AGA治療の種類と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薄毛

AGA治療とは具体的にはどのような治療

AGA治療とは、薄毛の進行を遅らせる治療と薄くなった部分を発毛させる治療を併用して、頭部をAGA(男性型脱毛症)にかかる前の環境に戻すことを指します。
AGAの症状はヘアサイクルの短期化になってあらわれますが、これはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが頭部にあるレセプターと結合し、毛髪の成長を抑制する命令を出す物質を放出することが原因といわれています。そこでフィナステリドといったDHTの生成を抑えることができる物質を長期間体内に投与して、健康な人と同じヘアサイクルになるように戻すことを試みます。
しかし、上記の治療だけでは薄毛の進行が止まるだけなので、早期に薄毛を改善したい場合はミノキシジルなどの物質が入った発毛剤を利用します。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるほか、発毛促進因子と血管内細胞増殖因子の生成を促す作用があるといわれており、これらが太くて丈夫な毛髪をつくりだします。

AGA治療を始めたいが費用は

AGA治療は一般化してきて本格的に治療を希望される患者さんが増えているが、そこで気になるのが費用です。そもそも、AGA治療は保険適応外の自由診療なのでクリニックによっても大きく異なるが、治療法によっても異なります。

価格まず、最も効果が高く最も使われる頻度が多い内服薬による治療は初回と2回目で価格が変わるようです。数ある治療薬の中でも最も使われるプロペシアは初回の処方が約5,000円から6,000円で2回目以降は大体7,000円となっています。

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリドは初回処方が約4,000円から5,000円で2回目以降は大体6,000円程度です。また、個人輸入で購入することも可能だが、その場合はプロペシアが約5,000円でフィナステリドが約3,000円です。

外用薬の場合は病院で配合されたオリジナルだと1か月分で約15,000円から18,000円で市販薬の場合は1ヶ月分で約7,000円から8,000円となっています。

AGA治療で症状を抑える事が出来る男性型脱毛症

頭皮ケア年齢を重ねると共に毛髪が薄くなったり、抜け毛が増えるということは珍しいことではありませんが、比較的若い世代で薄毛や抜け毛に悩まされているという場合には、男性型脱毛症である可能性があります。男性型脱毛症はAGAと呼ばれることもありますが、AGAとは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことにより出来るジヒドロテストステロンによって、薄毛をもたらすというものです。AGAは進行性の脱毛症ですので、一度発症すると抑えることは出来ても治す事はできません。そのため、薄毛に気がついた場合には、早めにAGA治療を受けるということが大切になります。市販されている育毛剤や発毛剤については、医薬品とは異なり配合されている有効成分の量が少ないことなどもあり、なかなか効果を実感することが出来ない可能性があります。AGA治療を受けるという場合には、皮膚科などに相談をするよりもAGA治療を専門に行っているところがおすすめです。

AGA治療に効果はあるか

AGA治療に効果はあるのか気になっている男性は多いのではないでしょうか。男性の多くが加齢による薄毛に悩まされています。髪の毛が薄くなってしまう原因はたくさんあるのですが、そのうちのひとつに男性ホルモンに影響があります。AGA治療は男性ホルモンに働きかけるものなので、多くの人が効果を実感しています。もちろんすぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。治療を続けるうちに、だんだんと髪の毛がよみがえってくるのです。治療方法は飲み薬や貼付する薬があります。まずは、AGA治療を行っている専門病院に行って医師の診断を仰ぐようにしましょう。AGA治療で治すことができる薄毛かどうかを判断してくれます。AGA治療で治療ができるものだということが分かれば、さっそく治すスケジュールに入ります。どのような治し方をするのかをきちんと理解したうえで病院に通うことをおすすめしています。医師との信頼関係を築くことが重要です。

