ED勃起不全の原因と解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
診察

EDの原因として多いのが年齢やストレス

ストレスEDは男性であれば誰でもなる可能性があるトラブルですので、今は大丈夫だからと安心せずに予防策を講じること、そして症状に気づいたらすぐに適切な対処法を採ることがどうしても欠かせません。特に、EDは年齢を重ねるごとにそのリスクが高まっていきますので、年が上になってきたら余計にEDという問題に注意する必要があると言えるでしょう。EDの直接的な原因は陰茎の海綿体に血液が十分に流れないことにあり、これにはPDE-5という酵素が関係しています。この酵素の働きが上手にコントロールできなくなる理由はいくつかありますが、一つの大きな原因は加齢に伴う機能低下やホルモンバランスの崩れです。分泌系の機能が落ちてしまうと、様々な酵素や分泌物質の分泌のタイミングや量のコントロールができなくなってしまいます。そのうちの一つに勃起不全を引き起こすPDE-5も含まれているのです。また、女性のような更年期といった目立った形では症状が現れないものの、男性でも加齢によってホルモンバランスが崩れてきて、それがいろいろな症状を引き起こすことがあります。そのうちの一つがEDです。体の中で生じている問題ですので、どうしても解決が難しくEDに悩む男性を増やす原因となってしまうのです。

ストレスは年齢に関わりなくEDをもたらす原因

勃起不全もう一つのEDの大きな原因はストレスです。精神的な負担というのは、身体にも様々なダメージを与えます。特に自律神経や内分泌系に機能障害をもたらしたり、コントロール障害をもたらしたりすることが多いのです。強いストレスを長く抱えていると脳へのダメージが蓄積されますし、免疫系統などで重要な働きを行っている腸への負担も大きくなります。こうした状況が続くと、ホルモンを分泌したり調整を行ったりしている内分泌系が上手にコントロールできなくなってしまいます。こうした機能障害は、やはり海綿体周辺の血管の拡張、収縮の調整を狂わせるものとなってEDを引き起こすのです。ストレスは年齢に関わりなくEDをもたらす原因となります。一般的にEDは年齢が上がるにつれてリスクが高まっていく傾向が強いため、若い人はあまりなりにくいものです。しかし、ストレスに過度にさらされている状況では、たとえ若い人であってもEDの症状が出ることもあり、実際に若い人のED患者が増えています。こうしたタイプでは、慢性的なEDだけでなく、突発的にEDが生じたり、勃起不全が起こる時とそうでない時があるというように、不安定な状態になることが多い傾向にあります。どのようなケースにせよ、ストレスはEDを引き起こす大きな要因となってしまいますので、日頃よりストレスをためない、ストレスを発散させるような毎日を送ることがとても大事です。ED治療薬

 

毎日の生活習慣がEDを引き起こす?

食事EDは基本的には加齢に伴う障害として見られがちですが、年齢だけが発症原因となっているわけではありません。生活習慣というのも大きなED発症の要因となっているのです。生活習慣の中でも特にEDに関係するのは食生活です。EDはそのメカニズムからも分かるように、血管の状態が大きく関わっていて、血管が拡張せずに血流が海綿体においてスムーズに起こらないことがEDの原因です。血管の状態が悪いとEDは症状が出やすくなるということですが、食生活は血管の状態を大きく左右しますので注意しましょう。特に血中のコレステロール値が上昇したり、脂質の量が多くなったりすると、急激に血管の状態は悪くなっていきます。まず、血液そのものがドロドロになってしまって、流れを悪くさせてしまうのです。そして、中性脂肪などが血液中に多くなると、血管がどんどん固くなってしまい、血管からしなやかさが失われていってしまいます。すると、性的刺激を受けて血管を拡張するための物質が分泌されているにも関わらず、血管が広がらないことになりますので、血流が滞ってしまうのです。また、血栓ができやすくなってしまい、血管に詰まりを生じさせる原因となります。やはりこれも海綿体への血流を阻害する原因となってEDをもたらします。このように、生活習慣、特に脂質の多い食事を続けているとEDのリスクを大きく上げることになりますので注意が必要です。

たばこの習慣もEDを引き起こす原因

タバコまた、たばこの習慣もEDを引き起こす原因となりかねません。たばこを吸うとニコチンの作用によって、全身の血管が収縮するという現象が起こります。陰茎周辺は細い血管がたくさん集まっていますので、よりたばこによる血管の収縮の影響を受けやすい状態にあります。習慣としてたくさんのたばこを吸っている人は、かなりEDの危険性が高まりますので、少しずつでもたばこの本数を減らす、できるだけ禁煙をするという方向に持っていくようにしましょう。もう一つの良くない習慣はアルコールの過剰摂取です。もちろん、アルコールは適量であれば血管を活用して全身の血流をよくするという効果がありますので、EDには良い影響を与えることもあります。しかし、過度の摂取を長く続けていると、今度はEDのリスクを高めることになります。やはり内分泌代謝のコントロールを狂わせることになりますので、うまく海綿体周辺の血流のコントロールができなくなってしまうのです。また、お酒のツマミとして油っこいものを食べることが多くなりますので、悪い食習慣も同時に行なうことになってしまい、様々なトラブルを引き起こしかねません。ED治療薬

 

ED勃起不全の発症年齢のピークはどのくらい?

