AGA治療の費用、治療薬の効果や副作用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
AGA治療

AGA治療と食生活との関係はあるの?

AGA治療の一部として、食事の見直しがあります。それは、薄毛は食生活との関係が深いからです。薄毛に悩んでいるなら、まずはすぐにでもできる食生活の改善から始めるといいでしょう。栄養のバランスが偏っていたり、コンビニやファストフードなどのジャンクフードが多かったりすると、症状が進行してしまう原因となってしまいます。そのほか、お酒の飲みすぎや、ダイエットをしていて必要な栄養素が足りていないなども薄毛や抜け毛にはよくありません。頭皮も体の一部なので、体に良くないことは薄毛や抜け毛にもよくないと言う事です。また、髪に必要な栄養素としてたんぱく質が挙げられますが、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方を上手に組み合わせて、食事になるべく意識して取り入れるようにしましょう。もし規則正しい食生活が難しい場合は、サプリメントで足りない栄養素を補うこともできますので、必要があれば活用してみるのも効果的です。

様々なAGA治療の比較

比較AGA治療法には主に2つあります。一つは発毛や育毛を促す薬剤による治療であり、もう一つは施術を伴う治療となります。両者のAGA治療比較をしてみると、利用者が多いのは薬剤を使う治療です。やはり簡単であることに加え、最近のAGA治療薬は目を見張るほど高い効果をあらわすようになってきていることも大きいようです。

たとえば、フィナステリドという有効成分が含有されているプロペシアは、薄毛の原因となっている男性ホルモンの働きを抑制することができます。また頭皮の血行を良くして薄毛の改善を図ることができるミノキシジルという有効成分も有名です。

これに対して施術を行うAGA治療法としては、HARG療法と呼ばれる再生医療の一種があります。これは細胞成長因子と呼ばれる幹細胞から作られた成分を注入して薄毛を改善していきます。さらにフィナステリドやミノキシジルの成分を直接頭皮に注入するメソセラピーという方法もあります。効果の高さでAGA治療比較と治療薬を服用するよりもより高い効果を発揮しています。

正しい生活習慣でAGA治療の効果を高める

薄毛の症状を食い止めるためには薬によるAGA治療だけではなく、正しい生活習慣を心がけることも大切です。AGAになる主な原因として男性ホルモンが挙げられますが、それに加えて乱れたライフスタイルが育毛を阻害する可能性があります。そのためAGA治療の真価を発揮させたいのであれば生活習慣の改善が欠かせません。
例えばストレスが溜まっていたり運動不足が続いていたりすると血行が悪くなるので、頭皮に栄養が行き届かなくなります。その他にも睡眠は血行の改善に影響があるのはもちろんのこと、成長ホルモンの分泌にも関係しているため十分な時間を確保しましょう。ただしどれだけ血の巡りが良くなっても良質な毛髪を作るにはタンパク質をはじめとした栄養素が必要であり、食事バランスに気をつけることが重要です。また過度のアルコールや喫煙は育毛に不可欠な機能への悪影響が大きいので、AGA治療を考えている場合控えたほうがいいのは言うまでもありません。

様々なAGA治療薬の種類があります

AGA治療薬AGA治療薬の種類にはいくつかあり、クリニックや病院で処方されるものやインターネットを利用して個人輸入代行サイトで入手できるタイプがあります。一般的に公式の治療薬やジェネリック医薬品があります。公式治療薬はAGA治療薬として日本で認可されていて、効果と実績のあるものを言います。病院や専門クリニックなどで処方される治療薬の特徴には効果とそれに伴うコストの高さがあげられるでしょう。AGA治療は自由診療になるのでどうしても高額になり、長期間服用することになるのコストがかさみます。診察も必要になるのでどうしてもコストが高くなるでしょう。比較的低コストで利用することができるので個人輸入代行サイトを使用して入手するジェネリック治療薬です。正規品と同じ効果を持つので、長期間服用を続けるならコストを抑えることが可能です。病院や専門クリニックで処方されている治療薬はもちろん、ジェネリック医薬品もインターネットで購入することができるので気軽に利用することができます。

