シアリスの効果を発揮する正しい飲み方、服用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シアリス

シアリスの効果と正しい飲み方とは

ED治療薬として人気のあるシアリスですが、きちんとした効果と正しい飲み方を知っている人は少ないです。日本では2007年7月に認可されましたが、今では多くの男性が愛用する薬になりました。
シアリスの有効成分はタダラフィルす。タダラフィルは、男性の勃起をなえさせてしまう酵素を阻害することで効果を発揮します。飲むだけで勃起するという薬ではなく、勃起しやすい状態にサポートする薬なので、性的な刺激がなければ勃起することはありません。
シアリスは飲んでから効果が出るまで3時間ほどかかる、遅効性の薬です。遅効性というのはメリットに感じないという男性も多いですが、シアリスにはほかのED治療薬にはない大きな特徴があります。それは、薬の効果は36時間という長い間持続する点です。欧米ではウィークエンドピルとも呼ばれていて、金曜に飲めば日曜まで効果が続くと話題になりました。ED治療薬

 

シアリスとは

シアリスED治療薬といえばバイアグラが名称としては有名ですが、実は現在では一番使われている薬というわけではないということはあまり知られていません。日本で今認可が下りているED治療薬は三種類、バイアグラ・レビトラ・シアリスとなりますがこの中で世界で最も使用されているのはシアリスだということがシェア調査の結果分かっています。そのシェアは40%を超えているとも言われているのです。ではこのシアリスとはどんな薬で、どんな特徴を持っているのでしょうか。

シアリスの特徴

まずこのシアリスの最大の特徴は、効果が出るまでの時間と持続性です。例えばバイアグラは服用から約1時間程度で効果が現れ、その後効果は4から5時間程度持続すると言われています。そしてレビトラはさらに極端で、最短だと服用から20分程度で効果が出てくるとも言われているのです。どちらも速効性に重点を置いた薬だと言えます。
しかしシアリスはこれら他の薬とはコンセプトがかなり違うのです。服用から効果が出るまでに掛かる時間はおおよそ3時間程度掛かると言われています。かなり遅効性の薬となっているわけです。その代わり持続時間は最大36時間とかなり長井ものとなっています。この持続性の長さは日本国内でも海外でもかなり話題となりました。つまりシアリスとは、その他のED治療薬とはかなり違いがあるわけです。ライフスタイルによってかなり向き不向きがあると言えるでしょう。ED治療薬

 

シアリスの主成分

そんなシアリスの主成分はタダラフィルというものとなります。この成分はバイアグラやレビトラといった他のED治療薬と同様に、PDE5という酵素の働きを阻害する効果があるとされています。PDE5は血管を拡げる物質を分解する酵素で、これを妨げることで血流を改善し勃起しやすくするというわけです。ではシアリスがなぜ持続時間が長いかというと、それはタダラフィルの分子構造に秘密があります。タダラフィルは他の二つの薬の主成分となっているものと比べ分子構造がブロック状となっているのです。このため吸収に時間が掛かり、持続時間が長くなるというわけです。
またシアリスの持つその他の大きな特徴としては、食事の影響をあまり受けないというものもあります。というのも実はバイアグラは食事の影響をかなり受けると言われているのです。後発薬であるシアリスはその問題を改善しているというわけです。シアリスは800キロカロリー未満の食事までなら影響が出ないと言われています。とは言え、あまりお腹いっぱいになるまで食べるのは避けた方が良いと言えるでしょう。

シアリスの種類

シアリスは、ED治療薬の代表的な薬の一つです。特徴としては、同じED治療薬のほかのものと比較して持続性がとても長いということにあります。また、今現在最も売れているED治療薬としても知られているのがシアリスです。
正しい飲み方のタイミングについてですが、性行為を行うより3時間前くらいに飲むと良いです。これはこの薬が効くタイミングが他と比較すると遅いという点があるためであり、即効性があるED治療薬と比べるとやや不便に感じてしまう可能性もあります。その代わり、効き目が持続してゆっくりと効いてくるという性質を持っているため安全性が高いということもいえるでしょう。
この医薬品には5mg・10mg・20mgといった3種類の錠剤があり通常は医師の処方で利用するのが一般的です。どの用量のものが適しているかに関しては、患者の状態を確認したうえで医師が決定するようになっています。医師から処方してもらう場合には、指導されたことはきちんと守っておくようにしておくことがいえます。

シアリスを摂取する時の注意点はグレープフルーツ

グレープフルーツには、フラノクマリンと呼ばれる成分が含まれています。このフラノマクリンは、シアリスの成分を身体の外へと排出することを邪魔してしまう働きがあり、その結果シアリスの主な成分であるタダラフィルが多く残ってしまって身体に悪影響を与えてしまう懸念が考えられるためです。
多量のアルコールと一緒に摂取することも控えておくようにします。アルコールは少量の摂取であればむしろ体の血行を良くするため効果的に作用することもあるのですが、アルコールの働きとしては神経伝達を鈍らせる作用も認められているため、多量に摂取すると性的な刺激がうまく伝達しなくなってしまい効果がなくなりますので注意しましょう。
個人輸入などで購入するときには、偽物をつかまされないようにすることが求められます。正しい飲み方が分からなくなってしまう可能性もないとは言い切れませんので、不安になったら医師や薬剤師と相談することが大切です。

