです。しかし、一部の国ではその特許に関する国際的な条約に調印していない、もしくは以前は調印していなかったため、特許があるとしても外国の製品であれば製造、販売することができるのです。こうしたことから、インドなどではジェネリック製品の製造、販売が非常に大きなビジネスとなっていて、いわゆるジェネリック製品専門のメーカーもあるほどです。厳密に言うと違法行為に近いものなのですが、現実問題として世界中でこうしたジェネリック製品が支持されていますので、実際に購入して使用したとしても問題はありません。たくさんの種類のED治療薬ジェネリックが出ていますので、それぞれの価格と特徴を比較して選ぶようにしましょう。ED治療薬

 

ED治療薬の安全性は大丈夫なの?

クリニックED治療薬は口から直接摂取するものですし、血管や循環器に副作用をもたらすこともありますので、安全が確保されていることが大事な条件となります。オリジナルの製品の場合は、きちんと臨床実験がなされていますし、日本国内での販売をするためには厚生労働省の承認を受ける必要がありますので、安全性が確保されていると言って良いでしょう。もちろん、完全に副作用が生じないということではありませんが、その割合や内容もしっかりと公表されていますし、万が一副作用によって何らかの重篤な被害が生じた時には、公的な救済措置を受けることができます。しかし、ジェネリック製品、特に海外製のジェネリック医薬品の場合は、こうした救済措置が適用されませんので、完全に自己責任で服用する必要があります。しかも、オリジナル製品で行われているような臨床試験などは実施されていないことがほとんどですので、同じ成分を使っていると言っても100パーセント同じ安全性となっているとは言えません。というのも、使用している成分は同じでも添加物や製造工程は微妙に違うことが多いですし、大手製薬メーカーのような品質管理や物流システムを持っているとは限らないので、危険な物質が入り込んだり製造過程の段階で不具合が生じたりする可能性もぬぐいきれないからです。ED治療薬

 

ED治療薬は世界中で偽造薬が多い傾向に

ジェネリック医薬品もう一つの大きな問題は、ジェネリック製品と称されるものの中には、偽造薬が入り込んでいるケースがあるということです。もともとオリジナル製品でもED治療薬は世界中で偽造薬が多い傾向にあります。特にインターネット上で販売されているものの中には、見た目は同じでも全く効果がないどころか、飲むと危険な成分が含まれているものさえ販売されているケースが生じています。中でもジェネリック製品の偽造薬は多くなっていますが、その理由としては、安く購入したいという気持ちからジェネリック製品を選ぶ人が多いので、あまり品質の高さに注意を払わないケースが多いからです。また、オリジナルの製品の場合は、偽造薬がないかとチェックする人が多いですが、ジェネリック製品の場合は多少甘くなる傾向がありますので、どうしても偽造薬が出回りやすくなってしまうのです。こうした偽造薬を避けるためにも、ジェネリック製品を購入する際には、実績のある個人輸入代行業者を使うことが必須となります。また、あまりに値段が安いものや、医薬品の販売を専門としていないところで、急に特定の製品だけを売り出すようになったという時には注意する必要があるでしょう。たしかに、ジェネリック製品を選ぶ理由は価格の安さですが、安全性を犠牲にしてまで安いものを購入するのは間違っていますので、安心できる信頼の業者から購入するようにしてください。

ジェネリックED治療薬の効果はどのくらい?

ジェネリックED治療薬

ジェネリックED治療薬はとても安く購入できますので、世界中ではかなりのシェアを占めています。しかし、中にはジェネリック製品は効果が薄いので信頼できないと考える人もいます。オリジナルの製品と比べると品質の点で落ちているという見方をする人も多いのです。しかし、実際のところ、オリジナルの製品であってもジェネリック製品であっても、効果という面では基本的に違いはありません。というのも、ジェネリック製品というのは、オリジナルの製品と全く同じ成分組成を取っているからです。値段が安いのは、新薬の研究開発費がかからないからであり、製造工程において手を抜いているわけでも、品質の劣る成分を使ったり成分含有量を下げていたりするわけでもありません。基本的にはオリジナルの製品と同じ医薬品だと言えます。成形するための添加物や製造プロセスが多少異なることもありますが、効果をもたらす主要成分の含有量はまったく同じですので、効果の出方も同じです。そのため、ジェネリック製品だから効かないということはありませんので、安心して利用することができます。価格は安く効果は同じという、とてもメリットの高い商品ですので積極的に利用しましょう。