AGA治療薬タイミングは早期が効果的

薄毛男性の薄毛の多くの原因は男性ホルモンの分泌によるもので、その男性ホルモンの作用をブロックしてくれるのがAGA治療薬です。AGA治療薬タイミングは、薄毛や抜け毛が気になった時がベストのタイミングと言われ、早ければ早いほど発毛を実感するのも早めることが出来ますし、抜け毛や薄毛を早期に解消することができるメリットがあります。

AGA治療は薬を服用することで抜け毛の原因をブロックしてくれますが、服用をやめるとその作用はなくなり抜け毛が増えることがわかっています。しかし、治療を続けているうちは高い発毛効果が実感できる薬ですので、気づいた時点でなるべく早めに薬を使い始めるのが有効です。

ベストのタイミングは症状が気になった時と言われており、時間をおけばおくほど発毛までにかかる時間もながくなる傾向にありますので、なるべく早めに治療に取り掛かることが重要なポイントです。発毛治療は皮膚科や発毛専門クリニックでうけられます。

AGA治療薬を長期使用すると

AGA治療は、辛抱強く長期間にわたって治療を続けることで効果を発揮するものです。ですから、AGA治療薬を長期使用することになります。決して短期間で一気に効果が出る治療法ではないことを事前に十分理解しておきましょう。

AGA治療は大きく分けると男性ホルモンの分泌を抑制することでM型薄毛を改善する治療と、頭皮の血行不良を改善してO型薄毛を解消する治療の2種類があります。

いずれも、一度は活動を停止してしまった毛根を再び動き出させるために、AGA治療薬を長期使用することが求められます。根本的な問題を解消するためには時間を要するのです。

じっくりと治療に取り組むことによって、早い人では半年程度で効果が感じられるまでになります。効果が出るまでの期間は、日頃の生活習慣や年齢などで大きな差がありますので全ての方に当てはまる説明をすることが難しいですが、早めにAGAの症状を確認して早期の治療を行うことで、効果が出るまでの期間を短くすることが出来ます。

毛髪サイクルが乱れる原因を知りAGA治療を

頭皮ケアAGA治療を行うのなら、まずは毛髪サイクルが乱れる原因を知っておかなければなりません。髪の毛には成長期・退行期・休止期のサイクルがあり、休止期の髪の毛が抜け落ちるのは正常な現象です。しかし、遺伝やストレス、加齢、生活習慣などによって成長段階にある髪の毛が抜け落ちることがあり、それがAGAにつながります。
実際の脱毛に関与しているのは男性ホルモンであり、テストステロンが毛根部分にある5αリダクターゼと結びつくことで、より作用の強いジヒドロテストステロンへと変化します。そしてジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結びつくことでTGF-βという脱毛因子が生まれて髪の毛の成長期間を短くしたり成長を抑制したりすることが薄毛の原因です。
これが毛髪サイクルが乱れる原因となっていて、それを引き起こす要因を排除することは難しいのですが、AGA治療薬には男性ホルモンの影響を抑えられるものがありますので効果的なアプローチが行えます。

AGA治療の効果持続の為に行う事

頭皮ケアAGA治療を受けた結果、無事に薄毛を改善できることがあります。治療は一応の完了を迎えることになりますが、しかしそこで油断することはできません。治療を止めてしまうとまた元に戻ってしまうリスクがあるからです。すぐにまた薄毛になるわけではないものの、治療による効果がなくなることで緩やかに薄毛へと向かっていくのです。
生えた後も効果持続させて行くには適切に対処していかなければいけません。そして持続のために重要なのが、それまで使っていた治療薬の使用を止めることなく、そのまま継続していくことです。根本的に髪を生やすことができたのは治療薬の存在があったからで、止めてしまうとまた薄毛になる可能性が高まります。しかし薬を続けていけばボリュームをキープしやすくなり、今後AGAに悩むリスクも大幅に軽減できるのです。
なお、薬の継続に不安がある場合、使い方を調整して対策するのも良いでしょう。それまでよりも使う量を減らしたり、間隔を空けたりする使い方でも状態をキープできることもあります。