シアリスの正しい服用方法を知る事の重要性

医者シアリスは食事との相性の良さで評価される事が多く、服用してから36時間ほどは効果が持続して、食事が原因で急に効果が無くなるという可能性は低いです。
食事に含まれる栄養素が成分の吸収を妨げてしまい、上手く効果が発揮できなくなるED治療薬もあるからこそ、シアリスは気軽に服用しやすいと話題になっています。
ただし食事の影響が完全に無いというわけではありませんから、料理の食べすぎは禁物だという事は忘れないでください。
何も食べていない空腹状態か、食事を済ませてから2時間から3時間ほど経過した状態で服用すると、より効果を大きく感じやすくなります。
36時間という効果が続く時間の長さが魅力の医薬品だからこそ、服用するタイミングは決めやすいと好評です。

シアリスの併用禁忌薬

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬と硝酸剤は、シアリスと一緒に服用するのは危険な医薬品なので、その点だけは特に注意をしてください。
もし併用禁忌薬を一緒に服用してしまうと、急激に血圧が低下する事によって、心臓や血管に大きな負担をかける事になりかねません。
他にもミノキシジルが含まれている医薬品なども注意が必要で、ミノキシジルには血管拡張作用があるために、血圧を低下させる原因になる場合もあります。

シアリスジェネリックの有効成分

シアリスジェネリックは有効成分にタダラフィルを含むED治療薬です。この成分はオリジナルのシアリスと同じもので、勃起不全の原因となるPDE5を阻害する働きを持ちます。
大きな特徴は水に溶けにくい性質を持つことによる、長時間の作用が続くことです。その他のED治療薬は5時間程度で効果を失ってしまうところ、タダラフィルは最長で36時間程度も効果を持続させる働きがあります。また、ナチュラルに作用するために勃起の硬さに違和感を覚えにくく自然な使い心地があるのも魅力です。しかし即効性には期待することはできません。水に溶けにくい性質ゆえに効き目が発揮されるまでに時間を要し、早めに服用をしておく必要があります。飲むタイミングが大事なED治療薬ですので注意を払った活用が求められます。

シアリスの飲み方のコツ

飲み方のコツですが、まずシアリスジェネリックの容量から気を配ることが大切です。有効成分の含有量が多いものですと持続性や効き目が高まる一方、副作用が出てしまうリスクもアップします。特に初めて飲む人は安全性の観点からも、含有量が低い物からトライするのが無難です。なお、もし効き目が低く感じる場合でも、一気に2錠以上飲んだり、飲む間隔を狭めたりするといった飲み方は厳禁です。それだけリスクも増してしまいますので、一回1錠の服用に留める、効き目がなくなる時間になるまで次の服用は控える、といった注意点を守らなければいけません。

服用のタイミング

薬服用タイミングとしては性行為の3時間前を目安に飲むのが良いとされています。効果がゆっくりと現れるED治療薬ですので時間に余裕を持ち服用するのが基本です。また、3時間前の服用ですと血中濃度がピークを迎えますので効果的に活用することができます。ただ、長く作用する特性を持つためにそこまで服用タイミングに縛られる必要もありません。基本的には早めに飲んでおくことで、効果が発揮されるタイミングで性行為に臨むことができるはずです。
食事との関係性ですが、なるべく空腹時に服用するのが効果を発揮させやすくするためのコツです。シアリスジェネリックは食事の影響を受けにくいものの、全く影響がないわけでもありません。効果の持続性のある薬なため、空腹時に飲むのも難しくないと言えます。
有効成分と飲み方のコツは以上のようになっています。緩やかに効果を発揮するED治療薬ゆえに飲み方には少しコツがありますが、持続性があるために他と比べても使い勝手が良いのが特徴的です。

シアリスは比較的食事の影響を受けにくい治療薬

食事また、他のED治療薬は空腹時に飲むことで効果を発揮するというものが多いのですが、シアリスは比較的食事の影響を受けにくい薬です。食べ過ぎては吸収が悪くなってしまいますが、800kcal未満の食事であれば問題がありません。効果が出るまでに時間がかかるという点を考え、デートの前、つまり夕食の前に飲むという使い方もできます。食前に服用できるというのは、他の薬にはないメリットです。体に吸収させてしまえば、それ以降の食事の影響は受けにくいのも安心です。
この使用方法は、効果が長く持続するシアリスならではと言えるでしょう。そして、アルコールを飲むことも問題ありません。泥酔してしまうようなレベルですと問題になりますが、夕食時に乾杯をしてお酒を飲んだりというシーンも可能です。適度のアルコールは精神を落ち着かせるという働きもあるので、飲みすぎなければ心身ともにいい影響があります。パートナーとバーや居酒屋で飲んだ後にいい雰囲気になるという場合でも、心配する必要はありません。

ED治療薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。