新薬との違いとは?シアリスのジェネリック医薬品通販の注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シアリス

シアリスのジェネリック医薬品を利用時の注意点

シアリスは厚生労働省に2007年に承認されED(勃起不全)治療薬として日本イーライリリー社が発売した薬剤です。ファイザー製薬のバイアグラのジェネリック(シルデナフィル)と同じようにインド製ジェネリックとしてタダシップもあります。シアリスは医療機関で診察で入手可能です。

シアリスのジェネリック医薬品を使用するときの考慮点として、正規の医薬品は存在していないことを知っておきましょう。この薬の有効成分の特許の期限は製薬メーカーから正式なアナウンスは出ていませんが、可能性として2018年や2020年になると推測されています。ジェネリック医薬品は特許の期限が満了した先発医薬品と同じ有効成分を同量含んでいるものなので、2018年初旬の時点で販売されているシアリスのジェネリック医薬品と呼ばれているものは、実際にはコピー薬です。
実際コピー薬が出回っている原因がそれを製造しているインドの特許法であり、2004年までは有効成分を保護する物質特許を無効としていました。現在は改正されて物質特許も有効ですが、それ以前に製造されていた薬には適用されません。そのため、製造方法が異なっている薬は特許の期限が切れる前でもインド国内で合法的に製造可能です。また、活動資金の少ないNGOを支えるために国連から要請が出ているため、このコピー薬が海外にも輸出されています。ED治療薬

 

ジェネリックを個人輸入をする時は通販サイト

通販ただし、インドの製薬会社の品質に問題があるわけではなく、一覧には有効成分も含有量も同じなので基本的にはジェネリック医薬品と同じようなものと考えることもできます。しかし、このような背景から日本国内ではジェネリック医薬品は製造できず、海外の薬も日本では未承認薬なので個人輸入で購入するしかありません。この方法では送られてくる薬が本物であるとは言えず、偽薬を買ってしまう危険性があるので注意が必要です。
未承認薬でも治療目的で認められ使用され、効果が期待でき、患者が同意しているのであれば医師の判断で処方できます。専門クリニックで処方してくれるところもありますが、これも安全であるとは言い切れません。クリニックも個人輸入で仕入れているので、偽薬を処方されて体調を崩す症例も出ています。
安全にシアリスの海外で製造された薬を使う場合、個人輸入をするのであれば通販サイトの信用性を十分に確認しましょう。専門クリニックで処方してもらう場合も有名で評判の良いところを選んだ方が良いです。

シアリスのジェネリック医薬品の価格

有効成分EDで悩んでいる場合、シアリスという薬で治療するという方法があります。この薬はED治療薬の一種であり、実際に多くの人がこの薬で性に関する悩みを解消しています。男性器が勃起しない場合や勃起しても途中で折れてしまう場合、挿入しても射精できないといった悩みを解消する効果が期待できます。シアリスの効果は世界中の人が実感していますが、効果の出方には個人差もあります。シアリスは他のED治療薬と比べて価格が高くなっているため、少しでも安く来うん風できる方法を知りたいという人もいるでしょう。その場合はジェネリック医薬品を利用するという方法があります。経済的な負担を軽減するため、ジェネリック医薬品と価格についてチェックしてみるのがおすすめです。ジェネリック医薬品といっても効果については元の薬と同じです。

ジェネリック医薬品は有効成分は同じ

有効成分が同じなので安心して服用することができるでしょう。人によっては元の薬よりもジェネリック医薬品の方が効果を実感できるということもあります。EDに効果的な成分が含まれていることはもちろん、さらに他の成分が配合されているジェネリック医薬品も人気となっています。有名なのは早漏を防止する効果のある成分であり、EDで悩んでいるだけでなく早漏で悩んでいる人からも支持されています。いろいろな成分の入っているジェネリック医薬品の場合、他の薬より値段が高めに設定されていることがあります。