効果的なAGA治療はどこでできるか

クリニック薄毛であるAGAは治せる病気ですが、AGA治療はどこでできるかわからないという人が多いのではないでしょうか。治療先は大きく分けると、一般皮膚科など一般の病院とAGA専門クリニックの二つに分けることができます。一般の病院は内服薬の処方を行うことがメインとなっており、保険が適用される治療も多いですが、一般の病院のAGA治療の多くは現状を維持して進行を食い止めることが目的となっており、頭皮に直接薬剤を注入するような外科治療は行っていないことが大半です。その一方でAGA治療を専門に行うクリニックは、AGA治療の専門の医師による診察を受けることができ、受診者一人ひとりに適した薬剤の処方などを中心とした、進行を食い止めて尚且つ髪の毛を生やすことを目的とした治療を受けることができるようになっています。保険が適用されない治療法ということもあり、金銭面の負担は大きくなりますが、症状の改善は専門クリニックが適しています。

AGA治療の種類や特徴を知る

男性AGA治療と一口に言っても、いくつかの方法があります。AGA治療の種類としては大きく内科的治療と外科的治療に分けることが出来ます。一般的に行われているのが内服薬や外用薬による内科的治療、内科的治療で効果を得ることが出来なかったもしくは何らかの理由でそれらの治療を受けることが出来ないという場合には、植毛などの外科的治療が行われます。
内科的治療のメリットとしては、身体への負担が少ないことや費用面での負担が少ないということでしょう。ただし、一方で効果を得るまでに時間がかかるということやすべての人に効果があるとは限らないというデメリットもあります。
外科的治療は比較的すぐに効果を得ることが出来るというメリットがありますが、治療を行う医師・クリニックによって技術力や効果に差があることや費用負担が大きいというデメリットがあります。どのような方法を選ぶのかは、一人ひとりの状態によって異なりますので医師と話し合った上で決めるべきでしょう。

AGA治療とはクリニックでの発毛治療

クリニック生え際やつむじ周辺の薄毛や髪の毛が細くなったのが気にある方は、クリニックでの発毛治療で薄くなった毛が生えてくる可能性が期待できます。クリニックでの発毛治療はAGA治療と呼ばれており、男性型脱毛症を効果的に解消することが出来ます。

男性型脱毛症は男性ホルモンの一種が原因となって起こる脱毛症です。その原因となる物質を内服薬を使った治療をすることで効果的にブロックし、その結果薄毛を解消した新しい髪の毛が生えてくることがわかっています。これまでの実績も非常に高く、インターネット上でもその実績について写真を掲載したものが多くあります。

クリニックででの発毛治療は自費となり、健康保険は適用されません。一般的な治療にかかる費用は、一か月あたり1万円位ですが、ジェネリック医薬品などを使うと一か月5000円程度で治療をすることが出来ます。効果を実感するまでに最低でも数か月は薬を服用する必要があり、その期間には個人差があります。

AGA治療で効果のある薄毛のタイプ

ビジネスマン薄毛のタイプにはいくつかのものがあり、髪が引っ張られ続けたことにより抜けてしまう牽引性脱毛症や自己免疫疾患が原因で丸いコイン型に毛が抜ける円形脱毛症のほか、頭皮の皮脂が原因で脱毛する脂漏性脱毛症・ふけによって脱毛する粃糠性脱毛症のような頭皮の炎症により引き起こされるものなどがあります。

しかしこれらのどれにも当てはまらないのが「AGA」という男性型脱毛症で、男性ホルモンが原因で起こる男性特有の脱毛症です。AGAと一口に言っても脱毛が始まる部位には人によって違いがあり、主に3つのパターンに分かれます。

頭の前方のコメカミのあたりからM字型に次第に髪の本数が減っていくタイプや頭の前方から生え際が緩やかに後退していくタイプ、そしてつむじから毛が抜け地肌の面積が徐々に広がっていくタイプです。悩む人も多いこれらの男性型脱毛症ですが、今では治療が可能なのでAGA治療に対応している病院で相談してみるとよいでしょう。

