ED(勃起不全)のタイプと仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クリニック

ED(勃起不全)に関するよくある質問

EDは男性にとって深刻な問題ですし、実のところ多くの人がこのトラブルを持っています。 そのため、少しでもEDの症状を改善させるためにいろいろな方法を試す人がいるでしょう。EDはきちんとした治療法を採れば確実に症状の改善が見られますが、根拠のない方法が紹介されることも多々ありますので、しっかりとEDが起こる原因を知り、適切な対処法を学ぶことがとても大事なのです。そのためにも、多くの人が抱える疑問を取り上げ、その答えを見ていきましょう。

そもそもEDってどんな病気?

EDというのは勃起不全のことを指します。一種の性機能障害のことですが、精子ができなくなったり質が悪くなったりというものとは異なります。また、性欲の減退などは直接的には見られず、性交渉をしようと思っても勃起が生じないという状況になるだけのことです。こうしたことから、EDになってしまうと、男性は大きなショックを受けることになり、精神的にストレスを抱えるようになります。この精神的なストレスがさらなるトラブルをもたらすこともあります。

EDって中高年に出てくる症状なの?

加齢によって性機能は次第に落ちていってしまいますので、EDもある種の加齢による症状と言うことができます。しかし、これはEDが中高年にしか起きないという意味ではありません。年齢が若い人であってもEDになることは十分にあります。EDは陰茎への血流減少が主な原因ですが、それをもたらすものとしてはアルコールの過剰摂取や喫煙、ストレス、生活習慣の悪化などがあり、EDを引き起こす要因は年齢に関わらず生じるからです。もちろん、年齢を重ねるに従ってそのリスクが高くなるのは間違いないのですが、最近では若者の間でも、一時的なものであれEDの症状が出るケースが増えてきていますので十分なケアが必要となります。また、逆に中高年であってもEDの症状がほとんど出ないことは珍しくありませんし、EDの症状が出たとしても適切な治療を行えば高い確率で改善することが可能です。年齢も一つのリスク要因となりますが、それだけではありませんので、トータルでED防止策を採ることがとても大事なのです。

EDは治すのが難しい?

EDは基本的な身体機能が落ちてしまうことですので、それだけ機能障害が出てしまうと改善するのが大変だと考える人もいます。確かに、以前はEDの治療というのはかなり大変なことでした。しかし、今では非常に効果的な治療薬が開発されていますので、それらを活用すれば高い確率で改善可能です。具体的にはバイアグラやシアリス、レビトラなどの薬が正式に厚生労働省に認可されて利用されています。専門のクリニックが日本国内の様々なところにありますので、医師の診察を受けた上でこうした治療薬を処方してもらうことができます。また、外国から個人輸入という形で安く入手することもでき、それほどハードルの高い治療ではなくなってきているのが現実です。

EDにはいろいろなタイプがあるの?

EDと一口に言ってもいくつかのタイプがあります。最もポピュラーなのが、陰茎の筋肉組織である海綿体というところに血液が十分に流れなくなったために勃起が生じないというケースです。これは血管を拡張、収縮させる物質や酵素の分泌に問題が起こることによって生じます。こうしたタイプに対応するのがいわゆるED治療薬と言われるもので、高い効果を示すことが可能です。一方で、血管そのものに障害があり血栓や梗塞が起こっているために血流が悪くなっているというタイプもあります。このような場合にはED治療薬が効かないことがあり、外科手術が求められることもあります。また、心理的な要因で勃起が生じないということもあります。この場合にはカウンセラーの助けを得るなどして心理的なアプローチを採ることが必要です。さらに、性機能をつかさどるホルモンの状態が崩れてしまっているために勃起不全が起こってしまうことも割合としては多くあります。ホルモン療法を採るという手法の他に、男性ホルモンの分泌を促すようなサプリメントや食事に変えるということも行われます。それぞれのEDのタイプで原因が違いますし、対応法も変わってきますので、きちんと原因を突き止めて適切な治療ができるようにすることがなにより重要なのです。

ED治療薬についてのよくある質問

このように、EDそのものについての疑問はたくさんありますが、同時にED治療薬について疑問を持つ人も多くいます。ED治療薬というとバイアグラがイメージとしては強い傾向にありますが、いろいろな情報がしっかりとした根拠のないまま流れていて、間違った解釈をしている人も多いので、EDをきちんと改善するために正確な知識を持つのは大切なことです。

ED治療薬って精力剤とは違うの?

