ED(勃起不全)治療薬とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ED(勃起不全)治療薬

勃起不全はどういった症状で起こるか?

AGA治療勃起不全とは、性的刺激を受けても陰茎が勃起することなく性交渉ができなくなってしまう症状のことを指します。性欲はあるのですが、勃起だけが起こらないという状態で、陰茎の機能障害と言えるでしょう。この勃起不全が起こる原因にはいくつかのものがあります。全体的に見て多いのが、陰茎への血流が阻害されているために起こるというものです。陰茎は大部分が海綿体と呼ばれる筋肉組織で成り立っています。勃起が起こるためにはこの筋肉に血液が十分に流れ込む必要があります。もし血流が悪くて海綿体に十分な血液が入っていかないと、勃起が生じないのです。症状が出ている多くのケースでは、周辺の血管が十分に広がらなくなっていることや、血液を送り出す機能そのものが弱まっていることが原因となって適切な量の血液が海綿体に行かないという状態が見られます。

この血流の阻害は血管そのものが梗塞しているということもあります。血栓などによって血管が狭くなってしまい、血液の通り道が非常に制限されてしまっているのです。もしくは、血管が梗塞、つまり固くなっているために血液が流れにくくなることもあります。血管は通常だと柔らくてしなやかな状態にあります。血流を増やしたい時には、血管が広がって通り道を広くするのですが、血管が固くなってしなやかさがないと、血管が十分に広がらなくなってしまって血流が増えていかないのです。これも勃起不全を起こす理由となります。

EDを治療するためには、血流を改善する

このように、勃起不全はほとんどのケースで、陰茎に十分な血液が流れていかないために起こることが分かっています。そこで、EDを治療するためには、血流を改善するということがとても重要なポイントなのです。血流を促すための薬がいくつもあって、それが勃起不全にも効果を示すことが分かっていますので、現在ではとても効果のある治療薬として用いられています。この分野での研究開発が進んでいて、いくつものタイプの治療薬が出ていますので、それぞれの特徴、メリットデメリットを把握して自分に合ったものを選んでいきましょう。また、治療薬によっては副作用が出ることもありますので、服用上の注意点をしっかりと理解して、身体上のトラブルを引き起こすことがないようにもしなければなりません。

ED治療薬

最も新しいED治療薬の種類

ED(勃起不全)治療薬

ED治療薬の世界は進歩が目覚ましく、様々な薬が出ています。やはり世界中の男性からのニーズがありますし、効果的な治療薬が発見されれば莫大な利益を得られるということで、大手の製薬メーカーもこの分野でしのぎを削っているのです。そのおかげで勃起不全に悩む人は、いくつもの治療薬の選択肢を持つことができて、効果的な治療ができるようになっています。

最も人気のバイアグラとは

バイアグラ

まず、様々な治療薬がある中で、最もポピュラーでベースとも言えるものがバイアグラでしょう。ED治療薬として知らない人はいないくらいの知名度ですし、実際にこの薬の世界的な利用率はとても高いものがあります。1998年にアメリカのファイザー社が発売を開始して、日本では1999年に厚生労働省の認可を受けて販売がスタートしました。もともとは狭心症患者のための成分を利用していて、血管の拡張作用があるのが特徴となっています。特に陰茎付近の血管を拡張する作用に優れていて、十分な血液を陰茎に流すことができるようになります。精力剤とは異なりますので、勃起には通常と同じように性的刺激が必要となりますが、はっきりとした効果を感じることができる効果的な薬です。性交の1時間前くらいに服用することが必要であること、薬の吸収が若干緩やかであるため直前の食事の影響を受けやすく、場合によってはあまり効果が出てこないといったデメリットもあります。さらに、血管の拡張に左右する薬であるため、心臓を始めとする血管障害や循環器障害を患っている人には重大な副作用をもたらすことがありますので十分な注意が必要です。

バイアグラは医師の処方が必要な薬ですので、安全な使用をするためにも必ず最初に医師の診察を受けてから処方してもらうようにしましょう。個人輸入などによって購入することもでき、より安く買えるというメリットがあります。しかし、中には悪質な業者が偽薬を販売しているケースもありますので十分に注意しなければならず、信頼できるところ以外からは買わない方が良いでしょう。世界中でニーズがある薬ですので、それだけ詐欺的な行為を働く業者も多くなっているのです。バイアグラは当初大変高価な薬でしたが、今では価格も落ち着いてきて、他の新しい治療薬に比べると3、4割以上安価になっています。