薄毛を予防するには適切なAGA治療が大切

AGAにはいろいろな原因があり、例えばジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれている悪玉ホルモンなどがあげられます。男性ホルモンであるテストステロンがⅡ型5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことでDHTに変換され、DHTが毛乳頭の受容体に結びつき毛髪成長を阻害します。成長が抑制された毛髪は太く長くなる以前に成長が止まってしまい抜けてしまう仕組みです。AGAを予防するにはいくつか方法があり、例えば乱れた食生活を維持していると髪の成長のための必要な栄養素が不足することがあります。健康な髪の毛を育てるのに栄養バランスの良い食事が大事です。AGA治療として生活習慣の見直しも大事で、睡眠不足や喫煙、過度な飲酒や運動不足などもAGAを悪化させる可能性があります。ストレスを感じると体や神経などを緊張させる交感神経がリラックス機能のある副交感神経に対し優位になりますが、末端血管が収縮するので頭皮への血流量が下がります。適度にリフレッシュしたりお風呂にゆっくり浸かるなどして、自分に合ったストレス解消法を行うことがおすすめです。

AGA治療で髪の毛が生える仕組み

毛髪にはヘアサイクルがあり、成長期から退行期、休止期を経て再び新たな髪の毛が生える仕組みです。ヘアサイクルは一般男性で4年から6年、女性で5年から8年程となっています。AGA治療はヘアサイクルを正常化し、再び健康的な毛髪が生え揃うことを目的としています。
毛根部分には毛乳頭と毛母細胞が存在し、毛乳頭には毛細血管から栄養が送られ毛母細胞へと到達、髪の毛の成長を促します。成長期に入ると毛母細胞から新しい髪の毛が伸び始め、退行期がくるまで成長を続け、やがて自然に抜け落ちます。退行期の後に来る休止期は、次の髪の毛が誕生するまでの準備期間です。
通常はこのサイクルを保ち続けますが、AGAは男性ホルモンから生成される物質により髪の毛の成長が阻害され、早い段階で抜け落ちてしまうため薄毛となります。AGA治療により、髪の毛の成長を阻害する物質の生産をストップすることで、ヘアサイクルを正常に戻り、徐々に健康的な頭髪が蘇ります。

AGA治療に健康保険は使えるか

医者AGA治療の方法には医薬品を使って、強制脱毛ホルモンを抑制する方法を初め、成長因子や毛髪の発毛や育毛に効果を持つ各種ビタミンを配合したHARG療法、後頭部の発毛組織を薄くなった部分に移植を行う自毛植毛などの治療法があります。医薬品によるAGA治療の場合、皮膚科などのクリニックで処方を受けることも出来ますが、HARG療法や自毛植毛などの治療法については専門クリニックで治療を行うことが出来ます。

尚、AGAは進行型の薄毛で、AGA治療は早目に受診することが重要ですが、治療を受ける人にとって気になるのがAGA治療に健康保険は使えるかではないでしょうか。健康保険が適用されれば治療費の負担が3割で済みますが、保険が適用されないとなれば全額負担になるからです。AGA治療に健康保険は使えるか、結論から言えば健康保険は適用されません。適用されない理由の中にはAGAは病気として認定されるものの、生命に支障をきたすような疾患ではないなどの理由から自由診療になっているためです。

AGA治療に関してのよくある質問

AGA治療に関するよくある質問としては、まず「治療期間はどれぐらいなのか」というものがあります。受診するクリニックにもよりますが、6ヵ月程度というのが目安とされているためであり、治療薬に使用されるプロペシアやミノキシジルの効果が現れるまでの期間が6ヵ月程度だからです。そして1年程度で医薬品の効果が頭打ちとなり、それ以降は状態を維持することを目的とした治療になると言えるでしょう。次に挙げられるよくある質問は「治療費はいくらかかるのか」ということです。AGA治療は自由診療となるため全額負担する必要があり、初診料や検査等に2万~3万円程度、そして毎月の治療費として7千~3万円程度かかるのが相場だと言えるでしょう。さらに「AGA治療によって毛を増やせるのか」という質問に関しては、AGA治療では元々ある毛が抜けるのを防いだり、毛の成長を促進する治療となるため、毛が増えるということはないと言われています。