確実なところからジェネリック製品を入手する事が大事

クリニックただし、ジェネリック製品の中にはチェックが甘いという現状を突いて、表示と違う製法を採っていたり、表示されているだけの成分含有量を維持していないものもあります。そのため、信頼できるメーカーの医薬品を使うことが重要です。ジェネリック製品は独自の世界が作られていて、通常の製薬メーカーとは異なるジェネリック製品だけの世界があります。その中での大手、有名メーカーというものがありますので、できるだけこうした大きなジェネリック製薬メーカーで作られている商品を購入するようにしましょう。通常の製薬メーカーに比べるとかなり知名度が低いのでなじみがないことが多いのですが、個人輸入代行業者などではそれぞれのメーカーの説明をしていることが多いので、こうした情報を読んでジェネリックメーカーについての知識を持つようにしてください。また、信頼できる個人輸入代行業者を利用するというのも大事なことです。いい加減な個人輸入代行業者だと、怪しい販売元から商品を仕入れてきたり、偽造薬を販売していたりすることがあります。実績があって、多くのリピーターがいるところ、ネット上での評判がいいところなどをチェックしてみて、安心できる会社から購入するようにしましょう。日本の場合だと、危険さえあるような偽造薬が販売されるということはほとんどありませんが、せっかく購入してもほとんど効果のない偽造薬だったということはありえますので、慎重に業者探しをして確実なところからジェネリック製品を入手することは大事です。ED治療薬

 

 

ジェネリック製品の成分はオリジナルのED治療薬とは違うの?

クリニックジェネリック医薬品とは、オリジナルの薬のコピーであり、そこに含まれている成分は全く同じです。薬自体は全く同じなのですが、販売しているところが違うというくらいの気持ちで購入すると良いでしょう。そのため、バイアグラの場合はシルデナフィルという成分がジェネリックにも含まれています。ただし、いくつかのバリエーションがあり、含有量が異なることがあります。オリジナルの製品にもシルデナフィルの成分含有量の違いがありますが、ジェネリック製品も同じように含有量が異なる商品が販売されていますので、購入の際にはきちんと確かめるようにしてください。日本ではあまり使用されていない、つまりクリニックで処方されることがない100mgが多く販売されているという状況が見られます。ジェネリック製品の個人輸入では、通常量である50mgよりも多く販売されている状況です。もちろん、含有量が多いほど効果は強くなるのですが、その分副作用が強く出たり、長期的に使っていると身体機能にトラブルが出るリスクが高まるなどのデメリットもあります。医師の診察の下で飲むことができない薬ですので、できれば初めて購入する場合はこうした高含有量のものは避け、通常量から飲み始めると良いでしょう。そして、もし100mgのものを購入して利用する場合には、慎重に体調管理を行う必要があります。

レビトラの成分はパルディナフィルというもので、即効性が高いという特徴を持っています。飲んですぐに効果が現れ始めますので、心理的な焦りを持つことなく利用できるのが大きなメリットです。ジェネリック製品もやはり同じパルディナフィルを含んでいます。含有量にはさほど大きな違いはなく、20mgとなっていることがほとんどです。ジェネリック製品のレビトラの場合は価格に違いがだいぶあって、オリジナルよりも多少安いという程度のものもあれば、数分の一という値段で販売されているものもあります。信頼できるメーカーなのかなどを考えて、安心して飲める製品を選ぶことがとても大事です。

シアリスの成分はタダラフィルというものです。やはりジェネリック製品でも同じ成分が用いられていて、持続力がとても高く、36時間というとても長い時間効果を示し続けるのがメリットです。他の2種類の薬よりも食事の影響を受けづらいというのも特徴で、普通の食生活を送っていても効果が下がることはほぼなく、きちんと効果を発揮してくれます。シアリスのジェネリック製品の中にはいくつかのバリエーションがあります。価格の違いだけでなく、薬のタイプが異なるのです。錠剤のものが普通ですが、ソフトタイプもあって舌下ですぐに溶けて効果がすぐに現れるものも出ています。タダラフィルは通常効果が出始めるまでに60分程度かかりますが、より速く効果を感じられるようになりますので、タダラフィルのデメリットを解消したものと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。