ジェネリック医薬品は価格も安い

シアリスのジェネリック医薬品は2500円前後が価格の相場となっています。もう少し高いところなどもありますが、元の薬の半分以下の価格で購入できるというメリットがあります。ジェネリック医薬品と価格について気になることがある場合、病院で相談してみると良いでしょう。製薬会社や正規品へのこだわりが無いなら価格の安いジェネリック医薬品を選ぶのがおすすめです。最近では通販サイトなどでもジェネリック医薬品が購入できるようになっています。病院に行くのが面倒な人には便利ですが、信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。中には偽物を販売しているところもあるので注意が必要です。シアリスのジェネリック医薬品の効果を実感したいという場合、飲み方や飲むタイミングなども重要です。EDにはさまざまな原因がありますし、ED治療薬だけに頼るのではなく、自身の生活を見直してみることも大切です。すぐに効果は実感できなくても根気よく治療を続けるようにしましょう。

シアリスのジェネリック医薬品メガリスとタダリス

メガリス世界シェアナンバー1を獲得するなど、現在世界でもっとも使用され過ぎているED治療薬といっても過言ではない「シアリス」。一般に販売されている精力剤とは一線を画し、ファイザー製薬のバイアグラなどと比較して効き目が長いのが特徴で、その効果は約36時間作用し続けます。そのため金曜の夜に服用すれば日曜まで効果が持続すると「ウィークエンドピル」などと呼ばれ、海外で非常に多くの人の愛飲され続けています。

シアリスは日本国内では処方箋が必要となる医薬品に分類されている薬です。また特許期限も切れていないため、そのジェネリック医薬品の製造は行われていませんが、一部海外ではジェネリック医薬品販売が行われています。メガリスとタダシップ、タダリス等はそのシアリスのジェネリック医薬品として生まれた薬であり、その製造はインドで行われています。インドはかつて独自の特許法を採用しており、販売が開始された直後の新薬であってもジェネリック医薬品の製造が可能であるという特殊な状況下にありました。現在ではそうした特許法も改善されましたが、以前に製造されたジェネリック医薬品の販売停止処置はなかったため、現在もそれら製品の購入が可能となっています。

メガリスはインドの製薬会社製造

服用方法「メガリス」はインドのムンバイに本社をおく「マクローズ社」の製造するシアリスのジェネリック医薬品です。インド国内の製薬会社の中でもトップ10に入るなど、現在急成長を続けている会社です。「タダリス」はバイアグラのジェネリック「カマグラ」でもお馴染みの「アジャンタファーマ社」が販売を行っています。

メガリスとタダリスはどちらもシアリスと同様の有効成分「タダラフィル」を含有しているため、その作用や服用方法もほぼ同等の薬です。効き目が長いことや、アルコール、食事の影響を受けにくいという点も同じですし、副作用や併用禁忌薬に関しても同じとなっています。ほぼ同じ効果を持ちながら、開発費の抑えられたジェネリック医薬品ですので非常に安価にて購入することが可能です。ですが前述したように日本国内では未承認の薬となるため、購入は海外サイトから個人輸入する必要があります。

メガリス、タダリスは輸入代行で購入

個人輸入は、自分が服用するために行うのであれば違法性はないため安心してください。ただし個人輸入にはこうした国内では販売されていない薬を安く購入できるというメリットがある反面、偽造品などの正規品とは異なる成分を含んだ商品が扱われていることもあるため注意が必要となっています。このような危険は長年の実績のある個人輸入代行サイトを利用することで比較的容易に回避できるため、個人輸入の利用をお考えの方はこうしたサイトを使用することをおすすめします。

シアリスジェネリックの効果と副作用について

副作用シアリスは特許が満了を迎えている国はないため、正式なシアリスジェネリックは以外は流通存在していません。ED治療薬として使われるシアリスジェネリックは、インドの製薬会社により製造販売がなされています。見た目はオレンジがかったピンク色で丸い形をし、個包装となっています。含有量を見ると10mgと20mgの2種類があり、普段よりも満足できる性交を行いたい場合には10mg、ED治療目的に服用するのであれば20mgを選ぶと良いでしょう。
ジェネリックを服用する場合にはその効果と副作用が気になるところですが、主成分はシアリスと同じタダラフィルが用いられています。タダラフィルは勃起障害の原因となる酵素を阻害する働きがあり、これを摂取することにより正常な勃起を誘発することができるものです。即効性に欠けるという特徴がありますが持続力は抜群で、一度の服用によって36時間にもわたるデーターがあり効果が期待できるといわれています。