AGA治療の治療薬を活用しよう

AGA治療の治療薬を活用すれば、多くの薄毛を改善することができます。もちろん体質によって合うか合わないかが決まってきます。適切な治療をすることができる医師の診断のもので治療薬を活用することが大切です。まずは、AGA治療を実施している病院に行って、治療が可能なタイプの薄毛なのかを見てもらってください。そうすることによって、今後どのようにAGA治療をすればいいのかをしっかりと理解することができます。治療薬にはいくつかの種類がありますので、あなたに合ったものを利用することが非常に重要です。一例としては、飲むタイプの薬があります。服用するうえで守るべき注意事項がありますから、きちんと把握しておきましょう。内臓に負担をかけてしまうことがあるため、常に医師の判断を仰ぐことをおすすめしています。正しく利用することで薄毛の改善が期待できるからです。まずは気軽に医師に相談してみましょう。スケジュールも確認できます。

AGA治療の副作用には何があるか

プロペシアAGA治療の副作用で知られているものに、フィナステリドを有効成分とした薬を服用したときに見られる勃起不全や性欲減退等の男性機能の障害や乳房の女性化などがあります。使用方法を守っていれば発生率は低いので、すぐに効果を得ようとして過剰に服用しないように注意が必要です。
ミノキシジルを使用する場合、外用薬である育毛剤を使うと体質に合わないと頭皮が荒れることがあります。これは他の成分が影響していることもあり、他の育毛剤に変えると起きない場合もあります。高い効果を出そうとしてタブレットを内服する場合、降圧剤なので血圧が下がり過ぎて低血圧の症状が出ることがあるので、血圧に異常がある人は避けた方が良いです。また、成分が全身を巡るため、全身で多毛の症状が発生することが多いです。
どちらの薬を服用する場合でも肝臓で代謝が行われるので負担がかかります。元々肝機能に問題があったり、他の薬を服用していると負担がかかり過ぎて肝機能障害が起こる危険性があるので、血液検査で状態を確認してから服用すると安全です。

AGA治療の病院に行こう

診察AGA治療の病院に行くことによって、適切なAGA治療が可能となります。治療薬は市販されているものもありますが、医師のアドバイスに従いながら適切に薬を利用することをおすすめしています。たとえば、頭に添付するタイプの薬はドラッグストアで販売されています。薬剤師から購入する必要がありますが、基本的には誰でも購入することができるものです。しかしながら、飲むタイプの治療薬はドラッグストアで買うことができません。病院の処方箋がなければいけないからです。まずは、AGA治療の病院に行ってどんな治療をするのが最適なのかを確認するようにしましょう。医師のアドバイスをもらいながら、今の自分に適切な治療を見つけていけばいいのです。薄毛の治療は一朝一夕で終わるものではありません。じっくりと取り組む必要がありますので、時間に余裕をもって対策を取っていきましょう。病院で治療をすればきっと、薄毛は改善されていくはずです。

AGA治療による薄毛治療を実践する

頭皮ケアAGA治療とは、若くして薄毛に悩む方を対象として行う薄毛治療のことです。男性ホルモンから変換されたジヒドロテストステロンの働きにより発毛のサイクルに乱れが生じるM型薄毛や、頭皮や頭部の血行不良が原因で毛髪への栄養が不足することが原因となるO型薄毛などを治療します。

東洋医学によって頭部へのマッサージや指圧などを行う治療法に加えて、近年では西洋医学の薬によるアプローチによってAGA治療を行う事例が増えてきています。

なかでも特に使用例が多いのがフィナステリドとミノキシジルです。それぞれ一般的な医薬品にも使用されているものですが、専門の治療院ではさらに濃度の高いフィナステリドとミノキシジルを使用した治療が受けられます。短期間で明らかな効果が出る治療方法ではありませんが、継続的に半年から1年程度の薄毛治療を実施することで、少しずつ髪の毛に力強さが感じられるようになり、AGAの症状が改善されていきます。

