シアリスの副作用と禁忌薬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シアリス

シアリスの副作用と禁忌薬について

EDを治療するときには、日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの三種類の薬を使って治療することができます。
シアリスはこの中でも最も新しいED治療薬で、多くの国で使われています。
この薬は、EDの原因になってしまうPDE5と呼ばれる酵素を阻害することによってEDを治療していきます。この酵素は血管を拡張させる働きのを持つ環状グアノシンーリン酸を壊す働きがあります。男性の勃起には、この環状グアノシンーリン酸が必要なため、これが壊されてしまうとうまく勃起できなくなりEDの原因となってしまうのです。
シアリスは、バイアグラやレビトラに比べて圧倒的な効果時間の長さがあり、効果がゆっくり浸透していくため体への負担も少なく安全性が高いとして人気です。
しかし、どんなに安全性が高いと言っても危険性と禁忌薬はあるため服用する場合には注意が必要となります。
まず、危険性としてあげられるのがグレープフルーツを食べることです。ED治療薬

 

 

シアリスの食事の影響は

食事お酒や食事の影響を受けにくい治療薬ではありますが、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分がシアリスの成分を体外に排出することを阻害して、体内にタダラフィルという成分が多く残ってしまうことがあります。この成分が体に多く残ると、体に悪影響を及ぼす危険性が考えられます。
また、ゆっくり体に浸透しているため安全性が高く副作用が出にくいですが、全くでないというわけではなく服用者の3割程度は副作用を体験しています。
副作用としては、頭痛やほてり、消化不良などがあるため注意が必要です。
併用禁忌薬もあるため、薬を飲んでいる場合併用しても大丈夫なのか医師に確認してから使用します。
併用禁忌薬としてh、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などが有名です。それ以外にも様々な種類の薬が併用禁忌薬として指定されています。
安全に利用するためには、危険性と禁忌薬についてきちんと理解した上で使用することが、EDを治療するためには大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。