シアリスジェネリックはタダラフィルが主成分

タダラフィルを主成分としているので、長時間何度も性交を楽しみたいと考える人にとってはぴったりと言えるでしょう。
シアリスジェネリックは価格の面でも非常に魅力的だといえます。通常のシアリスよりも安価に購入することができ、一般的にシアリス20mgは1錠あたり2000円程度で販売されていますが、シアリスジェネリックの場合には1錠あたり約500円から700円という価格設定がなされています。10mgであれば1錠あたり500円以下で購入することができるでしょう。このように安価で購入できるにもかかわらず、シアリスと同じような効果が期待できるので、世界各国で高い人気を集めています。

シアリスジェネリックの副作用

頭痛シアリスジェネリックの副作用としては、血流の流れを促し頭痛やほてり、鼻づまり、動悸などの症状がみられます。これらは主成分タダラフィルが勃起障害の原因となる酵素を阻害することにより、全身の血管が拡張されるために引き起こされるものです。消化不良、副作用の症状や程度は個人により異なりますが、重度の症状が出た場合には使用を中止して、病院で診てもらうようにしましょう。
ジェネリックは性行為、性交の30分から1時間ほど前に服用することで効果が現れます。勃起のメカニズムは性的興奮を得て作動するものであるため、効果を実感するためには性行為、性交やパートナーとの接触により性的刺激を得る必要があるでしょう。つまり性交を前提に服用すると考えることが重要です。
ジェネリックには併用禁忌薬があり、さらには血圧の高い方、狭心症、体質的に服用できない人もいるので、重篤な症状を発生する可能性があるので服用する前によく確かめるようにしましょう。

シアリスのEDジェネリック価格料金比較を利用

シアリスはEDの治療薬として日本だけでなく世界中に人気の薬です。他のED治療薬に比べるとその作用はマイルドかつ持続性に富むため、他の薬よりも好んで使われることが多いのが特徴の薬です。特に他のED治療薬では持続力が満足できないという方はシアリスを希望して処方してもらう患者が多い傾向にあります。

日本ではこの薬のジェネリックは建材のところ発売されていませんが、今後発売されるという話が出ています。発売された場合取り扱う予定があるというクリニックもありますので、2018年以降の発売が期待されています。ジェネリック医薬品はオリジナルに比べると同じ成分で同じ効果を得ることができるのに非常に価格が安いことがメリットです。

■個人輸入サイトを利用するとお得

ネット通販現在のところ日本ではジェネリック品は販売されていませんが、個人輸入サイトを利用するとシアリスのジェネリック品を購入することが可能です。多くの人がこのサービスを利用してジェネリック品を購入している様子は商品のレビューなどから知ることが出来ますが、その時最も安く購入する方法としてはEDジェネリック価格比較サイトを利用するのがおすすめです。

EDの治療薬を利用する時に、コストパフォーマンスを重視する人は多く、そうした人向けに価格比較を行っているサービスは多くあります。ランキング形式やおすすめの業者などが紹介される中で価格比較サイトを利用するメリットとしては、日常的に使う医薬品にかかる費用を下げる点にあります。

■個人輸入代行サイトは価格が違う

ジェネリック医薬品を使うこと自体がコストパフォーマンスの追求という理由になりますので、これらをさらに比較して購入することで最もお得なED治療薬を探すのに役立ちます。個人輸入で購入できるショップは沢山ありますが、そのショップごとに送料や発送までの期間などは異なります。

多くの個人輸入サイトの場合、まとめ買いすることでお得に購入できるサービスが導入されていますし、購入金額に応自他ポイントが付与されることもあります。ポイントがたまると商品の購入に充当できますので、比較サイトの中でもこうしたサービスが導入されているところを選ぶと更にお得です。

又、ジェネリック医薬品だけでなく海外の薬は信頼できるショップから購入することが推奨されています。ショップの中には正規品でないものを扱っているところもありますので、取引実績の多い正規品のみを扱うお店を利用すると偽物を購入する心配もなく安心して利用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。