AGA治療の基本は育毛剤の使用

育毛剤プロペシアはAGA治療薬として有名ですが、初期の段階ですぐに必要になるわけではありません。AGAの進行速度は個人差が大きく、ゆっくりと進行する方もいます。加齢による薄毛と思えるほどゆっくりと進行する方もおり、こうした方は市販の育毛剤を使用するだけで進行を抑制できることが多いです。育毛剤で血行促進をすれば発毛力が高まるので、薄毛の進行を抑制できるわけです。育毛剤には医薬部外品と医薬品があり、AGA治療では後者をおすすめします。

医薬品は副作用が発生する可能性がありますが、すべての人が感じるわけではありません。副作用を置いておくなら、医薬部外品より発毛効果の高い医薬品のほうがAGA治療に適しています。血管拡張作用がより強いので、頭皮を柔らかくするメリットも期待できます。AGAになると頭皮が硬くなることが多く、それにより血行が悪くなって髪が細くなりやすいです。毛根を強化することで抜け毛を減らせるので、そのためにも血行促進力の高い医薬品がおすすめです。

AGA治療は初期症状のうちに始めたい

薄毛AGA治療も病院でできる時代になってきたものの、どの段階で治療を始めればいいのか悩むこともあるでしょう。初期症状がでているかどうかというのも分かり難いかもしれませんが、額の生え際がどうなっているのかをまずよく見て下さい。頭頂部より前の髪の毛の状態が細くなっていないかどうかも鏡を使ったりして状態を確認します。

床に落ちる抜け毛が増えたように感じたり、髪形を整えている時に全体的にボリュームダウンしてきているように見えてきたときも、本格的な治療まではいかなくても相談しておくのは今後の自分の髪の毛のためにもよいことです。AGAが進行し始めると、髪の毛の成長サイクルが短くなってしまって、結果的に細く薄くなっていってしまいます。

内服薬や外用薬もありますが、普段の食生活や睡眠などもAGA治療には欠かせない要素です。治療も時間をかけて行っていくものなので、気になったら早めに病院に行ってカウンセリングを受けてみましょう。

早期にAGA治療を開始する事が正しい対処法

AGAに悩んでいる人の多くは、症状が軽いうちは自分で何とかしようと育毛剤や育毛シャンプーなどを取り入れてケアをします。しかし、進行してしまうと改善するのが困難になりますので、できるだけ早い段階でクリニックでのAGA治療を開始することが大切です。最初の対処法を誤ると、死滅する毛根の数が増えて思うような成果が上げられなくなる可能性もあります。
最近では様々なAGA治療が行われていて、受ける側は自分の進行度合いや目的に合わせた治療が行えるようになっていますので、後悔のないように担当の医師とよく相談しながら最善の治療法を選択する必要があります。少し前までは進行したAGAに対してはそれ以上症状を悪化させないようにすること位しかできませんでしたが、最近ではメソセラピーや幹細胞再生治療といった画期的な方法も出てきていますのでかなり高い効果が期待できます。
まずはどのような対処法があるのかを知るために、無料カウンセリングを受けてみることが大切です。

AGA治療とはどのようなメカニズムなのか

成分毛髪の栄養不足や血行不良によって引き起こされるAGAを改善するために行われるAGA治療のメカニズムとはどのようなものなのでしょうか。

一般的なAGA治療で用いられるのは、フィナステリドあるいはミノキシジルという成分を含んだ治療薬です。これらは市販されている発毛剤にも含まれている成分です。

フィナステリドは、M型薄毛の原因となっている男性ホルモンの分泌を抑制することで、AGAの治療を行います。一方、ミノキシジルはO型薄毛に対して効果を発揮し、頭皮の血行不良を改善することによってAGAを改善します。

AGAの症状ごとに頭皮で生じている不具合を改善することで、薄毛治療を行うのです。また、日々の生活習慣を改善することもAGA治療の一環ですので、治療開始から1年程度はタバコやアルコールを控えるなど、髪の毛の発育に対して悪影響を及ぼす活動を控えることも重要です。