ED治療薬はあくまで身体的な機能を回復させることを目的とした薬です。そのため、ED治療薬を飲んだからといって性欲が増すなどの効果は基本的には現れません。また、ED治療薬を飲んだだけで勃起が起こるということもありません。通常の性生活と同じように何らかの性的刺激を受けることによって勃起が起こるのを助けるのがED治療薬となります。陰茎への血液の流れを改善するための薬ですので、不妊に役立つなど、勃起不全以外の性機能への改善策とはなりません。また、いわゆる精力剤はサプリメント的な存在ですので、きっちり効果が出るとは実証されておらず、科学的な根拠もない場合がほとんどです。しかし、バイアグラ、シアリス、レビトラといったED治療薬はきちんと厚生労働省によって認可されている正式な医薬品です。その分、基本的には病院で医師によって処方してもらわないと購入できませんが、効果は実証されていますし、科学的な根拠に基づいて製造されています。きちんとしたEDの治療をしたいのであれば、効果の怪しいものにお金をかけるのではなく、正式なED治療薬を使った方がずっと良いでしょう。

ED治療薬って危険じゃないの?

バイアグラが日本に入ってきた当初は個人で輸入して、正しい使用法や注意事項を知らないまま使っていた人がいたため、重大な副作用が生じてしまったなどと大きな問題となったことがありました。そのため、ED治療薬は危ないという噂が広まる事態となりました。しかし、正しい使用法を守ればED治療薬はとても安全な薬です。そもそも、バイアグラなどの薬は厚生労働省によって承認されている薬で、副作用についての臨床実験もきちんとされていて、安全に使えるということが前提条件となって販売されていますから、安心して使うことができるのです。ED治療薬は血管を拡張するという作用を示すことによって血圧が短時間のうちに下がるという副作用が生じます。そのため、血圧に問題がある人や循環器にトラブルを抱えている人などはこうした作用によって健康トラブルが出ることがありますので、使用を控えた方が良いでしょう。安全な使用をするためにも、少なくても使い始めは必ず医師の診察を受けた上で、薬の使用ができるかどうかを確かめて始めるのが賢明です。

ED治療薬は病院に行かないと手に入らないの?

ED治療薬として日本国内で正式に認可されているのは3種類あって、バイアグラ、レビトラ、シアリスという商品名で売られています。これらの治療薬は医師の処方がないと売ってはいけない医薬品ですので、ドラッグストアなどでは販売されていませんし、処方箋がないと薬局などに行っても購入できません。しかし、ED治療は基本的に自由診療となっていて保険が効きません。こうしたことから日本国内では比較的高値で売られているのが現状です。ED治療薬は根本的な解決をもたらすものではなく、短時間の効果をもたらすだけですので、定期的に服用する必要があります。定期的に薬が必要になるということは、薬が高いと経済的な負担も大きくなることを意味しています。そこで、できるだけ安くED治療薬を購入するために、個人輸入という手段を採る人もいます。個人輸入とは外国から病院や薬局を介さずに直接輸入して購入するということです。自分で個人輸入をするのは税関手続きなどが面倒ですので、インターネット上にある個人輸入代行業者から購入するケースがほとんどとなっています。個人輸入をするととても安く買えますのでメリットは大きいのですが、怪しいサイトから買うと偽造薬をつかまされてしまうこともありますので、実績があり信頼できる業者からのみ買うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。