シアリスの通販可能なおすすめジェネリックを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メガリス

有名なED治療薬といえば多くの方がバイアグラを思い浮かべるかもしれません。ですがそれを超える人気をもつED治療薬シアリスがあるのをご存知でしょうか。ED治療薬としては世界シェアナンバーワンを誇る薬で、世界中で最も飲用されている薬です。効き目が長いのが大きな特徴で、服用後は約36時間も効果が続くため、金曜の夜に飲めば日曜まで効果が続くと、海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれることもあります。

国内でシアリスを入手する場合には医師の処方箋が必要となります。病院等に出向き、診断を受けたうえでなければシアリスの購入はできません。こうした購入方法は診断費用が掛かるうえ、薬代も高い場合が多いなど、非常に経済的な負担が大きいものです。こうした負担を減らす方法として、シアリスのジェネリック医薬品を利用する方法があります。ジェネリック薬は有効成分は先発薬と同じものを利用しているため、シアリスと同等の効果を発揮する薬です。ED治療薬

 

シアリスのジェネリックの中で人気はタダリス、メガリス

タダリスシアリスのジェネリック医薬品の中でも人気の商品となっているのが「タダリス」「メガリス」です。これらはどちらもインドの製薬会社によって製造販売が行われていますが、国内においては認可を受けていないため入手には海外通販からの購入が必要となります。個人輸入に危険なイメージを持たれる方が多いですが、個人輸入は輸入物を個人使用するのであれば違法性はないため安心してください。

個人輸入は海外のサイトから自ら行うこともできますが、手続の容易さなどから一般的には国内の個人輸入代行業者サイトを利用する人が多くなっています。代行業者の中でもおすすめ通販 ジェネリックのサイトとしては「ヘルスクリニック」があります。個人輸入代行業者を選ぶときに気を付けたいのが偽造品の取り扱いがない業者を選ぶことです。その判断基準として「実績の高さ」「口コミでの評判」がありますが、ヘルスクリニックは個人輸入を15年以上行っている老舗であり、またネットで評判も高い業者です。とりあえずどこで買うか迷うようであれば、こちらでの購入をおすすめします。

シアリスジェネリックのメリットデメリット

医者ED治療薬はどれを服用しても大して効果が変わらないと考えていると、シアリスのように効果の優れるED治療薬の存在を知らないままになってしまいます。シアリスは効果の持続時間がとても長くて、服用してから20時間から36時間ほど効果が持続するために、服用するタイミングを決めやすいのが一番の魅力です。予定していたよりも性行為を始める時間が遅くなってしまったせいで、その頃にはED治療薬の効果が切れていて、上手く勃起できないという事態を防ぐ事ができます。

ジェネリックで安い料金で購入可能

それだけ効果の持続時間が長いだけでなく、シアリスにはジェネリック医薬品があるために、安い料金で購入し続けられるところも好評です。シアリスジェネリックは効果の高さも変わらないので、お得さを実感しながら服用を続けられます。

そんな魅力の詰まったED治療薬ではありますが、シアリスジェネリックにもメリットデメリットがあるので、服用する際には注意が必要です。特に注意しておきたいのが効果が出るまでの時間の長さで、服用してから3時間ほど経過しなければ、股間をスムーズに勃起させるのが難しくなりかねません。夜中に性行為を楽しむ事になるかもしれないと考えたら、夜中になってからではなく夕方頃にシアリスを服用しておくと、何も不安なく性行為を楽しみやすくなります。

お酒との相性があまり良くないのがデメリット

カクテルもしアルコールを大量に摂取した状態で、シアリスを服用すると体調が急変する可能性もあるので気を付けてください。少量の飲酒であれば問題は出にくいのですが、元々からアルコールに弱いという人は、お酒を飲まずにシアリスを服用しておく事をおすすめします。

食事による悪影響は受けにくいED治療薬ではありますが、もし満腹の状態でシアリスを服用すると、効果が発揮されるまでの時間が更に延びてしまう可能性もあります。空腹時か食事を済ませてから2時間ほど過ぎてから、シアリスを服用するように意識しておくだけでも効果の違いは実感しやすいです。

副作用が少ないのはシアリスのメリット

服用方法で注意しておくべき点はいくつかありますが、副作用の発症率が低いというのはシアリスの大きなメリットだと言えます。顔のほてりや目の充血や頭痛といった副作用に悩まされずに、気楽にシアリスジェネリックの服用を続けられている人も多いです。もし頭痛などの副作用が起きたのであれば、食事内容との相性が悪かったり、体調が変化している事が原因かもしれないと疑ってください。一時的に服用を中断して、体調の変化を見守る事も重要です。