中年EDは加齢によってそのリスクが高まってきます。そのため、年齢を追うごとにEDになる確率は高くなってくるものです。30代の後半くらいから次第にEDの発症率は上がってきて、40台になるとその上昇率は加速していきます。そして、50代にはその発症率はピークを迎えます。とはいえこれはEDの問題をすでに持っている人の割合ということになりますので、全体的には40代後半くらいからEDになる人が多くなり、イメージとしては40代後半からリスクが急激に高まるという傾向が見られるでしょう。この年齢は女性の場合、更年期に差し掛かるころで、やはり様々な身体的、精神的なトラブルを抱えるようになる年代となります。男女ともにホルモンバランスの崩れによっていろいろな問題が起こってくるのですが、男性の場合はEDという形で発現することになるのです。

40代後半から50代が一番ED勃起不全を発症

中年このように、40代後半から50代が一番EDを発症するリスクが高まる時期ということになりますが、EDはある日突然生じるわけではありません。最初のうちは、勃起の持続時間が短くなっていったり、日によって調子が良い時と悪い時があるという状況になります。少しずつ症状が進行していって、最終的に通常の性交渉ができなくなってしまうくらいまで進んでしまうのです。そのため、ある程度年齢が上になってきて、EDと思われるような症状が少しでも出てきたのであれば、すぐにチェックをすると共に、できるだけ早く適切な対処法を採るようにしましょう。前述の通り、EDは加齢だけでなく、生活習慣が大きく関係しているトラブルですので、自分の毎日の生活習慣を見直して改善を図ることによって、かなりの程度症状の進行を遅らせることができますし、場合によっては完全に治すこともできます。EDは年齢と共に発症のリスクが高くなっていくことは事実ですが、一定の年齢になったらだれでも必ずなるというものではないので、きちんと生活習慣などに注意を払っていれば年を取ってからでも正常な機能を保てることが多いのです。年齢だからとあきらめることなく、EDのリスクを上げないような毎日を送ることがカギとなってきます。また、万が一EDを発症してしまったからといって、絶対に治らないわけではありませんので、ED治療薬の助けを借りつつも、生活習慣の改善などによって少しでも元通りの状態に戻れるように努力することができます。ED治療薬

 

ED勃起不全になってしまった場合の解決法は?

医者EDは以前はとても治すのが難しい病気だとされていて、一度なってしまったら年のせいだとあきらめるしかない、というものでした。しかし、今ではEDに関する研究がかなり進んでいて、その解決策も見つけられていますので安心できます。ED治療薬として現在日本では、バイアグラにレビトラ、またシアリスという三つの治療薬が認可され、クリニックなどで処方されるようになりました。これらの治療薬は勃起不全を引き起こすPDE-5の働きをブロックするというもので、EDの直接の原因をなくしてくれます。そのため、高い治療効果が見られていて、多くの人がこの治療薬によって解決しているのです。正しい使用法と注意の下で服用すれば安全な治療薬ですので、気軽に利用することができます。また、経済的な負担を少なくできるように、ジェネリック製品が出ていたり、個人輸入という形で購入することができるようになっています。大きな負担をかけずに効果がとても高い治療ができますので、EDになったからといってあきらめる必要は全くありません。

ED(勃起不全)治療薬このように、ED治療薬はとても効果の高いものですが、同時に生活習慣の改善を図ることも重要です。前述の通り、EDは加齢だけでなく生活習慣が大きく関係していますので、生活習慣の見直しと改善をすることによって症状が改善することが多いのです。特に、症状が軽い、出始めというケースでは特に治療薬を用いなくても生活習慣の改善だけでかなり症状が緩和されることが多いので、試してみる価値が十分にあるでしょう。具体的には、油っこい食事を避けることや、喫煙の習慣を止めること、過度のアルコール摂取を避けることなどがあります。また、適度な運動をするようにして、血流の改善を図ることも大事なポイントです。ストレスもEDの大きな原因となりますので、日ごろの生活や仕事の中でストレスをため込まないように意識したり、上手にストレス発散する機会を見つけることが助けとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。