シアリスは他の薬との組み合わせに注意して使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
医者

シアリスは他の薬との組み合わせに注意

シアリスには、ほかの薬との組み合わせに注意して使わなければいけないという決まりがあります。そのような薬のことをシアリスの併用禁忌薬や併用注意薬と言います。
まず、シアリスの併用禁忌薬には、ニトログリセリンを代表とする硝酸薬が挙げられます。硝酸薬には飲み薬や貼り薬、舌下薬など様々な形態がありますが、シアリスと硝酸薬を共に使うと急激に血圧を下げることがあるのでとても危険です。硝酸薬は虚血性心疾患の治療によく用いられる薬であるため、思い当たる人は注意しましょう。
それからシアリスと併用禁忌になっている薬としては、アデムパス錠もあります。この薬は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
以上がシアリスの併用禁忌薬ですがこの薬を飲む時に注意するべき薬は他にもあります。ED治療薬

 

他にもあるシアリス禁忌薬

持病例えばイトラコナゾールやクラリスロマイシンなどはCYP3A4阻害剤に分類されており、シアリスと併用するとこの薬の血中濃度が上昇してしまい薬の効果が強く出すぎたり、体内に薬の成分が長く残ってしまい副作用が出やすくなるといった不都合が起こる可能性が高くなります。リトナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤も、一緒に使うとこの薬が肝臓で代謝されるのを低下させてしまうことにより、血中濃度の上昇や半減期の延長を引き起こすことがあり要注意です。
その他にα遮断薬やアムロジピンなどの降圧剤はこの薬と共に飲むと血圧を下げる作用が強く出てしまうことがあるため、併用する時は慎重に使用するべきだとされています。
もしも今、ほかの病気の治療のために薬を飲んでいるのなら、シアリスの処方を受ける時に医師にその薬を見せるなどして相談するのがおすすめです。この薬はほかの薬との組み合わせによっては作用が強く出すぎたり、逆に効果が下がってしまう怖れがあるからです。自分で薬の飲み合わせを判断するのは難しいので、この薬の服用を開始する時には薬剤師や医師に持病や服用中の薬について伝えて、必ず安全を確認するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。