ED(勃起不全)の症状の特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ED治療

EDの症状の特徴とは?

ジェネリックED治療薬EDとは勃起不全のことを指します。性的刺激を受けたとしても勃起が生じないという症状が主なものとなりますが、その症状のタイプは様々です。まず、最も重度なものとしては、全く勃起自体が生じない状態でいくら性的刺激があったとしても変化が現れない状態となります。もう一つは、性的刺激を受けることによって勃起は生じるのですが、少しするとすぐに収まってしまい結局性交渉はできないというタイプです。さらに、やはり勃起は起こるのですがその程度がとても弱く、性交渉をする力はない程度に収まってしまうというものです。このように、EDと一口に言ってもその症状の程度によって進行度合いが異なりますので、それぞれに合った適切な治療を採ることが必要になります。また、EDは基本的に性機能障害の一つですが、性欲とは別のメカニズムで起こるものですので、性欲は通常通りあるものの勃起障害だけが見られるというのがほとんどのケースです。性欲自体が起こらないという場合は、別のトラブルの可能性がありますので、診察を受ける際にはきちんと説明するようにしましょう。また、不妊症の原因となる精子減少などの症状ともまた別の病気です。あくまで勃起という機能に障害が起きているだけのことで、精巣などの他の生殖機能についての症状とは別個に考える必要があります。

ED勃起不全の適切な治療とは

勃起不全このように、EDは陰茎の勃起にトラブルが起こるという機能障害に限定して考えることができますが、当然こうした症状が生じると、他の関係するトラブルも出てくることが多いものです。一番多い問題としては精神的なストレスを抱えるようになるということです。男性にとってEDというのはとても大きな精神的なショックを与えるものですし、夫婦間などのパートナー同士の関係にもかかわってくるものですので、精神的な負担が大きくなります。この状態が続くとうつ症状が出てくるなど、精神障害につながっていく恐れがあります。そして、EDが原因となって性欲減退などの問題へと発展していくこともあります。あくまで身体的機能の障害に過ぎないのですが、心理的なトラブルにまで発展することもありますので、できるだけ早く適切な治療を行い日常生活の中で大きな精神的なストレスを受けることがないようにすることも重要です。ED治療薬

 

EDが起こってしまうメカニズムとは?

EDは通常の勃起が起こらなくなってしまうという病気です。陰茎は海綿体という筋肉組織が多くの部分を占めています。この海綿体が膨張することによって勃起が起こるのですが、膨張減少は血液がこの海綿体に多く流れ込むことによって促されるのです。何らかの性的刺激を受けると男性ホルモンの関係で、陰茎周りの血管壁において一酸化窒素が大量に分泌されるようになります。この一酸化窒素は今度は環状グアノシン一リン酸という物質を生成するのを促し、環状グアノシン一リン酸は血管に直接働きかけて、血管壁を柔らかくするという働きをします。ホルモンの他の働きによって血流の圧力が高まっていますので、それに加えて血管が柔らかくなることによって、血管が全体的に押し広がるような状態となります。血液の通り道が広がっていくわけですから、当然通常よりも多い血液がどんどん局所的に流れ込んでいくわけです。この最終的な目的地が陰茎の海綿体で、血液を多く受けた海綿体は膨張するようになり、勃起が生じるのです。

ビジネスマンしかし、勃起はいつまでも続けているわけにはいきませんので、ここでPDE-5という名称の酵素が分泌されるようになります。このPDE-5は、血管を広げる働きをする環状グアノシン一リン酸の作用をブロックするという役割を果たす物質です。結果的に血管の拡張が収まっていきますので、血流が鎮まっていき海綿体に流れ込む血液の量もだんだん少なくなっていきます。こうして勃起が収束していくのです。ここまでが通常の勃起のメカニズムなのですが、EDを患っている人の体内では、このPDE-5の分泌に異常が起こっています。通常は勃起が起こってからしばらくしてからPDE-5が分泌され始めるのですが、ED患者さんの場合は勃起が始まってからすぐにPDE-5が分泌され始めてしまう、もしくは勃起が起きていない状態でも酵素の分泌が起こっているのです。さらに、この酵素の分泌量も多い傾向にあり、すぐに環状グアノシン一リン酸の働きをブロックしてしまうことになります。こうした状態になっているため、性的刺激を受けて勃起が始まってもすぐに収まってしまう、もしくはあまり勃起が続かないという障害が出るのです。症状が重い場合は、PDE-5の働きによって勃起自体が妨げられてしまって、全くの勃起不全となってしまいます。このように、EDは精神的な問題というよりも、身体的な機能においてトラブルが生じることが原因となっていて、海綿体への血液の流れが阻害されることによって起こるのです。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬

ED(勃起不全)治療薬そこで、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬では、この海綿体への血流をスムーズにするという作用を示すことによって治療を行います。EDが起こるメカニズムは前述のように、PDE-5という酵素があまりにも早く、そして大量に分泌されてしまうことによるものです。そこで、これらのED治療薬では、PDE-5の働きをブロックする作用を示す成分を含んでいます。バイアグラの場合はシルデナフィルという成分で、酵素の活性化を止めるという働きがあります。勃起を阻害する酵素がなくなるわけですので、血流が順調に進むようになり、勃起が問題なく起こるのです。ED治療薬はどれもPDE-5の働きをブロックする作用によって効果を示しますので、非常に高い効果をスピーディーに示すのが特徴となっています。ED治療薬

 

ED勃起不全の原因となるもの

これが一般的なEDが生じるメカニズムですが、他にもEDの原因となるものもあります。たとえば、ホルモンバランスが崩れてしまっているというケースです。性機能にはかなりの程度男性ホルモンが関係しています。性欲を与えたり精子を作ったりするのに男性ホルモンは欠かせない存在で、当然ながら勃起を促す血流の増加にもホルモンが大きく影響しています。性的刺激を受けても、血流を増加させる元となるホルモンが分泌されないようであれば、やはり海綿体への血流が滞ってしまって勃起は生じません。そのため、このケースではいくらバイアグラなどのED治療薬を投与しても治療効果は望めないのです。もともとの原因が異なりますので、当然治療法としても他の手段を講じなければなりません。具体的には男性ホルモンの分泌を促すための治療が必要となり、そのための薬剤の投与やサプリメントの摂取、食生活の改善などが必要となります。こうしたホルモンバランスの崩れによるEDは、PDE-5の働きによるEDと比べると割合的には多くありません。そのため、専門のクリニックで診察した場合、第一選択肢としてはまずED治療薬が投与されることが多くなっています。治療薬を服用しているのにも関わらず効果が全く現れてこないという時は、こうしたホルモンの問題が生じている可能性がありますので、ホルモン治療という方法に切り替えることが必要です。

ED勃起不全が生じるメカニズム

医者もう一つのEDが生じるメカニズムとしては、陰茎周辺の血管そのものに障害が起こるというものです。性的刺激を受けて血管が拡張されるという動きは見られるものの、もともとの血管自体が血栓などによって詰まっていると、血液はスムーズに流れていきません。また、血管の拡張を促す一酸化窒素や環状グアノシン一リン酸は正常に分泌されているものの、血管があまり拡張しないという現象が生じることがあります。これは、血管が梗塞、つまり固くなってしまっていて、いくら血管壁を柔らかくする指令が出ていたとしても物理的に不可能となってしまっていることが原因です。血管に血栓ができてしまうことや梗塞が生じてしまうことの主な理由は、コレステロールなどの血液中の脂質です。血液中の脂質が多くなると、血液はドロドロになり流れが悪くなってしまいますし、血管壁にへばりついてしまいます。また、血管に刺激を与えて固くするのもコレステロールが原因です。そのため、普段の食習慣として油っこいものを多く、定常的に食べているとこうした症状が出やすくなってしまうのです。血管そのものに障害が出ている場合は、生活習慣の改善によって治っていくこともありますが、外科的な手術をしないと症状が治まらないこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。