ED治療薬

 

バイアグラジェネリックとは

カマグラバイアグラはとても安心できて効果のある薬ですが、ある程度コストがかかります。そのため、ジェネリック製品がいくつも出てきました。バイアグラジェネリックとは、バイアグラとは同じ成分を持っているものの、オリジナルのファイザー社で作って販売しているのではなく、他の会社が製造して販売しているものです。開発のためのコストがかかっていませんので、より安く購入できるというメリットがあります。バイアグラジェネリックは日本の専門クリニックなどではあまり扱っておらず、個人輸入で購入するというのが主な手段となります。オリジナルのバイアグラと同じように、偽物がたくさん出回っていますので、信頼できる個人輸入代行会社以外では購入しない方が良いでしょう。

バイアグラは安定した効果を示す治療薬ですが、今ではさらに効果の面でも安全性の面でも改善された新しいED治療薬が出ていますので、それぞれの特徴を把握して利用することもできます。

バイアグラに続いて認可された治療薬レビトラ

レビトラ

その一つがレビトラという薬です。これはバイアグラに続いて認可された治療薬で、日本では2004年から販売がされています。バイアグラは効果のある薬ですが、直前の食事の影響を受けやすいというデメリットがあります。摂った食事の内容によっては十分に効果が出ないケースもあるのです。この欠点を解消するために改善されているのがレビトラで、レビトラは総カロリー数が700kcalを超えなければほとんど効果には影響が出ないとされていて、普通の食生活を送りながら使用できるというメリットがあります。また、効果が出やすいというのも特徴の一つで、性交渉の30分くらい前に飲めば効果が十分に出ますので、心理的な焦りなども抱えることなく服用できるのです。

レビトラは、拡張した血管を元に戻す働きを示す酵素を阻害するという作用を示します。勃起不全が起きている患者の場合は、この酵素の働きが強すぎるために勃起が起こらないという状態になってしまいますが、レビトラは酵素が働かない状態にしますので勃起が生じ、継続するという効果が見られるのです。持続時間としては成分量にもよりますが最大で8時間から10時間ほど持続しますので、問題なく利用できるでしょう。ED治療薬

 

36時間程度の効果持続あるシアリス

シアリス

もう一つのED最新薬はシアリスというもので、3つ目の日本国内における認可薬となっています。他の二つの薬よりもメリットが多い薬ですので、最近人気が高まっています。シアリスは2007年に承認され、同じ年のうちに販売がスタートしました。この治療薬はタダラフィルという成分をメインとしています。この成分の大きな特徴は体への吸収がゆっくりであるということです。服用してから50パーセントが吸収されるまでに12時間もの時間を要します。そのため、効果が長く持続するという大きなメリットをもたらします。レビトラは最大で10時間程度の効果持続ですので一日しか効果が持たないことになります。しかし、このシアリスは36時間程度の効果持続が認められています。最大で三日間ほどの効果がありますので、とても便利な薬です。こうした特徴のために、欧米ではウィークエンドピルとまで呼ばれています。つまり、金曜日の夜に服用すれば、日曜まで週末の間ずっと効果が出るとして人気があるのです。

持続効果が高いシアリス

効果が長く続くことで、飲みやすさも増しています。他の薬は性交渉の1時間前には飲むことが求められていますが、シアリスの場合は前もって早めに飲んでも効果が続くため、焦る必要がないのです。こうしたメリットの大きい治療薬ですので、バイアグラに代わる薬として日本国内でも人気が高まっています。ただし、バイアグラに比べると価格は高めで、1.5倍ほどの値段となることもあります。もちろん、効果が持続するのは数倍以上ですのでコストパフォーマンスという面ではお得感がある薬とも言えます。こうした特徴をしっかりと押さえて、自分に合った薬を選ぶと良いでしょう。

クリニックこのように、ED治療薬にはいろいろな新しいものが出ていて、新しいものほど改善が図られ、効果の面でも使いやすさの面でも便利になっています。価格との折り合いもありますので、それぞれの特徴を把握した上で自分に合ったものを選ぶようにしてください。ED治療薬というとバイアグラばかりが知られていますが、それより優れた新しい薬が出ていますので、知名度に左右されずに薬選びをすることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。