体験者の声を参考にして始めるAGA治療

悩み生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなったのが気になる方に人気の治療がAGA治療です。皮膚科や美容外科などで行われているこの治療は、薄毛の原因である男性ホルモンの作用をブロックさせる特徴があります。内服薬を使うことで数か月後には薄毛が解消されるのを実感したという体験者の声も多く、インターネット上には治療前と治療後の写真を比較したものが掲載されています。

AGA治療は即効性はありませんので、すぐに効果を実感できるものでは有りませんが、数か月単位で発毛効果が実感できるのが一般的です。人によってその期間には個人差がありますが数か月から2年程度で十分な発毛が実感できるケースは多く見られます。

これまでは薄毛治療は育毛剤くらいしかありませんでしたが、医療機関でAGA治療が行なわれるようになってから男性の薄毛に対する治療は飛躍的に実績が向上しています。体験者の声を参考にすることで、クリニック選びにも役立てることが出来ます。

AGA治療に使われる公式治療薬ジェネリック医薬品

フィンペシアAGA治療に使われる公式治療薬ジェネリック医薬品には様々なものがあります。公式な内服薬はプロペシアであり、有効成分はフィナステリドです。ジェネリック医薬品と呼ばれているものは多々ありますが、正式なものは国内の製薬会社で製造されているものだけです。誤解が多いですが、プロペシアの特許はまだ切れていないため、インドで製造されている薬はコピー薬でジェネリックではありません。コピー薬でも品質に問題はなく、製薬会社も信用できる企業です。しかし、主に輸入代行を利用するなど個人輸入での購入になり、本物が送られる保証がないので注意が必要です。
プロペシアは高価であり、正式なジェネリックも使用料をメーカーに支払っているので価格はほとんど差がありません。インド製の薬はこの使用料がないので価格が大幅に安くなっているのが特徴です。AGA治療の費用の負担は大きいので、安心できる通販サイトであれば個人輸入を利用すると良いでしょう。
ミノキシジルも公式治療薬ですが、こちらは育毛剤など概要として使うものが認められています。同様に個人輸入で購入できるタブレットも使用者は多いですが、AGA治療薬としては認められていません。

AGA治療を考えているなら頭皮ケアも大事

頭皮ケアAGA治療を始めたいと思っているのなら、頭皮ケアにも力をいれることをおすすめします。AGAの原因は主に男性ホルモンの働きによるものですが、頭皮の血行が悪いことで栄養が毛根にまで行き届いていないことも関係しています。頭皮の血液循環が悪いとせっかくのAGA治療薬も効果が薄まってしまうおそれがあるほか、食生活や生活習慣を改めたとしても思うような効果が得られないこともあります。

頭皮のケアを考えるなら使用する洗髪剤に気を付けましょう。洗浄力が強すぎるものは乾燥をまねき、体の防衛反応が働くことでかえって頭の脂が多くでてしまいます。頭皮マッサージを行う時は清潔な手で行い1日3~5分程度を目安に行いましょう。適度な力加減を心がけて長時間やり過ぎないことも大切です。頭皮マッサージは血行をよくするだけではなく、固くなった頭皮を柔らかくする効果もあります。皮脂などによる毛穴の詰まりを取ることもできるので、毛母細胞や毛乳頭の動きが活発になり、髪の毛が育ちやすい環境が整えることができますので始めてみてはいかがでしょうか。

AGA治療とEDとの関係性について

ジェネリックED治療薬AGA治療を始めたらEDになってしまったという人は少なくありません。これはAGA治療に使われる内服薬の副作用と考えられます。すべての患者に起こる副作用ではありませんが、AGA治療に使われる製品には男性ホルモンの働きを抑制する効果がある成分が入っています。そのため、性欲を司る男性ホルモンの分泌量に変化が生じますので、EDになることも考えられるため、副作用として起こり得ることが注意書きにも掲載されています。

EDとの関係性についてはAGAの治療薬はあることが初めからわかっていますので、男性機能不全になりたくないという方は内服薬の服用は避けたほうが良いのが一般的です。医薬品で発毛用の外用薬も販売されていますが、外用でも男性機能が不全になるケースがあります。しかし内服に比べるとその頻度は高くないといわれていますので、医師に相談のうえで治療方針を決定するのが良いでしょう。治療は皮膚科や美容外科で受けることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。