持病がある方はシアリスジェネリック服用注意

頭痛バイアグラやレビトラ・シアリスという3つのタイプのED治療薬が日本では認可されていますが、その中でも最も新しく認可されたのが、シアリスです。日本だけではなく世界各国で使用されており、その利用者は1000万人を超えるとも言われており、その世界シェアは40%以上となっているため、現在では最も売れているED治療薬であると言っても過言ではありません。
シアリスには、成分が同様で製造方法や製造会社などが異なるジェネリック医薬品が複数あります。シアリスジェネリックはシアリスと同じ成分であり、同じような効果を期待することが出来ます。バイアグラやレビトラに比べて、服用してから効果があらわれるまでの時間は長いですが、その分持続時間が長いというメリットがあります。また、食事による影響をほとんど受けることがないということもメリットがあります。あまりにも思い食事をすると影響があらわれる可能性はあるとされていますが、軽めの食事であれば影響を受けることはないとされています。

ジェネリックは決められた用法・用量を守る

薬シアリスジェネリックの効果を正しく得るためには、決められた用法・用量を守るようにするということです。医師の指示を無視して必要以上に服用したり、服用する間隔を狭めることは、効き目を得ることが出来ないばかりではなく、健康を害する可能性もあります。また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースなどと一緒のタイミングで服用した場合には、それに含まれる成分が有効成分を体外へと排出されにくくしてしまうため、本来であれば排出されなければならない成分が残ってしまうことで悪影響が出る場合もあります。
シアリスジェネリックを服用する場合の注意点としては、日常的に医薬品を服用しているという場合には、併用してはいけない医薬品があるということです。医薬品の組み合わせが悪いと健康を害する可能性があります。そのため、持病がある方は服用をする前に医師に相談をするようにしましょう。そして、医薬品ですので、副作用が生じる可能性があります。副作用については、頭痛やほてり、消化不良、筋肉痛などが挙げられます。また、頻度は少ないですが、色の判別がつきにくくなる色覚異常が見られる場合もあるようです。副作用が生じた場合には、早めに医療機関を受診し、相談をすることが重要になるでしょう。既に持病がある方については、服用することが出来ない可能性もありますので、注意が必要でしょう。

シアリスジェネリックの2つの購入方法を解説

シアリスはその他のED治療薬と比較すると、効果が長続きする点に特徴があります。シアリスジェネリックですと安価に入手することも可能です。
購入方法には、まず医療機関で処方をしてもらうことです。基本的には医師による処方が必要な医薬品ですので、医師の指導の元で処方及び服用をしなければいけません。
ただ、シアリスジェネリックを処方してくれる医療機関は多くありません。元々シアリス自体、ED治療薬の中でも後発の存在ですので、ジェネリックの種類が多くないのです。したがって殆どの医療機関では、まだオリジナルのシアリスのみの処方に留まることが多いのが現状です。そのため入手のハードルが少し高いと言えますが、しかしより手軽に手に入れる方法もあります。その方法は個人輸入代行を利用することです。

個人でも医師による処方が必要な薬を入手可能

クリニック個人輸入代行は海外から医薬品を購入するサポートをしてくれるサービスであり、個人でも医師による処方が必要な薬を手に入れることができます。しかも日本国内で販売されているよりも安価に入手が可能なため、リーズナブルにED治療薬に手が届くとして利用されるケースも増えているのです。
実際の購入方法は難しいものではありません。一般的なインターネット通販と同じようにしてオンラインで購入し、後は到着するのを待つのみです。日本語もサポートされていますので外国語に不便を感じることもありません。ただ海外からの発送ですから到着までに時間を要します。2週間程度の時間を要することもあるため、早めの手配を行うのが無難と言えるでしょう。

個人輸入代行を利用する際の注意点

特に大事なのが信頼のおける代行業者を利用することです。海外医薬品の中には偽造品が多く流通している現状があり、実際に偽物の被害に遭ってしまう事例も存在します。本当と見分けの付きにくい物もあるため、知らずに飲んでしまう可能性も否定できません。そのようなリスクを踏まえ、安全のためにも正規ルートで入荷されたシアリスジェネリックを扱う代行業者を利用することが大事です。
服用における注意点もあります。医師からの処方ではない場合、個人の判断で服用することになりますが、服用におけるトラブルが起こっても自己責任です。それが個人輸入で入手するひとつのリスクであり、ユーザーは理解を持っておく必要があります。特に、ED治療薬でトラブルが起こった経歴がある場合や、持病を持っている場合は事前に医師に相談をしておくなどの安全対策が欠かせません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。