こうした複合的な対策が、AGA治療のメカニズムなのです。

AGA治療の効果が出るまでの治療期間は

薬AGA治療の方法は専門クリニックで診察を受ける以外にも、自宅でセルフケアをする、治療薬を手に入れて服用するなど実に様々なやり方があります。しかし、どの方法を選択しても改善は難しいといった意見や、長期的な治療が必要だという噂が絶えません。果たしてAGAの治療期間はどのくらいか、これから改善していこうと考えている人には非常に大きな問題と言えます。実はAGAの症状にはヘアサイクルと深く関係しており、髪の毛が新しく生まれ変わるにはおよそ6ヶ月ほどかかるとされています。つまり、AGAによって髪の毛が抜け落ちていたり、薄く細い髪の毛が生え替わるためには同程度の治療期間が必要ということになり、効果が実感できるまで半年はかかるということになります。あくまでAGA治療の効果が実感できるまでの期間ということで、6ヶ月の治療では生え替わったばかりの髪の毛でしかありません。これではまだ脱毛の症状から改善された状態なので、昔のようにふさふさの状態まで取り戻すためにはそれ以上の期間が必要と考えるべきでしょう。

AGA治療の効果的な治療と治療薬の費用比較

AGA治療と一口に言ってもありとあらゆる方法があります。市販の治療薬を使うのかクリニックに行くのかによる効果や費用の違いも大きいことは明らかです。治療と治療薬の費用比較をしっかりとしてから治療方法を考えないと、治療の途中で金銭の負担から継続できないということになりかねないので気をつけましょう。AGA治療は保険対象外治療となるので、薬の費用はもちろんのこと診察代、検査代などクリニックで必要となる料金は全て自己負担となります。しかしクリニックで治療をした方が、一人ひとりに適した治療を行ってもらうことができるので、より効果を得ることができ早い段階で悩みの解決につなげることができます。内服薬か外用薬か、両方を使う治療にしていくのかによる効果の違いもありますが、どんな成分のものを選ぶのかによって効果の違いは必ずあるので、金銭面の違いだけで判断するのではなく、よく比較して本当に効果的な治療を選ぶようにしましょう。

薄毛の原因を知り、適切はAGA治療を

クリニック薄毛は男性にって大きな悩みとなっていますが、その中でもAGA(男性型脱毛症)は全国で1260万人ともいわれ、前頭部の生え際が後退したり、頭頂部の髪のボリュームがなくなり地肌が見えやすくなるのが典型的なパターンです。薄毛の原因は遺伝や男性ホルモンの影響とされており、そのほかにも生活習慣やストレスの影響も指摘されています。
AGA治療は経口型の薬を服用する方法、外用薬を使用する方法があります。専門の医療機関を受診すると、最初にカウンセリング、続いて問診や触診、視診が行われ、検査の結果に応じて薬剤が処方されるという流れです。その後は月1回程度の通院が必要になります。
薬物治療と合わせて食事や生活習慣の見直しに取り組むことで、相乗効果が期待できます。食事は塩分や糖分、脂肪分の多いものは避け、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。髪の毛が最も成長する時間帯は午後10時~午前2時といわれていますので、夜更かしをせずにきちんとした睡眠時間をとることが大切です。

AGA治療で本格的に薄毛対策を

薄毛になってしまうと見た目に大きく影響し、人付き合いやすべての物事にマイナスの影響を与えてしまうことになります。そのために薄毛対策を行っているという方も多いでしょうが、市販のケア用品でケアをしただけでは効果が出ないという事も多いです。そのような場合に諦めてしまうのではなく、病院でAGA治療を受けてみたいものです。
薬を使う事で効果が出る場合もあります。もちろんその人の状況や体質などによって選ぶ治療法は変わってきますから、医師の診察を受けて治療を進めていくことが肝心です。自己判断で薬などを使うと副作用などの危険性もありますから、必ず医師に相談してみることから始めてみましょう。
それに加えて生活習慣を整えるなどという事も取り組んでいくと効果的です。適度な運動や体に良い食事を取り入れたり、ストレスを感じにくい生活にしていくなどという事を考えてみましょう。病院での治療に加えこうした生活の改善ができると効果につなげやすいといえます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。